ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「錦織、3回戦へ !!~昨日はノークレイムw~」11/01/20

d0164636_872057.jpg
Mens 2R
Nishikiori d.Mayer 6-4 6-3 0-6 6-3


実に“いいカンジ”の勝ち方で3回戦に進出して行きました。
第3セットは少し緊張がゆるんだのでしょう。5セット・マッチではよくあることです。
こういうとき、英語圏の選手が試合後の記者会見でよく口にする言葉は“flat”です。
flat tireは“パンク”…つまり、空気が抜けたわけです。2ブレークの0-3で切り替え、
第4セットの立ち上がりから、しっかりひきしめて“勝ち切り”ました。
昨日の錦織については、呈すべき苦言が思い浮かびません。いつもいつも、なんにでも
噛みつくような“意地悪”爺さんじゃないのです。ハハハ。

時々、相手のセカンドサーブを思い切って叩く。サーブからのリターンを決めに行って
きっちりと決める。早め早めに勝負に行く姿勢は見ていて気持ちがいいですね。
ギルバートの授けた作戦のうちかもしれません。
「すごく正しくて納得できる助言をもらった」と錦織は語ったそうですが。
d0164636_874290.jpg
3回戦の相手はベルダスコか…。うーん、これは厳しいなあ。正直言って、1,2回戦の
“格上”とは力が違いますからね。
ま、一気に“高望み”するのではなく、目標を、試合の中で自分のテニスがやれる時間を
1分でも長くする、というところに置いたらどうでしょう。
もちろん、ギルバートは“ひと泡”吹かせる戦法を考えてるに違いありませんが。ハハハ。


錦織はマイヤーが第2セット終盤で少し気持ちが切れてしまったことにも助けられました。
マイヤーは4-6 3-1から5ゲーム連続で失いましたが、3-3からのサーブをブレークされると、
第5・第6ゲームのプレーには全く“戦う”意欲が見られませんでした。

5点リードされて6回のマウンドに上がるピッチャーは、新人ならともかく、ベテラン・
中堅だと集中力が出ません。“なんとなく”2点を失う。終盤で味方打線に火がついて
5点をとっても追いつかない。「ああ、あそこの2点がなあ」となることがしばしばです。
サッカーでも、後半に入って1-3とリードされるとDF陣の士気は落ちるでしょう。
30分すぎに4点目を失う。そのあと、FWが頑張って2点返してもあと1点が届かない。
そんな試合をいやというほど見てきました。
人間がやっていることですから、気持ちが体の動きに影響することは避けられません。

あそこで踏ん張っていたら…は、第三者だから言えるのです。ハハハ。

d0164636_88998.jpg
一昨日はクレームをつけましたが、若い日のヒューイットに比べたら、錦織はかわいい
もんです。ハハハ。
デビューが17歳になる直前だったヒューイットには、持って生まれた負けずぎらいと、
「若いからと言ってなめられてたまるか」という思いが強かったと思います。
この思いは若手に共通していますが、彼の場合は“極端”でしたから「小生意気なガキが
出てきたぜ」といううわさはあっという間にロッカーに広がりました。
それはヒューイットも覚悟していたと思います。しかし、会見での態度が悪かったりして
マスコミに批判記事が出始めると、地元のオーストラリアでの試合でさえスタンドから
ブーイングを浴びていました。

テニス界にはお手本になる選手がいくらでもいます。
“日本代表”として、錦織には、教科書の選択を間違えずに、強く、そしてより大勢の
ファンから愛される選手になってほしいと願います。それには“今”が大事です。

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-20 08:13 | テニス | Comments(6)
Commented by あど at 2011-01-20 08:25 x
 錦織の試合は好試合でした。これからが正念場ですね。3回戦の相手、ベルダスコにどんな戦術で臨むのか非常に興味深いです。それにしてもティプサレビッチがチャレンジシステムを使い果たしてマッチポイントを失ったのは本当に悲劇的でした。

追記
文中のダビデンコはベルダスコですね。(^_^;)
Commented by ysphoto at 2011-01-20 08:37 x
こんにちは。
この全豪が錦織くんにとってプレーでも人間的にも飛躍できる
大会になると良いですよね。
この快進撃、岩佐さんの言葉で実況してもらいたいものです♪
(無理を承知で書かせて下さいね)
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-20 08:56
あどサン、おはようございます。

ティプサレビッチのチャレンジ権…
あれを見ると、「チャレンジすればいいのに」と
思うところで、あえて、しない選手の気持ちが
分かりますね。

ベルダスコ、失礼しました。顔は彼の顔なのに
なぜ、ダビデンコとしたか、不明。それが怖い。
ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-20 08:58
ysphoto さん、おはようございます。

結果を出すことばかりに気を取られると
人間としての成長がおかしな方向に行く…
難しいところです。
“家族愛”でバランスのとれた成長を見せた
ナダルのような例は珍しいのだと思います。
Commented by pon at 2011-01-20 21:41 x
こんばんは。
ゆうべは録画したフェデラー戦を遅くまで見ていて寝不足です。
試合後半はフェデラーが負けるかと思う内容で、かなりドキドキでした。
これからナダル戦の録画を見るのが楽しみです。

錦織の3回戦楽しみですが、ベルダスコはかなり強い相手ですね。
特に2回戦もう少しで負けそうなところからの大逆転で勝ったので、
次は勢いに乗って絶好調にならないといいなと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-20 22:41
ponさん、こんばんは。
フェデラーの試合はあんな展開になるとは
思いませんでしたね。2セットは完ぺきでした。
ナダルは今日も素晴らしい出来でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。