ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

Archives 「テラスで見る選手の素顔~2003 Roland Garros~」 11/06/04

d0164636_8185418.jpg

全仏オープンは終盤を迎えました。雨らしい雨は降らなかったようですね。
世界から集まっているテレビ局の中でWOWOWほど控室の屋上テラスをうまく
活用しているところはないかもしれません。
試合と試合の間をつなぐトークのセットとして、ゲストを迎えてインタビューを
収録する場所として効果的に使っています。
試合や練習コート、会見場ぐらいでしか見ない選手たちの素顔を見ることがあります。

d0164636_821188.jpg

「ローラン・ギャロス11日目」2003.06.05

人呼んで「テニスの王子様」、ファン・カルロス・フェレロ君がようやくインタビューに
応じてくれました。こちらへ来てから…というより、日本を出る前から約束が出来ていた
はずなのに、いざとなると言を左右にしてなかなか実行してくれず、スタッフもほとんど
あきらめかけていた昨日になって急にやりましょうかということになったのです。
散々振り回されて、いい加減アタマに来ていたカメラマンは何回目かの交渉が“不発”に
終わったとき、「もうあんなヤツは撮ってやらない」とわめいていました。ハハハ。

そんなスタッフをなだめながら、何とか実現にこぎつけられたのは、日本にたくさんいる
フェレロ・ファンのためにがんばろうという気持ちが通じたのだと思います。なかでも、
ベテラン・コーディネーター、エミコ・ロッシさんは代理人と数十回の電話のやり取りで、
脅したり、すかしたり、時には「分かった、日本人が嫌いなわけね」と強烈ないやみを
投げつけたり、ありとあらゆる手段を講じていました。

フェレロ本人には問題がなくても、間に立つ代理人がシッカリしないと選手本人の評判が
悪くなることもあります。今回はぎりぎりで実現してよかったと思います。
おかげで私の「アラカルト」が6回で終わることにはなってしまいましたが、私も頭を
悩ませなくてすんだし、皆さんも、年寄りのこぼれ話よりは、貴公子然とした彼の顔を
見てるほうが何倍もいいでしょう…と、すねてみる。ハハハ。

相当 息巻いていたカメラマンも「どうだった?」と聞くと「いや、時間どおりに来たので
ビックリしましたよ」とすっかり納得してしまった感じでした。確かに定刻どおりに姿を
現したそうです。試合はなくても、練習やマッサージがあれば時間を守ることはそんなに
簡単ではないのですから、立派だったと思います。
d0164636_821243.jpg
去年、ジェームス・ブレークにインタビューした時には、予定時間より早く、ミネラル・
ウォーターのボトルを片手にフラリと控え室の入り口に現れたのでビックリしたことを
思い出します。スタッフたちと「どうせ時間通りになんか来ないさ」と話していたところ
だったので余計に驚きました。ハハハ。
しかも、応対は“オトナ”で、インタビューにも丁寧に答えてくれて、私が最後に2、3問
聞かせてもらった時にも、初めに「ちゃんとした英語じゃなくてごめんなさい」と断ると
「問題ないよ、僕も日本語は出来ないんだから」とこちらの気持をやわらげてくれました。
「出来るやつ」という印象を受けました。

一流のスポーツマンになるには、選手としての技量だけでなく、マスコミを初めとする
周囲との応対もうまくこなさなければ、世界は認めてくれません。
たまに、「記者とは話さない」というトップ・アスリートもいますが、それではなかなか
歴史に名を残す選手にはなりにくいでしょう。

たとえば、男子テニスのヒューイットです。
ファイターだし、すでにかなりの実績を上げていますが、地元の人気は驚くほど低いです。
私たちの仕事を手伝ってくれているオーストラリア人の技術スタッフたちに聞いても、
ヒューイットの名前を持ち出すと顔をしかめたり、親指を下に向ける「サムダウン」で
「あいつはダメだよ」とニベもありません。
d0164636_8215052.jpg
試合中にかなり悪い言葉を使うし、地元のトーナメントでその観客を非難する話をしたり
するのですから、評判が悪くなるのも無理はありません。よほどのことがあったのかも
しれませんね。本心を話してはいけないわけではないのですが、言い方だと思います。
実力は十分なのに、母国で受け容れられないというのはとても不幸な話です。

昨日のエナンは見事でした。(SF Henin-Hardenne d.Serena W. 62/46/75)
エラーは多かったものの、プレーの中身は濃く、二人が力を尽くして戦った好ゲーム、
私も今回初めていい試合に当たった感じです。
正直なもので視聴率的にも今回最高の数字が出ました。杉山の試合が突出していたときは
「日本人がらみでなきゃ数字は出ないのか」と、半分あきらめていましたが、皆さんも
「いいモノはいい」と捉えていただいていることが分かってホッとしました。
今後の、カード選択に少しはヒントになるのではないでしょうか。

