ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「半年ぶりの京都~○○な旅の話…~」11/05/18

d0164636_7582385.jpg
つつじには遅く、サツキには早い…そんな中途半端な季節であることは十分承知の上で
京都に行ってきました。去年の11月に紅葉を見に行って以来ですから、半年ぶりです。
電話はしていますが、長兄にもずっと会っていないので芦屋に行くのも目的の一つでした。

天気予報をを睨みつつホテルの予約をするのは私の役目、京都でどんなコースを歩くかは
妻にお任せです。今回も新幹線に乗るまで、最初にどこに行くかさえ知りませんでした。
d0164636_7594948.jpg
…で、京都に着いてまず行ったのはおなじみの甘味どころ「鍵善」です。
CDで水琴窟の音が流れる静かな店内でいつものようにくずきりをいただきました。
腰があってしっとりとしたくずきりに黒蜜がたっぷりとからんでのどを通るときの感動は
たとえようがありません。日本に生まれてよかったと思う瞬間ですね。ハハハ。

40年近く前 寺島純子さんに連れて行ってもらったのですが、初めて食べたとき、世の中に
こんなにおいしいものがあるなんて、とビックリしました。
ひさしぶりで京都を訪ねた2004年、妻を連れて行きました。甘いもの好きの彼女も大いに
気に入って、以来、京都に行くたびに必ずと言っていいほどコースに入ります。ハハハ。
d0164636_804589.jpg
腹ごしらえを終えたあと、一気に一乗寺を目指しました。
お寺を見るためではなく、お目当ては書店、恵文社です。
なによ、わざわざ京都まで来て本屋かよー…と思わないでもないのですが、コース設定は
妻任せですから従うしかありません。数年前に行ったことがありますが、並べられている
本がなかなか凝っていて面白いのは確かです。新刊本はあまり置いていません。と言って
古書店でもありません。

じゃあ、どんな本が置いてあるのか?一度行ってもらうしかありません。ハハハ。
ここに、なぜか、鶴見俊輔コーナーがあるかと思えば、あそこには團伊玖磨の「パイプの
けむり」があったりと、意表をつかれます。“目利き”のスタッフがいるのでしょうが、
楽しい本、面白い本が集められていて、なにげなく本棚を眺めていると、本のほうから
“声をかけてくる”…そんな雰囲気があります。本当にその気なら、1,2時間は飽きずに
過ごせそうです。

本なら神保町やネットで用が足りそうなもの…と、面倒くさがりの私などは考えますが、
本が好きな人にとってはとんでもない話なのでしょう。棚に並んだ本を眺めるいかにも
“本の虫”らしい人たちの目がうっとりして見えました。ハハハ。
私は目移りしただけで“収穫”なしでしたが、妻は本と雑貨を手に納得したようですから
足を運んだ甲斐はありました。
d0164636_811221.jpg
続いて向かったのは百万遍近くの知恩寺です。
月に一度の手づくり市が立つのですが、日曜日と重なってものすごい人出でした。
数年前に訪ねた毎月21日の東寺の弘法市は、大量生産品ぽいものもあって興ざめでしたが、
こちらは、“手作り感”があって、時間をかけて見れば面白いものがありそうです。
手芸品、人形、アクセサリー、焼き物…なぜか、漬物まで、ありとあらゆる“雑貨”が
所狭しと並べられています。
しかし、まっすぐ歩けないほどの混雑で“人に弱い”妻は大丈夫かなあと思っていると、
15分ほどでギブアップを宣言しました。正しい判断だと思います。ちりめん山椒の食欲を
そそる、おいしそうなにおいだけが記憶に残る市でした。ハハハ。
d0164636_813632.jpg
お気に入りの法然院に行きました。“口直し”です。
去年も6月初めに来ましたが、裏切られることはありません。
正面の石段を上がって左に向きを変えたとき、70~80メートル先にある山門の佇まいが、
ほれぼれする美しさです。日本ならではの美だと思います。
d0164636_875232.jpg
一度、ホテルにチェックインしたあと、東福寺に向かいました。
去年 見た“青もみじ”が忘れられなかったのです。
残念なことに、“青さ”が違いました。タクシーの運転手さんは「遅かったんでしょう」と
話していました。カレンダー的には、むしろ、去年より2週間も早かったのに…。
自然が相手ですから愚痴を言っても始まりませんが。ハハハ。

