ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「なでしこ やりました!~難敵・アメリカをPK戦で下す~」               11/07/18

d0164636_9153119.jpg
女子ワールドカップ:勝った!!驚いた!!
まさか、アメリカに勝つとは。立派な金メダルだ。
なでしこはよくやった。守りに徹するのではなく
決勝にふさわしい試合をしたと思う。
称賛と感謝に値する。(終了直後のつぶやき)

d0164636_9161494.jpg
なでしこの優勝がまだ信じられません。“勝てまい”と思っていたのですが、SFの出来が
あまりにも素晴らしかったので、3時半に目覚ましをかけてシッカリ見ました。
今日は休日ですからアーカイブを用意していましたが、こうなると、何か書かなければ
気が済みません。我ながら“面倒な”性格です。ハハハ。

テレビの前にすわったとき、両国の選手たちがスタンド下に集まっているところでした。
何人かの日本選手の顔にスマイルがあったのに驚きました。口を揃えて「楽しみたい」と
言ってはいましたが、その通りのメンタリティで試合に入ろうとしていました。
控えめ、おとなしい…そんなイメージが湧いてしまう“なでしこ”ですが、とんでもない。
みごとな精神力だと思います。

世界ランク1位のアメリカにとって、“勝って当たり前”の決勝はやりにくかったでしょう。
緊張感はアメリカの方が強かったようです。
しかし、日本がキックオフから右前方に送ったパスをカットし、パスを2本繫いだだけで
シュートまで持ち込んだことで主導権はアメリカが握りました。
戦前、“高さ”が怖いと聞かされていましたが、実は、“速さ”の方がはるかに怖いことが
このワン・プレーで分かりました。

日本は押し込まれる一方で苦しい展開でしたが、立ち上がりの10分ほどをしのいだあとは
「これなら、やれるのではないか」という希望が湧きました。
0-0で前半を終えられたのは理想的でした。しかも、押されっぱなしではなく、いい形を
いくつか作ったままハーフタイムに入れたのは最高だったと思います。ロッカールームの
雰囲気は最高だったはずです。

調子に乗ることなく集中して後半に入ってほしいという心配をよそに、ツキにも恵まれて
10分を耐えたことで勝機が出てきたと思いました。守りでの集中が素晴らしかったです。
しかし、なかなか攻撃にはつながりません。
20分、佐々木監督は切り札とも言うべき、丸山と永里を同時に投入しました。
「いい流れが悪い方向に変わらなければいいが」と思いましたが、守っているだけでは
勝てないのですから、選択は間違っていないのでしょう。
d0164636_9173874.jpg
しかし、直後に永里がゴール前でボールを持ったものの、囲まれて奪われ、そこから
長い縦パス1本、DFをかわしたモーガンに決められました。
決めたあとのモーガンの表情の美しさにうっとりしました。女性アスリートが最高に輝く
一瞬を見せてもらいました。

力に差があることは認めざるを得ないだけに“これまでか”と思いました。はい、日本の
試合になるといつでも“ネガティブ”なんです。ハハハ。
もちろん、選手はあきらめたりしません。12分後に宮間が同点ゴール。サイドでの粘りが
ゴールにつながったし、両足が同じように使える彼女の強みが出た場面でした。

同点にしたあとはむしろ日本が押す形で90分が終了しました。
しかし、延長の立ち上がりでその流れを断ち切られてしまいました。
延長の前半が終わる直前、アメリカのエース、ワンバックにやられました。解説者が何も
言いませんでしたから、私の見方が悪いのでしょうが、ずっと、彼女がフリー“気味”に
なっているのが気がかりでした。
d0164636_9181479.jpg
それでも、なでしこはひるみませんでした。なんという精神力でしょうか。
左CKのボールを、走り込んだ澤が右足でさわってコースを変え、鮮やかな同点ゴール!
残り時間はわずかに3分でした。まともに見たのは2試合だけですが、あえて言います。
今大会のベスト・ゴール。ハハハ。

海堀のスーパーセーブもありましたが、PK戦は神頼みです。
サッカーの女神がなでしこに微笑んだということでしょう。
おめでとう日本女子!見事な試合をして見事な金メダル。
日本中が久しぶりに心から笑えた瞬間をありがとう!!
ここ数日は“なでしこフィーバー”が続くのは避けられません。文句も出ないでしょう。
この結果、体が小さい日本人でも世界に通用することが分かってしまいました。
“さむらいブルー”も頑張らねば。ハハハ。

