ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「白いフワフワが飛ぶ~アメリカでもヨーロッパでも~」11/06/23

d0164636_8211777.jpg
2007年8月、すい星のように現れたヤンキースのリリーバー、ジョバ・チェンバレンの
活躍は衝撃的でした。デビューから丸1ヶ月、11試合・13回1/3を無失点でした。
胸のすくようなピッチングを見て、「この若者の前途は洋々だなあ」と思ったものです。
甘いっちゃ、甘いんですが。ハハハ。

最初のつまずきは10月のインディアンズとの地区シリーズでした。
第1戦を落としたあとの第2戦は3回にカブレラのホームランで先制したヤンキースが
7回終了時点では1-0とリードしていました。
8回のマウンドに上がったのは 7回途中から先発のペティットをリリーフし、1死1.2塁の
ピンチを鮮やかに切り抜けているチェンバレンでした。

いつからだったか覚えていないのですが、球場に小さな羽虫(うんか?)が集まっていました。
8回のチェンバレンは7回とは“別人”でした。先頭打者を歩かせたあと、暴投とバントで
1死3塁のあと、2アウトまでこぎつけましたが、続く打者の2球目にまたしても暴投!!
同点とされてあわてたのか、次の投球はデッドボール。さらに続く打者にフォアボール…
最後は三振で追加点は許しませんでしたが、“とっちらかって”いました。ハハハ。
d0164636_8213790.jpg
実は、この間、チェンバレンはずっと顔のまわりに群がる虫を気にしていました。
22歳の若者が“明らかな”動揺を見せているのに、ヤンキース・ベンチの動きは震災後の
菅内閣の対応と同じぐらい鈍いものでした。ハハハ。
d0164636_822614.jpg
先日、西岡が戦列に戻った試合を見たときにも、しばしば、白いものが画面を横切って
ふわふわ飛んでいました。この時期、たぶん、ポプラだと思うのですが、胞子が飛びます。
たんぽぽの綿毛のようなものです。
30年前にメジャーを追ってアメリカ大陸を旅しているとき、中西部だったと思いますが、
フリーウェーを走っているときに、まるで吹雪のような状態で飛んでいるのに遭遇した
ことがあります。“オーバーだ”と思うでしょうが、ワイパーを使うほどだったのですから。

英和辞書は持っていましたから、飛んでいるのが胞子らしいことはすぐに分かりました。
しかし、手元に国語辞典がないため、“胞子”が何かは分かりません。ニューヨーク支局に
電話して調べてもらいましたっけ。インターネットがないころの話です。ハハハ。

WOWOW時代、UCLの準決勝を現地から実況するため、5月上旬にヨーロッパに行くと
やはり、激しく飛ぶ胞子に出会います。髪に止まったりしますから、女性たちにとっては
結構、気になる季節だと思います。
d0164636_8223095.jpg
アナウンサーにとっても困りものです。ゴール前の込み入ったプレーの実況で、思い切り
息を吸ったときにのどの奥に飛びこむことがまれにあるのです。自分の意思に関係なく
反射的にむせてしまいますから、周辺で舞っているのを見ると“恐怖”でした。
特に、風の強い日はたまりません。目、鼻、のど…それぞれ、チクチク、ムズムズする、
むせるという“症状”をもたらします。メガネ以外に予防法はありません。
ひたすら「放送中だけはカンベン」と祈ったものです。ハハハ。
d0164636_8362312.jpg
先日の「グータン」では、長谷川潤、香里奈、山田優子が北京ロケをしていましたが、
食事をしながら会話を進める3人の美女のまわりを白いものが飛んでいました。
こちらは柳絮(りゅうじょ)という、柳の種子だと字幕で説明されていました。
ほとんどの植物は何かほかの物に頼って、つまり、“受動”で子孫を残そうとするのですが、
アメリカでもヨーロッパでも、そしてアジアでも、この季節が一番盛んなようですね。
d0164636_8364852.jpg
「八重の桜」

バンザイ…です。再来年の大河ドラマに綾瀬はるかが主演するそうです。
綾瀬は新島襄の妻・八重を演じることになります。必ず見ます。期待します。
“おじさんキラー”らしいですが、爺さんもすっかりやられてます。ハハハ。

しかし…よく考えたら、2年後かい!
d0164636_837643.jpg
人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-06-23 08:37 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by ひろ☆はっぴ at 2011-06-24 01:03 x
うちの母に向かって「地デジに切り替わる前にテレビがダメになるのが先か、母の心臓がもたなくなるのが先か」なんて悪い冗談を言い続けていたら、地デジまであとひと月じゃないですか!
もちろん母は元気にしております。岩佐さんにとっての2年は、あっという間かもしれませんよ。

関西人の一員としては、新島襄が興した同志社大学のことを関西以外の人に知ってもらうには絶好の機会かもしれません。元・毎日放送「ちちんぷいぷい」金曜日担当、今は結婚して日テレのNEWSZERO金曜日担当の八木早稀アナウンサーも同志社出身ですよbyひろ☆はっぴ
Commented by toruiwa2010 at 2011-06-24 12:43
ひろ☆はっぴ サン、こんにちは。

お母さん、お元気なよし、よかったですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。