ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「2011全豪 開幕へ!!~ポッサムは元気かな?~」11/01/17

d0164636_845580.jpg
2011全豪オープンは初日を迎えました。
メルボルンとの時差はわずか2時間…11時から各コートで試合が始まりますが、日本では
午前9時です。ご主人や子供さんを送り出した主婦たちには、ちょっと息抜きができる
時間帯でしょうか。もっとも、二人暮らしの我が家でも朝から洗濯機が回っていることが
多いですから、子供さんがいる家庭では、私が考えるほど主婦がのんびりできる時間では
ないのかもしれませんね。

何度も書きましたが、全豪は最もお気に入りの大会です。
気候は温暖、会場は定宿のヒルトン・ホテルから歩いて10分少々の至近距離、放送席も
これ以上は望めないという絶好の位置にあります。仕事をする環境が最高なんです。
コメンタリー陣は、おかげさまでどこに行っても大事にしてもらえる一方、予算の関係で
スタッフのホテルはワンランク下げざるを得ないことが多いのですが、全豪だけは全員が
同じホテルです。こちらの環境もきわめて良好です。
d0164636_851382.jpg
ホテルの食堂から公園が見えます。
「メシより寝たい」スタッフは足を踏み入れませんが、私は毎朝6時半から7時の間には
この窓際に座っていました。
新聞を読み、軽い食事をとりながら通りの向こうの“緑”を楽しむのです。
リリー、エバートン、ブライアン…顔なじみになった給仕さんたちは2006年から急に姿を
見せなくなった私のことを心配しているかもしれません。「年も年だからなあ」…。ハハハ。
d0164636_862388.jpg
天気が良くて、第1試合が担当でない日は健康のために遠回りをして会場入りしました。
公園を抜けて、その向こうにあるダウンタウンを目指すのです。
外側を回る1時間コース、それほど時間の余裕がないとき、街のヘリを回る40分ぐらいの
コースと、いろいろ取り揃えていました。ハハハ。
資料をつめたリュックを背負って歩くといい運動になります。なにより、緑が豊かな森の
さわやかな空気を胸いっぱいに吸うと、それだけでかなり幸せな気分になります。
d0164636_864167.jpg
簡単に35度ぐらいまで気温が上昇するメルボルンですが、朝晩はそれほど暑いわけでは
ありません。…と言っても、油断は禁物です。
皮膚がんの罹患率が高いことでも分かるように、日差しは気温以上に強烈なんです。
うっかりして、まとまった時間、戸外にいるとたちまち「ヤケド」をしてしまいます。
髪が薄くなっている私は、三日目ぐらいに頭皮がむけてきたことがありました。ハハハ。

訪れるたびにこの会場は“顔”を変えてきました。もちろん“いい方に”です。
コートなどの施設は毎年どんどん改善されて、今では4大大会で一番充実しています。
初めの2、3年はハエが多くて、番組の冒頭で皆さんにご挨拶する部分の収録中に解説者の
目のふちにとまったり口の中に入ったりして、そのために撮り直しになったことが何度も
ありました。
選手もさぞかし集中しにくかったろうと思いますが、いつのまにか見事に姿を消しました。
会場がある公園もフリンダース・パークからメルボルン・パークと名前を変えています。
大会側には、“ウインブルドン”や“ローランギャロス”のように、会場の名称を大会の
呼び名として定着させたい思惑があったのですが、見事に失敗しています。ハハハ。
*************
変わらないのは、ホテルに隣接する公園で、毎晩愛嬌を振りまいてくれるポッサムです。
リスのような、ねずみのような有袋類で保護の対象になっています。
昼間は木の上で寝ていて、夜になると地上におりて、主に観光客から食べ物をもらいます。
闇の中で光る目、両手で食べ物を支えて食べる様子がなんとも可愛くてたまりません。
d0164636_87210.jpg
今大会、私の関心は2点です。
ナダルのグランドスラム4大会連続優勝は、可能性を30%ぐらいだと思っています。
3回戦の相手になりそうなフェリシアーノ・ロペスに勝てば準々決勝までは問題ないと
思いますが、そこから先はダビド・フェレル(準々決勝)、ソダリングorマレー(準決勝)…
そう簡単ではないでしょう。直前に風邪をひいたという話を聞きますが、メルボルンの
暑さを考えると、スタミナ面の心配もあります。ナダルのスタミナが問題になるなんて
珍しいことですが。ハハハ。

もう一人は錦織です。
ジャパン・オープンに来た時の彼にはいろいろな点でがっかりしましたが、注目するのは
コーチがブラッド・ギルバートに変わったらしいからです。
戦略家だし、なにより、選手をその気にさせる“Mr.Motivator”として実績があるだけに
錦織をどう導いていくか、その手腕に興味があります。
試合中に周囲と話に夢中の彼の姿を見ることが多くなりそうです。そこで柳さんが一言、
「また、試合を見てませんね」と言えば、私的には完璧です。ハハハ。

今日は、阪神・淡路大震災が起きた日ですね。
1995年のその朝、控室に着いたとき、スタッフが地元局のニュース映像にくぎ付けに
なっていたことを思い出します。
芦屋市内のマンションに住んでいた母と長兄が気がかりで妻に電話すると、「さっきから
電話しているけどつながらない」と言う話でした。
連絡がついた、と聞いたのは、一仕事終えて戻ったときでした。
関東大震災を経験している母、そのとき母のおなかにいた兄は、ともに無事でした。

16年がすぎました。

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-17 08:09 | テニス | Comments(1)
Commented by takekoyama at 2011-01-17 09:57
岩佐さん
こちらにまでも押し掛けてしまいました。
エキサイトつながりでもお願いたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。