ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「イチロー:窮地脱したか?~MLB通信簿:中間報告 1~」    11/06/13

d0164636_9185939.jpg
日本人メジャー・リーガーについては、毎年 シーズン終了後に まとめて
私なりの評価をしていますが、今年は、特別に“中間報告”をしておきます。
“危なっかしい”選手が何人かいるからです。ハハハ。

B- イチロー .258 0HR 21打点 
 

2試合で9打数4安打…休養の効果と言ったら苦笑するでしょうが、とりあえずイチローが
持ち直しました。心配していたファンもほっとしたことでしょう。
「危うし!」と思って記事を書き始め、更新するときには打ち出していたというケースは
これで、2度目です。次は、もう少し早めに書こうか。ハハハ。
d0164636_9182244.jpg
とうとう、土曜日(日本時間)の試合を休みました…休まされました。前日の2三振のとき、
かなりのボール球を空振りしていました。試合後に監督が呼んで話したようですね。
「実績を考えたら、出たいだけ試合に出る権利が彼にはある。その点に関しては最大限の
リスペクトを払っている。でも、監督は僕だからね」とウェッジ監督は話しています。
私は2三振するところをビデオで見て、その打撃より、心ここにあらずと言った感じの
イチローの表情に驚きました。
d0164636_1118688.jpg
開幕直後の1ヶ月の打率がよくないのはごく普通のことなのに、今年はいいスタートを
切っていたイチローが5~6月は相当に苦しんでいました。シーズンが佳境に入ってから、
これだけ調子が出ない彼を見るのは初めてではなかったでしょうか。
いい当たりが野手の正面に飛ぶことも多いようですが、そういうことはトータルすれば
“チャラ”なんですから、説明になりません。

37歳になったイチローには、どんなに節制・鍛錬しても襲ってくるものがあります。
ずっと書き続けてきたHEC(ハンド・アイ・コーディネーション=目と手の連携)です。
少しずつ、ポイントがずれているのかもしれません。
目が「カーブだ。かなり曲がるぞ。このポイントへ向けてバットを振りだせ」、「ボールだ。
手を出しちゃダメだ」と判断しているのに、脳の指令を受けてからの反応に時間がかかり、
ミートポイントが1cmずれたり、バットが止まらなかったりするのです。
「これは…」と思ったのは、ヤンキース戦(日本時間5月29日)での守備を見たときでした。

SEAvsNYY:イチローのこの守りはおかしいな。彼の守備力からすれば
絶好の見せ場以外の何物でもない。先にフェンスに行ったほうが楽なことは
よくわかっているのに、なぜ、“距離を合わせ”に行ったのか?
かっこよく見せようとした?まさか。

そこまでは言いません。ただ、普段から、“見せる“ことにこだわり、
かっこつけるところがありますよね。 
@xxxx @toruiwa 金本化、即ち動体視力の衰えですかね? .

イチローの守備の疑問:考えられること…フェンスまで行ってしまうと
助走なしになるので打球の高さまで飛び上がれない。
だから距離を合わせて勢いで高さを稼ごうとした。うん、それを考えた
かもしれない。だとしたらあの守り方は納得。***

届いてなかった?届いていたけど、彼にしては珍しく目測を誤っていた
のではないかと。そのせいで捕れなかった。 
@xxxx @toruiwa 僕もそう思いました。残念ながら届きませんでしたが^_^;


*** 彼自身がどう語ったか知りませんが、この見方が当たっていると思います。
それはそれで、問題があるなあ、とそのときも思いました。
ホームグラウンドですから、自分とフェンスの距離感は体にしみこんでいるはずです。
“距離を合わせ”に行ったぐらいですから、時間はありました。実際、数cmグラブが
横に出ていればスーパーキャッチが可能でした。つまり、合わせようとした彼の判断は
正解だったのに、目測が数cm間違っていたのです。
ポケットキャッチをしに行って失敗したときも、“おかしいな”と思いましたが、何かが、
微妙に狂ってきているのかもしれません。

内野安打が例年より少なく、今のペースだとシーズンが終わったとき42本程度だそうです。
毎年、すくなくとも60本は打ってきたわけですから、ピンチ!!
ただし、足が衰えているわけではないでしょう。
去年の7月から8月にかけても少し調子が下がった時期がありました。
「どうしたんだイチロー…」というエントリーを書き始めたらとたんに打ち出したのは
そのときでした。彼の場合は決して油断できないのです。ハハハ。
d0164636_11183561.jpg
                 メジャーでの月別打撃成績
d0164636_1119325.jpg
               2011シーズンの月別打撃成績

5-6月の数字はイチローのものとは思えません。(各表は今朝の5打数2安打を含まず)
彼にとってはmust、毎年、強いこだわりを見せる200安打はなんとしてでも達成したいと
思っているでしょうが、残りゲームで相当に頑張る必要があります。おそらく、これまで
経験しなかったような重圧がかかることになると思います。
以下、少し数字のお遊びをしてみましょう。

胃潰瘍のために出遅れた2009年を除く過去9シーズンの彼の平均打数は682です。
3割を打たなくても、2割9分3厘の打率を残せば200安打はクリアできます。イ
チローなら目をつぶっても打てるのではないでしょうか。今年はどうか?

