ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「売るものがなくなる?~気をつけないとね、テレビ~」11/01/05

d0164636_7275059.jpg


元旦からこちらで“営業”しています。
新参者ですが、よろしくお願いします。

d0164636_7324945.jpg
暮れから正月にかけてテレビは“おせち”番組でにぎわいました。
生のものもありますが、事前収録の番組が圧倒的です。画面に出ているタレントたちは
ハワイやグアムの浜辺でのんびり甲羅干ししていたことでしょう。ハハハ。
テレビの世界はファッション業界と並んで季節感のない職場です。かつて人気番組だった
フジテレビの「新春かくし芸大会」などは、10月ごろから廊下に“今日の収録予定表”が
張り出されて、「えっ、いま何月だったっけ?」とあっけにとられたものです。
1年中、番組作りに追われるテレビは忙しい職場の典型かもしれません。
d0164636_7332224.jpg
今では24時間放送が当たり前になりました。Wikipediaによると1987年にフジテレビが
始めたのだそうです。ちっとも知りませんでしたが。ハハハ。
初めから終夜放送だったわけではありません。
手元にある昔の番組表を見ると1961年3月までフジテレビの放送開始は午前11時!!
しかも、午後2時から5時近くまで放送を休んでいたのです。シエスタか?ハハハ。
私が入社した1963年でも早朝に放送を始め0時前後の終了まで休みはなかったものの、
午前9時、午後3時の枠は古~い映画でお茶をにごしていました。映画を見せる、という
感覚ではなく、「どうせ誰も見てないんだから、映画“でも”流しとけ」だったのです。
d0164636_733483.jpg
テレビ局は番組を作って放送するのが商売ですが、営業的に言うと、“時間枠”を売って
いるのです。当時は、深夜・早朝や主婦が買い物に出かける時間は売れなかったのです。
しかし、24時間放送の時代の到来まで、そんなに時間はかかりませんでした。
経営陣がよく口にしたのは「どんなに頑張っても“24時間”しかないことを忘れるな。
テレビは“限界産業”なんだ」でした。たしかにそうなんですが、経営者はそうやって
社員の危機感をあおって働かせたわけでしょう。ハハハ。


「フジテレビです。JOCX-TV」…
1963年7月、3ヶ月の養成を終え、プロとしてはじめて電波にのせたのがこの5秒のSID、
つまり、STATION IDENTIFICATIONでした。
これは、放送局であれアマチュア無線であれ、電波を出していたら、一定の時間をおいて
アナウンスすることが義務付けられているコールサインです。
CM原稿などは、失敗した場合、スポンサーに損害を与えてしまいますが、こちらは痛くも
痒くもないので、当時の新人は、大体このSIDでデビューしていました。

番組と番組の間をステーション・ブレークといいます。なんでも略してしまうテレビの
世界では“ステブレ”と呼んでいます。そこにSIDや局がやる事業の告知などにまじって
スポットCMが入ります。番組の提供はせずに、商品の宣伝だけをするスポットCMは
テレビにとっては営業収入の大きな柱です。

若い人はご存知ないでしょうが、かつて、“1時間番組”は長さが59分でした。
言っている意味が分かりますか?ハハハ。
8時からの1時間番組は8時59分に終わり、1分間のステブレがあって、9時から別の
番組が始まったのです。

しかし、“限界産業”は頭を使います。
アメリカで1時間番組を55分(つまり54分)にしてそのあとに5分(つまり4分)のミニ番組を
はさむという“荒業”を考え出すとすぐに真似をしました。なぜか?
こうすると、ステブレが増える、つまり、収入が増えるからです。ハハハ。

昔は、電波も局員も休んでいた深夜の時間帯もびっしりと番組で埋め尽くされ、テレビは
これ以上売るものを増やせないというところまで来ています。新しいメディアの成長も
めざましいものがあり、それでなくても視聴率は頭打ちです。
一度書きましたが、製作費も交際・打ち合わせ費も、社旗を立てたハイヤーも使い放題の
日々は遠く去りました。テレビが“砂上の楼閣”となる日は案外近いのかも。

風邪をひきました。回復に向かっていると思ったのですが、昨夜からぶり返しました。
皆さんもお気を付けください。


人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-05 07:35 | 放送全般 | Comments(12)
Commented by ysphoto at 2011-01-05 08:25 x
おはようございます。岩佐さんの記事を見て我が家の高校生になる二人の子どもたちがテレビをほとんど見ないことを思い出しました。
インターネットで配信されるメディア、ゲーム機など私たちの子どものころとは比べ物にならないくらいの選択肢が増えました。
次の世代にも魅力的なコンテンツの製作が今のテレビに求められてるのではないでしょうか?(偉そうに言ってすみません)
Commented by tom☆ at 2011-01-05 10:05 x
遅ればせながら 明けましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくおねがいします☆
私はテレビが付いているとついつい観てしまいます、特にWOWOWで映画が始まってしまうと席を立つのが億劫になってしまっていけません★ テレビを付けなければ仕事も捗るのになーと、後悔する事もしばしば・・・これ以上テレビに時間を奪われたくない! けど断固見ない!!と決心するほど困ってはいないかな~。
東京は晴れてますが寒いですね、お大事に☆
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-05 10:18
ysphoto さん、おはようございます。
もう番組のアイディアも出尽くしているでしょうから
難しいかも。
ドラマの傾向を見ていると分かりますね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-05 10:20
tom☆さん、こんにちは。
私も“テレビっ子”なのでいつも何かをいています。
妻は、私がリモコンを渡すと、すぐにBSに変えます。
落ち着いた番組が好きなのです。ハハハ。
Commented by masa at 2011-01-05 10:48 x
岩佐さん、おはようございます。
テレビは毎朝gooの番組表をチェックして見たい番組があれば録画しておいて、都合のよい時に見ます。
映画・ドラマ・ドキュメンタリー系が多いのですが、たまに民放を見るとCMの多さと音源の大きさにびっくりします。間違いなくスキップするのでスポンサー的にはありがたくない視聴者です
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-05 11:47
masaさん、こんにちは。
録画すると好きな時間に見られるし、中断もできますから
便利ですね。局にとっては数字に出にくいので困りものですが。
Commented by 老・ましゃこ at 2011-01-05 12:19 x
お加減はいかがですか?
安静にして(^^)お体をお大事になさってくださいマセマセ(^^)
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-05 15:24
老・ましゃこ サン、こんにちは。

医者に行ってきました。軽症だそうです。
熱はないのに熱っぽくて、のどが痛みます。
ひどくならずにおさまってほしいと思っています。
Commented by kanada at 2011-01-05 17:54 x
お加減は良くなりましたか?という私は昨日インフルエンザと診断され、高熱にうなされております。まさか自分がかかるとは…
お互い早く回復したいものですね。お大事になさって下さい。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-06 07:54
kanadaさん、おはようございます。
今朝はだいぶ楽になりました。
熱は6度6分ぐらいしかないのに汗が出て
眠るのが怖かったです。
kanadaさんこそ、インフルエンザでは大変ですね。
どうぞ、お大事に。
Commented by kanada at 2011-01-06 21:39 x
一時39℃まで上がった時は肝を冷やしました。どんなに暖かくしても寒気がして汗がかけず困りました。やっと快方に向かっているようです。
岩佐さんも良くなってきたようで良かったですね!
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-07 13:42
kanadaさん、調子はどうですか?
私も高校生の時に39度を経験しました。
バスケットの練習中に倒れました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。