最後に一言だけ
負けたあと、アメリカのキャプテン、アビー・ワンバックの態度に感動しました。
勝てると思って臨んだはずの決勝…自分のゴールが試合を決めたと思ったでしょうが、
悔しさをのみこんで日本選手を称えていました。
アスリートは負けたときに値打ちが分かります。見事な“good loser”でした。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-07-18 09:22 | サッカー | Comments(9)
Commented by kanada at 2011-07-18 11:17 x
私も起きて見ました!素晴らしい結果ですね。ワールドカップのトロフィを日本人が中央で掲げる日をこの目で見れるとは!
Commented by しょう at 2011-07-18 11:36 x
岩佐さん、こんにちは。
ワールドカップを掲げるなでしこジャパンを見ると、
男女共サッカーにはまったく興味がない私でも、
ジーンと感慨深いものがこみ上げてきました。
長い時間をかけて、築き上げて来た『日本女子のサッカー』。
身体的不利な世界の中で、やるべきことをやって勝つ姿は、
すべてのスポーツにおいて学ぶべきものがあると感じました。
Commented by akapon at 2011-07-18 12:06 x
岩佐さん、こんにちは。

まさか生きているうちに日本人が『サッカー』で世界一になる瞬間が
見られるとは!なでしこの粘り、諦めない気持ちに感動しました。
前半途中までは縦に急ぎすぎるのか「何点取られるんだ?」と思わせましたが
あのアメリカのプレスは最後までは続かないだろうとは思っていました。
アメリカのシュートにも助けられましたが、よく凌いだと思います。
しかし延長で相手エースに決められてもよく心が折れずに粘って同点に
しましたね!見事でした。

そしてワンバック、岩佐さんのコメント通り本当にgood loserでした。
Commented by toruiwa2010 at 2011-07-18 12:15
皆さん、コメント、感謝です。

それにしても、なでしこ、なでしこと騒々しいこと。
わかちこ、わかちこ はどうした?
ドドスコスコスコ…も最近見なくなったが。

さっきからこれが言いたくて。ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2011-07-18 22:53 x
WBCでファンとしての世界一の気分がどんなものかわかっていましたが、あくまで世界的にはマイナースポーツ。
ブラジルやの友人などにサッカーワールドカップ勝つ気分は本当に最高という言葉を聞かされていましたが、私が生きているうちはそれはないと思っていました。女子であれサッカーという世界で一番の人気を誇るスポーツでこの気分を味わえるとは。本当に最高ですね。
なでしこの皆さんには本当に感謝です。
Commented by toruiwa2010 at 2011-07-19 08:00
ヤップンヤン サン、おはようございます。

WBCは“本当の世界一”じゃないことはご存知ですよね。
ピッチャーが大きな要素を占める野球というスポーツは
短期で優劣を決めてはいけない競技です。

なでしこの優勝はだれもが認める快挙です。
WBCとくらべては失礼です。ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2011-07-19 18:43 x
確かにWBCは本当の意味での世界一かと言われると疑問符がつくのはしっています。ですので、日本シリーズやワールドシリーズが7回戦制であることも。
私としては、スポーツという競技で、選手が真剣勝負をしているところに関心がありますのでWBCはWBCで価値があると思ってます(WBCにいろいろな問題がありますが、選手はその条件下で懸命にプレーしてますので)。そういう意味では、失礼かといわれると私は???なところもあります(笑)。
無論、プロ野球選手と比べて、男子のサッカー選手と比べて、なでしこの選手が置かれた境遇を考えると、彼女たちの成し遂げたことはすばらしいの一言です。それにしても、今、日本にいないことは非常に残念です…。
Commented by toruiwa2010 at 2011-07-19 18:57
ヤップンヤンさん、こんばんは。

境遇の問題ではありません。
頂点に至る過酷さを言っているのです。
そして、懸命にプレーするのは当たり前の話なんです。

なでしこの優勝はWBCにくらべたら、はるかな高みに
あると思っています。女性には(一部の男性にも)
分かりにくい話でしょうが。それでいいです。ハハハ。

これは、スポーツをどう楽しむかの話ですから
結局は“人それぞれ”という玉虫色の結論に
なってしまうのです。議論は面倒ですから。ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2011-07-19 19:46 x
玉虫色の結論になってしまうというのは、岩佐さんに同感です(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。