ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「強行開幕・危機管理内閣 etc~1週間が過ぎて想うこと…~」 11/03/19

d0164636_202483.jpg
昨日の午後3時前だった。
TBSラジオ「キラキラ」を聴いていると、パーソナリティの小島慶子がこう言った。
「まもなく、赤坂も計画停電が始まるので、TBSは自家発電に切り替えます…」

発電そのものができなくなったのなら分かるが、量が限られた電力を分け合って使おう
というとき、交通・医療・マスメディアは特別に扱われてもいいのではないかと思う。
経済活動の中で大動脈にあたる鉄道、人々が命を預ける病院、災害に見舞われた人や
その関係者が頼りにする情報…それは“must”なのだから。
長く放送の世界にいたのに、ラジオまで計画停電の対象になっているとは知らなかった。
テレビについては分からないが、ラジオが対象ならテレビも同じだろう。
どちらにしても、被災者にとって情報のシャットアウトほど恐ろしいことはないはずだ。

14日から始まった計画停電…杉並区の我が家は一度も停電しない。
“テレビっ子”とも言える私は2台並べてみていることが多いが、今回ばかりはずっと
1台で我慢している。リビングの照明は半分にし、暖房のレベルも下げている。
我慢はお互いさまだからせめて“節電”には心がけたいものだと思っている。市民1人1人が
ほんのわずかな辛抱をするだけで、驚くほどの節電効果があることが分かったのだから。

石油や食料は貯蓄ができるが、電力をエネルギーとして貯めておくことはできない。
節約したからと言って、あとで使うことはできない。電力の一番難しい点なのだ。

d0164636_2033682.jpg
そこでプロ野球だ。

パ・リーグは開幕をおくらせて4月12日としたが、セ・リーグは当初の予定を変えず
3月25日の開幕を“強行する”構えだ。選手会が延期を希望しているのに。
パ・リーグはともかく、セ・リーグの決定については賛否両論があるが、私は反対だ。
いろいろな意見の中で重く響いたのは宮本慎也前選手会長(ヤクルト)の言葉だった。
「停電、節電と言っているときに、煌々とした中でやるのは、僕は心が痛い」

「イワサ、今日は誰と誰が遊ぶんかね?」
メジャーの中継で全米を飛び回っていたとき、私たちの世話をしてくれたトム田山は
スタジアムに向かう車の中でよくそう言った。どことどこが試合をするのか…
広島出身の両親に育てられた彼の頭には“play=遊ぶ”が刷り込まれているのだ。
それをそのまま、プロ野球の開幕是非論に持ち込むつもりはない。

初めてプロ野球を見たのは終戦の翌年、昭和21年(1946年)の夏の後楽園球場だった。
応援していたセネタース(日ハムファイターズの前身)が大下弘のホームランで勝った。
7歳の少年が喜んだのはもちろんだが、この年に再開された日本プロ野球が、敗戦で
気持ちが萎えていた大人に与えた勇気・元気は計り知れないものがあったと思う。

センバツ高校野球の開催やセ・リーグの強行開幕に賛成する人たちはスポーツが
市民にもたらす心理的効果に期待する気持ちがあるのだろう。
しかし、宮本の言葉は胸に響く。プレーする選手が「やりたくない」と思っているのに
経営陣がそれを押し切って、開幕を決めた。いいプレーが期待できるとは思わない。

おかしいのは加藤良三コミッショナーだ。
文部科学省が「できる限り、東京電力・東北電力以外で開催を。特に、同管内での
ナイトゲームは厳に慎むこと」と“通達”した相手はコミッショナーだった。
しかし「いつ、結論を出すのか?」と聞かれた彼の答えに絶望する。
「私が判断する立場にはない」!!

元外交官・駐米大使としての手腕を見込まれてコミッショナーに推されたというのに
情けない話だ。以前にも「私には権限がない」と逃げ回ったコミッショナーがいたが、
コミッショナー宛の通達から本人が逃げて、一体誰が“判断”するというのか。
歴代のコミッショナーの中には「大過なく務め上げれば、箔がついて次のステップでは
さらに大きな仕事を任せてもらえる。オーナーたちとは、摩擦を起こさないように、
当たらず、障らず…」と、能天気な仕事しか印象に残っていない人物が目立つ。

このレベルのリーダーに“当事者能力”が欠けているのも無理はない。
なにしろ、国のリーダーが、いるのかいないのか分からないほど存在感がないのだから。
自民党政権“末期”の3人の総理大臣もお粗末だったが、菅直人はワーストではないか。
宇野宗佑を除いては…の話だが。
昨夜、久々にテレビに登場した。お得意の“伝わらない”メッセージを伝えるために。
d0164636_2041536.jpg
つぶやいた。

菅総理の会見:…と思います。…と確信しております。じゃなくて、
決死の覚悟…でもなくて、必ずこうしますから信じてついてきてください。
ともに頑張りましょう。と、どうして言えないのだろうか。
リーダーとしての決意、気迫が伝わらない。
もっと、表に出なさい。枝野の陰に隠れてないで。


