ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「コアンドル」よし 「ジョー」残念 ~採点に疑問はあるでしょうが w~」11/02/24

d0164636_1681696.jpg

「洋菓子店コアンドル」90

今日もにぎわう評判の菓子店、「パティスリー・コアンドル」に若い女がやってきた。
鹿児島を出て行った恋人がこの店で働いていると聞いて追ってきたなつめ(蒼井優)だ。
「とっくにやめた。どこに行ったかは知らない。鹿児島に帰りなさい」と突き放されて
途方に暮れるなつめだったが、必死に頼み込んでしばらく働かせてもらうことになった。

「仕事が遅い。クリームがゆるい。シロップが…」
なつめが作ったケーキを試食した十村(とむら:江口洋介)という男がそう言った。
ときどき店を訪れる彼は、オーナー・シェフ、依子(戸田恵子)の古くからの知り合いらしい。
今は厨房に立つことをやめ、評論家になっている“伝説のパティシエ”だという…
d0164636_1683260.jpg
ケーキ作りのカットを細かくつないでいく冒頭のシーンから期待が膨らみ、その期待が
裏切られることはありませんでした。
店のたたずまい、なつめが転がり込んだ店の二階にあるシェフの部屋、登場人物のウエア、
画面の色調、バックに流れる音楽、絵のサイズ…全体に“趣味がいい”映画です。
ストライク・ゾーンの真ん中に来ました。

大好きな蒼井優がいい。やっぱり、この女優さんはすばらしい!ハハハ。
表情のバリエーションが多く、思いがけない顔に出会えます。
ドラマ「龍馬伝」にも長崎の売れっ子芸者役で登場し、圧倒的な存在感を示していましたが、
演技の幅広さは若手女優の中で群を抜いています。

出演者が揃っていい演技をしています。
出番の短い加賀まり子、鈴木瑞穂、佐々木すみ江、嶋田久作…キャスティングの妙。
十村がシェフをやめた理由をもっとストレートに説明すればよかったのにと思う以外に
減点の材料がありません。よって90点をつけます。
去年の8月にこの映画の宣伝ちらしを目にしてから楽しみにしていました。
こういうとき、とかく“肩すかし”を食うことが多いですが、今回は期待通りでした。


「毎日かあさん」85

マンガ家・理恵子(小泉今日子)は、自分の稼ぎで買った自宅に、二人の子供と、ある日
突然押し掛けてきてそのままいついてしまった母親と暮らしていた。「ほめて育てる」が
彼女の教育方針だ。問題は、元戦場カメラマンの夫・鴨志田(永瀬正敏)だった。
吐血を繰り返す、深刻な依存症だった。戦場での過酷な体験がトラウマになって、酒から
逃げられなくなっているのだ…

途中までは「なんだこれは。70点じゃないか」と思っていました。
しかし、3分の2を過ぎたあたりからどんどん良くなって行きました。ちょうど鴨志田が
全くどうにもならない“ダメなやつ”であることがはっきりするところからです。
そこまでは、“普通”だった小泉と永瀬の演技に深みが増して行ったように思います。
物語の進行とも関係があるのでしょうが、夫婦の距離感がとてもいい感じになりました。
永瀬を起用したことが小泉の良さを引き出し、元妻との共演によって永瀬の良さが出た、
そんな風に見えます。

10年間、依存症と闘う苦しい旅を終えてようやく家族のもとに還った男の安らぎを見て
この映画が成功している大きな理由は、やはり、元夫婦が演じたことにあると思いました。


「再会の食卓」85

ユィアーのもとに一通の手紙が届いた。もう何度目になるのか、孫娘が読み上げる手紙は、
1949年、国共内戦の混乱の中で生き別れになった“夫”・イェンションが40数年ぶりで
台湾から上海に戻ってくることを知らせていた。
ユィアーの心は揺れていた。国民党軍の兵士だったイェンションとユィアーの結婚生活は
1年ほどだった。取り残され、国民党軍兵士の家族だったことで周囲から白い目で見られる
身重の彼女と結婚してくれた今の夫・シャンミンとの間には40年以上の“年月”がある。

