ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「河津桜:散りぎわの美~孫が元気いっぱいだった!~」11/03/11

d0164636_8172026.jpg
水曜日、例によって急きょ日帰りの旅に出ました。
行き先は伊豆半島・河津…もちろん、河津桜を見るためです。
終わりに近いことは分かっていました。ざっとネット上を検索したあと、思いついて
知恵袋…じゃなかった(ハハハ)、ツイッターで情報を求めました。そのほうが早いと
思ったからです。

すぐに“応答”があり、good & bad newsがもたらされました。
“葉桜状態”説と“まだ見ごろ”説です。こうなると、結論は自分で出すしかありません。
ライブカメラ設置に協力しているお店の電話番号がネットに載っていたので、夕方6時前、
電話をかけてみました。忙しかったかもしれませんが「少し葉が出ていますが、十分に
楽しめると思います」と丁寧に教えてくれました。
d0164636_8175494.jpg
天気もよさそうだし、花の“賞味期限”が切れかかっていますので“GO”が決まりました。
こういうとき、夫婦そろって“必須”なのは、カメラ・バッテリーの充電です。
私は、妻の動き始めるのを見て「ああ、俺も充電しなければ」と思いだします。
旅の楽しみの一つはいい写真を撮ることですから忘れるわけにはいきません。もっとも、
バッチリ充電したのに、DSカードが入ってなかった…なんてこともありますが。ハハハ。

5時半起床、7時に家を出ました。早く行って早く帰る。我が家の基本通りです。ハハハ。
d0164636_8182554.jpg
熱海から乗り継いだ伊東線には、横向きの座席のついた車両がありました。伊豆半島の
東海岸はギザギザの“リアス式”になっていますが、この席に座ると変化する海の眺めを
たっぷり楽しめます。熱海から初島が見えるのはよく知っていましたが、列車の南下に
つれて大島があれほど近くに見えるとは思いもしませんでした。
少しかすんでいましたが、空と海の青さが溶けあって美しい景色でした。
d0164636_8184359.jpg
d0164636_819572.jpg
河津駅に着いて改札を出ると、駅前から河津川に続く道に桜の並木が見えていました。
少し葉桜になっているものの、これだけ残っていてくれれば“御の字です”。ハハハ。
河津川に出ると、堤に並んだ桜のピンクと菜の花の黄色の対比がきれいでした。
d0164636_8193395.jpg
本数はそれほど多くないですが、花の“蜜度”が濃いのでしょうか、散り始めているのに
全体としての華かさは保たれています。
ただ、見ごろのピークには3,4日遅れた感じは否めません。
惜しいことをした…という気持ちがある一方、ピークの込み方を想像したら正解だったと
思わないでもありません。とにかく、道幅がかなり狭いですから。
d0164636_8194921.jpg
写真を見て楽しみにしていたのは“原木”です。
河津桜と命名されたのは1974年ですが、その“起源”とも言うべき原木が河津川沿いの
雑草の中で発見されたのは1955年のことです。堤からはだいぶ離れたところにありますが、
河津に来て原木を見ないのでは話にならないと、地図を頼りに歩きはじめました。
地図を読み間違えて、かなり手前を曲がってしまったことに気づき、結構、焦りました。
妻が「ねえ、もう戻らない?」と言いださないか気をもみ始めたころ、100メートルほど先に
豪華な桜があるのが目に入ってきました。人だかりもしています。
d0164636_8201130.jpg
近くにいた地元の人に、「あれが原木ですか?」と尋ねると、「あれは“孫”で、原木は
ここから700メートル先にあります」という答えでした。
まだ、そんなに歩くの?とビックリしながら、原木から数えて3代目の桜を眺めます。
ボリュームがあって、見事です。花もまだ生き生きして元気いっぱいでした。

こうなると、原木を見ないわけにはいきません。
少々疲れて、二人とも口数が減っていましたが、黙々と歩きました。途中ですれ違った
観光客らしい年配の3人連れにあとどれぐらいかを尋ねると、「もうあとわずかですよ」と
言われ元気が出たのはいいのですが「だいぶ葉が出て、終わりが近いですけどね」という
余計な情報がついてきました。疲労倍増。ハハハ。
d0164636_8203585.jpg
高さ10メートル、孫の数倍はありそうな原木は、たしかに、だいぶ葉が出ていましたが、
悪くありません。強がりでなく、花びらのピンクに葉の緑が混じっているのもいいものです。
ただし、原木も孫も幹線道路沿いにあって、環境が悪いのは残念です。
堤の並木も“売り”でしょうが、この2本を楽しみに見に来る人もいるほどで、河津町の
宝物と言ってもいいと思います。町として、周辺の整備をする考えはないのでしょうか?
観光地に行くといつも感じることですが、どの角度から見ても電線が邪魔になります。
金もかかることですから、口で言うほど簡単ではないのでしょうが、周りの電線を地中に
埋めるなど、せっかくの宝をすっきり、美しく見せる努力をすべきだと思います。

「踊り子号」でまっすぐ品川に戻り、帰宅は3時半。
8時間半の旅は、総合評価80点ぐらいでしょうか。ピークを過ぎていることを知りながら
出かけたのですから、それを考えたら、5点をプラスしてもいいかもしれません。
2日でも早く行っていれば、たぶん、5点はプラス、2本の桜の背景に電線が入らなければ、
もう5点プラスされたでしょう。
花を見に行く旅も、これでなかなか大変です。ハハハ。
d0164636_821011.jpg
この旅の写真は日曜日に更新する“ギャラリー”にまとめます。

人気ブログランキングへ

d0164636_8212534.jpg
by toruiwa2010 | 2011-03-11 08:26 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
Commented by tom☆ at 2011-03-11 09:53 x
おはようございます♪
お花見させていただきました☆~最近はすっかり青空と仲良しですね☆
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-11 13:10
tom☆さん、こんにちは。
青空さんとは仲良くさせてもらってます。ハハハ。

この春は大きな“プロジェクト”を予定しています。
このまま友人関係が続いてほしいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。