ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「MLB日本人選手への期待~イチロー・松井・黒田・松坂・西岡~」            11/04/04

d0164636_8521970.jpg

日本時間の土曜日、メジャーリーグが開幕した。
未曽有の災害があったために日本選手への期待を書く時間がなかったが、
大急ぎで、まとめて記しておく。


イチロー(Seattle Mariners:11年目)
最後のオープン戦は珍しく3打席3三振に終わったが、心配することはない。
きちんと考えて物事に取り組むタイプだから、これでも計算通りなんだろう。
11年連続の200安打もよほどのことがない限り問題はないはずだ。この男に限っては
想定外のことが起きることを期待できない。その分、私にとっては“面白み”に欠ける。
もちろん、彼の熱烈なファンには、そこがたまらない魅力の一つなのだろうが。
本当は、彼が一つのコマでしかないビッグ・チームに移籍して、200安打の目標を捨て、
優勝に貢献するところを見たかったのだが、動く気配はまったくなかった。こうなると、
彼にとってのモチベーションは“200 hits”しかない。
おっと失礼、4月いっぱいぐらいはプレーオフ進出も視野にあるかもしれない。
結局、日本のファンMLBファンは今年も同じスタイルのプレーしか見られない。
d0164636_8524728.jpg
唯一、万一、もしかして、ひょっとして…200本に届かないという事態が起きるとすれば
それは、去年書いた、年齢からくる“ハンド・アイ・コーディネーション”の衰えだ。
3三振がいずれも空振りだったことがその予兆でない保証はどこにもない。
⇒ http://bit.ly/bWK87u

200安打を達成して打率は3割2分、50盗塁をノルマとしてほしい。

開幕戦で牽制に引っかかって2塁に走ったとき、彼にしては珍しいプレーを見せた。
完全にアウトのタイミングなのに、ベースカバーのショートに向かって滑って行った。
これまでなら、諦めてタッチされたのに。こりゃ、驚いた。
同じスタイルのプレーしか見られない…と書いたばかりだが、その直後、フィギンスの
ホームランが出たときに、ベンチ内で手を叩いていたこととあわせて変化の兆しか?
どこかの新聞が“リーダー格”と書いていたが、冗談だろう。マリナーズの選手の中で
リーダーにならなければいけないのは彼しかいないのに。

ちなみに、この牽制アウトの場面だが、ベースバッグの右側に滑り込んでいれば、
セーフだった可能性が大だ。ハハハ。

松井秀喜(Oakland Athletics:9年目)
このクラスになれば、オープン戦の成績が悪かったことは問題ではない。彼もまた開幕を
目指してやっていたに違いないのだから。
何よりも明るい材料は、ここ数年不安を抱えながらプレーしていた両ひざに全く問題が
なさそうなところだ。ただし、環境は厳しい。去年以上に結果が求められるからだ。
ケガや年齢を考えると、1年1年が勝負になってくる。
d0164636_8531564.jpg
8‐9月のバッティングは悪くなかった。いいスタートを切って、いい結果を残してほしい。
プレーする以前に、去年に比べて、少なくとも一つは上回っている。
グリーンとイエローのアスレチックスのチームカラーは赤より遥かに似合うことだ。

逆に、ヤンキースを離れてからの松井に“野球を楽しむ”雰囲気が感じられない点が
気になって仕方ない。Let’s have fun,Hideki !

打率は2割8分で十分だが、30HR と100打点のクリアがmustだ。

西岡剛(Minnesota Twins:1年目)
1年目の西岡がオープン戦では好成績を収めた。しかし、これはまったく参考にならない。
本人も十分に分かっているはず。手ごたえについて「“メジャーの壁”は感じていない」と
語ったというが、なめているわけでもなさそうだから、期待しよう。
ただし、試合数が少ない日本で200安打した実績をひっさげてアメリカに渡った西岡だが、
かなり厳しいと見る。
彼の肩とスローイングではメジャーのショートは務まらないと見ていたら、ツインズでは
セカンドをやることになったようだ。これも、結構、厄介だ。

オープン戦ではそつなくこなしたようだが、本番でのセカンドベース上のクロスプレーは
激しくなる。ショートとセカンドでは動きが逆になるし、相当に手こずると思うがどうか。
詳しいデータを持っていないが、メジャーでショートからセカンドにコンバートされて
成功した例はあまりなかったような気がする。なくても、西岡が成功すればいいだけだが。
ハハハ。
d0164636_8534123.jpg
…ここまで書いたところで開幕戦が始まった。
デビュー戦だから少し見てみるか、と見始めたらいきなりひどいことになった。
テレビではエラーのほうを強調していたが、ランダン・プレーのミスのほうが恥ずかしい。
ショートでもセカンドでもあのプレーでの“基本”は同じだから言い訳にならない。
ボールを相手(1塁手)に見せながら追い込む…を忘れていた。
ゴロをはじくことはこれからだってある。しかし、基本的なプレーは日本人の得意とする
ところのはずなのに、「日本の野球はあんなもんなんだ」と思われるのはキツイ。