芦屋に兄を訪ね、いつものようにJR駅前の中華「黄老」で食事をしました。
このところ、電話のときの声にハリがなく気になっていたのですが、87歳になった兄は
相変わらず元気でした。一人住まいですから、普段、ほとんど人と話すことがないせいか
私たちに会うと矢継ぎ早に質問を浴びせてきます。会話が途切れてはいけないと思って
数日前から貯め込んでいたことが分かりますから、こちらもできるだけ答えるのです。
「NHKの天気予報をやっていた半井(なからい)の相手は誰だっけ?」と聞かれたときには、
思わず絶句しました。ハハハ。
d0164636_893033.jpg
2日目の朝は、やはり行きつけの智積院の庭を眺めに行きました。
思いがけず、つつじがちょうどいい感じで庭に彩りを添えていました。2年前は5月1日に
訪れたときが、見ごろでしたから、やはり、少し、時期がずれてますね。
本堂の縁先に腰をおろし 池とまわりの緑を見るだけで気持が落ち着くので、時間があると、
出かけます。つつじについてはまったく期待していなかった分、もうけた気分でした。

京都に来るのは、梅、桜、紅葉などの季節が多く、そういうときはひたすら歩きまわって
お目当てのものを見て帰るだけの旅になります。本屋さんとか市とかは特別な目標がない
今回のようなときしか行けないかもしれません。その意味では、それなりに収穫があって
いい旅でしたが、正直に言うとねえ。

「さあ、松本さん、今度はどんな旅だったでしょうか?」
「そやねえ、うーん、…“正直 言うて、どうでもええ”旅かなあ」…

だって、収穫は、くずきり、法然院、チャイニーズぐらいでしたからねえ。ハハハ。

JR全車掌に告ぐ!

行きの新幹線で車内アナウンスが気になりました…というか、気づいたことがあります。

普通は、停車駅に到着する3,4分前に車内アナウンスが流れます。
「間もなく、名古屋です。中央本線、関西本線…」
「Ladies and gentlemen,we will soon make a brief stop at Nagoya…」
日本語と英語のテープのあと車掌さんの声で「毎度、ご乗車ありがとうございました。
間もなく、名古屋です。お出口は…」と。
d0164636_833031.jpg
しかし、新横浜を出て間もなく「…次は名古屋。XX時XX分到着、お出口は左側です」と
はっきり聞こえ、「おやっ」と思いました。この時点で出口がどちらかを言ってるんだ…
アナウンスの内容を変えたのだと思いました。

いつもは、英語のアナウンスが始まったあたりでデッキに向かうことにしています。
車両の出口に近いところで車掌の「出口は…」というアナウンスが聞こえるように。
せっかちですから、“正しい”ドアの前に一番に並びたいのです。ハハハ。

車掌によっては、英語のテープのあとなかなかアナウンスをしないことがあります。
デッキに出てしまうと聞こえにくく、結果として、カンで並んだのとは反対側のドアが
開いたことも何度か…。以前から「もう少し早めにアナウンスを始めてくれればいいのに」
と思っていました。

帰りの新幹線で、通りがかった車掌さんに聞いてみました。
いかにも“元鉄ちゃん”という印象の若い車掌さんは、「JR東海として、アナウンスの
やり方を変えたのか」という私の問いにあっさりこう答えました。
「いえ、人によるんです」…。人によるんかい!ハハハ。


一乗寺に向かっているとき、正面の北山がかすんでいました。黄砂の影響だそうです。
今回の旅の間、ずっと目のかゆみと頻発するくしゃみに悩まされました。
医師からは、杉に加えてヒノキのアレルギーもあると言われたことがありますが、5月も
中旬になって、これほどあからさまな症状が出たことはありません。黄砂でも同じような
症状が現れるものでしょうかね。ちなみに、東京に戻ったらかなり軽減しました。

どうやら、今朝5時ごろにアクセスが10万件を突破したようです。

お気づきでしょうが、昨日から書き込みを“フリー“としました。


人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-05-18 08:12 | 旅に出る食べに行く | Comments(15)
Commented by ysphoto at 2011-05-18 08:29 x
岩佐さん、おはようございます。
新緑の京都か・・・行ってみたいですね。私の住む岐阜からは車で2時間、新幹線なら1時間かからないのに近いせいかなかなか足が向きません。