家族の反応も微妙だった。
「いいことじゃないか」と、歓迎する姿勢の夫に対して、子供たちの態度は冷ややかだ。
「きっと面倒なことになる」「おれには関係ない」「台湾で結婚した奥さんが死んだから
来るんじゃないか」

楽隊も出て派手に迎えられたイェンションが、ユィアーの家の前に到着した。
タクシーを降りた彼は、戸惑いながらも、人垣の中から、目指す女性をすぐに見つけた。
絞り出すように「ユィアーか?」と声をかけるイェンション。
ほんの僅かに微笑んで、小さくうなずくユィアー…
d0164636_169258.jpg
心やさしい家長・シャンミンのリードでイェンションの心地よい滞在は過ぎて行きます。
しかし、イェンションには秘めた計画がありました。残りの人生を共に暮らすために、
ユィアーを台湾に連れ帰ることです。
いくら、シャンミンが好人物だからと言って、それは無理な相談だろう、と思いながら
観客は物語の推移を見守ることになるわけですが、ここから先は書きません。ハハハ。

初めから終わりまで、まるで、喧嘩でもしているかのような中国語の会話が飛び交う中、
時間だけは、穏やかに、緩やかに過ぎて行きます。
このゆったりペースがいやじゃないのは、たぶん、同じ東洋人の血のせいでしょうね。
始まって数分で“ズキューン”と心臓を打ち抜かれました。二人の再会の場面です。
俳優たちが素晴らしいです。

数は少ないですが、これまで見た韓国・中国・台湾映画の中で最も高く評価します。


「ジーン・ワルツ」75

帝王切開が進められていた手術室に生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声がひびく。
「生まれましたよ」の声に続いて、すぐ「胎盤が癒着してる」、「血圧が下がってます」と
緊張した声が飛んだ。
時間がたち、うなだれて手術室を出た医師(大森南朋)は、のちに逮捕されることになる。

「人間は生まれて当たり前、と思っている人が多いですが、生命の誕生は、それ自体が
奇跡なんです」と学生に講義しているのは帝華大学病院の医師・曽根崎理恵(菅野美穂)だ。
彼女は、縁のあるクリニックでも院長代理の仕事をしていた。院長が病いに倒れ、やがて
閉院となるそのクリニックで彼女は4人の妊婦の最後を見届けるのだと心に決めていた。
そのうちの一人は“代理母”による出産だ。その女性は55歳!しかも、彼女は…

もっと“オドロオドロ”した作品かと思いましたが、そうでもありませんでした。
しかし、何を描こうとしているのかが最後まではっきりしませんでした。
“天才医師 〈遺伝子(ジーン)の女神〉が仕掛ける、禁断の奇跡”
“<史上最強の女医> スクリーンに君臨! いま、新世紀医療の闇に迫る”
…公式HPにはそう書かれています。きっと、海堂尊の原作には曽根崎理恵の天才ぶりや
最強の女医ぶりが書き込まれているのでしょう。しかし、この映画のどこを見ても彼女が
“天才”であることをうかがわせるシーンはありませんでした。

何よりもいけないのは、クライマックスの“どたばた”です。
どんな大病院でもそんな緊急事態が2件も3件も重なることはないだろうという修羅場が、
それも、台風が直撃という厳しい条件の中で起きるのです。
まあ、フィクションですけどねえ。ハハハ。

どうしてくれるんだ、せっかく、菅野美穂なのに。


「あしたのジョー」75

劇画(?)もアニメも見たことがありません。病院の待合室などでパラパラした以外は。
数ヶ月前に見た、山下智久と伊勢谷友介の見事にシェープップしたボディーの美しさに
惹かれて見に行きました。いえ、まったくその“趣味”はありません。ハハハ。
正直に言うと、がっかりです。
監督は少しでも劇画に近づけようとしてこの映画を作ったのではないでしょうか。
全体の“作り”があまりにも劇画チックで違和感がありました。
d0164636_1693111.jpg
かなりの割合でボクシングの試合が描かれていますが、嘘っぽくて話になりません。
実写版らしさを求めて出かけたのが間違いだったのでしょう。
原作を知らないのですから、何とも言えませんが、行方をくらませた1年間のジョーの
生活が全く描かれていないのも不思議です。

