ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「タオルはどこへ消えた?~“ただいまCM中”です~」11/04/21

d0164636_910683.jpg

3月末、ツイッターを通じてKさんと知り合いになりました。
プロフィルに“アメリカ在住の学生、野球観戦と写真撮影が趣味”とあるのを見てすぐに
あるお願いをしました。
「球場に行ったら、XXXXを確認してほしい。写真があると大いに助かります」と。

フジテレビがメジャーの中継を始めたのは1978年です。
シンシナティーでの開幕戦からの3週間は、東海岸を中心に、各都市を転々としながら
パンチョ伊東さんと現地で実況をつける旅をしました。まったく初めて見る本場の野球の
迫力に圧倒されましたが、プレー以外にも、スコアボードの仕掛けや応援のスタイルなど、
初めてのことをいろいろ経験する楽しい旅でした。
3試合目ぐらいだったでしょうか、チェンジになるたびに放送席から球場を見回していると、
日本では見かけない光景に気がつきました。
1塁側ベンチの外野寄りに置かれているカメラのレンズにタオルがかけられているのです。
d0164636_9105399.jpg
「なぜ、カメラレンズにタオルが?」と不思議に思いました。
次の攻撃が始まるころにはタオルがなくなっていることも分かりました。
放送を手伝ってくれる現地スタッフに聞いて“タオルの意味”が判明しました。
テレビ局から主審へのシグナルになっていたのです。
「タオルがかかっている間はCM中だから試合を再開しないでくれ」…。
主審は、ピッチャーが規定投球数を投げ終えても、タオルが見えているうちはプレートを
ほうきで掃いたり、予備のボールを持ってこさせたりして時間を稼ぎます。ハハハ。

当時、これを“towel off(タオル・オフ) 方式”と呼んでいましたが、今でも続いているか
どうかに興味がありました。

A’s vs Marinersの開幕戦を見に行ったKさんからたくさんの写真が送られてきました。
…しかし、タオルがかけられたものは1枚もありませんでした。残念!
d0164636_9112019.jpg
アメリカでは放映権の獲得に大金を投じたテレビ局がCMを守るために知恵を絞ります。
NFL(アメフト)やNHL(アイスホッケー)は、野球のようなインタバルがありません。
しかし、CMは“must”ですから、それぞれに工夫を凝らして消化しています。審判への
サインも決まったものがあるはずです。20年前は覚えていたのに忘れました。ハハハ。
とにかく、次のプレーが始まるまでが妙に長いと感じたら、現地テレビがCM中だと思って
間違いないでしょう。ええ、少し乱暴ですが。ハハハ。

ひそかに交わされるシグナルのおかげで視聴者はプレーのすべてを見ることができます。
斎藤祐樹の初登板では、ほぼ毎回、先頭打者への投球が始まっていました。
CMそのものが長かったり、3アウトのあとアナウンサーがまとめててCMに行くまでの
時間が長かったり、理由はいくつかあるでしょう。
要は、テレビと日本プロ野球機構の間の相談もないし、主審が、最近厳しくしている
投球練習の時間を厳格に守っているから視聴者には不親切な結果になるのです。
試合時間の短縮は至上命題ですが、日本シリーズでも同じ対応だったらファンの間でも
意見は分かれるでしょう。

話が少しそれてしまいましたが、種目に関係なくCMが切れることは、とくにアメリカでは
ご法度ですから、テレビと審判の間には何らかのサインの交換が行われているはずです。
“タオル・オフ”をやめたのなら、どんなサインにしているのか知りたいものです。

アメリカで野球を見る機会があったらぜひ目を凝らして探してみてください。
投球練習が終わるころ、主審がどこに注目しているかを…。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2011-04-21 09:53 | メジャー&野球全般 | Comments(4)
Commented by コマーシャリズム at 2011-04-21 22:51 x
北アメリカに住んでいた事があるのですが、テレビを観ているとコマーシャルが多いだけではなく、CMブレイクが長くて辟易してました。テレビ映画あたりは、15分流して10分コマーシャル、また15分ながして10分コマーシャルみたいな。そのおかげで映画の放送時間は3時間を越えるという…。
そんなアレルギーもあるせいか、先頭打者への投球がはじまっていることを考慮しても、CMが短い日本が好きです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-04-22 09:00
コマーシャリズム サン、おはようございます。
15分、10分、15分、10分…
日本には時間枠に対するCMの長さは決まって
いる(はず)ので、考えにくいですね。
アメリカにだってあるはずですが。
申し訳ないですが、眉に唾してうかがっておきます。
ハハハ。
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-04-22 14:57 x
そんな裏事情があるのは知りませんでした。しかし良く気付きましたね、タオル!
Commented by コマーシャリズム at 2011-04-22 18:38 x
岩佐さん、
15分、10分は映画が放送されるときの話です。それを前提に番組表を作っているのでしょうね。スポーツ中継のときは、大丈夫でした。いずれにしろ映画のときの経験によるCMアレルギーのせいで、スポーツ中継でもCMが入ってしまうと、妙に深いため息が出るといいますか…(苦笑)。
NBAも接戦の場合、試合終盤になると、両チームともタイムアウト連発することが多く、そのたびにCMがはいってしまい(20秒タイムアウトは別)。試合会場にいるといいのでしょうが、残り1分ようなときにタイムアウトでCMに入られるとつらいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。