JR東海さん・・・人によるはいかんでしょう(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-18 08:47
ysphotoさん、おはようございます。

花の京都もいいですが、緑に包まれた京都も
なかなかです。
年をとってからでもいいかもしれませんが、
ぜひお出かけを。by JR Tohkai ハハハ。
Commented by えそらいろ at 2011-05-18 09:43 x
おはようごさいます。

この本屋さん、以前にも紹介されていたように思いますが、
私の「行ってみたい京都の名所」となっています。

本が好き、というより、本屋さんが好き、で、
あの印刷のにおいを嗅いでいると心が落ち着くので、
気がつくと長時間を過ごしてしまってます。

10万件アクセスおめでとうごさいます\(^o^)/
”騒ぎ”がやっと落ち着いたみたいでよかったです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-18 09:50
えそらいろサン、おはようございます。

恵文社は前にも紹介しました。本好きには
たまらない店でしょう。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2011-05-18 10:09 x
いやぁ、お兄様いいなあ!
「NHKの天気予報をやっていた半井(なからい)の相手は誰だっけ?」と聞かれた…
関西人はテレビに出ている人であれば、みんな近所の誰かみたいな感覚ですから、ゴシップが出回ったその後をお知りになりたかったんでしょうね。まだまだお元気に過ごせることは間違いありません。

今日と明日が連休なのですが、大阪駅は新装オープンの人出、京都は京都で人出が減る気配無し…どちらにも、のんびり行ける日はなさそうですねbyひろ☆はっぴ
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-05-18 11:34 x
新緑の京都、雪景色や紅葉のそれとはまた違い、荘厳な自然のスケールも感じ取れますね。

美味しいお店も沢山あるし、京都大好きです。個人的には三千院・広隆寺・南禅寺がファイバレットプレースです。

満喫してください!
Commented by shin555 at 2011-05-18 20:11 x
お兄様もイイですが
人によるんかい!もウケました♪
ま、赦してやってください(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-18 20:30
ひろ☆はっぴ サン、こんばんは。

長兄は目も不自由なのに、かすかに見える
テレビや新聞から丹念に情報をため込んでいるのだと
思います。それだけに「知らないよ、そんなこと」と
邪険にはできません。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-18 20:38
ふぇでらー…サン、こんばんは。
三千院はこれまで3回行きましたが、ちょっと不便ですね。
広隆寺は弥勒菩薩像より十二神将のほうが印象に残っています。
南禅寺は法然院から哲学の道を経てよくいきます。
天授庵の庭が大好きです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-18 20:39
shin555 さん、こんばんは。

この話、どう落とそうか…苦肉の策です。
ハハハ。
Commented by しょう at 2011-05-18 23:50 x
岩佐さん、こんばんは。
10万アクセス突破おめでとうございます。
数日前までの喧噪で、予想より速い到達だったのでは?(笑)

私は岡山県に住んでいるのですが、
近年、黄砂の酷さに困り果てています。
岩佐さんと同じくアレルギー症状を訴える人はたくさんいますよ。
洗濯物なども外に干すと汚れてしまうので、天気がよいのに室内干し。
新緑が鮮やかでほんとうに美しい、でも短く貴重な時期が台無しです。
なんとかならないんでしょうかねぇ。
Commented at 2011-05-18 23:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-19 07:08
しょうサン、おはようございます。

確かに、6月中~下旬かなと思っていましたから
この時期に突破というのは“想定外”かも。

黄砂に関しては西日本のほうがひどいようですね。
晴れているのに部屋干し…つらいですね。
私は東京に戻ったらだいぶ楽になりました。
Commented by みにx7 at 2011-05-20 06:51 x
おはようございます。また写真が変わりましたね。初夏らしい爽やかな雰囲気です。(^_^)青もみじ、残念でした…
Commented by toruiwa2010 at 2011-05-20 13:44
みにx7 さん。こんにちは。

プロフィルの写真は気分転換です。
気付かれないように…と思いますが、
そうもいきませんね。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。