ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「1000万倍&支持率up~マヒすることが怖い~」11/03/29

d0164636_10371120.jpg

福島原発2号機のタービン建屋の中のたまり水から通常の炉内の1000万倍の放射能を
検出したと聞いたときは、腰が抜けるのではないかと思ったほど驚いた。

もっと驚いたのは、それが仕事だから当然だが、NHKのアナがそれほど緊張の様子もなく、
淡々と、何処までも冷静に“1000万倍”を“きわめて高い濃度”と伝えたときだ。
ごく普通の人間の感覚では、それが何の話であっても、“1000万倍”といえば、“きわめて”
どころじゃない。“とんでもなく”“考えられないほど”“あり得ないほど”“恐ろしいほど”
“途方もなく”(後略)高い数値だ。
ニュース用語としては、“きわめて”しかないのだろうが、これでは、実態が伝わらない。

更に驚いたのは、深夜になって訂正されたから…ということもあるだろうが、この一件が
それほど騒がれなかったことだ。3を5と言った、100を130と言ったというなら分かる。
しかし、実は10万倍だったものを1000万倍と記者会見で発表したのだ。
“ただちに健康に害を及ぼす”ものではないのかもしれないが、ミスに気づかないまま
一夜が明け、各メディアに“1000万倍”の文字が踊ったら、どうなっていたことか。
d0164636_1043284.jpg
しかも、恐ろしいことに、昨日の会見で保安院関係者は「正確性と迅速性は相反する」と
発言したという。つまり、急げば急ぐほど間違いが増えると言っているのだ。
保安院にしても東電にしても、彼らが発表する数字は国民の生命を脅かすかどうかという
“きわめて”大きな意味を持っていることを忘れてもらっては困る。
“早く、正確に”だ。
これまで国民から預かってきた重大な責任を考えてことに当たってほしい。

今回は放射能性物質の種類を間違えたのが発端だというが、やってはいけないミスだろう。
そもそも、国民にはヨウ素134、セシウム137、コバルト65は、聞いたこともない言語で
「※◎%\☆◆○▽@$&§」と言われているのと同じで、何の事だかわからない。
それでも、数字だけは強烈なインパクトを持って耳に入ってくる。そして、定着する。
だから、“1000万倍”はこわいのだ。以後、20万や50万が小さい数字に見えてしまうから。

まして、100シーベルトや1000ベクレルというデータのあとに「ただちに健康に…」と
言われれば、何の疑いもなく受け入れてしまいそうだ。それこそ、マヒすることの怖さだ。

おととい、枝野官房長官の会見のときに共同通信の記者が質問したが、マイクが遠くて
よく聞こえなかった。しかし、老いた耳でも「…支持率がちょっとだけ上がった」という
“聞き捨てならない”フレーズは聞き逃さなかった。

同社が26,27両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の支持率は28.3%で、
先月中旬の前回調査から8.4ポイント上昇した、というのだ。

たまげた。ここ数日はビックリすることばかりだ。
一方で、福島原発事故への対応について「評価していない」とする回答が58.2%に達し、
「評価している」の39・3%を大きく上回ったという。
ただし、被災地対策は57・9%が「評価している」と肯定的な回答となっている。

どうしてこういう数字になるのか、理解できない。
もともと70~80%あったものが8.4ポイント上がったのなら分からなくはない。
しかし、19.9%からこれだけ上がるというのは…菅直人本人が一番驚いているのではないか。
今や、被災者救済・被災地復旧と並んで国民の最大級の関心事である原発事故への対応に
納得しないと言いながら、なぜ、その総指揮官の評価が上がるのだろう。

政府関係者に「こんなもんでいいんだ」と思われるのが怖い。これも一種のマヒだ。
d0164636_10432132.jpg
“おおむね好評”の枝野官房長官も、発言がぶれている。“上”がしっかりしないのだから
無理もないが。
原発から20-30キロ圏内の住民の“一時帰宅を検討している”旨の発言しておきながら、
翌日には“検討を始める段階だ。リスクが大きすぎる”と後退してしまった。
この時点で“政府そのもの”のように見えている人物が“認めるかのように聞こえる”
発言をした段階で、避難中の住民には希望の明かりがともってしまうのだ。
その意図はなかったのは明白だが、結果として“もてあそんだ”ことになってしまった。
果たして、今後、信頼を保てるのかどうか。