セレナがいつもの出来ではなかったといっても、エナンの殊勲はほめられていいでしょう。
3セットに入ったあたりから、疲れが見えたように思います。
柳さんは「こんな試合になったら、選手は疲れません」と断言されました。
解説者に断言されたら、アナウンサーは「そういうものですか」としか言えません。
たとえ「疲れないわけがないだろう」と腹の中で突っ込んでいても…ハハハ。

柳爺さんも言い出したら頑固ですから、私があれ以上さからえば、放送にならなくなって
しまいますから引き下がりましたけど。

私はエナンの会見を少し見てホテルに引き上げましたが、その後に会見場に来たセレナは
泣いたそうです。あれほど強靭な神経を持っているように見えてもでやはり若い女性です。
会場がほとんどすべてエナンの応援に回ったのはショックだったようです。放送の中でも
言いましたが、'99年のヒンギスは非難されても仕方のないところがありましたが、昨日の
セレナにはまったくありませんでしたから、気の毒としか言いようがありません。
それだけ強いのだという証拠なんですが、当人にして見るとそんな風に割り切ることは
出来ないのでしょう。

それにしても、決勝はベルギー対決!
女子テニスにとっては、とにもかくにも「ストップ・ザ・ウイリアムズ」が実現したのは
喜ばしいことだと思います。明日の決勝では内容のある試合を期待したいですね。
                  (Final Henin-Hardennne d.Clijsters 60/64)

2011 男子準決勝

Nadal d.Murray 64/75/64
Federer d.Djokovic 76/63/36/76


序盤でナダルが精神的優位に立ったように見えました。
ショットのすべてが“絶好調”にはほど遠いと思いますが、相手がマレーだったことで
余裕はあったと思います。気になったのは、ドロップ・ショットなど、相手のこまかい
プレーへの対応がうまく行っていなかったことです。
2セットが終わったところで、集中力さえ切らさなければ負ける要素はないと判断して
ベッドに入りました。

今朝、ビデオで見ましたが、フェデラーはよかったですね。
身体にハリがあって若々しく見えたし、動きの良さにも驚きました。
今シーズン、無敗のジョコビッチはリズムに乗りたいところで乗れませんでした。
第1セット 5-4 15-40 のチャンスを逃したところなど、典型的です。
フェデラーの多彩なショットがそれを許さなかったわけですが、この場面から5-5に
追いつくのにわずか1分40秒でした。長い間、世界に君臨した人のすごさです。

フェデラーが昨日の調子をそのまま持ち込み、ナダルがマレー戦“程度”の出来だったら、
決勝は、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。ただし、中1日あくと、身体や
ショットの調子がころっと変わるのがテニスの面白いところですからどうでしょう。

さあ、しかし、いい顔合わせになりましたね。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-06-04 08:28 | テニス | Comments(19)
Commented by 老・ましゃこ at 2011-06-04 13:20 x
柳さん、2011全仏も元気に解説されていて嬉しいです。

昨夜の準決勝に関する下り…素敵な実況ですネ(^^)こういう表現を聴くとぞくぞくします。
Commented by kao at 2011-06-04 13:40 x
岩佐さん、はじめまして。先日偶然このブログに出会えました、昔からテニス観戦をしていましたが、いつのまにか岩佐さんがいないことに気がついたのが数年前・・・柳さんを見るたび岩佐さんを思い出し数年が過ぎ・・・ブログを見つけて感動しました。久しぶりにテニスについての語りを拝見することができて、〈私には懐かしい声も聞こえてくるようです)とっても嬉しいです。私は岩佐さんの言う、ひょっとしたら・・の方が観てみたいです。今から決勝戦が楽しみです!!
Commented by ヤップンヤン at 2011-06-04 13:53 x
フェデラー、良かったですね。培った技術はそう簡単にさびつきませんから、フェデラーはコンディション調整がうまくいったというところでしょうか。
フェデラー的には、いやテニスファンも、(ひょっとして岩佐さんも?)ナダルを全仏の決勝で破ってこそ本当のグランドスラム達成と考えている人がいるのではないでしょうか。すでにグランドスラマーなので当人には余計なお世話でしょうけど。
Commented by megaptera at 2011-06-04 15:00 x
こんにちは。朝まで男子準決勝を見てしまいました。寝るに寝られない試合は久しぶりです。「王者フェデラー」を実感しました。寝不足です。

でも生放送の臨場感はいいですね。これもデジタル3チャンネルのおかげでしょうか。アナログの頃はここまでライブは多くなかったですから。

ローランギャロスもウィンブルドンも緑が多そうできれいですね。
私はUSしか見に行ったことがないのですが、雰囲気が違うなと思います。そのとき、フェレロと写真を撮ってもらって感激したのを思い出します。文字どおり王子様…美しさに絶句しました・・・

yahooブログ教えて下さってありがとうございました。少しずつですけど、拝読しております。
Commented by akapon at 2011-06-04 15:56 x
岩佐さん、こんにちは。

緑の綺麗なパリのテニスコート、ぜひ一度行ってみたいです。
岩佐さんが羨ましいです。
ところで柳さんと岩佐さん、本当はどちらが頑固なんでしょうか?って愚問ですかね(笑)