全体の印象として、山下・伊勢谷が気の毒でした。
プラス、重要な役どころの香里奈の演技が下手すぎました。


「ザ・タウン」80

あまり期待せずに見に行ったのですが、とても面白かったです。
銀行強盗の一員と、一時は人質になった女性の恋物語です。
主役のベン・アフレックが魅力たっぷりです。


「ウォール・ストリート」80

ゲッコーが8年の刑期を終えて出所してきました。
彼の娘と結婚が近い男は投資会社の若手有能社員です。
ゲッコーはひそかに“復活”の機会をうかがっています。
一方で、家庭を顧みなかった父を憎んでいる娘との関係を修復しようと懸命です。

金融の話は、言葉の意味が理解できないと厄介ですが、NHKのドラマ「ハゲタカ」などは
大体のことが分かればついていけました。ハハハ。
この映画は、冒頭の30分ほど、頭が痛くなりました。
しかし、最初の4行を頭に入れてみれば乗り切れます。
私も、そこを過ぎてからは、映画としての面白さを楽しめました。

マイケル・ダグラスの存在感が圧倒的だ。画面に登場するだけで“空気”が生まれます。
こういう映画を見ると、俳優の演技力をつくづく考えさせられます。

90 洋菓子店コアンドル 減点の少ない作品だ 出演者全員がいい 蒼井優にやられた
85毎日かあさん 依存症を乗り越えて家族のもとに帰ったダメ男 元夫婦の呼吸がいい
85 再会の食卓 40数年ぶりに再会した元夫婦… これまで見たアジア映画ではベスト
75 ジーン・ワルツ せっかくの菅野美穂主演なのにつまらない どうしてくれるんだ
75 あしたのジョー 劇画の世界から抜けきれていない つまり、劇画を読めばいい
80 ザ・タウン 銀行強盗と人質女性の恋 ベン・アフレックが良かった
80 ウォール・ストリート じっとしていても絵になるマイケル・ダグラスの存在

人気ブログランキングへ

d0164636_169486.jpg
by toruiwa2010 | 2011-02-24 08:13 | 映画が好き | Comments(7)
Commented by gene at 2011-02-24 08:38 x
こんにちは、はじめまして。
細かいことですみません。
「そのうちの一人は“顕微授精”、つまり“代理母”による出産だ。」
のところがちょっと気になってしまいました。

“顕微授精”=“代理母”による出産  と読み取れてしまいます。
もしかして映画の中で、そのような説明だったのでしょうか…
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-24 09:06
gene さん、おはようございます。
顕微授精=代理母による出産…私はそのように
受け止めました。
卵子の“持ち主”の子宮に戻すこともあるのでしょう。
映画の設定にまどわされて表現が紛らわしくなっていますね。
顕微授精…を削除します。

映画を見ながら、冒頭の15分ほどの展開を
頭の中でまとめているので、ときどきこういう
間違いをしでかします。ご容赦を。
Commented by オオソネ at 2011-02-24 09:19 x
おはようございます、岩佐さん。

岩佐さん同様に蒼井優好きな僕も、この映画気になっていました。岩佐さんの採点が90点と高得点だったので、安心して見にいけますw
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-24 09:24
オオソネさん、おはようございます。

千変万化の表情をお見逃しなく。ハハハ。
Commented by マギヨール at 2011-02-24 10:35 x
岩佐さん、おはようございます♪
海堂ファンなので、ジーン楽しみだったのですが…あらら残念…DVD待つことにします(笑)
同じ時間軸をみどり視点から描いた「マドンナ・ヴェルデ」が、NHKでドラマ化されるそうなので、この際そちらに期待です☆
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-02-24 11:50 x
「明日のジョー」のリメイクは、やはりオリジナルの「あおい輝彦」さんが声優をしていたのをしのぐのはなかなか難しいかもしれません。40年位昔の物ですが、すばらしすぎました。
Commented by toruiwa2010 at 2011-02-24 15:16
マギヨールさん、こんにちは。
ジーンワルツ…私がダメ、というだけならいいんですがね。

同じ時間軸をみどり視点から…
面白いかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。