ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

Archives「from DOWN UNDER」

d0164636_731894.jpg
オーストラリアのシドニーに来ています。
英語国民はこの国を“DOWN UNDER”と呼びます。赤道のはるか南、アメリカからも、
ヨーロッパからも、「遠い国」なんでしょうね。

国同士、あるいは大陸同士などの間には、相手を呼ぶときに独特の言い方をすることが
あるようです。
詳しいことがよく分かりませんし、中には相手を見下したりからかったり、極端な場合は
侮辱する意味合いのものもありますから、気をつけなければいけません。
差し障りのなさそうなところでは、英語でchinaは磁器、japanはうるし。
どちらも、かつて、それぞれの特産品をヨーロッパに輸出していたようですから、国名が
品物の名前として定着してしまったのでしょうね。ニュアンスがよく分かりませんが、
オーストラリア人がイギリス人のことを“POM”または“POMMY”と呼ぶとき、何か
「意味ありげ」です。どういうことなのか今大会中に確認することにしましょう。
d0164636_731317.jpg
そういえば、ゴルフ中継を担当していたころ、こんなことがあったのを思い出しました。
ナレーションを頼まれた時のことです。アメリカとヨーロッパの女子対抗戦、ソルハイム・
カップがイギリスで行われる直前に抱負を聞かれたアメリカの選手が“…we’re going
to play beyond the pond”と答えました。
字幕を見ると、WOWOWが頼んだ翻訳者はこの部分を「池越えにプレーするから…」と
訳していました。英語はもちろん、スポーツにも詳しい女性の仕事だし、ゴルフには
「池越えのショット」がありますから、このままで通ってしまうところです。
ところが、岩佐爺はしつこいのです。ハハハ。

決して自慢話のつもりではないのですが、これまでの経緯でどうせそう取られるだろうと
覚悟した上で書くことにします。
大会への抱負を聞かれて「池越え…」と答えるのはおかしくないかと思いました。
会社に帰って大きな辞書で調べてみると、「アメリカ人が大西洋の事を“POND”と呼ぶ
ことがある」と出ているではありませんか。「大西洋なんて池みたいなもの」と、少し軽く
見ている感じなんでしょうかね。
つまり、ここは「太西洋を越えて行ってプレーするのだから…」が正解だったわけです。

話がいきなり横にそれてしまいましたが、さすがは、赤道の南にあるオーストラリアは今、
夏のさかり。暑いです。今日も、35度近くまで上がりました。
月曜日の夜に成田を出発して、午前8時にシドニー着。ホテルに着いたのが9時前でした。
これまでは、部屋の掃除ができていなくて待たされることが多かったのですが、今回は
幸いにも空いている部屋があって、すんなりチェックインできました。

d0164636_7323076.jpg
荷物をほどいて、10時のバスでさっそく会場に向かいました。
第一試合が11時開始ですから、この便に乗る報道陣が多く、満員でした。すぐにセンター・
コートをのぞくと、パティー・シュニーダーが練習していました。かつて、ダイエットと
称してオレンジ・ジュースを大量に飲ませたりする妙な男に引っかかって苦労した彼女も
去年結婚したと聞いて、「あの、柔らかなテニスがよみがえるか」と期待していたのですが、
ベテラン、クッツァーに逆転負け。

ここだけの話ですが、ご主人とおぼしき男性が、またしても結構怪しげなんですよ。
そういう「さが」なんでしょうかね?私生活のほうが幸せなら周りがとやかく言うことは
ありませんが、ちょっと心配です。そういえば、結婚して「シュニーダー・ホフマン」と
名乗ると聞いていたのですが、ここではシュニーダーのままでした。

彼女の前に、私が期待しているブレークもフェレイラに敗れました。
チャリティーのためにドレッド・ヘアをばっさり切り落とし、すっきりした坊主頭でした。
ダベンポートと組んだホップマン・カップの優勝まではよかったのですが、どうもあの
ヘアー・スタイルでないと平凡な選手に見えました。

ハンチュコワがひどいことになっています。
クラスノルツカヤとの対戦でしたが、ほとんどすべてのポイントがハンチュコワしだいで
決まっていました。うまく打てれば自分のポイント、エラーをすれば相手のポイント…
クラスノルツカヤが何もしないうちに試合が終わっていた感じでした。

帰り際、クライシュテルスが足を引きずっているのを見ましたが,シドニーは欠場です。
全豪が心配です。カプリアティも全豪欠場が決まってしまいました。

ナイト・セッションの杉山を応援しに会場に戻る予定でしたが、「ちょっと、ひとやすみ」
のつもりが寝過ごして、最後のバスを逃してしまいました。
昼間、かんかん照りの中、6時間もコートにいたので疲れていたようです。
「やすみなさい」と神様がおっしゃっているのだと勝手な解釈をしてテレビで見ることに
します。デシーに勝って会心の笑顔の写真を入れるはずがパーになってしまいました。
ごめんなさい。 (2004年1月)

午後、昨日の「とくダネ」の“騒ぎ”を書く予定です。

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-15 07:39 | テニス | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。