愚問ついでに?!私の大好きなサンプラスの全盛期と、フェデラーがもし対戦したら
岩佐さんはどちらが強かったと思われますか?
(私の夢の対戦カードです)
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 16:17
老・ましゃこ サン、こんにちは。

私も昨夜のコートインの前の部分で
元気な姿を見ました。予想以上だったので
少しびっくりしました。いいことなんですが。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 16:19
akaponさん、こんにちは。
どっちが頑固? いい勝負だと思います。
放送ではリードする立場の私に柳さんは譲るし、
テニスの話では、私が柳さんを立てる…
お互い、プロとして対応したと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 16:21
megapteraさん、こんにちは。

一生の思い出…ならウインブルドンかローランギャロスでしょう。
楽しみたいならオーストラリアかもしれませんね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 16:22
ヤップンヤン さん、こんにちは。
グランドスラマー同士の決勝…
すごいことですね。

まあ、フェデラーはもう一時代を築いたのだから
ここはナダルに譲れよ、と言いたいです。反対でしょうが。
ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 16:24
kaoサン、いらっしゃい。ハハハ。
こういうことがあると、ブログをやっていてよかったと思います。

ひょっとしたら…うーん、私的には微妙なんですけどね。ハハハ。
Commented by shin555 at 2011-06-04 17:30 x
毎週末のアーカイブ、いつも懐かしく拝見しています♪
ブレークの話、当時も、やっぱりイイヤツなんだなあと思いましたが
改めてまた今も感じますね。ヘアスタイルがめっちゃ懐かしい~
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 18:17
shin555サン、こんばんは。

できるだけ、懐かしさがこみ上げるものをと
考えながらやってます。
ブレークのヘアスタイルは大好きでした。
Commented by ヤップンヤン at 2011-06-04 18:30 x
私としてはレベルの高い試合をしてくれれば勝者はどちらでもいいです。2001年全米のアガシ対サンプラスのようにタイブレイクの連続のような試合だといいですね。あの時は4セットでしたが、今回はフルセットで…。翌日順延の可能性がありますけど(笑)。
2001年当時、私はすでに海外だったのでWOWOWの中継はみていないのですが、岩佐さんはあの試合を担当したのでしたら、それは実況見よう利に尽きたのではないでしょうか?
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 19:47
ヤップンヤンさん、サンプラスsvsアガシは私が実況しました。
当時の私は“絶好調”でしたから“このカードはおれだよな…”という
オーラを出してプロデューサーにプレッシャーをかけていたと
思います。ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2011-06-04 20:42 x
岩佐さんからオーラを出されたらプロデューサーはハイどうぞというしかなかったのでは(笑)。冗談はさておき、プロデューサーも岩佐さんしかないと思っていたことでしょう。
あの試合はスコア以上に、両者ともの最初から一段ギアが上げて試合をしていたレベルが高く、緊張感いっぱいの試合でした。「絶好調、岩佐アナ」もギアをあげたか、”ゾーン”に入って実況されていたんでしょうねぇ。ぜひ聞いてみたかったです。
Commented by pon at 2011-06-04 21:17 x
岩佐さん、こんばんは。
ブレーク、私も昔の髪型がすごくかっこ良くて好きでした♪
そして、岩佐さん&柳さんの掛け合い?も好きでした。

今日は仕事だったので、ゆうべの準決勝はナダルの勝利を
見届けて、フェデラーが2セット取ったところで、寝ました。
最後のセットを昼休みに見ました。フェデラーは今大会は
G.S.に連勝していた頃のようなプレーぶりですね!
今から、決勝戦が楽しみです♪この2人の決勝、久々な気がします!
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-04 21:26
ponサン、こんばんは。

昨日のフェデラーはたぶんここ2年ぐらいの中でも
いいほうではないかと思います。
そんなに見てないのでわかりませんが。
Commented by megaptera at 2011-06-05 00:58 x
実は4大会中一番行きたいのはローランギャロスです。

メルボルンは暑そうですね。シドニーオリンピックを見に行きました。
で、訂正させて下さい。フェレロにあったのはUSではなくシドニーにてでした(汗)寝不足で頭の働きが鈍ったようで・・・

にしても、Legendに出てる選手の豪華なこと・・・
恥ずかしながら、岩佐さんのつぶやきまで、こういった試合があることを知りませんでした。ネットでは見れる試合もあるようですね。

ヒンギス見たかった~!全仏のWebを見ても、女ダブlegendの決勝が今日なのか明日なのか、なんだかはっきりしません・・・??

明日はもう最終日・・・今年のローランギャロスは雨がないせいか球足が速いように感じます。

Commented by toruiwa2010 at 2011-06-05 08:30
megapteraサン、おはようございます。

誰と組んでもヒンギスのダブルスは 楽しいです。
レジェンドの試合は1週目の終わりから始まると思いますが、
スタジアムコートが込んでいる時は、そういう試合を見るのも
グランドスラムの楽しみ方でしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。