2番ということらしいが、最低でも140試合は出場したい。
スイッチヒッターの利点を生かして、打つほうはそれなりにやれるかもしれない。

1年目だから、2割7分、40盗塁なら、合格だろう。
内野手で本当に“成功した”と言える日本人選手はまだいない。
初戦のミスは尾を引くかもしれないが、26歳の若さではねかえしてほしい。

松坂大輔(Boston Redsox:5年目)
1年目15勝、2年目18勝と順調そうに見えた松坂だったが、故障もあって4勝、9勝と
勝ち星が伸びなくなっている。先発5番手として開幕を迎えるらしいが、いいスタートを
切らないと苦しい。初めはよかった首脳陣との関係がうまく行っていない印象がある。
何度も書いた通り、“日本を代表するピッチャー”という意識が強すぎるのではないか。
まさか、2回連続、WBCのMVPになったことで勘違いしていることはないだろうが、
謙虚な姿勢を取り戻さないと、同じことの繰り返しになる。
d0164636_854380.jpg
オープン戦の出来は参考にならないとはいえ、相変わらず、出来不出来の波があるらしい。
首脳陣の信頼を失った一因は、途中で大崩れするイニングがあることだろう。メジャーの
ピッチャーは1回に3,4点失っても2回から立ち直って、6‐7イニングを投げ切ったり、
初めから飛ばして行き、スタミナ切れで打ち込まれたりするタイプがほとんどだ。
監督やコーチは計算が立てやすいのだが、前触れなく崩れる松坂のようなタイプは扱いが
とても難しいのだ。ファームにいい若手が育ってくると、夏前にも5番手の座を奪われる
可能性がある。そうさせないためには、4月、5月に文句を言わせない実績を残すことだ。

並みの5番手ではないし、力は十分持っているのだから、最低でも180イニング投げて、
少なくても12勝挙げることがノルマだろう。

黒田博樹(Los Angeles Dodgers:4年目)
去年の実績を考えたら、先発では黒田のほうに期待がかかる。
なにしろ、勝ち星を初め、登板数、投球回数、防御率など、主要な部門すべてでベストの
数字を残した。気迫が前に出るマウンド姿もいい。
3年前、初先発・初勝利の翌日にこう書いている。
d0164636_8544790.jpg

マウンドに上がってからの落ち着いたピッチングは魅力いっぱいでした。
西武にいたころの松坂のピッチングも見るに値するものだと思っていましたが、
この黒田も登板のたびにテレビの前で楽しむことになりそうです。
なによりもストライクが先行するところがいいです。バックで守る野手にも
いいリズムが生まれて、好プレーが見られますからね。
一つ気になったのは、あれだけ球速があり変化球のキレもあるのに、意外に
三振の数が少ない点です。


我ながら、なかなかいいところを見ていると思う。ハハハ。
この日は7回で奪三振が4個だったのでこのように書いたのだが、いまは、三振の数が
少ないことよりピッチングの中身がいいのに勝ち星が増えないことのほうが気になる。
去年、失点87に対して自責点が74というデータがある。エラーによる失点が多いことを
示している。案外、守る野手にとって、リズムが悪いのかもしれない。
考えてみる価値がありそうだ。私じゃなくて、黒田が…。ハハハ。

日本に帰るといううわさを聞いたとき「そんなバカな…」と思った。
“やれる”ことが分かったのに、ここでメジャーに別れを告げたのでは“中途半端すぎる”
と思ったからだ。ドジャースに残ってよかった。
4年目の今年は、黒田博樹の“メジャー総決算”を見せるシーズンになる。

ぜひ、一流の証、200イニングと15勝を目標にしてほしい。

岡島秀樹(Boston Redsox:5年目)
初めて、開幕をマイナーで迎えることになった。
オープン戦での防御率が5点台で悪すぎるから…と思ったら、そうではないらしい。
岡島と並んで当落線上にあったほかの投手たちの契約内容が影響したようだ。マイナーに
落とせない、落とすためにはややこしい手続きが必要になるタイプの契約があるのだ。

去年はあまりいいところがなかったが、彼の力を考えれば、必ず戻ってくるはずだ。
くさることなく、ファームでしっかり力をためておいてほしい。

福留孝介(Chicago Cubs:4年目)
メジャーに乗り込んだ日本人選手の中で最もつかみどころがないのが福留だ。
毎年、春先はいいのだが、シーズンが深まるにつれて、すべての数字が下がってくる。
首脳陣が求めているのはシーズンを通して波の少ない選手だ。福留の場合は、毎年夏場に
調子が落ちてくるのが厄介だ。バッターが真価を発揮しなければいけない時期なのだから。

