ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「江口愛美にCG合成疑惑~シモーニャ・ポポワを思い出す・・・~」 11/06/16

d0164636_9135048.jpg
期待の大型新人としてグリコの「アイスの実」の広告に登場する
AKB48の新メンバー、江口愛実(えぐち あいみ)が、実は合成CG
だったと受け取れる内容をメンバーがブログに投稿し、ネット上で
騒動になっている。
江口はAKBの「12.5期」研究生として何の前ふりもなく登場。
6月13日発売の「週刊プレイボーイ」グラビアでデビューした。
同時に、グリコ「アイスの実」の広告に前田敦子や板野友美ら
人気メンバーを脇に従え、センターで出演すると発表された。
江口がセンターをつとめる「アイスの実」のCMは6月14日に
ネットで先行公開され、20日からテレビで全国放送する。

d0164636_914927.jpg
…まあまあまあ、ぶっちゃけ、CGなんでしょう。ハハハ。
よくできていてきれいだけど、表情がいかにも“作りもの”で 目の前に現れても気持ちが
惹かれることはあまりなさそうです。
然し、今のCG技術はすごいですね。
昨日のテレビでこの話題を見ていて思い出したことがあります。

スポーツ・イラストレーテッドという雑誌をご存知の方は多いと思います。
アメリカの4大スポーツが中心ですが、その権威は世界的に知られているスポーツ専門の
週刊誌です。その“スポイラ”の2002年9月2日号に、開幕中の全米オープン・テニスに
タイミングを合わせた興味深い記事が載りました。5ページに及ぶ長文記事です。

女子テニスにかなり“うるさい”ファンでも シモーニャ・ポポワ(Simonya Popova)までは
知らないと思います。
記事によれば、旧ソビエト圏の共和国・ウズベキスタン出身で17才の彼女は185cmの
上背を持つ選手です。8才で素質を見出され 10歳でフロリダのボロッテリ・アカデミーに
移りました。恵まれた環境でトレーニングを重ね、サーブは200キロを超えるそうです。
17歳とは思えない大人びたセクシーな美貌と神秘性を兼ね備え、スター性は十分でしたが、
15歳でオレンジボウルに優勝したあとはジュニアの大会には出ていません。
父親のセルゲイさんが、18才まではツアーに参加させない方針のためです。
残念ながら、ポポワはこの年(2002)の全米にも出ていませんでした。
d0164636_9143729.jpg
記事は女子テニスをめぐるさまざまな問題点を伝える中でこう書いています。

6人ほどの選手にGS獲得のチャンスありと言われたのは
そんなに前のことではない。それが今は二人、ウィリアムズ・
シスターズだけになっている。
「誰かがチャレンジしなきゃ」という声があるが、ポポワこそ
その誰かかもしれない…


デビュー前というのに 宿舎は高級ホテルを要求し、トーナメントでも1回戦は水曜日に
組んでほしいと、スター選手クラスの扱いを求めていますが、その力が本物かどうかは
いずれ分かるでしょう。

そして、この記事は「それもこれも、もし彼女が実在すればの話だけど」と結んでいます。
実在すればって、なんだよ?
…文句を言ってみても始まりません。
つまり、“女子テニスが問題をかかえている”という部分は事実ですが ここに登場した
シモーニャ・ポポワはコンピューターで作った写真も含めて、すべてウソだったのです。
写真のキャプションにはわざわざ“Photo illustrationは…”と書いてありました。ハハハ。

記事を書いたのは同誌の花形記者の一人、ジョン・ワーザイムでしたが、女子テニスを
統轄する組織、WTAは“偽者に頼らなくてもスター選手はたくさんいる”と怒りました。 
本心を言えば、絶大な人気者、アンナ・クルニコワに陰りが見え始めていた時期ですから
実在すれば、ありがたかったはずです。
ま、誰を連れてきても、クルニコワ以上の魅力を持ってるはずはありませんが。ハハハ。

それはともかく、この話、あとになれば“シモーニャ”という名前からして、実在しない
女優を主人公にした映画「シモーヌ」から取ったりして、ウソだと匂わしているのですが、
なんとも人騒がせな話ですね。
d0164636_9483550.jpg
           全米オープンの“アラカルト”でも取り上げました。

私はこの雑誌の前歴を知っています。
1985年、「NYメッツのファームに168マイルの速球を投げるピッチャーがいる」という
ウソの記事を書いたのです。168マイルといえば270キロですからありえない話ですが、
記事のどこにもウソとは書いてありませんでした。
この号は4月1日付、つまり“April Foolだった”がこの話のオチだったのです。ハハハ。

旧HPのブログ部分をYAHOO!に移したとき、記念すべき第1号の記事として書きました。
なかなか良くできたホラ話で、エープリルフールの定番にもなっています。
興味があったら、ぜひ、お読みください。⇒ http://bit.ly/kn7aIa
d0164636_949617.jpg
蛇足ですが、クルニコワは30歳になった今も健在です。
テニスはチーム・テニスしかやっていないようですが、美貌を保ち、NBCの人気番組に
登場したりしているようです。
キュート&セクシー、彼女がコートに出ると華やかさが増したものです。
特に、ヒンギスと組んだダブルスは最高でした。
ここ5,6年でテニス・ファンになった人は彼女のことを知らないのがお気の毒です。
ハハハ。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-06-16 09:57 | テニス | Comments(8)
Commented by m.matsuda at 2011-06-16 10:27 x
余談ですが・・・クルニコワとの2ショット写真、持ってます!
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-16 10:53
うらやましいっちゃうらやましい。ハハハ。
Commented by batajun at 2011-06-16 18:45
クルニコワほんとに可愛いかったですね。特にゲーム時のスッピンで髪を束ねていた時が一番だと思いました。
お化粧してない時が好きでした。まだ、お子さんはいないのですか?
いたら、かわいいでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-16 19:24
batajunさん、こんばんは。
歌手のエンリケ・イグレシアスとの交際は
まだ続いているようで結婚したという話も
私のところにはあとどいていません。ハハハ。

ですから子供もいないのではないでしょうか。
Commented by megaptera at 2011-06-16 20:31 x
アメリカン・ジョークですねぇ
ヒンギスと組んだダブルス、二人とも可愛らしかったですよね。グランドスラムでも優勝していたし、クルニコワはシングルスよりダブルスのほうが評価は高かった記憶があります。

ヒンギスは誰と組んでもグランドスラムで上位に進む、ダブルス巧者
でもありましたね。
先日の全仏もLegendでダベンポートと組んだ対ナブラチロワ・ノボトナ組との決勝をインターネットで観ましたが、4人の中でも巧さが突出しているように感じました。

ウィンブルドンでは昨年ヒンギス・クルニコワ組がLegendに出場していたのですね。今年も、と噂があったようですが、全仏で組んだダベンポートと、という話のほうが本当でしょうね・・・
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-16 20:55
megapteraさん、こんばんは。

ダブルスをやらせたらヒンギスの右に出る選手はいないでしょう。
頭がいいのだと思います。
彼女たちのダブルスは見ていて最高です。
Commented by えそらいろ at 2011-06-17 08:02 x
クルニコワ、健康的なセクシーさが素敵でした。

しかし、クルニコワは知っていてもAKBは全然わかりません。
岩佐さん、守備範囲広いです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-17 12:10
えそらいろサン、こんにちは。

私の守備範囲…少なくとも西岡よりは広いはず。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。