ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「雪、雪、雪の中へ~月山 そして蔵王の樹氷~」11/02/21

d0164636_8483550.jpg
夢のような世界に行ってきました。
毎年、雪山を見に出かけていますが、今年の“総決算”として山形県の蔵王に行きました。
もちろん、お目当ては樹氷を見ることです。
“いい状態”で見られることは珍しいと聞いていたのに地元の人に言わせると、“年に一回”
あるかないかという最高の条件で見ることができました。
d0164636_21364772.jpg
いつもは“出たとこ勝負”が多い我が家の旅ですが、今回は、ネットや電話をつかって
じっくりリサーチしました。ハハハ。
山形と言えば月山(がっさん)。去年、霞城公園の桜を見た帰りに、遠くからは眺めています。
「蔵王に行く前にもう少し近くから見たい」と、県の観光協会に電話をすると、「だったら
寒河江(さがえ)まで行ったらどうか?」とアドバイスしてくれました。
地図を見ると、それなら、大分近づきますので、採用させてもらいました。

宿は、ネットで検索した中で“よさげ”だった深山荘 高見屋に泊ることを決め、最後は、
天気予報とにらめっこです。蔵王の天気を見ると、雲と雪のマークしかありません。
ようやく、水曜日に“雲と太陽”が重なりあったマークがつきました。曇りのち晴れ…
決断のときでしょう。ハハハ。
幸い、部屋も確保できました。
d0164636_2137911.jpg
NAVITIMEを使って、2時前後に山形駅から蔵王に向かえるように日程を組みました。
大宮から乗る新幹線は“つばさ”131号に決まりました。9時48分発です。
その前に弁当を買いたいので、9時半までには大宮につきたいところです。
9時26分着の湘南新宿ラインがありました。新宿駅を8時57分発です。
7時判前後ののぞみ(品川発)に乗ることが多い京都への旅に比べたらずいぶん楽です。

前日の夜の段階で天気予報を見ると、山形は朝から夜まで晴れマークが並んでいます。
起きてすぐにチェックしましたが、同じです。スキー場のライブカメラも前日までの
薄暗いものではなく、すっきりした映像が出ていました。してやったり!ハハハ。

地元駅26分発の電車で十分間に合うのですが、朝は、ダイヤが乱れることもあるので、
ゆとりを持たせるために少し早く家を出ました。
新宿駅で埼京線のホームに向かって歩いているとき、地下通路にいやーなアナウンスが
流れていました。「…運転を見合わせています」
「おいおい」と思いながら、繰り返されるアナウンスを聞くと、埼京線の赤羽―十条間で
人身事故があったことが分かりました! 私たちが乗る予定の湘南新宿ラインは若干違う
線路の上を走るのですが、まずいことになりそうな気配です。

ホームに電車は入ってきましたが、「新宿と池袋の間に3本の電車が止まっているため、
この電車はしばらく停車します」という無情のアナウンスが…
駅員をつかまえて、「9時48分までに大宮に着くにはどんな方法があるか?」と聞くと、
山手線で○○まで行って、そこから△△線で…」と説明が始まりました。
もう、その時点で残り1時間ちょっとしかありません。

決断しました。
車を運転しませんから道路のことはよく知りません。しかし、高速を使えば、時間までに
大宮に着くのではないか、と考えたのです。単なるカンですが。ハハハ。
タクシーをつかまえてどれぐらいかかるか、と聞くと、「1時間弱…」という答えでした。
「ぎりぎりかあ。間に合わなかったら、金も無駄になるし」と思ったものの、もうすでに
気持は“前がかり”になっています。行くと決めました。