現在まで、271打数で70安打ですから、残り411打数130安打で200安打達成です。
.316ですから、これも、イチローにとってはそれほど難しい数字とは思えません。しかし、
イチローが挑むのは打率ではなく200安打です。1本ずつ、積み上げて行く作業ですから
結構、神経をすり減らすでしょう。

もうひとつ、メジャー入りから続けた3割も打ちたいはずですね。
682打数で打率を3割にするには205本のヒットが必要です。
411打数で135安打…3割2分9厘か。少し、ハードルが高くなりますが、2001-2010の
メジャーの通算打率は.331ですから、不可能な数字ではありません。

…ただし、いずれも、先日までのスランプが“一過性のもの”という条件がつきます。

5月1日から、“欠場”前日までの35試合の打率が.189 (27-for-143) だったことを思うと、
“一過性”で済まされるものとは考えにくいです。
He seems lost at the plate(打席での彼は途方に暮れているように見えた)
…欠場した日、地元紙の記者もそう書いています。冒頭に“心ここにあらず”と書いた私と、
海を挟んで全く同じ見方をしていたのです。

少し意地悪なデータを持ち出している記事もありました。内野安打をのぞく打率…です。
d0164636_9225047.jpg
これじゃ、並みの打者だろう。さらに言えば、2010年が最悪で、2008年がそれに次いで
悪かったことも注目すべき点だ…と言いたいようです。

打撃のスタイルを変えなければダメだ。特に、人より2歩、1塁ベースに近いところで、
走りながらボールを叩くというやり方が年齢的に無理になっているのではないかと疑問を
呈した記事もありました。取材できなくなったらまずいから…と批判的なことはめったに
書かない日本人記者にくらべ、現地の記者は辛らつです。スポーツ・ジャーナリズムは
そうでなくてはいけません。ハハハ。

現時点で展望すれば、連続3割以上が10年で終わる可能性は7割、200安打を達成する
可能性は5割という感じでしょうか。
現地の新聞が書いた通り、これがイチローにとっての“終わりの始まり”…なのか?
いやいや、イチローのことだから、ハラハラさせた挙句にやってのけるのか?

悩ましいのは、1日の休みが、結果として“2試合で4安打”に結び付いたことです。
もちろん、そんなに単純な話ではないのですが、今後も監督がイチローにオケージョナル・
レスト(休養のための欠場)を与える可能性はあります。

これまで、イチローはスタメンを外れることに抵抗してきたフシがあります。200安打を
達成するために“のどから手が出るほど”打席数がほしいからです。
チーム事情から“3番・イチロー”を考えた監督もいるはずですが、実現しませんでした。
想像の域を出ませんが、バッティングを変えなければいけないことを嫌ってか、数十打席
減ることを恐れてか、首を縦に振らなかったのでしょう。輝かしい実績がものを言って、
彼の希望は通ってきました。
d0164636_9231477.jpg
今回、ウェッジ監督は“…but,ultimately I'm the manager."
つまり、「…なんだかんだ言っても、監督は僕だから」と言ってラインナップから外しました。
地元紙に載ったイチローの談話を読んでも、相当に意志の固い人物のようです。
もしかすると、この10年間、イチローとその向こうに見える“京都”の存在に、何となく
遠慮がちだったマリナーズ監督の采配が変わりつつあるのかもしれません。

9打数5安打は“朗報”ですが、完全に窮地を脱した、と言いきるには、もう少し時間が
かかると思った方がよさそうです。
このエントリーを書き始めたときの評価はCでしたが、2試合でいい結果を出したことで、
“予防措置”としてB-に上げることにしました。ハハハ。

各表を6/12の試合終了時点のものに差し替えました。(06/14 11:30AM)

つづく・・・


人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-06-13 09:56 | メジャー&野球全般 | Comments(3)
Commented by マオパパ at 2011-06-13 11:50 x
岩佐さん、こんにちは。イチロー選手はすかしているので、私好みの選手ではありません。松井選手の方が好きなタイプです。(WBCに出場しなかった時はがっかりしましたが)しかし、なんだかんだ言ってもイチロー選手なので200本安打は達成するのではないでしょうか。ところで、今年は調子良いようですが、優勝のチャンスが少ないマリナーズでプレーをし続ける理由がわかりません。ワールドチャンピオンリングを欲しくはないのでしょうか。
Commented by @mt_42 at 2011-06-13 11:50 x
Twitterをフォローさせていただきまして、そちらからお邪魔しております。
とても興味深く拝見させていただきました。
今年はゴロ数と内野安打数の割合が悪く、脚力の衰えも確実にあると思われます。
5月下旬に私も書いてるのですが、お暇なときにでもご覧いただけたら幸いです。
http://mitsu7242.blog97.fc2.com/blog-entry-56.html
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-13 11:55
マオパパさん、こんにちは。
イチロー嫌いは結構たくさんいると思います。
それ以上にマニアがいるようですが。ハハハ。

去年、10年連続を達成したところでリングを
目指して新天地を求めるべきだと思いましたがね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。