ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「大先輩記者に“禿同”!~No1ストライカーは釜本邦茂で決定~」11/09/27

d0164636_8145890.jpg
野球の豊田泰光、先日、“最後の”解説をしたテニスの柳恵誌郎、サッカーの加茂周…
それぞれの分野で立派な実績を残し、引退したあとも解説などで活躍した“先輩”たちを
心からリスペクトします。
同業では、元NHKの岡田実(故人)、元ニッポン放送の深沢弘両アナでしょうか?

面識はありませんし、申し訳ないことに書いたものをきちんと読んだ記憶もないのですが、
サッカー記者の“大先達”、賀川浩さんについても、いつも、心のどこかで深い敬意を
払っていました。86歳で、今もご健在と聞きます。
私などは60代から“老害”呼ばれましたが、この方についてはそういう話を聞きません。
記者として日本のサッカー・ジャーナリズムをリードして来た人ですから当然でしょう。
権威的存在には拒絶反応が出てしまう私ですが、“別格”です。
d0164636_8151541.jpg
朝日新聞夕刊に連載記事「ジャーナリズム列伝」があり、先日、“「基準」は釜本”という
見出しとその隣に賀川浩の名前を見つけたとき、「もしかして…」と思いました。
釜本についてずっと考えていたことが、この一流記者と一致しているのか…

産経新聞記者、賀川さんが釜本邦茂(現・日本サッカー協会顧問)のプレーを初めて見たのは
釜本が京都・山城高校1年のときだったそうです。
<<<大柄ながら、球を受けるときの体のバランスが美しいフォワードがいた。1年生の
釜本邦茂だった。「何か異質なものが日本サッカー界に現れたという不思議な感覚だった」。
賀川の第一印象だ。>>>

<<<賀川にとって、ストライカーの基準は釜本なのだ。昨夏の南アフリカW杯で活躍した
本田圭佑にしても「体は強いけど、足は釜本より遅い」。世界の一流選手に取材しても、
無意識に比べてしまう。W杯を取材しても「このチームの前線に釜本がおったら、どない
なるかな」と考える癖がついた。>>>

<<<(釜本の引退試合に寄せた惜別の文)「…釜本に匹敵するプレーヤーの出現も、あるいは
メキシコ五輪以上の強力チームが現れるのも遠くはないだろう。しかし、ストライカー
釜本邦茂は二度とみることはできない」>>>

<<<(釜本引退から27年の現在)「釜本を超える点取り屋なあ。まだ、誕生しとらんな」>>>

…この日の記事を読みながら、いったい何度首を縦に振ったでしょうか。
サッカーに関して、これほど“禿同”(はげどう)、つまり、“激しく同意”できた記事は
初めて読んだかもしれません。ハハハ。
d0164636_8154185.jpg
早稲田の学生だったころ呼ばれていた代表でのプレーからしか見ていませんが、やはり
特別な選手でした。
当時と今では、当然、チームの戦術も選手のプレースタイルも違いますが、チーム内の
“存在感”が飛びぬけていました。日本人離れした身体能力も圧倒的な決定力もまわりの
選手と大きな差がありましたから、どこに行っても“untouchable”の存在でした。

センター・フォワードとしてトップの位置で常にボールを要求していました。
たぶん、彼の頭の中には“守備”に2文字はなかったと思います。
自分で「今だ」と思う瞬間にボールが来なければ、両手を広げて“あからさまな”不満の
ゼスチャーをしていたものです。ハハハ。
8割、9割が年上の記者たちとのやりとりでも傲慢・不遜の態度に終始していましたから、
能力は認めつつ 反発する記者も大勢いました。

しかし、決定率の高いシュート力は認めないわけにはいきません。
ペナルティ・エリア周辺でボールを持てば、DFのマークを外して右足を振ってボールを
ネットに叩きつけていました。支えたのは圧倒的な体力です。
そのころの日本人としては“規格外”の体でした。日本サッカー界を盛り上げるために
企画されたポスターで披露した後ろ姿のヌードは大評判になりました。このとき40歳!
d0164636_8184693.jpg
ムキムキの筋肉が近代サッカーに向いているかどうかは別にして、当時の釜本は世界を
相手にしても体負けしませんでした。全盛期の奥寺康彦を一回り大きくした感じです。
相手は相当のプレッシャーを受けているように見えました。
よく思い出すのは、ボールを持った釜本とDFが向き合ったときの光景です。
ボールが釜本の50cmほど前にあって、足はボールに触っていない状態でも、相手DFは
なかなか飛び込めませんでした。飛び込めば、抜かれることを知っているからです。
触れていないボールを完全に“支配”していることがよく分かりました。

高校時代から“お山の大将”でしたから、周囲、特にマスコミとの応対に問題があって、
とやかく言われることがあり、ナビスコ・カップの取材で監督・釜本に話を聞いたことが
ありますが、実に“嫌な感じ”でした。
しかし、それはそれとして、私も 日本のサッカー史上最高のストライカーは釜本邦茂だと
固く信じます。サッカー人気が盛り上がっている今この時代に彼がプレーをしていたら…
と思うオールド・ファンは多いはずです。
同時に、一度でいいから 海外のクラブチームでプレーさせたかったなあと心から思います。

