ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「ナダルの夢、幻に…~2年連続QFで敗退!~」11/01/27

d0164636_843219.jpg
Mens QF
Ferrer d.Nadal 6-4 6-2 6-3


優勝候補の一角、No1のナダルが敗れました。
現代のテニスでは“夢の”4大会連続優勝、“Rafa Slam”は幻に終わりました。
第1セット第2ゲーム(ナダルのサーブ)が22ポイントに及ぶ“ロング・ゲーム”になり、
その中でナダルに故障が発生しました。
ぎりぎりで追いついたところから会心のショットを放ついつものナダルは見られません。
逆に、昨日の立ち上がりのフェレルは“大当たり”でした。

ナダルのブログに何回も書いた記憶があるのですが、ふたりは、いつも連れだって食事に
行ったり、宿舎ではプレステをして遊んだりする“仲間”です。
対戦成績は11-3とナダルが圧倒していますが、こういう場面ではあまり対戦したくない
相手だったでしょう。その上に故障発生ですから、ナダルに早々と黄色信号です。
だからと言って「暗雲だ」、「深刻だ」と煽るのは早すぎるぜ、と思いながら見ていました。
d0164636_90963.jpg
ツイッターでは、“いまにも棄権するのではないか”という見方が多かったのですが、私は、
この段階での途中棄権は全く予想しませんでした。グランドスラムのQFをこんな形で
途中棄権するのは最も避けたいところですから。
1998年全仏1回戦のアガシが忘れられません。足が動かなくなっても最後までコートに
立っていました。それが相手へのリスペクトだと考えていたのです。

希望的観測としては、痛み止めのピルを飲んだようですし、メディカル・タイムアウトを
取ったときに患部を温めるためのホットクリームを塗ったと思われるので、効いてくれば
動けるようになるだろうということがありました。
実際、第1セットの終盤から動けるようになり、ショットにも鋭さが戻り始めている…
ように素人には見えました。
d0164636_904226.jpg
しかし、どう考えても100%のナダルではありません。第1-2セットを続けて落としました。
ここで、さすがのナダルも考え込んでしまいました。
これでは自分のテニスはできない。故障が悪化することは“1年”を考えたら避けたい。
しかし、No1として、第1シードとして、途中棄権は相手にも観客にも失礼だ。しかも、
4大会連続優勝のチャンスは二度と持てないかもしれない。

…ナダルの頭の中ではそんな思いが交錯したのではないでしょうか。
ポジションに向かいました。しかし、やはり、思ったようなプレーはできません。
第1ゲームのあと、腰に手を当ててまた考え込む映像が流れました。
この時、彼は「よし、最後までプレーしよう」と決断したのだと思いました。
d0164636_912889.jpg
プロのアスリートの考え方は分かりません。
しかし、過去のトップ選手はこの段階で棄権はしませんでしたね。
彼が考えているのはNo1としての責任感も含んでいると。


<<<故障を悪化させる状態でも続けるべきなのでしょうか? >>>という書き込みに
そう返信しました。
ナダルのレベルからすれば60-70 %かもしれませんが、これだけ動け、これだけ打てて、
“故障による棄権”というのは説得力に欠ける…と思ったのです。
しかも、相手は親友です。棄権によって勝利させることへのためらいもあると思いました。
2006年全豪の決勝でエナンが途中棄権したとき、かなり非難されました。
グランドスラムで初優勝だったモレスモーの喜びを“半減”させたのですから。

昨日、最後のつぶやきは…

ナダル、QFで敗退!!こういうこともある。
最後までコートに立っていたことを讃えたい。
故障したことは褒められないが、親友にマッチポイントを“取らせ”、
No1としての最低の責任を果たした。
4大会連続がいかに難しいかということか。

