ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

Archives「See's Candies が最高 !~甘いものに目がない~」11/03/06

d0164636_8335910.jpg

細く見えますが、体脂肪率26~27…立派な“隠れメタボ”です。
甘いものには目がないのに、心行くまで食べられる“時期”は限られています。
「甘いものをいくら食べても太らないんです」なんて人がいますが、許せません。
ちょうど7年前の今日書いた、甘いものにまつわる記事です。


「See's Candies」(2004.03.06)

1ヶ月近く前になります。そう、バレンタイン・デイ。
若い人たちと違って、私の年齢では義理チョコもめったにもらえません。ハハハ。
いや、もらえないことへの愚痴を書こうというわけではありません。
いただいても、どう対応したらいいのかよくわからず、いつも、ブーイング覚悟で何も
お返ししないで済ませてしまう体たらくですから。

今年は、お二人の魅力的な女性から、チョコではなく、おせんべいを渡されました。
意味がよくわかりません。「義理」以下なのか、「義理と本命の間」なのか。…どちらでも
かまいませんが。ハハハ。
そして、もうひとり、当HPを手伝って下さる方から、こちらは本物のチョコレートを
いただきました。会ったことのない彼女から届いたのはオーストリア製のDEMELでした。
そこから、彼女とメールでチョコ談義になりました。
d0164636_8342875.jpg
何をかくそう、私はかなりの甘党です。しばしば判断が“甘く”なるのはそのせいかも
しれませんね。ハハハ。しかし、すぐおなかに脂肪がついてしまうタイプですから気を
つけなければいけません。ケーキやチョコなどは、週末の我が家だけと決めています。
ところが、私がお世話になっているWOWOWは海外出張が多い職場です。
そして、出張帰りの社員は必ずといっていいほど、お土産を持ち帰ります。
甘いものが多いです。女性社員がそれを持って「○○さんの土産です。いかがですか?」と
誘惑しにくるときがヤバイです。のどから手が出るほど欲しいのに「パス!」というのは
勇気が必要です。ハハハ。

毎週土曜日の朝に体重をはかります。
理想体重は66キロで、67キロを超えると危険水域に入ります。そして、ある土曜の朝、
デジタルの数字が68に近づいたら「甘いものは今日と明日でおしまい」と妻に宣言して
協力を求めます。
「今日と明日」については、すでに準備されていることがあるので仕方がないのです。

これだけ気をつけていても、少しでも油断するとあっという間に体重は増えます。
ついに今年の1月10日には、68.7キロをマークしました。わが人生の最高重量です。
二日後にオーストラリアに出発しました。全豪オープン・テニスです。
この、年に3回ある、グランド・スラムの出張が体重調節のチャンスになっているのです。
大会前にはかなりおいしいものも食べますが、大会中は弁当が主体になります。
体調を崩すことは絶対に避けなければいけませんから、弁当のおかずの中から、生もの、
油っぽいもの、揚げ物、消化しにくいものを排除します。結果として、食べられるものは
ほとんど残りません。
そんな食生活が2週間続くのですから、体重は自然に落ちてくれるのです。
今回も、帰国して測ってみると66.3キロでした。
こうなると週末の甘いものは解禁です。これだけを楽しみに長い出張期間を過ごしていると
言ってもいいかもしれません。ハハハ。

繰り返しますが甘党です。
リミットまで余裕があるときにはアイスクリームに小豆をトッピングしてしまうほどです。
甘いもの…いろいろありますねえ。私の好物は幅が広いです。
思い出すままに挙げていきます。
夢に出てきそうなのはANGELINAのモンブラン、中村屋の月餅(げっぺい)とカリントウ、
HAAGEN-DAZSのアイスクリーム、立田野のアンミツ、Top'sのチョコレートケーキ、
BROWN&HALEYのアーモンド・ロカ、風月堂のゴーフル、京都・鍵善のくずきり…
そう、妻が作るチーズケーキやフルーツケーキを忘れちゃまずいですね。
どうです、まいりましたか? ハハハ。
d0164636_8351373.jpg
このあたりは日本でもかなり知られていますが、つい先日、社内でとても懐かしいものを
見かけました。アカデミー賞授賞式の中継に出張していた社員からのお土産です。
See'sのチョコレート!!
メジャーの中継でアメリカ出張が多かったころに教えてもらって以来病み付きになって
いたものです。日本では、まだそれほど知名度が高くありません。
店も、店員さんのウエアも白と黒のシンプルなデザインです。
d0164636_8424944.jpg
このダーク・チョコの詰め合わせが1,500円ぐらいと、決して高いものではありません。
味は平凡ですが、一度食べたら忘れられなくなりました。
ロスの店には、行くたびに5箱、6箱と買ったので、すっかり覚えられてしまったほどです。
西海岸への出張がなくなってからも、知り合いの日系二世に頼んで送ってもらったり、
亡くなった後は、直接本社にお金を送りつけて航空便で取り寄せたりしていました。

妻は「あれだけおいしいのに日本でもうひとつ人気にならないのは、味が日本人向きじゃ
ないのかしら」と言います。しかし、私は、知られていないだけで、味は日本人にぴったり
だと思っています。
もともとロスアンゼルスからスタートしたSee's Candiesは、かつては西海岸にしか
店を置いていませんでした。ラスベガスで見つけたときは飛び上るほど嬉しかったものです。
少しずつ東に進出していますが、今でも、デトロイトが一番西のようです。もう少しで
東海岸じゃないですか。早くニューヨークにも出店して欲しいですね。

おまけをひとつ。いずれ、もっと年をとって、体重も体型も気にしなくてよくなったら、
京都・鍵善のくずきりを食べに行くぞぉーっ。
d0164636_8362216.jpg

人気ブログランキングへ

d0164636_8364243.jpg
by toruiwa2010 | 2011-03-06 08:43 | 旅に出る食べに行く | Comments(4)
Commented by pon at 2011-03-06 22:08 x
こんばんは。
私も食べ過ぎるとまずいなと思いつつ、家族の誰かが
毎週のように甘いものを買ってきたり、職場でもらったりと
つい食べてしまっています。和・洋問わず好きです♪
バレンタインも、あげる人より自分が食べたい基準で選んでます。
岩佐さんは市販の物の他にも、近くに美味しいお菓子を作れる
奥さまがいるので、誘惑に勝つのも大変ですよね。

京都のくずきり、京都旅行中に母親が「ここは外せない」と
渋る父親を連れて行ってきたらしいです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-07 08:45
ponさん、おはようございます。

これほど“自己規制”が難しいものはないですね。
くずきりは鎌倉の長谷寺の中のレストランでも食べましたが
天地ほどの差がありました。ハハハ。
Commented by kumasan63 at 2011-03-07 10:55 x
岩佐さん、こんにちは。
See'sのチョコレートは、出張の折にLAXの売店で買ってお土産にしたことがあります。
どうやら今は銀座と表参道にお店があるようですね。
http://www.seescandies.jp/
ただし、向こうで買うような値段ではないのが残念ですが・・・
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-07 11:10
kumasan63 さん、こんにちは。

はじめルミネの一角にありました。“古い”と感じました。
表参道でも一度買いましたが、本来のおいしさではなかったと
記憶します。
直接オンラインでオーダーできることが分かりましたので
いつか、ベスト・コンディションの時にトライしてみます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。