案ずるより産むがやすし。
なんと、乗る予定だった湘南新宿ラインの到着時間よりも、2,3分早く、タクシーは
大宮駅に滑り込んだのです。
d0164636_21373297.jpg
予定外の出費は痛いですが、スケジュールを変えずにすみました。
新幹線では、ゆったりした気分で車窓の風景を眺めつつ北に向かいます。
山陽新幹線はトンネルが多く、富士山以外は景色を楽しむようなところはありません。
しかし、北行きの新幹線は沿線の景色がはるかにいいですね。
遠く、近く、現れては後方に消えて行く山の景観がいいです。特に、福島トンネルを出て
安達太良山や吾妻山などを見ると、ああ、来たなあ、という気持ちになります。

福島で、仙台に向かう東北新幹線“やまびこ”を切り離した山形新幹線“つばさ”は西に
向きを変えます。県境のいくつかのトンネル(板谷峠?)を抜けて山形県に入ると、とたんに
雪の量が多くなります。
右に雪をいただいた奥羽山脈が延々と連なり、左側に見えるのは、自信ないけど、飯豊
(いいで)山地か。朝日岳らしき高い山も見えるなあ。
地図と照らし合わせながら見ても、山は分からん。ハハハ。

山形から左沢線に乗り継ぎました。“あてらざわ”と読みます。
30分足らずで寒河江に着きました。
見上げると、相変わらず雲ひとつない空が広がっています。
駅前のタクシーに「1時11分の山形行き電車に乗るので、30分しかありません。どこか、
月山が良く見えるポイントに連れて行ってください」と頼みました。
頼りない運転手さんでしたが、少し考えたあと意を決して走り出しました。
「10分か15分かかる」と言っていたので、戻りの時間が心配です。“田舎の10分”には
さんざんだまされましたから。ハハハ。

幸い、途中でいい場所があったので、止めてもらいました。
ベストではないかもしれませんが、山の天気は変わりやすいことを考えると、早く蔵王に
行きたい気持ちもあったのです。
d0164636_21375855.jpg
月山…大好きです。
出羽三山のひとつ、小説にもよく出てきます。
前にも書きましたが、“たおやか”という言葉がぴったりの山容です。
いまじゃ、違和感がありますが、“たおやか”の漢字は“嫋”です。女ヘンに弱い…。
見かけと違って冬季は人を寄せ付けない厳しさがあるそうですから、ある意味、この字が
ぴったりなのかもしれません。ハハハ。

山形に戻って、いよいよ蔵王温泉を目指します。
ずっと、iPhoneでスキー場のライブ映像をチェックしていましたが、何しろ気が弱いので
「頼むから晴れ続けてくれ」と祈るような気持でした。
当初、宿にチェックインし、頂上の寒さに備えた“装備”に着替えてから出かけるつもり
でしたが、時間が惜しいので、直接、ロープウエー乗り場に行きました。
切符を買って、行列の最後尾に並んだとき、「これは時間がかかりそうだ」と覚悟しました。
d0164636_21383436.jpg
樹氷だけを見る観光客に混じってスキー客も大勢いるため、乗り場までの階段はぎっしり
満員だったのです。しかし、目の前のゲレンデが見える所まで進むと、スキーヤーたちの
滑走が“楽しめる”ようになって、待たされることが気にならなくなります。
「あの人、さっきから何度も転んでる」とうしろから声が聞こえました。
“ハの字”に開いたスキーでブレーキをかけながら“直滑降”で降りてくるのですが、
レベルが無理なんですね。ハハハ。

並んでから15分ぐらいでようやく順番が来ました。
高度が上がるにつれて視界が開けてきます。言葉にならないほど素晴らしい景色でした。
乗換駅のすこし手前、高さ1000メートルを超えたあたりにブナ林があります。
それを過ぎたところから目の下に少しずつ樹氷が見えてきます。
d0164636_21385982.jpg
その高さになると、シベリアからの冷たい風が山肌にぶつかるので樹氷ができる条件の
ひとつが満たされるのだそうです。タクシーの運転手さんの“解説”によると「水滴が
零下20度でも凍らないまま海を渡ってくることがポイント。そして、アカトドマツも
ポイントの一つ。樹氷ができるのはあの木だけだから」とのことでした。
念のために検索すると、微妙に違う部分もあるようですが、とにかく、いくつかの条件が
そろわなければ、樹氷はできないことが分かります。ハハハ。