なにせ、未曽有の災害だから、問題…それも途轍もなく大きな問題が次々に起きる。
次の“爆弾”はプルトニウムだ。

“ジャーナリズム”についての記事の続きは明日更新します。
探している記事が見当たらないため点度っています。あしからず。

by toruiwa2010 | 2011-03-29 10:44 | 岩佐徹的考察 | Comments(19)
Commented by オオソネ at 2011-03-29 11:00 x
おはようございます、岩佐さん。
民主党の支持率が上がる理由がよくわかりません・・・(^_^;)
下がることはあっても、間違っても上がることはないと思っていたのに。しかも8ポイントも。
原発問題に関してだけでも、事故当初にアメリカやフランスからの技術提供を断ってきたことが今になっていろいろ出てきていますが、それだけとってみても現政府には到底任せておけないと思えてしまいます。
台風のシーズンになる前に蓋を出来れば良いのですが、恐らくは間に合わないと思います。
米屋的には、今年の秋は間違いなく米不足だろうなぁと思っております。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 11:18
オオソネサン、おはようございます。

まあ、なにしろ“未曾有”だけに、難しい事態でしたが
あのもたつきぶりを見てなお、菅を支持するというのは
まったく、私の理解の上を行っています。
茫然と見上げるしかありません。
Commented by レニ at 2011-03-29 12:48 x
こんにちは。

「きわめて」は「極めて」で、「この上なく」「極度に」と相似した意味なので、決してはずれてはいません。まあ、ニュースや政治家の発言で便利に使われすぎた言葉のためか、あまり感じが伝わらないことは確かですが……。
Commented by blue_ec at 2011-03-29 13:20 x
岩佐さん、こんにちは。

1000万倍…以前ならば大きなショックを受けたかもしれませんが、正直言って
あまり驚きませんでした。福島原発については次から次へと危機的な情報が
伝えられるだけに、岩佐さんの仰る通り感覚が麻痺してしまったかもしれません。
怖いことです。

現政権の支持率が上昇したのは、「支持するしかない」という感情を反映している
ためではないかと想像します。事実かどうかはまだ分かりませんが、首相が原発
の視察を行ったためにベントが遅れたという説も根強いですし、対応が一段落した
ところで責任の追求が始まるのではないでしょうか。菅首相はすでにそれを悟って
いるように見えます。

原発危機の対応で政府、東電が国民からの信頼を"とんでもなく"失ったことは
間違いないですね。見放されるかどうかは、これからも数ヶ月続くであろうこの対応
にかかっているように思います。
Commented by えそらいろ at 2011-03-29 13:22 x
岩佐さん、こんにちは

'1000万倍'という数字は、それだけで語っていると思うので、私などは'極めて高い'という
修飾すらなくてもよいと思ったりします。
あり得ないほど、途方もないほど、高いと言ったら実態が伝わるかと言ったらそうでもなくて、この数字の意味するところを他の数字を引用して説明してくれるとわかりやすいと思いますが、岩佐さんのおっしゃっているのはこういう説明もなかったということでしょうね。

私も全く詳しいわけではないのですが、放射性物質の種類を同定するのには、
かなり微妙な重さの違いとかを測定機器のピークの位置などで判断しているのでは、
と思います。
そして、あまりに量が多いと、ピークが大きくなり過ぎて、正確な位置がわかりにくくなり他の物質と取り違えるという結果となってしまうのではないでしょうか…
Commented by えそらいろ at 2011-03-29 13:23 x
そして、新聞では、最初1000万倍とされた放射性物質はヨウ素134という種類であって、
これは半減期が短い(53分だそうです)ためどんどん減っていくので、
測定した時間にこれだけあったということは、サンプルを採取した時間に遡ると
○○倍になるはず、ということで係数を掛けたために
そういう大きな数字と間違えて発表することになったようです。

でも、現場の状況などと照らし合わせてもつじつまが合わないので、
もう一度調べなおしたら違う物質であったということがわかり、
半減期ももう少し長いものであったので、ヨウ素134だと思っていた場合に掛けた
数字とは違う数字で計算し直したために、大きな数値訂正になったのかなと、
そんなふうに読み取れました…

「正確性と迅速性は相反する」はこの場合、あってはならないことではありますが
仕方ない部分もあるのかなぁと感じました。長々とすみません。

でも、支持率の件は不思議ですね。
Commented by いち at 2011-03-29 15:52 x
こんにちは。そんなに支持率上がったんですね。会見でお見舞いとか戦後最大の国難とかはわかったんで続投するなら今後のビジョンを語って欲しいものです。しかし前原氏の5倍の額の外国人献金問題はどっかに行きましたね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 18:11
レニさん、こんばんは。

ご教示、恐縮です。この年になって
“きわめて”の意味を教えていただくとは思いませんでした。w
これまでもブログの中で言葉の意味を知らずに書いていた、
そして、アナウンサーだったころをご存知なら、さぞ、
頼りなかったのでしょうね。勉強します。w
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 18:12
blue_ec さん、こんばんは。
このもたもたした対応が“数か月”も続いたら
この国はやばいことになりまっせ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 18:15
えそらいろ サン、こんばんは。

