ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「もしかして 最高の出来事?~ルーキー斎藤に故障発生~」 11/05/10

d0164636_9372392.jpg
The best thing happened.

…間違っていたら恥ずかしいですが、生涯を共にする相手にめぐりあったようなときに
英語ではそんな言い方をするようです。
しかし、悲劇と思えること、残念な出来事が起きたときにもこのフレーズを口にするのを
聞いたことがあります。

なぜ、このフレーズが頭に浮かんだかと言うと、斎藤佑樹が右わき腹の筋肉をいためて
登録を抹消すると聞いたからです。
おそらく、日ハムの18番は“ユーチャン”で、“斎藤”という名字を持っていることさえ
知らないかもしれないレベルのおばちゃんファンからは「何を言ってるのこの人は?」と
叱られるでしょう。
しかし、この時点で故障が発生したことは斎藤にとってベストなことかもしれないのです。

打線の援護もあってデビューから2試合連続で勝利投手になったとき、学生時代の彼なら
得意気に「持ってますね」と語ったことでしょう。プロの世界に入って、さすがに、少し
“おとな”になったのか「ラッキーでした」と語りました。正しい認識です。ハハハ。
d0164636_9374251.jpg
野球のデータの中で、勝利投手ほど微妙なものはありませんね。
1-0とリードされた9回表、2アウトになったあと追加点のピンチを迎えた。
先発のエースAはすでに130球を投げていた。
監督は、信頼できるBにマウンドを託した。
Bはたった1球で次のバッターを退けた。
その裏、劇的な逆転ホームランが出てチームはサヨナラ勝ち。

…1球投げただけのBが勝ち投手、130球投げたAには記録上、何も残らない。

そこまで、極端ではないものの、斎藤の“2勝”は内容的に“胸を張る”ほどのものでは
ありませんでした。昨日の松坂と同じで、いわば、“めぐりあわせ”による勝ち星です。
プロ野球を長く見てきて気がつくのは、年間15~20勝する投手には、こういう勝ち方が
とても少ないということです。しっかり投げ、きっちりと試合を作って勝つ…強引ですが、
ツキで勝ってるうちは15勝、20勝はできないだろうということでしょうか。ハハハ。

話がそれてしまいました。
斎藤の故障発生がなぜベストシングなのか?
肩やひじのケガなら分かりますが、若いピッチャーが開幕間もないこの時期にわき腹の
筋肉をいためるのはとても珍しいことではないでしょうか。
体づくりが不十分だったことを示しているもしれません。同期とは思えないほど体つきが
シッカリしている田中将大でさえ、去年は故障に悩まされました。1球1球に勝負をかけて
投げるプロの投手には私たちの想像を超える体力が求められるのだと思います。
日本人の場合、回復に1週間もかかるほどですから。…皮肉ですが。ハハハ。

斎藤には、この休養がベストシングになる可能性があります。
いためたのがわき腹なら、しばらくは投げられません。しかし、走ることはできます。
基礎から体力を鍛えて行くには絶好のチャンスではないですか。

並行して、プロの試合を内側から見ると、違ったものが見えるはずです。
人が言うほどの“投球術”を持っているとは思いません。たまたまうまく行っただけさと
思いながら見ていました。ハハハ。
ただし、“野球あたま”はいい選手だと思います。
昔なら稲尾や杉浦、少し前なら江川や桑田…彼らは投げるボールにも力がありましたが、
同じぐらい、頭を使って投げていました。斎藤には同じタイプのピッチャーになる要素が
あると思います。

ただし、誰が見ても、斎藤が投げているボールは“まだまだ”です。
しっかりしたボールを投げるにはしっかりした体が必要です。時間がかかることですが、
その時間をもらいました。プロ1年目の斎藤にとって、このケガはうまく使いさえすれば、
“best rhing”になる可能性があると思うのです。
d0164636_93843.jpg
それにしても、マウンドでしきりにストレッチをする斎藤の姿を見ているはずの日ハムの
ダグアウトからは、誰も様子を確かめに行きませんでした。どこかに異常があることの
明らかな兆候だというのに。先日、右ひじのハリを訴えて松坂が緊急降板したときの、
キャッチャーやベンチの素早い反応と大変な違いがありますね。
球団の財産なんだから、もっと大事にせんかい。ハハハ。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-05-10 09:52 | メジャー&野球全般 | Comments(14)
Commented by オオソネ at 2011-05-10 10:05 x
おはようございます、岩佐さん。
岩佐さんが言われるように、今回の怪我で体やフォームを作り直す時間を得れたことは、斉藤にとって大きいですよね。素人目に見ても、あのストレートでは低めに投げ込んでもきついだろうなとわかりますし。
1番喜んでいるのは、日ハム首脳陣だったりして・・・(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-10 11:00
オオソネさん、こんにちは。

どう改善しても12~13勝どまりだと思いますけどね。
日ハム首脳が喜んだかどうかは、他に先発させたい、
先発できるピッチャーがいるかどうかによりますね。
チーム事情を知らないので何とも言えませんが。
Commented by えそらいろ at 2011-05-10 13:11 x
こんにちは