“アイスモンスター”(氷の怪物)と呼ばれることもありますが、一つ一つ形が違っていて、
人の顔のように見えるもの、子供を背負った母親、頭巾をかぶった魔法使い…飽きません。
去年の樹氷は“ダイエットに成功した”と表現されるほど細かったそうですが、今年は
“10年に1度”の出来栄えだという話をあとで聞きました。
楽しんでいるうちに1661メートルの山頂駅に着きました。合わせて15分ぐらいです。
駅舎の外に出るとさすがに風が強く、氷の粒が顔に打ち付けてきます。
正確ではありませんが、氷点下10度の世界です。
しかし、目に映る景観の素晴らしさが寒さを吹き飛ばしてくれました。
2メートルを超える、まるまると“太った”樹氷たちやその遥か向こうに望める山並みに
目を奪われます。

かなりの寒さでしたが、滞在時間が15分ぐらいだったせいか、冬の東京で外出する時の
服装で耐えられました。おかげで、予備のセーターもホカロンも出番がないままでした。
今年、履き始めたスパッツが威力を発揮したことを付け加えておきましょう。ハハハ。
d0164636_2149279.jpg
d0164636_21491713.jpg
d0164636_83544.jpg
”200%”満足して帰りのロープウエーに乗りました。
上るときは上の樹氷にばかり気を取られていましたが、下りの景色もなかなかです。
手前に樹氷があって、その向こうに山形盆地が広がり、遠ーくに朝日岳などの山々…。
“下山”し、宿に電話をして迎えに来てもらいました。
創業300年近い、蔵王温泉の主のような宿に着いて、雰囲気のある外観を見上げたとき、
「これで、部屋、温泉、食事が良かったら、バチがあたりそうだなあ」と思いました。
…書きたいことがたくさんありますが、残念ながら文字数がオーバーしそうです。ハハハ。
d0164636_21495171.jpg
部屋に落ち着いて外を見ると日が沈むところで、美しい夕焼けでした。
宿の人が「この冬は夕焼けなんか見たことがなかった」と言っていました。
めったにない見事な青空、美しい月山、10年に一度の仕上がりの樹氷…
斎藤佑樹じゃありませんが、“持ってる”ことが分かりました。ハハハ。

おまけ
帰りの電車の中で食べた弁当・“牛肉どまん中”も最高でした。
米沢牛を使った牛丼ですが、たれの感じといい、山形県産の米“どまんなか”との
マッチングといい、すべてが絶妙です。
d0164636_21504634.jpg
京都の帰りによく食べる“はつだ”の和牛弁当もおいしいですが、あちらの1680円に対し、
こちらは1100円、しかも、味は五分以上です。
米沢で積み込まれるのを待って食べる値打ちは十分です。一度お試しあれ。
通りかかる車内販売のお姉さんに“予約”するのが確実です。

人気ブログランキングへ

d0164636_2151740.jpg
d0164636_894157.jpg
このブログが参加しているカテゴリのランキングです。(午前8時)
私が確認した範囲では、全ての順位が最高ですが、down 表示が付いています。
“テレビ・ラジオ全般”は 2位なのに“下がった”…つまり、昨夜のどの時点かで
“1位”になっていたわけです!!
192人がこのカテゴリに登録していますが、その中でトップというのは嬉しいですね。

