ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「キラ☆キラ」を聴く~若い友 そして、ある市議のブログ~            11/03/15

d0164636_959367.jpg

昨日の午後、TBSラジオ「小島慶子のキラ☆キラ」を聴いた。

…話しているうちに、さまざまな思いが頭をよぎるのだろう。彼は何度もすすりあげ、
声を詰まらせながら、ふるさと・気仙沼を気遣う言葉を絞り出していた。
姉夫婦と連絡が取れないのだという。テレビの画面で生まれた家に津波が襲いかかる
映像を目撃したとも。
d0164636_9593257.jpg
地震発生日の4時半ごろだったろうか、何気なくツイッターのTL(タイムライン)*を
眺めていたとき、見覚えのあるアイコンが目に入った。
<家族へ。新宿より歩いて帰宅中。> とつぶやいていた。
「たしか、住んでるのは国分寺のほうだったぞ。大変だなあ」と思った。
同時に、彼のふるさとが宮城県気仙沼であることも思い出した。
交通機関が止まる中、少しでも早く帰宅して実家の消息を確認したいのだろうと察した。

ほかのことに気を取られ、その後を確認すべくつぶやいたのは8時過ぎだった。

<地震発生から間もないころに新宿から歩いて帰る、と
呟いているのを見ましたが、無事でしたか?
気仙沼の被害が気がかりでしょうね。お見舞申し上げます。>


反応があったのは10時過ぎだった。

<今日に限って革靴で2時間半歩いたところで疲弊、浜田山で自転車を
購入し帰宅しました。気仙沼は・・・知り合いの情報によれば厳しいです。
生家は流されたと思います。>

<言葉がありません。人に被害がなければと祈ります。>


…そう応じて、以後は見守ることにした。

ツイッターを通じて知り合ったスポーツ・ライター・生島淳さんとは、二度、食事を
しながら、スポーツ談義で盛り上がった“ほやほや”の若い友人だ。
生島さん、つらいだろうが、多くの仲間がいる。放送後、あなたのID“meganedo”で
検索すると、ラジオを聴いて応援のメッセージを書きこんだ面識がない人も大勢いた。
番組内で語った、避難者の名簿を写真で見られるようにするシステムの構築についての
あなたのメッセージが伝わったことも分かる。

そう、あなたは決して一人じゃない。
d0164636_10047.jpg
名曲、 “You’ll Never Walk Alone”を知っている人は多いと思う。
イングランドのリバプールを初め、いくつかのサッカー・チームが応援ソングに
している曲だが、“どんなに苦しいときも前を向いて歩いて行こう。そうすれば
君は決して一人じゃないんだから”がテーマだ。

この曲を、いま苦境に立つ全被災者への応援歌としたい。


まだ余震が続く中、救助活動が本格化する一方で、被災者の生活立て直しと
復興への動きも活発になっていくはずだ。
災害が起きるたびに“怪しげ”なのがボランティアと称する人たちだ。
“善意”の人が大多数だと思いたいが、そうではないらしいことを示す話を
何度となく耳にした。それを裏付ける記事をツイッターで教えられた。

西宮市議会議員・今村岳司氏のブログだ。( http://bit.ly/fypaMr )

「テレビは感情に訴えかけるエンタメ…」と言いつつ、ご本人も、書いている自分に
酔って感情的になっているように見え、全体の内容に賛成するわけにはいかないが、
やっぱりそうか、と合点する部分があった。

阪神・淡路大震災で家を失った同氏には、今回の地震で、記憶から消していた悔しい
思いがいくつかよみがえるのだという。

ひとつは、観光気分で来た自分探しボランティアの連中のこと。
彼らは、人から感謝されることを楽しみにやってきただけでした。
だから、汚れ仕事やしんどい仕事は何かと言い訳しながらやりませんでした。
彼らで集まって楽しそうに親睦を深め合っていました。
そんな彼らに「惨めな被災者」と扱われる屈辱。
何日か経ったとき、避難所のリーダーが耐えきれずに怒鳴り散らして
彼らを追い返してくれました。
彼らがいなくなっても、彼らに受けた屈辱は消えませんでした。


…世界から称賛の声が寄せられていることにテレビは舞い上がっているようだが、
一部にせよこういう連中がいるとなれば、胸を張ることはできない。

*タイムラインとは、フォローしたり、されたりして、つまり、
 ツイッターに関して自分に関係したつぶやきが時系列で見られるページのこと。

*「キラ☆キラ」の彼の出演部分はここで。→ http://bit.ly/eQiwCC
by toruiwa2010 | 2011-03-15 10:12 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
Commented by kanada at 2011-03-15 10:25 x
自身でやっているブログでも
 You'll never walk alone.
を掲載し応援歌としました。一丸となって乗り越えなければいけませんね
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-15 11:57
kanadaさん、こんにちは。

訴えてはみたものの、反応なし、とはさびしい話です。
Commented by sunami at 2011-03-15 13:04 x
ユルネバ、歌詞も素晴らしく好きです。ただ正直なところ日本語でないというのが。老若男女誰もが知っている日本の曲が出てくればいいですね。

それとdistributeも必要ですが、tributeはもっと必要です。共にもっと色々発信して下さい。期待してます。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-15 13:20
sunami さん、こんにちは。
確かに、英語である点はマイナスですが、
各種イベントのテーマソングに英語の曲が
使われてきたのですから。
曲調も、元気がもらえるものだと思いますがね。
Commented by syu at 2011-03-15 15:19 x
日本語で老若男女問わずと言うとスキヤキはどうでしょうか
まだ時期じゃないですかね
Commented by 遊び人の優さん♪  at 2011-03-15 20:52 x
岩佐サン、こんばんは!

自分のBlogでも次回、綴る時は

『You'll never walk alone.』のメッセージを考えてみます。
(けど、今日はモロモロ悲しい事ばかり…。)

自分の母親(岩佐サンと王さんと同年代です。)が生島淳さんの
ラジオでの話を訊いて沈痛な思いをしていましたね…。
(どうやら生島姓の方は、あっち方面に多いようですね!)

自分は違う人が真っ先に頭に浮かんだ事が恥ずかしい…。失礼!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。