説明は不要だろう。
ようやく、閣僚を増員して、野党からも人材を登用する動きになるらしい。
“危機管理内閣”を立ちあげる必要があると判断した…そうだ。
これほど“ずれた”感覚しか持たないこの男に“導かれる”国民は不幸だ。
災害発声以来、この男の口から出た言葉に励まされたり勇気をもらったりした人が
どれほどいるのだろうか。

すべての責任を押し付けるのも気の毒だと思うが、政府の動きがきわめて鈍い中で、
福島原発の状況悪化のため病院から移された高齢の患者が避難先で多数亡くなった。
医薬品の深刻な不足については早くから伝えられていたにもかかわらず、必要な
薬品がないために、発生から1週間たった昨日、命を落とした人もいると聞く。
燃料が…、運送手段が…理由はいろいろあるだろうが、どこかがおかしい。

今なお、避難所に被災者が40万人いるという。繰り返すが、せっかく地震と津波を
くぐり抜けた命が、災害以外の理由で失われることがないようにしてほしい。

リーダーは前に出て、顔を見せてくれ!
by toruiwa2010 | 2011-03-19 20:05 | 岩佐徹的考察 | Comments(8)
Commented by いち at 2011-03-19 21:45 x
こんばんは。似たような状況でいうとアメリカのテロ時はMLBのコミッショナーの動きは速かったと記憶しております。日本のコミッショナーは読売のドンのいいなりなんでしょうか…
Commented by jerry at 2011-03-19 21:46 x
岩佐さんこんばんは。
いつも記事の更新ありがとうございます。
岩佐さんの意見に同感です。野球、私はどちらかというと好きなスポーツですが、来週開幕というのはやはり時期尚早のように思えてなりません。
阪神の金本選手も"食べ物がのどを通って、電気も通って、ある程度の生活が確保されれば、さあ、がんばろうという気持ちになると思う。"と、被災者への思いを語っていました。
まさにそうだと思います。
そして、こんな大惨事時の首相が管さんだということに、正直云いまして絶望感を覚えます。
本当に危機を乗り越えるプランや気迫などが全く伝わってきません。
今、本当は、日本の指導者はいないのではないかと危機感が募ります。
原発問題は深刻で・・・悪い方向にばかり考えてしまいます。
杞憂に終わればいいのですが・・・。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-19 21:49
いちサン、こんばんは。

あまりにも長くなるので書きませんでしたが、
本家のコミッショナーは、“ほぼ”いつも
決然としていますね。判断が早く、バランスも取れていて
つくづくうらやましいと思います。
Commented by jerry at 2011-03-19 21:50 x
連続ですみません。
首相の名字の漢字が間違っていました。
決して他意はありません。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-19 21:53
jerry さん、こんばんは。
10数年前に海外から、日本は分かりにくい国だとして
show the flag と言われたことがあります。
意味はまるで違いますが、菅には show your face と
言ってやりたいです。あまり見たくはないけど。w
Commented by akapon at 2011-03-19 21:57 x
岩佐さん、こんばんは。

コミッショナーの立場を考えると加藤氏の発言はやはり納得できません。
もはやなんの期待も出来ないくらい絶望している「我が国」の首相のような
言動には深く失望しました。そして読売には「絶望」しました。

立場的に難しいのでしょうが菅首相にも加藤氏にも自分の言葉で自分の意見を
語って欲しいと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-19 22:03
akapon さん、こんばんは。

どちらも、なっちゃいけない人物がなっちゃった…
期待すると裏切られるから…と期待しなくなるのが
怖いですね。
Commented by 遊び人の優さん♪  at 2011-03-20 08:32 x
岩佐さん、おはようございます…。

NPBの諸問題は…。自分のBlogでも綴ってますが酷い状況です。
仮に加藤氏ではなく王さんがコミッショナーに就任していたら
こんな展開にはならなかったのでは?って思ってしまいます。
(少なくとも某チーム主導の暴挙に歯止めを掛けられたのでは?)

昨夜、TBSラジオで特別番組「サッカーに今できること」を
聴いていたのですが、そっちのほうがマトモな意見が飛び交ってましたね。
(まさか、自分がメールで寄稿したモノが「いの一番」に紹介
され、その後のアイデア論から問題解決の為にさまざまな論点でリスナーが爆発的思考集団!へ変貌するとは思ってませんでしたけど…。)
「Mind-1ニッポン」の名の下(川崎から拡がる復興支援の輪!4つのプロスポーツが結束!)について紹介して、その中で観た事
を伝えたのですが…。(内容は一応自分のBlogに綴ってます。)

管総理は先週、原発を観に行くでヘリで動いたのが「致命的」ですね!

その時間での状況判断が遅れ、未曾有の事態を招いたワケで…。
海外では総理?枝野氏の事?って真顔で訊かれますからね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。