せめて2割7分、せめて15HR…外野手でこの数字はごくごく平凡だが。

上原浩次(Baltimore Orioles:3年目)
1年目は故障もあり、6月でシーズンが終わった。
5回終了まででマウンドを降りることが多かったのだから、先発失格は仕方がない。
2年目の去年は中継ぎでスタートしたあと、夏場から抑えに回って成功した。驚いた。
クローザー向きとは思っていなかったからだ。
しかし、考えてみれば、三振が取れて与える四球が少ないピッチャーは、監督が抑えの
投手を決めるときの条件だろうから、うってつけなのかもしれない。
球速がそれほどでもないのが難点だが。

1シーズンを通してクローザーを任されるとすれば、35-40セーブ、
防御率を2点台の低いところで抑えてほしい。

高橋尚成(Los Angeles Angels:2年目)
去年、一番驚いたのは高橋だ。
勝ち星というのは、中身を“精査”しないといけないが、10勝も挙げられたのが不思議だ。
以外に三振を取れているし、味方の打線もかなり援護してくれているようだ。
“何かを持って”いるのかもしれない。2シーズン目、それが続くことを祈ろう。

川上憲伸(Atlanta Braves:3年目)
ファームからのスタートになった。
彼のカットボールは有効だと思ったが、結果が出ていない。夏場までにメジャー昇格が
果たせなかったら、日本に戻って楽天に入ることを勧める。3年契約の最終年…自分から
放棄したっていいではないか。星野との相性は知らないが、たしか、解説者時代の彼は
“ケンシン”“ケンシン”と言っていたような気がする。
男としての決断を。

斎藤隆は“立派”の一語に尽きる。

今日は早くも開幕3日目。
しかし、シーズンは長い。いいスタートを切った選手、つまずいた選手、いろいろだが
私の期待は期待として、すべての選手に“Good luck !”と言いたい。
…かなり適当なシメ。ハハハ。


おまけ:見っけた!

妻の買い物に同行して永福町に行った。お目当ては三浦屋だが、昨日はその手前に
最近完成したばかりの駅ビルに立ち寄った。1階の京王ストアで好物のヨーグルトを
探すためだ。計画停電の影響とかで、ヨーグルトが品薄状態が続いていて、震災以来、
ご無沙汰しているのが“森永のアロエ入り”だ。
プレーンでも平気なほどのヨーグルト好きだが、この一品は特別だ。

店の奥の棚にありました。3週間ぶりのご対面!
やっぱり、うまいわ。ハハハ。
d0164636_8551497.jpg


人気ブログランキングへ

d0164636_8555790.jpg
by toruiwa2010 | 2011-04-04 09:02 | メジャー&野球全般 | Comments(6)
Commented by skylafe at 2011-04-04 15:29 x
岩佐さん、こんにちは!
どこのスポーツ紙よりも詳しく、わかりやすい解説付きの紹介、ありがとうございます!

どこかで書きましたが、私は、松井が一番心配です。
覇気とか前にでてくるような気持。。。なんかが、あまり感じられないように思えますね。
通算2500安打は達成できてよかったですが、この目標もなくなった後は更に心配です。
岩佐さんは、心配なし!のようなコメントですが、ど~~~も、あやしい。。。苦笑
取り越し苦労になっていなければいいですが・・・

松坂も、ピーク過ぎたかな~とも、思いますね。
ローテーション最後の先発要員でしょうが、マイナーから上がってくる選手とのバッファになりそうな・・・
まぁ、高給取りのバッファでもったいないですが・・・・笑

なにはともあれ・・・・がんばれ! 日本選手! 
Commented by toruiwa2010 at 2011-04-04 15:37
skylafeさん、こんにちは。

2500安打は松井の目標じゃないので
別に心配しません。
ただし、楽観しているわけでもありません。
私が示したノルマは、そんなに簡単な数字じゃないし。
Commented by アンダーソン at 2011-04-04 19:15 x
初めまして
MLBの精神的な所は時々面白い意見も書かれるので見ています。
ただ失礼かも知れませんがあまりプレーに関してはお詳しくないようですね。
イチロー選手の牽制についての文が?ですね。彼はミスした時には特に必死にカバーしようとする選手ですね。牽制で挟まれた時なんか凄い勢いで逃げます(笑)
今回のは完全に誘い出されたので一か八かで突っ込んだだけですよ。
まぁ何とかケチを付けたくて穿った見方になってしまっているのかも知れませんが(笑)
これからも興味深いお話ととても批判にならないイチャモンに期待しています。
Commented by かい at 2011-04-04 19:20 x
メジャーではショートからセカンドへのコンバートは普通にあります。松井以外にはいちいち嫌みを言いますねw松井が一番危ない気もしますが・・・・松井以外の選手を貶しても松井が凄くなるわけではないですよw
Commented by 老・ましゃこ at 2011-04-04 21:19 x
森永アロエヨーグルト…美味しいですよね!
我が家でも人気の一品です(^^)
Commented by toruiwa2010 at 2011-04-04 21:26
老・ましゃこ さん、こんばんは。
京都のホテルに泊まった翌朝、食堂で
プレーンヨーグルトにアロエを入れて食べるのが
楽しみのお一つです。w
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。