今後の目標を“11000人余りが参加しているエンタテインメント部門の100位以内、
83万人参加の総合ランキングでの500位以内”にしたいと思います。
ええ、自分では何もできず、皆さんのクリックにおすがりするだけですが。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2011-02-21 09:04 | 旅に出る食べに行く | Comments(14)
Commented by モクレン at 2011-02-21 11:12 x
岩佐さん、こんにちは・・お久しぶりです。
素晴らしい景色です!!
稀な晴天の蔵王に行く事が出来た岩佐さんは、確かに持ってますね。綿密な情報収集と柔らかな考えで臨機応変に対処する・・同じ旅好きとして見習わなくてはいけませんね。でも大宮までタクシーの選択には驚きました。晴天の蔵王への強い想いがつたわり、私も一度訪れたいと思いました。
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-21 11:31
モクレンさん、こんにちは。
お久しぶりです。

1年分のツキを使い果たしてしまった可能性もあり、
少し、複雑&微妙です。ハハハ。
まあ、毎回…というのは贅沢なので、80点を目指せば
大丈夫かなと。

ぜひ、チャレンジしてください。
牛肉弁当も。ハハハ。
Commented by shin555 at 2011-02-21 13:02 x
奥様のブログでも拝見しましたが、ほんとに素晴らしい天気です!
1年分でもいいじゃないですか!って言いたくなるくらい・・・♪
駅弁も好きなのでそちらも非常に気になります(笑)
Commented by chibita at 2011-02-21 13:10 x
お久しぶりです。今年に入ってから今日まで、毎日雪かきしていて(30分~3時間)毎日が疲労困憊で岩佐さんの日記も読み逃げばかりしていました。今年の雪はひどかったです。
私も山形にいながらにして、樹氷は一度もみた事はありません。
今年は樹氷の当たり年、しかも岩佐さんの行った日はビンゴでしたね!それでもどんどん範囲は小さくなってるとの事。

晴れて良かったですねー(やはり日頃の行いがよいのでしょう。)
樹氷はなんだかすぐにでも動きそうな生き物にみえます。美しいのと怖いのが混在してそうです
Commented by sora at 2011-02-21 17:07 x
パチパチパチ! 素晴らしい行動力です!!
昨日のニュースで見て、行ってみたいなぁ~と思っていたところでした。
即、行動に移してしまうご夫妻は素晴らしいです!
それにしても、きれいなお写真ですね~~~
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-21 19:37
soraさん、こんばんは。
行動する元気があるうちは、まめに
出かけようと思っています。

今回の写真は気に入ってます。
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-21 19:40
chibita さん、こんばんは。

まだ、雪かきは続くのでしょうか。
ご苦労様です。

雪に悩まされている人たちのことを思うと
申し訳ないのですが、堪能しました。
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-21 19:45
shin555 さん、こんばんは。
間もなく、麻雀もあるのでツキは残っていて
もらわないと困ります。ハハハ。

今回は空の青さにも魅了されました。
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-02-21 19:58 x
いやー月山やりましたね。何度か行きましたがこんなに綺麗に快晴なのは珍しいのではないでしょうか。私は行いが悪いのか、ほぼ毎回ブリザードです。人間樹氷になりそうな体験ばかりでした。
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-21 20:43
ふぇでらー…さん、こんばんは。

人間樹氷…中に人間が入っているんじゃないかと
思うようなのもありましたよ。ハハハ。
Commented by toshi at 2011-02-22 03:39 x
素晴らしい!最高の天気に恵まれ、雲ひとつない青と白の世界。
羨ましい景観です。
Commented by 遊び人の優さん♪  at 2011-02-22 06:50 x
岩佐サン、おはようございます♪

いい天気に恵まれましたね~!
蔵王といえば、10数年行ってないのですけど、昔は大学時代の
仲間達と年末年始を過ごす「再会の場」でもありましたね!

元旦の初日の出を樹氷原で迎えたりして…。イイ思い出です。

Commented by toruiwa2010 at 2011-02-22 08:14
toshi さん、おはようございます。
ずっと、キツネにつままれた気分でした。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-22 08:17
遊び人の優さん♪サン、おはようございます。

初日の出を樹氷原で迎えたりして…
すばらしい!
書き忘れましたが、鳥海山も上のほうが
よく見えました。地元の人が「それはラッキーです」と
驚いていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。