どんな言葉を使おうが、伝わらなければ
意味がないと思います。
NHKには望むべくもないですがね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 18:16
いち サン、こんばんは。

菅の献金も海江田の恫喝も…w
Commented by えそらいろ at 2011-03-29 19:37 x
こんばんは
要らぬ説明でご気分を悪くされてしまったようです。すみません。

あと、私はNHK信奉者ではないですし、
アンチ民放でももちろんアンチフジテレビでもありません。
たまたま現在あまりテレビを見る時間がなくて、
大きな出来事があればなんとなくNHKのニュースを見てしまうだけですので、
よろしくお願いします。

岩佐さんは情報を伝える側からの視点でいろいろなことを見ておられて、
非常に興味深くいつも読ませていただいてます。

私は、情報を受ける側として、どのように伝えられようとも、
自分の中で1度咀嚼して冷静に受け止めたいなと常々希望しております。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 19:41
えそらいろ サン、心配ご無用です。
まったく気分を害してなんかいません。
サッカー観戦中なので。
どうぞ、気にしないで。
Commented by レニ at 2011-03-29 19:46 x
恐れ入ります。
でも私も「チョンボ」の意味を岩佐さんのコラムで知ったので……。

Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 19:56
レニ サン、再びこんばんは。
チョ…、そんなことがありましたね。

レス全体がジョークのつもりでしたが、私の書き方では
通じなかったようですね。申し訳ないですが、
私は“極めて”の意味、当然知ってましたよ。w

ただ、この際大事なのは“国語学”ではなく
感覚でしょうということを言いたかったのです。
まともに受け取られると、戸惑いが・・・w
Commented by jerry at 2011-03-29 21:15 x
岩佐さん、こんばんは。
この震災で、悲しい事ですが日本の闇の部分を見てしまった気がしてなりません。
今回のこの数字も、本当にミスだったのでしょうか?
小出しにされているように思えてなりません。
海外における日本のニュースや、ネットでのいろいろな情報を100%信じているわけではありませんが、あまりに日本政府や東電、原子力安全・保安院などの会見の内容との差に、どう判断すればいいのかわからなくなります。
過去どんな政権でも日本は大丈夫だと確信していましたが、もうこれからは情報収集能力、自己管理、自己責任を今まで以上に持ち合わせなければいけない時代になったんだと痛感しました。
Commented by toruiwa2010 at 2011-03-29 21:31
jerry さん、こんばんは。

米空軍が無人機を原発上空に飛ばしその情報を
提供すると言ったのを断ったという話もありましたが、
どうなったんでしょうね。
海外のほうが正確な情報を持っている気がします。

これからは情報収集能力、自己管理、自己責任を
今まで以上に持ち合わせなければいけない…

お若い方は、そうなさるべきです。
私はもうどうでもいいです。w
Commented by jerry at 2011-03-29 21:55 x
岩佐さん、コメントありがとうございます。

やはり岩佐さんも海外の情報の方に正確性を感じていらっしゃるのですね・・・。

今までいかに平和ボケをしていたのかと、思い知らされました。
この今の悲惨な現実が、今まで信頼し、ある部分では誇りを持っていた日本なのかと・・・現実を知らなかっただけなのかと本当に悲しくなります。
昔の日本人は正直で聡明で、バイタリティがあったと思いますが、今の時代の人間がこの困難な状況から立ち上がる事が出来るのか、やはり不安になります。

とは言いましても、日本のためにも自分のためにも、出来る限りの事はやっていこうと思っています。
Commented by skylafe at 2011-03-29 22:44 x
岩佐さん、こんんばんは!

私は、今回の放射線漏れ・・・、0か1のデジタル的判断をしています。
いままでは、放射性物質がいくらか自然界にあったということも意識しないで、その影響さえ考えず生活してきました。 それは意識としては、まったくの0(zero)の世界。
しかし、今回、生命に異常が出ない程度の漏れ・・・といわれても、これがずっと流れ出て、その影響で人体にどう悪さをするか、なんて、数十年単位でみないとわからないことだと思います。
そういう意味で、いまは、1(イチ)。 

知ってしまった放射性物質のこと、ベクレル、シーベルトなどの単位は、一生知りたくなかったです。
でも知ってしまいました。 きっと、ごく微量でも、1(イチ)なんだろうと思います。

もうだめだ! とは思いませんが、微量とは言え、汚染人物(笑)となってしまったのだと思っています。

こういう国に生まれ、原子力発電の恩恵を得て、ある意味ぬくぬくと生活してきてしまったのですから、恨むまい! と、思います。

あとは、ほんとうに「最小限」の範囲で、放射性物質の拡散を抑えてもらいたいとおもっています。

退廃的(?)なコメントでごめんなさい! 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。