ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「近事片々~うまくまとまらずw~」11/03/07

d0164636_91735.jpg

フォワードか!
インテルの長友がセリエで初ゴールをあげた。
自陣左サイドでボールを持った長友は中盤で中央のスナイデルにボールを預けると
そのまま、ペナルティエリアに走り込んでセンタリングを待った。
ボールは右サイドに送られるが、長友はペナルティスポット周辺から動かない。
センタリングをペナルティアークで受けたフサイン・ハルジャからボールは長友へ。
大きなDFに前を塞がれた長友だが、うまくすり抜けると躊躇なく左足を振った。
鮮やかなゴールだった。
d0164636_9141928.jpg
もともと、点を取ることが仕事ではないポジションだが、ボールを持ったところから
シュートまでの一連の流れはフォワード並みだった。
点差があったし、DFだから雑念なく蹴れたのさ…と考えることもできるだろう。
しかし、レベルの高い国に渡り、しかも上位チームに移籍してもなお、自分らしさを
失わずにプレーする長友を見ると、海外に出て行く機会さえなかった釜本の時代から
日本サッカーを見てきた者として、来た道の遥かさを想う。

朝からいいものを見せてもらった。

テクニックか!
「なんでも知っている馬鹿もいる」の寸言は作家の内田百閒だったと記憶する

…3/2づけ“天声人語”はそう書き出していた。
IBMのスーパーコンピューター「ワトソン」が、クイズの王者2人に圧勝したという
ニュースに触れて書かれたものだ。

仮に知っていても、「その通りですよ」「あなたの記憶は正しい」などと、“したり顔”で
投書したりしないように。苦笑されるのがオチだから。
歴代の“天声人語”の担当記者は名文家が選ばれると言われているし、彼らなら、単に
記憶しているだけではなく、きちんと確認した上で書いているに違いないのだから。

ささやかな当ブログでさえ、リズムを考え、内容が伝わることを第一に、読みやすく、
分かりやすくを念頭に書いている。一つのテクニックとして、「AはBだ」と断定的に
書くのではなく、「…と記憶する」と、あえて少しぼかすことがある。
まさか、“天下の”天声人語に投書が行くとは思わないが、当ブログの場合はときたま
コメント欄に“確認”の書き込みがあったりする。“信用”の差が透けて見える。ハハハ。

ちなみに、引用されている百閒の言葉は“抜粋の抜粋”だ。この部分は、全体として…
「なんにも知らない馬鹿がいるし、何でも知っている馬鹿もいる」となっています。

このほうが、言葉としての力が強いと思うが、どうだろう。

第三セクターか!
“100% 同義”かと聞かれれば自信はないが、いまは“第三セクター”と呼ばれている
企業形態が、かつて、半官半民と呼ばれていた。国鉄や専売公社がその典型だ。

「4年間の約束」で逃げるのも限界でマニフェストの見直しが不可避となった民主党、
予算案は衆議院を通過したものの、難問山積プラス支持率低下で頭の痛い菅総理…

今や、ハンカンハンミンは“反菅反民”と書くべきか。
d0164636_955071.jpg

テイタラク!
不思議な夢を見た。割合、整理されていて、しかもオチまであった。

ヘクトパスカルは気圧を示す単位だし、メートル、キロは長さや重さの単位だ。
政治の世界に物差しはないようだが、ちゃんとある。単位は“タラク”だ。
最高が100で、最低は1だから、パーセントと同じだと思えばいい。
この物差しで測るとき「人民の 人民による 人民のための政治」を行ったリンカーンを
100とするなら、末期の自民党政権は50タラクがやっと、誕生したころの鳩山政権は
65タラクだったが、最後は30タラク、そして、50タラクでスタートした菅政権は、
今や20タラク以下に落ち込んでいる。

退陣のカウントダウンが始まっている。なにしろ、この“低タラク”だもの…

うまく落ちてないのは、夢のせいだ。

造語のセンス!
若者の感覚はなかなか面白い。
ギャル(古ッ)たちは、井の頭線を“イノヘッドライン”と呼ぶそうだ。
数年前から使われているらしいが、聞いたのは初めてだ。

響きがいいな。うまいや。
d0164636_963561.jpg

ご到来!
立春は2月4日だった。
関東地方では、25日に“春一番”が吹いた。
27日にウグイスの啼き声を聞いた。
同じ日、今シーズン初めて目に猛烈なかゆみを覚えた。
マンションの中庭でミモザの鮮やかな黄が目立ち始めたのもそのころだ。
そして、管理人さんが3月2日に池でカルガモを見たという。
彼らはマンションの住人に春の到来を告げにやってくる。

そうか、Spring has camo…
d0164636_9152219.jpg


久しぶりにととのえてみた。

98歳の浪速っ子とかけまして
そばの名店とときます
その心は…

チョージュヤン


春近しとかけまして
3年ぶりのサッカー実況とときます
その心は…

カンの戻りが気になります


乗り物の優先席とかけまして
5キロの“やり”とときます
その心は…

オモイヤリ


江戸っ子の年寄りの冷や水とかけまして
窓の向こうに隣りの庭園とときます
その心は…

シャッケー

人気ブログランキングへ

d0164636_98481.jpg
by toruiwa2010 | 2011-03-07 09:15 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by pon at 2011-03-07 22:06 x
岩佐さん、こんばんは。
うちの方は、今朝は雪交じりの雨が降っていて寒かったです。
寒くても雨が降っても、花粉は変わらず飛んでるようで、
特に雨の日の翌日に、目のかゆみがひどくなります。

Spring has camo、いいですね!オモイヤリも好きです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-07 22:39
ponさん、こんばんは。

東京も肌寒い一日でした。
今日は楽でしたが、そうですか、
明日が心配になってきました。
Commented by minix7 at 2011-03-07 23:53 x
「井のヘッド」というのは、「空から日本を見てみよう(?)」で言っていたと思います。「あげぽよ~」とも言っていましたが、私には意味不明でした。
Commented by akapon at 2011-03-08 01:23 x
岩佐さん、こんばんは。
野茂選手がメジャーに移籍する時、日本の野球が通用するわけないと言ってた人、
日本人がヨーロッパのサッカーで通用するはずがないと言ってた人、
これだけ世界で活躍する日本人が出てきてどう思っているのでしょうね?
ただ、もっともっと世界を驚かせる、そしていつかは活躍が驚かれず普通になる時代が
来ることを祈っています。

カンセイケン、本当に低タラクですが・・・夢のせい?!(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-08 07:48
minix7 さん、おはようございます。
イノヘッドは電車の中で妻が聞いたものです。
京王線を“京キング”などとも言うらしいですね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-08 08:20
akapon さん、おはようございます。

WBC2連覇の野球、WC16 のサッカーという実績があっても
世界の一流には“まだ”なっていないと思います。
野茂は2,3年早く行かせたかった。イチローは“やる”とは
思ってましたが、ここまでとは思いもしませんでした。
古い人では、釜本邦茂(サッカー)は世界の舞台に出してやりたかったと思うし、
山田久志や長嶋茂雄あどこまで通用したかは見たかった気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。