ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「Sネットワーク」90点!!~粒ぞろいだった6本~11/01/28

d0164636_8123795.jpg
暮れから風邪をひいたために、今年のお正月はあまり映画を見に出かけませんでした。
しかし、これまで見た6本はなかなかの“粒ぞろい”です。
駄作は1本もなく、全部、それぞれに楽しめました。
今年も、“1本1000円”の楽しみはやめられそうにありません。ハハハ。


「髪結いの亭主」85

12歳の少年は近所の理容室のマダムが大好きだった。そのふくよかな体とにおいが。
「大きくなったら理髪師の女性と結婚する」と話して父親の平手打ちを受けたこともある。
年月が流れ、成長した彼は理容室のドアにもたれて外を眺めるマチルダに一目ぼれした。
調髪してもらい支払のとき、唐突に「結婚してほしい」と告げた。沈黙のマチルダ。
次に店を訪れたときの帰り際、マチルダが言った。
「この間は私をからかったのかしら。もし本当だとしたら、私は気持ちを動かされました。
お気持ちが変わらないなら、答えは“ウイ”です」

めでたく結ばれた二人は互いがいれば他には何も要らなかった。そう、思えるほど幸せな
日々が続いた。土砂降りの雨が降ったあの日まで…
d0164636_8125721.jpg
制作から20年たったのを記念するディジタル版です。
この作品は、主人公役のジャン・ロシュフォールがいて初めて成立するのだと思います。
男の妻になるアンナ・ガリエナという女優さんも素晴らしいのですが、不思議なことに、
ほかの作品でお目にかかったことがありません。
大人向けです。若い人には、この映画が描く人生の“機微”は分かりますまい。ハハハ。
これを見ると、夫婦の幸せとはいったいなんだろうかと思います。考えたりはしません。
答えは出ませんから。


「アンストッパブル」85

39輌、全長800メートルの貨車を引いた機関車“777”がペンシルベニア州の操車場から
“無人”で走り出してしまった。有毒な化学物質や可燃物を大量に積み込んで。
同じころ、別の貨車を引っ張る機関車“1206”にはベテランの運転士・フランク(デンゼル・
ワシントン)と研修を終えたばかりの新米車掌・ウイルが乗り込んでいた。

経営陣が事故による損失などを考慮し、決断に手間取る間に、加速しながら暴走を続ける
777を止める方法が少なくなっていく。
とうとう、最後の頼みはフランクとウイルになった…
d0164636_8132267.jpg
初めは、よくある“劇画”っぽい映画かと思って見ないつもりだったのですが、実話に
基づいたものと知って興味がわきました。
全体の90%は轟音を上げて走る機関車の中が舞台ですから、“にぎやか”で、睡眠不足でも
居眠りする心配はまったくありません。ハハハ。

“緊急事態”が発生してから、二人が問題を解決するまでを“時系列的”に描いただけの
映画ですが、少しも退屈することはありません。
一種の“活劇”として見れば十分に楽しめると思います。


「デザート・フラワー」85

果てしなく続くソマリアの砂漠の一角で遊牧民の少女がヤギの出産を手伝っていた。
少女の名前はワリス・ディリー、ワリスは“砂漠の花”を意味する現地の言葉だ。
13歳になったとき、父親によって知らない男の4番目の妻になるよう、命じられるが、
テントを抜け出して祖母のもとに走った。
のちに、祖母の手引きによってロンドンのソマリア大使館で働くようになるが、祖国が
内戦状態になって大使館が閉鎖されると行き場を失ってしまった。

街をさまようワリスを救ってくれたのは温かいハートの持ち主、マリリンだった。
マリリンの部屋に転がりこみ、ファストフード店で働き始めたワリスがファッション・
カメラマンの第一人者、ドナルドソンの目にとまる…
d0164636_8142124.jpg
ソマリアの砂漠に生まれた少女がスーパーモデルとして成功を収める、単なるサクセス・
ストーリーのつもりで見に行きましたが、もっと、深い話が隠されていました。