開幕の日のブログにこう書いています。

今大会、私の関心は2点です。
ナダルのグランドスラム4大会連続優勝は、可能性を30%ぐらいだと思っています。
3回戦の相手になりそうなフェリシアーノ・ロペスに勝てば準々決勝までは問題ないと
思いますが、そこから先はダビド・フェレル(準々決勝)、ソダリングorマレー(準決勝)…
そう簡単ではないでしょう。直前に風邪をひいたという話を聞きますが、メルボルンの
暑さを考えると、スタミナ面の心配もあります。ナダルのスタミナが問題になるなんて
珍しいことですが。ハハハ。


…不幸にして、予感は“的中”しました。
今のナダルは最強だとは思いますが、誰もが勝ちたいと願い、体調を整えて臨むグランド
スラムで“28試合”勝ち続けるのは、どう考えても簡単なことではありません。


恥ずかしながら…

夕方のニュースを見て“仰天”しました。
日韓戦で先制のPKを決めたキ・ソンヨンがそのあと日本人を侮辱するジェスチャーをして
韓国内で問題になっていると知ったからです。
ツイートに忙しくてその場面を見ていませんでした。それより、“そのこと”が、日本人を
侮辱することになるとは知りませんでした。

韓国人が猿のまねをすると、それは日本人を侮辱したことになる…
恥ずかしながら、72年生きてきて初めて知った。
韓国では、本当にそうなのかい?みんな、知ってた?
誰か教えてくれ。おかしいなあ。


そう、呟くと…
<<<ネット上では韓国人による日本人への侮蔑的書き込みとして
「倭猿」などが使われているのを何度も目にしたことがあります。
侮蔑としてサルが使われるというのを知ったのはそれぐらいです。


という“返信”を含め、数件の反応がありました。
大多数は「自分も知らなかった」でしたが、安藤優子がまるで“それは常識”みたいな顔で
言ったのでいささかあわててしまいました。
いくつになっても、“学ぶ”ことはあるようです。

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-27 09:04 | テニス | Comments(18)
Commented by レニ at 2011-01-27 09:15 x
おはようございます。

前にも書きましたが、私はライターをやってます。
バカチョンは知ってましたが、チョンボがそういう意味とは今日まで知らなかった! 恐ろしいというか恥ずかしいというか……。
まだまだ勉強が足りませんでした。
あと、他人の文章に難癖つけながら読んでしまうのは、アナウンサーの方と同様に職業病でしょうかね。
もちろん自分も批判的に読まれているという自覚と裏腹ですが。
返すがえす恐ろしい……。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 09:24
レニサン、おはようございます。
すごーく、お久しぶり、という気もしますが。ハハハ。

バカチョン、チョンボ…もう元の意味を知って使う人は
少なくなっていると思います。旭日旗も同じですね。
恥ずかしくはないでしょう。私の“恥ずかしながら”も
ある種のレトリックですから。ハハハ。
Commented by サフィーナ at 2011-01-27 10:22 x
おはようございます。昨日は私も岩佐さんのtwittを見ながら試合を見てました。途中で自分がtwittしたことはほとんど岩佐さんと同じようなことでしたが、無視されました。それで静観することにしました。私のフォロワーさんが熱烈なラファふぁんが多いので・・・私の感染歴って凄く岩佐さんに影響されているんだな・・・と(^^;)今年は行っていた間も涼しく、昨日もあまり高温にはなっていませんでしたね。練習コートでナダルを見つけられなかった理由がわかりました。怪我をゆっくり治してまた頑張ってほしいです。
Commented by オオソネ at 2011-01-27 10:35 x
おはようございます、岩佐さん。
ナダル、怪我が長引かないことを祈るだけです。
それにしても、あと少しで4大会連続優勝だったとは恐るべし、ナダル。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 10:48
サフィーナさん、こんにちは。
私の場合は、熱狂的なファンというのではないのですが、
それでも、彼が負けると、一気にテンションが下がりますね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 10:49
オオソネさん、こんにちは。
ひじやひざではないので、たぶん、
それほど長引かないと思います。
クレーコートシーズンに間に合えば
それで十分です。無理をしないことです。
Commented by ひろっぺ at 2011-01-27 11:47 x
岩佐さん、こんにちは。まさかラファが今年もこんな形で負けるとはびっくりです。
毎年の事ですが、やはり彼のプレースタイルが怪我を招いてしまうのでしょうか。あのコートカバーリング力は異常ですからね。
久々にナダルvsフェデラーの決勝が見たかったので残念です。
Commented by サフィーナ at 2011-01-27 12:21 x
失礼しました。
>熱狂的なファンというのではないのですが
岩佐さんをフォローしているのは別の意味です(^^;)スポーツ実況アナとして尊敬させて頂いているからです。ネット上とはいえ言葉を交わせることがうれしいからです。
昨日のKアナには言葉もありません。音を最小限にしているのですが、アウトコールが聞こえないし・・・先日はライストの音を大きくしてTVを消して見てみましたが、ライストは1テンポ遅れるんです。せっかくのGSが・・・本当に残念です。
Commented by m.matsuda at 2011-01-27 13:04 x
猿まねの件・・・友達に(30歳前後、女性)聞いてみました。侮辱まではいかないが、「低く評価」するって感じで使うみたいです、「島のサル」って・・・日本人が「チョウセンジン」って呼ぶのと同じ感じ見たいに言ってました。私も初めて知りました!
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 14:35
ひろっぺサン、こんにちは。
ナダルを見ていると、ごく若いころの
マイケル・チャンを思い出します。
こんなプレー・スタイルでは長続きしないだろうと
思いましたが、31歳までプレーしました。
最後はもちろん、スタイルが変わってましたが。

