ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「八ヶ岳、そして富士山~終わりよければ すべて…~」11/02/04

d0164636_19254898.jpg
理由は分かりませんが、雪山に強くあこがれます。
毎年、この時期になると、「ああ、雪をいただき白く輝く山の景色を見に行きたいなあ」と
強い衝動にかられます。悩まされている人たちには申し訳ないのですが。

「温泉と雪山を見に行きたい。高山、黒部、小海線だったらどこがいい?」と妻に尋ねると
即答で「高山」でした。本当は、冬の黒部に行ってみたかったのですが、高山も選択肢に
入れてあったのですから、それを選ばれたからと言って、文句は言えません。ハハハ。

「近く、飛騨高山に行く予定です。
天気しだいでしょうが、部屋から、あるいはすぐ近くから
アルプスが見えるホテルをご存じの方がいらっしゃったら
ぜひ教えてください。

…情報を得たいと思い、“知恵袋”で問いかけてみました。
すぐに「残念ながら飛騨高山からアルプスは見えません。奥飛騨まで行かないと」という
回答がありました。
いろいろ調べたのですが、時間がかかりそうだし、これというホテルも見当たらないため、
行き先を小海線に変更して検索してみると、“甲斐大泉”が浮上してきました。
2年前に清里に出かけ、雪をかぶった八ヶ岳を見たことが思い出されます。

“よさげな”ホテルも見つかったので、妻の同意も得て、翌日出かけることにしました。
ほぼ同時に、「以前泊まったホテルは少し外れの高台にあって景色がとても良かったです。
お部屋やお風呂から北アルプスが綺麗に見えますよ」という回答もいただいたのですが、
天候がよさそうだったこともあって、今回は小海線に決定!!
d0164636_1926158.jpg
杉並の自宅から現地までは3時間足らずですから、早起きの必要がありません。
普段通りに起きて、ゆっくりと家を出ました。
途中までは雲が多かったのですが、三鷹から立川に向かうころには晴れ間が広がり始め、
小淵沢に着くといい天気になってしました。八ヶ岳もすっきりとした姿を見せています。
…ああ、しかし、雪が少ない!
d0164636_7283711.jpg
甲斐大泉の駅に着いたのは1時半です。
ネットで調べておいた「八ヶ岳倶楽部」に行きました。ご存知の方も多いと思いますが、
俳優の柳生博さんが開拓し経営しているカフェです。黙って連れて行くつもりでしたが、
テレビで紹介されているのを見て行ってみたかったという妻も大喜びでした。

まきストーブが温かい室内で、妻は紅茶を、私はジャージー牛乳を頂きました。
感じのいいスタッフの女性と話をしながらテラスを眺めると、たくさんの野鳥がえさを
ついばみにやってきます。シジュウカラは見たことがありますが、首のところが鮮やかな
オレンジ色をしたウソは初め見ました。
その向こうに雑木林が広がっています。
d0164636_193085.jpg
一から造ったという雑木林の中には古い枕木(?)を敷いた木道があります。
“ただの雑木林”ですが、造り手たちの愛情が隅々まで行き届いていることが分かります。
「八ヶ岳倶楽部の庭には華やかな花壇もアトラクションもありません。あるのは手入れの
行き届いた雑木林だけ。ぜんぶ自分たちで造ってきました…」
―― HPに載っていた息子さんで園芸家の柳生真吾さんの言葉です。

柳生さんは、長い時間をかけて雑木林を作るなど、苦労されたようです。
初めに“カフェ”と書きましたが、その一言では片付けられない思いがこもった場所です。
ほめすぎたかもしれませんが、“ほっとしたい”気分の時に行くといいと思います。

ホテルにチェックインしました。
富士山側の部屋でしたが、“その方向”は雲に覆われています。残念!
風呂はまずまず。しかし、食事はまたまた“残念”でした。
標高1100メートルの高さですから星空の美しさも“売り”と聞いていたので、食事のあと、
屋上に出てみました。“降るような星空”を期待したのですが、これも残念。
あきらめて、テレビでも見るかと思ったのですが、NHKのほかには、TBS系のテレビ山梨と
基本的に日テレ系の山梨放送しかなく…。ハハハ。

良く眠れたのは最高でした。
気持ちよく目が覚めてカーテンを開けると、闇の中に富士山のシルエットが見えます。
「よっしゃあ!」と思いました。ハハハ。
6時を過ぎると、甲府盆地に立ちこめた濃いもやの上に朝焼けの富士山がみごとでした。
d0164636_19304452.jpg
7時からの朝食を挟んで屋上から周囲を眺めました。

d0164636_19311124.jpg
赤岳、三つ頭などの八ヶ岳
d0164636_19312922.jpg
甲斐駒ケ岳、北岳などの南アルプス
d0164636_7285714.jpg
そして、富士山

あと少し、雪の量が多ければ文句なしですが、“ぜいたく”というものでしょう。
度重なる“残念”のあとに訪れた至福の時間です。美しい山々をたっぷりと堪能しました。
ま、終わりよければすべてよし…目的が達成されたことで総合評価は85点でした。ハハハ。

おまけ:出会った猫
d0164636_1933477.jpgd0164636_19332232.jpg
甲斐大泉駅前のメインストリートを行く猫(左)と八ヶ岳倶楽部の雑木林の中にいた猫

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-02-04 07:50 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
Commented by shin555 at 2011-02-04 09:17 x
最後の富士山、まるで絵葉書ですね!美しい!!
高山は周囲山ばっかりですがアルプスは少し高台へ行かないと難しいかも
美味しい鰻屋さんなら知ってますけど・・・
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-04 09:34
shin555サン、おはようございます。
きのうの富士山は、角度の関係で太陽が当たらず
雪化粧が見られませんでしたが、シルエットだけでも
十分な美しさでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。