賀川さんが言う通り 釜本以後に彼を上回る選手は出ていません。
アルゼンチンにメッシのような選手が、ポルトガルにクリスチャノ・ロナウドのような
選手が出てくることはありそうな気がします。しかし、残念ですが、日本に釜本邦茂を
超える選手が出現する可能性は 将来的にもないのではないでしょうか。
よほど、条件が揃わなければ あれほどの選手が誕生するのは難しいと言わざるを得ません。

人気ブログランキングへ

d0164636_1032692.jpg
by toruiwa2010 | 2011-09-27 08:19 | サッカー | Comments(6)
Commented by マオパパ at 2011-09-27 11:01 x
岩佐さん、こんにちは。私は深沢アナと関根潤三さんコンビが好きだったので、岩佐さんが深沢アナをリスペクトしていると知り、喜んでいます。釜本選手の全盛期はサッカーに興味がなかったのでよくわかりませんが、名前だけは私のような野球少年たちにも知られていました。さて、昨日のコメントの「メッセージ」はあいまいな表現で申し訳ありませんでした。イメージとしては、ファンとの一体感を表すような表現だったり、ファンを大切にしていると言うような言葉であったりのつもりでした。例えば、ドジャース元監督のラソーダのような「オレの体にはドジャーブルーの血が流れているぜ」のような発言です。野球で勝つには必要ないかもしれませんが、ファンあってのプロ野球だと思っています。長々とすみません。
Commented by toruiwa2010 at 2011-09-27 11:09
マオパパさん、こんにちは。

メッセージの件、理解はします。
しかし、監督も人間です。落合の性格を考えたら
それは、求めるのが酷でしょうね。彼のやり方で
そういう意味のメッセージは発信されているかと。

今朝の朝日に西村欣也記者のいい記事があります。
説得力のある話でした。ドラゴンズ・ファン、落合ファンなら
一読を勧めます。

ただ、落合を“反骨の男”と呼ぶことには違和感があります。
彼は“まっとうな男”だと見えます。
Commented by でぽるこるな at 2011-09-27 12:40 x
今年の全米オープンテニスで柳さんが勇退されてすごくさびしくなりました。岩佐さんと柳さんが最後に組んだ2005年の全米オープンの準決勝と決勝の2試合、そして2006年末に放送されたアガシの引退特番を久しぶりに見ました。テニスのすばらしさを教えていただいたお二人にとても感謝しています。

昨日放送されたジョコビッチのドキュメンタリー、すごく内容の濃いものでした。瑛太さんのナレーションもよかったですし・・・・・今年放送されたドキュメンタリーWのなかでは、ナダルのものと『Why not ワーグナー?』に並んでベストのものになりました。テニス界の中でも一早く日本に対して支援活動をしている選手ので、ぜひ来日してほしいですね。

さびしいばかりでなく嬉しかった事も・・・・・・サッカー中継で約3年ぶりに信藤さんが復帰されたことです。セリエAの中継のころからずっと信藤さんのファンでした。どうされたのか心配していたところでしたので、お声を聞いてうれしくなリました。去ってしまう人もいれば、戻ってくる人もいる。そんな当たり前のことを改めて実感しています。
Commented by 赤ぽん at 2011-09-27 15:16 x
岩佐さん、こんにちは。

丁度今、日本サッカーの歴史が書かれた本を読んでいます。賀川氏の書かれた戦前からメキシコ五輪の頃までの文章が非常に読みやすく参考になっています。でも、実に“嫌な感じ”といわれる人間性については知りませんでした(笑)
8年がかりの「日本代表の銅メダル」が、結果その後の低迷期につながる。その頃の大スターの釜本、サッカー少年の頃、何度この名前を見たことでしょう。
ボールを止める位置=トラップの重要性と、シュートの反復練習を語る
釜本は、戦術的には守備は10m下がるだけで良いと今のサッカーでは
考えられない「戦術=釜本」の時代でした。中田ヒデや本田のようなMFは「翼君」の影響なのかたくさん出てきますが、世界的にみてもストライカー不足の現在、第2の「釜本」が現れる可能性はさらに少ないでしょうか。10番ばかりではなく、「本物の9番」が見たいものですが。
Commented by toruiwa2010 at 2011-09-27 18:24
でぽるこるなサン、こんばんは。

古い話ですが、楽しんでいただけたそうで
うれしいです。
信藤サンのカムバックは知りませんでした。
もちろん、私にとってもうれしい話です。
本当によかったですね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-09-27 18:27
赤ぽんサン、こんばんは。

嫌な感じ…釜本は逆境知らずですから
無理もないんです。

昔のイメージの9番にふさわしい
ストライカーはもう出ないでしょうし、
今のサッカーには不要でしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。