ナダルもいずれは変えないといけないかもしれませんが、
まだまだ先の話でしょう。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 14:36
m.matsuda さん、こんにちは。
韓国人のお友達・・・ということですね。
なるほど、と思います。
騒ぐことがかえって逆効果のような気もしますね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 14:38
サフィーナさん、こんにちは。
私は音を絞って見ることが多いです。
多少上がっていても、自然にシャットアウト
しているみたいです。不幸な話ですね。
Commented by m.matsuda at 2011-01-27 16:18 x
m.matsudaって、以前におじゃましていたusedracketです。宜しくお願いします。
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-27 16:25
m.matsuda さん、ごめんなさい。
usedracket名ではそれほど多くは書きこんでないですよね。
覚えはありますが。

大勢さまがおいでなのでなかなか覚えきれなくて。
一度、きちんと私なりの“名簿“を作ろうとは
思っているのですが、時間がなくて。
失礼があったらお許しを。
Commented by m.matsuda at 2011-01-27 18:23 x
いえいえ、こちらが失礼は無いかと思い・・・ほとんど毎日おじゃまさせていただいていますが、おっしゃるとおり多くは書き込んではおりませんので、記憶の片隅にあっただけ(?)でも光栄に思っております、では。
Commented by tom☆ at 2011-01-27 22:00 x
本当に残念でした★ やはり体調不良がまねいた故障なのでしょう。 前哨戦など棄権してここに挑んでいたらなあ~と、つい思ってしまうけれど・・・それはナダルの信念ではないのでしょう。
この試合も相手がフェレールだったから最後まで戦ったんだろうな~と思います☆ 

Commented by 瀬戸の生ガキ at 2011-01-27 22:29 x
昨日のナダル戦が観れなくて(つけたら終わっていて結果わからず)
すぐこちらに来ました(笑)
記事ではなく左横のtwitterから勝敗を知れました。

今日の記事を読むに
えらい(立派な意)選手だなぁと再確認です。
ケガ 後にひびかないといいですね。

「コバカ」にした言葉はどこの国も、地域のだって見苦しく思うのですが
なくなる事はないですね・・ふう。
もういっそ毒づいた方が!ダメか・・・
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-28 08:09
瀬戸の生ガキさん、おはようございます。

このページのツイッターはどういうわけか分かりませんが
時々数時間も表示が遅れます。
twutter最上段のブルーになっているtoruiwaをクリックすると
リアルタイムで読めるようです。
これでは意味がないと思うのですが。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。