ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「メジャー:日程の厳しさ~年間の休みは20日だけ!~」11/07/07

d0164636_9352668.jpg
今回は「メジャーの何が面白いのか」についてから書き始めることにします。
海を渡った日本人選手の大多数が「楽しく野球をすることができた」と言いますね。
いったい何が違うのでしょうか。いえ、“BASEBALL”と“野球”の違いなどという、
文化論ではありませんので気楽に読んでください。ハハハ。

最初に感じたのは、言うまでもなくプレーそのものの“凄さ”でした。
“スピードとパワー”とよく言われますが、一言では片づけられないほど多様です。
ピッチャーの投げる球、野手の送球、打球の勢い、走者の足、試合のテンポ…すべてに
スピード感があふれています。投球や打球の持つパワーも想像していた以上でした。

このあたりは、旅行のついでに2,3試合見るだけでも分かることでしょう。
しかし、70年代の終わりから80年代にかけてメジャーのとりこになった私は、次第に、
目に見えない部分にも楽しさ、すごさを見出すようになりました。プレーを見るときに、
そのバックグラウンドを少しでも知っておくと楽しみも増すのではないでしょうか。
d0164636_9354564.jpg
日程の厳しさについては以前にも書きましたが、もう少し細かく見てみましょう。
今年のメジャーは、12球団が3月31日、18球団が4月1日に開幕しました。
公式戦が終わる日は全チーム9月28日と決まっています。
先に開幕した12球団で話を進めると、シーズンは182日間ということになります。
試合数は162です。つまり、182日間に休みはわずか20日しかありません。

日本プロ野球は4月12日にセ・パ同時に開幕しましたが、閉幕はバラバラです。
“中間”を取って(ハハハ)10月14日として話を進めます。
…ということは、186日間で144試合を消化するわけですよ。試合のない日が42日も!!
しかも、これは予定通りに閉幕したとしての話です。ドーム球場が多くなったとはいえ、
雨で流れる試合が多く、メジャーのように、あいているところにどんどん組み込んでいく
システムではありませんから、どうしても日程は延びるのです。逆に、延びないとCSまで
2週間も練習に明け暮れることになるのですから、厄介です。去年のセ・リーグはCSが
始まる前日、ようやく全日程を終えることができましたから“ゆったりスケジュール”は
正解なのかもしれません。ハハハ。

ちなみに、MLBのほうは、よほどのことがない限り、日程が延びることはありません。

ご承知のとおり、広いアメリカ大陸。
メジャー・リーガーたちは、シーズン中1回または2回、その大陸を横断する長旅をする
ことになります。飛行時間だけで5時間かかります。
試合が終わると間もなくバスがグラウンドの中に入り、選手たちがシャワーを浴びる間に
職員が用具をどんどん積み込んでいきます。
汗を流した選手たちが私物だけを持って乗り込むと、バスは空港に向かいます。
d0164636_93666.jpg
かつて、ウォルター・オマリー氏がオーナーだったころのドジャースは自前の専用機を
保有していたことがありますが、そんな時代はとっくに終わり、ひところは、一般乗客と
一緒に民間機で移動するのが普通でした。今は、1機丸々チャーターするチームが増えて
いるようです。選手たちを乗せたバスは、空港に着くと、出発の準備を整えて待ち構える
チャーター機に横付けしますから、ストレスもたまりません。