かろうじて、“斎藤”という名字を持っていることは知っていましたが、
全くの野球オンチのおばちゃんです(笑)

本題とは関係のない、
「1球投げただけのBが勝ち投手、130球投げたAには記録上、何も残らない。」
というところにへぇ~、とつぶやいてしまいました。

すみません、意味のないコメントで…
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-10 13:24
どういたしまして。
一つ学習したひとがいるだけで
たいへん意味があったかと。
Commented by そう at 2011-05-10 18:52 x
それはさぞかし良いショーだったのでしょうが、わざわざそんな昔話を
持ち出さなければならないのは、今の現役選手は支援していないって事ですね。
確かに金銭的支援をするファンだけが何でも上ではありません。
しかしプロトコルすら見ず、現役選手には何も支援しないくせに、人目につく場所で好き勝手独特な持論を現役選手に展開してるのですから、
岩佐氏より時間も金銭も現役選手に費やすファンが何か言いたくなっても仕方ないでしょう。
まあ、岩佐氏がどんな方か理解できました。
これからも体には気をつけず、目立たない場所で長生きしてください。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-10 19:13
そうサン、本来なら不承認にしても、誰からも
責められない自信がありいますが、あなたが
人としてどれほどダメかを皆さんに見てもらうために
ここに晒しておきます。お仲間のモンスター・ファンも
あまりのレベルの低さに引くことでしょう。

もちろん、私のブログですから、これからも
好きなように書いていくつもりです。
たまには、読みに来てください。
いえ、コメントはもう結構ですけど。ハハハ。
Commented by mb at 2011-05-10 20:18 x
本日は野球の記事ですね。サッカー好きの私からしても、彼が今のままじゃ10勝以上をコンスタントにあげる投手になるのは難しいと思っていたのでこれが良い機会になってほしいですね。順番に記事を古い方へと読み漁ってますが、野球の裏話等も楽しかったです。またサッカーの記事も・・・あるといいなぁと。早野さんのギャグの裏話とか個人的に。岩佐さん以外に彼をコントロール出来たアナは居ないと個人的には思っております。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-10 20:59
mbさん、こんばんは。

去年まで、ヤフーでやっていたことは
ご存知ですか?
そこに行くと、2700本以上の記事が眠っています。
読んでいただけると、記事も喜ぶと思います。

→ http://blogs.yahoo.co.jp/toruiwa2006
Commented by akapon at 2011-05-10 22:18 x
岩佐さん、こんばんは。
81年から82年の前半までの江川がどれくらい凄かったかわかる人は
結構華麗・・・いや加齢な世代でしょうか(笑)
2時間半前後で完封、完投してしまう投手が直球とカーブだけ!でしたからね!!
(夜8時半にはナイター中継が終了してよく過去の物語やってましたね)
桑田は努力の人のイメージがありますが、同時期の槙原、工藤、斉藤と
エースと呼ばれる人たちの姿は忘れないですねぇ。
今もダルビッシュやマーくんなどいい投手はいますが、斉藤がこの先も
ずっとやっていくのならば、この休養をぜひ活かしてほしいですね。
年間5~6勝?の投手からは脱却して欲しいです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-10 22:27
akapon さん、こんばんは。

私が担当した神宮の試合で江川の最後の一球が
その日の最速だったことがあります。
153キロぐらいでした。神宮のガンは少し数字が
出すぎでしたが、それにしてもすごいやつでした。
人間的には好きになれませんでしたが。
ピッチャーとしては最高の部類でした。ハハハ。
 
Commented by akapon at 2011-05-10 22:39 x
ラストボールが最速ってどれだけの体力と「あたま」を駆使して投げていたのでしょうね!
それを岩佐さんは見逃すまいと実況されていたんですもんね!
神宮のマウンドでうすら笑っている江川の表情、見えてくるようです(笑)

僕は成績で江川には勝てなかったけど西本のほうが好きでしたが・・・
(しかし当時は本当に巨人戦しかオンエアされなかったですよねぇw)
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-10 22:44
akaponサン、こんばんは。

土曜日か日曜日のアーカイブで江川話を
やりましょうかね。
僕も西本が好きでした。
もう、まったく縁がないですが、当時は仲が良かったです。
Commented by レニ at 2011-05-12 11:31 x
こんにちは。

現状、斎藤佑は新人の先発五番手としては悪くない、ぐらいに考えておけばいいのでは。五番手で七、八勝ならOK、と個人的には見ています。
しかし二、三回投げた程度で「不敗神話」などと持ちあげるのは、恥ずかしいので本当にやめてほしい。本気で言ってる訳ではないのはわかってますが……。

Commented by toruiwa2010 at 2011-05-12 11:48
レニさん、“不敗神話”…日本マスコミの
好きな言葉ですね。ハハハ。

斎藤クン、“女難”の傾向もあるらしいから…
まだアマチュアということでしょう。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。