ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「松田直樹>森孝慈…?~ニュース・バリューということ~」                11/08/10

d0164636_8502231.jpg



この場合、“明暗”は語弊があるかもしれない。
そもそも、これから書くことすべてがややもすると誤解を
招きやすい話ではあるのだが。

たとえば…

サッカー日本代表の元監督・森孝慈氏が腎盂がんのため
7月17日に亡くなった。67歳は十分に若い。
早稲田大学時代に代表入り、Aマッチは56試合を数える。
チームメイトだった釜本邦茂(日本サッカー協会顧問)らと
早稲田の黄金時代を築いた。輝かしい“球歴”の割には
その死を伝える記事はそれほど大きくはなかった。

元マリノスの松田直樹が先日、帰らぬ人となった。
闘志あふれるプレーは彼の代名詞だった。
サポーターを中心に惜しむ声はあとを絶たない。
しかし、Aマッチ40試合の実績はあるものの、彼の死を
伝える新聞・テレビ取り上げかたは森氏の死とくらべると
ボリュームも質もはるかに上回っている。

d0164636_8504482.jpg







それだけの“要素”が揃っていた、ということだろう。
34歳だったし、代表での活躍の記憶も新しく、現役だった。
試合ではなかったが、“戦場”とも言うべきピッチで倒れた。
人柄もよかったようだし。
加えて 家族、選手・監督、サポーターの“思い”の暑さが
森が活躍した時代とは段違いだ。


王貞治にホームランを献上したピッチャーは200人近く
いるのに、鈴木康二郎の名前が真っ先に浮かぶのは、彼が
ハンク・アーロンを抜く“756本目”を打たれたからだ。

2000年12月30日に生まれた赤ちゃんは、その人生で
よほどの業績を挙げない限り、生まれた日が話題にのぼる
ことはないだろう。
しかし、2001年1月1日午前0時1分に生まれた人物は
それだけで“肩書”になる。今世紀第1号の赤ちゃんだもの。

d0164636_9122645.jpg







南の海の漁場で漁師が遭難する。
しかし、同じ日、山で大学の山岳部員が転落する…
マスコミが大きく扱うのは山の遭難だ。
かたや、家族を養うために体を張った男たち。
一方は、レジャーの延長&親がかりの学生なのに。

ニュース番組を“仕切った”経験はないが、想像は可能だ。
ネタとして取り上げるかどうか、どの程度の大きさで扱うか…
などを決めるときポイントになるのは、タイミングだったり、
出来事を取り巻く環境だったりする。
森孝慈氏が亡くなったとき、マスコミの報じ方をいぶかしむ
声があったが、つまり、そういうことなのだ。

たとえば…

岩佐徹が明日 病死しても、世間に知られることはない。
葬儀がすむまで誰にも知らせるな、と妻に言ってあるし。
現役中だったら、新聞の片隅に載るかもしれない。
フジテレビ、WOWOWの広報が連絡するからだ。

もし、サッカーやテニスの実況中にヘッドセットをしたまま
放送ブースで息を引き取ったらどうか?
それも、突然 暴漢に襲われて…

一般紙も報じるし、スポーツ紙は1面かもしれない。
この場合、知名度がどれほどのものだったかは関係ない。
たぶん、“名アナ”だったと書かれることになったはず。

ま、そういうことだ。

*昨日は24時間で2307アクセスを記録しました。
当ブログの最多記録を大幅に更新し、初めて2000件を超えました。
もっと荒れるかと思いましたがそれほどのこともなく…。ハハハ。
いろいろな意味でご苦労様でした。


人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-08-10 09:15 | 岩佐徹的考察 | Comments(9)
Commented by eita3 at 2011-08-10 15:05 x
三日連続でこんにちは。

私は実をいうと松田さんの事は今回の事があるまで知らなかった人なのです。だから報道のされ方次第では森さんと同じくらいの知識で終わっていたと思います。

日韓WCで3番をつけていたというのに全く記憶にないとは…

だからなにというわけではありませんが。

ちなみにうちの息子は1999年12月29日生まれです。予定日はミレニアムでしたが早産だったので。

せめて出生届は、と思い2000年1月1日に出したのだけど、戸籍に書かれたのは…平成十二年一月一日、でした。

これもどうでもいい話で、大変失礼しました。
Commented by toruiwa2010 at 2011-08-10 15:53
eita3サン、失礼ながら
21世紀がどの時点から始まったかを
誤解してませんか?
たしかに欧米には“2000年”としている国も
あるようですが。
Commented by えそらいろ at 2011-08-10 16:59 x
こんにちは

21世紀が始まったのは2001年かもしれませんが、
「ミレニアム」といっていたのは2000年でしたね。
私は2000年12月に結婚し、ぎりぎりで「ミレニアム婚」でした(*^_^*)

「岩佐徹が明日 病死しても、世間に知られることはない。」
でも、毎日ブログをチェックしてる人たちは、
もしも1日更新がなかったら猛烈に心配しますよ。

Commented by ハッピーカムカム at 2011-08-10 17:13 x
いつも楽しく拝読しています。
松田選手と森さんの報道量の『差』ですが、
テレビの『差』はすごく大きくて戸惑いましたが、
一般紙やスポーツ紙の紙面上での『差』はそれほど大きくなかったように感じます。私の見た範囲内ですが。
森さんの回顧記事にこれだけ割いている…と思わず感心したスポーツ紙もありました。
新聞の読者層、地上波テレビの位置付けとかを考えれば
やむを得ないことなのでしょうか?
Commented by kanada at 2011-08-10 18:50 x
岩佐さんこんにちは。ごぶさたしております。
私にとっては松田選手も森さんもどちらも同じくらい残念なできごとでした。
他の方が書いていらっしゃるように、岩佐さんがブログを更新しない日が続いたら多くの方が心配されますよ。
コメントはしなくても毎日楽しく読ませていただいております。
もちろんこれからも楽しみにしています。
Commented by toruiwa2010 at 2011-08-10 19:11
えそらいろサン、そうでしたかね。

ミレニアムは1000年単位のものなので
新しいミレニアムは2001年から、と
私は考えて使っていました。

まあ、どうでもいいか。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-08-10 19:14
ハッピーカムカムさん、こんばんは。

結構扱われていたんですね。知りませんでした。
ネットで、なぜ こんなに違うのか?みたいな
コメントを見たものですから。

それはそれとして、今回の件には少々戸惑っています。
Commented by toruiwa2010 at 2011-08-10 19:16
kanadaさん、こんばんは。

コメント…なかなか難しいみたいですね。
先日のような“騒ぎ”になると、常連さんが
いっせいに遠ざかるのが分かります。ハハハ。
Commented by eita3 at 2011-08-10 20:31 x
はい、えそらいろさんのおっしゃるとおりです。
21世紀が2001年から、20世紀は2000年まで、というのは知っていますが、いわゆる「ミレニアムベビー」は2000年生まれの子のことでしたね。

そして…どーでもいいことですいませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。