“割礼”は宗教的な儀式かと思っていましたが、そうではないようです。では、いったい
何の意味があって、女性に対する“非人間的”な仕打ちは続いているのか?
世界的な名声を得たあと、人前に出てこの種の過去を赤裸々に語るのは、人が思う以上に
難しいことのはずです。胸をうたれました。

ワリス役のリヤ・ケベデもアフリカ出身のスーパーモデルだそうですが、その美しさは
“圧倒的“です。


「ソーシャル・ネットワーク」90

2003年秋、ボストンのハーバード大学近くのパブで、2年生のマークはガールフレンドの
エリカと話しこんでいた。自分の優秀さに絶対の自信を持っている彼の話しっぷりには
ボストン大学に通う彼女をバカにしたニュアンスがあった。
言い争いの挙句、うんざりした彼女がパブを飛び出して行くと、腹を立てたマークは寮に
戻って、彼女の悪口や別れたいきさつなどをブログにぶちまけた。

それでも気持ちがおさまらないマークはルームメイトの手を借りて“いたずらサイト”を
立ち上げた。ハッキングして手に入れた女子学生の顔写真を並べ、投票でランクをつける
というものだったが、あっという間に学校内に広まった。1時間に22,000件のアクセス!!

大学の倫理委員会に呼び出され、観察処分が言い渡された彼に、学内の別のグループが
近づいてきた。「面白いサイトを作るので協力してほしい」と言われたマークは説明を聞き、
即答した。「I’m in」(やるよ)…
d0164636_8144254.jpg
世界で5億人がメンバーになっているといわれるフェースブックが、どんないきさつで
生まれ、どう成長し、どんな問題があったかが描かれています。
ただし、フェースブックそのものについてはそれほど細かく紹介されているわけではなく、
むしろ、爆発的なヒット商品になる過程で起きた開発グループ内の友情、対立、裏切りが
中心になっています。

ウイークデーの昼間でしたが、たまたま“メンズ・デー”だったことも重なり、若い人で
8割がた客席が埋まっていました。とにかく、スピード感があって楽しめます。
こまかいことですが、ハーバード大学の学生たちが学んでいるきわめて恵まれた環境を
垣間見られたり、世界浅い高水準の知的レベルで交わされる会話を聞けたりしたことが
拾いものでした。

ゴールデングローブ賞で作品賞など4部門を獲得したのも納得です。

ひとつだけ、年配者には“仕組み”の理解が大変かもしれません。
この日は、始まって20分で年配の夫婦が席を立って行きました。ハハハ。

80 武士の家計簿 江戸時代の終わり、代々、そろばんで藩主に仕える武士がいた
85 髪結いの亭主 唐突なプロポーズから始まった結婚生活は幸せに満ちていた…
85 アンストッパブル 暴走する列車を止める手立ては次第に少なくなっていく
85 デザート・フラワー 砂漠から生まれたスーパーモデルが抱えるトラウマとは?
90 ソーシャル・ネットワーク 学生仲間が立ち上げたサイトが大成功を収めた!
80 しあわせの雨傘 夫の病気がきっかけで経営者になった平凡な主婦が目覚めた

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-28 08:17 | 映画が好き | Comments(2)
Commented by shin555 at 2011-01-28 20:53 x
髪結いの亭主は以前紹介されていませんでしたっけ?
タイトルに聞き覚えがあります。
この写真が魅力的です♪
活劇は好きなのでアンストッパブルは見たいですが
それよりデザートフラワーに激しく惹かれますね。
今年もまたこうやって見たい映画が溜まるんです(^_^;)
いつか見るぞー
Commented by toruiwa2010 at 2011-01-28 21:16
shin555さん、こんばんは。
「髪結いの亭主」…よく覚えてますね。
タイトルを紹介しただけで、内容については、
今回が初めてです。
3本とも、見て損はないと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。