ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「あと12年だというが…~ “余命”について考える~」 11/06/14

d0164636_9425928.jpg
数年前、「脳内メーカー」のブームがあり、“とりあえずやってみる”タイプなので(ハハハ)、
4年前のある日、「死亡推定日」を予測してもらいました。

“岩佐徹さんは生まれて68年と333日経過しています。
死亡推定日は2010年1月3日です(註:その時点で残り2年強) 。
71歳でその生涯を閉じます”


“算出される死亡予定日はあくまで目安です”という注意書きがありました。
…当たり前じゃ、ボケ!

昨年、“運命”に打ち勝ち、1月3日を無事に通過したとき、改めてやってみました。

“岩佐徹さんは、生まれて71年と98日経過しています。
死亡推定日は、2020年7月17日 です。(註:その時点で残り10年)
81歳でその生涯を閉じます。”


いきなり、10年半 長生きできることになりました。ありがたや ありがたや。ハハハ。
d0164636_9481145.jpg
…この年齢になると、半分マジに「あと何年 生きるのだろう?」と考えます。
高価なものを買おうかと思ったときにも「買ったとして、何年 使うだろうか?」と考えて
やめてしまうことが増えました。先日、すごく久しぶりにWOWOWの仲間と会ったとき、
その話をしたら“ソッコー”で「僕らが引き取りますから」と言われました。その気持ち、
優しいのやら、ムゴイのやら…。ハハハ。

去年の7月に厚労省が発表した日本人の平均寿命は女性86・44歳、男性79・59歳で、
いずれも4年連続で過去最高を更新したそうです。
少々ややこしくて、“平均寿命”とは「そのとき0歳の子が生きる年数」のことですから、
「72歳の私の余命が7年余り」ではありませんね。
同じときに厚労省が発表した平成21年簡易生命表(男)では、そのとき70歳だった男の
余命は15・10年となっています。
85歳まで生きる…つまり、脳内メーカーの予測よりさらに長生きするっちゅうこっちゃ。
めでたいなあ。ハハハ。

父は87歳7ヶ月で亡くなりました。最後は寝たきりでしたが、母は98歳まで生きました。
3月に87歳になった長兄もまだまだ元気です。岩佐家は“長命”なのかもしれません。
何事にも例外はありますが、この件だけは“例外”になりたくないものだと強く思います。
ハハハ。

先週の木曜日に、父の墓参りに行ってきました。
命日は6月11日で、この日は母の誕生日でもあります。
岩佐家は、冠婚葬祭や年中行事などについて、世間一般の常識が通用しない家族です。
七五三やクリスマスを祝ってもらったことはありませんし、家族の誕生日に特別のことを
した記憶もありません。

両親の通夜・告別式は世間並みにやりましたが、以後、“何回忌だから”と言って兄弟が
集まることもなく、母の遺骨は死後8年の現在も長兄の家にあります。墓参り“など”は、
よほど気が向かないと行かないのです。生前の父は「病気見舞いならともかく、死んだら
もう、しょうがないだろう」と、友人の告別式にもほとんど顔を出さなかったのですから
文句は言わないでしょう。ハハハ。

私自身が年を重ねたせいか、この数年は、妻と一緒によく多磨霊園を訪れます。ただし、
季節を選んで、花の時期に…。ハハハ。

去年、親戚の事情で墓の敷地の様子が変わりました。父が若いころ、同時に隣り合った
区画を購入し、境界線を設けずに使っていたのですが、親戚が権利を返上したのです。
返すときには原状に戻すという決まりがあるようで、平地に戻し、さらに境の仕切りを
造る工事を行いました。
d0164636_944688.jpg
いつもは、墓地周辺の業者に掃除を頼んでおくのですが、工事のときにやってくれてる
だろうと思いこみ、出かける前には頼みませんでした。
大失敗…“草ぼうぼう”でした。おやじ、ゴメン。
それでも、花を供え、父がこよなく愛したタバコと日本酒の箱を置いて手を合わせると、
不思議に気持ちが落ち着くものですね。
仲良くやっていること、長兄も元気でおふくろの骨を守っていることなどを報告しました。

そう言えば、失敗はほかにもありました。
墓の“アドレス”をメモしないで出発してしまったのです!
大体の方向は分かっていても、正門から放射線状に延びる道の両側に同じような墓石群が
並んでいると、全部、記憶にあるような錯覚に襲われて、たちまち“迷子”になりました。
あわてても仕方がないので、まず腹ごしらえしてから、4~500メートル離れた事務所まで
戻って教えてもらいました。30分近くロスしました。
帰宅してすぐ、「墓参り:霊園案内図必携」とパソコンに記入しました。ハハハ。
d0164636_9442895.jpg
去年、「サツキがきれいかもしれない」と、5月の連休中に出かけたときは早すぎましたが、
今年は見事に咲き誇っていました。期待していなかったので儲けた気分でした。

ちなみに、脳内メーカーは、もともと「あなたの脳の中はこうなってますよ」と分析して
くれる形だったと記憶しています。当然、やってみましたが、悲惨な結果が出ました。
“秘”と“欲”が見事に半々です。
d0164636_9444977.jpg
…「“秘”密が多い“欲”ばり」。いい年(68歳)した大人としてお恥ずかしい。ハハハ。

“正面バージョン”では、右脳も左脳も、中央に「悪」が固まっていて回りを「悲」が
囲んでいます。「運の“悪”さを“悲”しんでいる」のか「“悪”事の果てに“悲”劇が
待っている」のか…どっちにしても、ろくなもんじゃありません。ハハハ。

すでにご存知の方も多いと思いますが脳内メーカーはこのURLからどうぞ。
http://maker.usoko.net/nounai/

カルガモ:転居??

相変わらず、若いカップルは抱卵に入る気配を見せていません。
ゆったりと、池で熟睡する姿を見ると、今年はあきらめたのかな。

昨日は珍しいところにいました。
実は、私が住むマンションの池は大小二つあります。10坪ほどのものと、ロビーに続く
廊下の反対側にあるクロワッサンのような形をした小さなものです。
全く別のものでつながっているわけではありません。大きいほうの池からも、道路からも
見えません。上空からでないと、絶対見えないところにあるのです。
d0164636_94597.jpg
昨日、カップルは揃って、その小さいほうの池にいたのです。
安全性はきわめて高いですが、逆に食べ物は一切ありません。
いつもと違う行動パターンには何か意味があるのでしょうが、想像もつきません。
まさか、そんな所で卵を産んだりしないだろうね?
そこは“八方ふさがり”で、飛べる親ガモはいいですが、う化から2ヶ月は飛べない
子ガモはどこにも行けないんだよ…と言ってやりたいです。ハハハ。
d0164636_9452493.jpg
去年は、朝早く、駐車場の仕切りになっている塀の上にいたことがあります。
それほど安定している場所とは思えないのに、 “熟睡”していました。
まったく、生き物っていうのは予測がつきません。人間も同じですが。ハハハ。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-06-14 09:57 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-06-14 15:06 x
岩佐さんこんにちわ。

あなたが生まれてきた理由= http://shindanmaker.com/68253 もありますよ。岩佐さん、地上に降りる前に何をしでかしたんでしょうか?神様、怒ってるんでしょうかね?
Commented by ニシシッ… at 2011-06-14 15:09 x
岩佐さんの「ハハハ」もイメージできますが、ぼくの中では「ガハハ」です^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。