“ラクラク移動”のように聞こえるかもしれませんが、ナイトゲームが終わってからのことも
多いですから、決して楽とは言えないでしょう。
試合のあとシャワーを浴びてバスに乗るのは11時ごろ、チャーター機の離陸は0時前後、
次の試合地に着いてホテルにチェックインするのは午前2時、3時、あるいは4時ですから、
この日は休養するのが精いっぱいでしょう。はじめに書いたわずか20日の“休み”には
こんな1日も入っているのです。しかも、その日の夜には試合が予定されていることも
あるのですからメジャー・リーガーに求められる体力は中途半端なものではありません。
d0164636_9363598.jpg
日本ではありえない“時差”の問題もあります。東と西で時差は3時間です。
ニューヨークからロサンゼルスに移動してドジャースの試合を見ているとき、7回ごろから
猛烈な眠気に襲われた経験があります。ロスの9時はニューヨークでは深夜0時ですから
健全な生活をしている私が眠かったのは当然です。ハハハ。
選手はもっと頑丈ですが、移動時間が長いことを考慮して、原則的に、大陸間移動の日は
試合を組まないことになっています。
d0164636_937138.jpg
日程を見ると、連戦が多いのもメジャーの特徴です。どのチームも、シーズン中に一度は
連続20試合の予定が組まれています。
イチローがいるマリナーズは5月27日から20連戦をすでに消化しましたが、メジャー
1年目の西岡はシーズンも深まった8月12日から31日までの20連戦が待っています。
選手会との取り決めで連戦(正確には連続試合日)は“20”までとなっているのです。
あくまで“基本合意”ですから、話し合い次第で連戦は長くなります。
2007年の開幕直後に、大雪のためにたくさんの試合を流したマリナーズは5月中旬から
23連戦をこなしています。詳しいことは分かりませんが、選手会の了解があったはずです。

国土が狭い上に、新幹線や飛行機での移動も便利な日本プロ野球はどうか?
中日とヤクルトは10連戦が一度ありますが、他は9連戦が3度予定されているだけです。
年間15前後ある6連戦の半分を9連戦にすれば、全日程を1週間早く終わらせることが
できるんじゃないでしょうか。日程を厳しくすれば、週に1回しか投げないピッチャーが
減ると思いますが。ハハハ。

「メジャーの何が面白いのか」について書くはずでしたが、あまり関係ない日程の話で
かなりの量になりました。今日はこれぐらいにしといたろか…ハハハ。

おとといふとしたつぶやきがドラゴンズ・ファンの感覚を刺激したのか
去年の1月に書いた記事を100人近い人が読んでくれました。
落合の殿堂入りが2年連続で認められなかったことに憤慨して書いたものです。
ドラゴンズ・ファンが多いようですが、古い記事が改めて読まれるのは
とてもうれしいことです。ありがとうございました。 http://t.co/rX1mF2W
 

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-07-07 09:45 | メジャー&野球全般 | Comments(5)
Commented by オオソネ at 2011-07-07 09:58 x
おはようございます、岩佐さん。今日は暑さも一段落といった感じでしょうか。でも、雨には注意みたいです(^_^;)

岩佐さんも書かれてますが、日程が間延びしていなくて良いですよね。日本は日程に関しては本当に見直さないと。

ああ、それにしても巨人の弱いこと・・・(泣)
Commented by toruiwa2010 at 2011-07-07 10:02
オオソネさん、おはようございます。
巨人…ある程度強くないと“アンチ”は
張り合いがなくて困ると思います。
弱いのに、“横綱相撲”を取ろうとするのが
いけないのだと。ハハハ。
原はいつの間に大監督になったのかと。ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2011-07-07 10:04 x
残念なのは日程の厳しさとそれを乗り越えるメジャーリーガーのタフさが、NHK-BSを見ているだけでは伝わらないんですよね。解説者とアナウンサーも一緒になってハードスケジュールをこなしていれば実感が伝わりそうに思うのですが、今のご時世では難しいでしょうね。

オオソネさん、うちのトラさんチームは鬼門のナゴヤドームで…(号泣)byひろ☆はっぴ
Commented by toruiwa2010 at 2011-07-07 10:07
ひろ☆はっぴ サン、おはようございます。
戦術・技術を語ることがカッコいいと思っているうちは
無理でしょう。
トラさんチームは監督代えないんですかね。選手を
掌握できてないように見えますが。
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-07-07 17:48 x
岩佐さんこんにちわ。

メジャーもそうだしNFLやNBAも同じ国の中でも時差があるから移動は辛いでしょうね。

たまにしか行きませんが、東海岸→西海岸でもげんなりしますから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。