ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

コメント 3

「1Q84」のBOOK3が出たときに書いた記事には
多くのコメントがありました。
私は、書いた通り、とうとう読みませんでした。
コメント欄とツイッターのやりとりの中で提唱した
“読んでたまるか・クラブ”にはトータルで18人の
加入申し込みがありました。一切 活動してませんが。
ハハハ。

d0164636_8374395.jpg
ちゃんと読んでいらっしゃるので批評する権利をお持ちの
岩佐さんと違って私なんぞは「最初っから読んでない」のです。
もともと村上春樹の作品に興味がないのです。いくつか読んだことは
あるものの、大した感銘はなかったんでしょうね。数年後に図書館の
棚に常備されるまで待とうと思っています。
今は貸し出し予約が1年以上待ちらしいですから。
活字離れが問題だとされている世の中にとっては、いいことでは
ないでしょうか。普段あまり本を読まない人には、これをきっかけに
他の多くの本を読んでもらいたいですね。

桜の花が長持ちした年は、総じて天候不順だそうです。
東京の遅い雪もその表れの一つなんでしょうか。アイスランドの
火山噴火によるヨーロッパ中の空路大混乱も大変そうですが…[ はせぴょん ]


村上春樹に関しては、私は一時期親しんだ体験があり、特に
『ダンスダンスダンス』などは良かった記憶を持っています。
最高傑作は『ねじまき鳥クロニクル』だと思っていますが、
『1Q84』はそれには遠く及ばないとネットで見たので、関心は
なくなりました。

私もミステリは好きで、最近では『ミレニアム』に嵌りました。
映画はイマイチでしたが、続編も見に行くつもりです。 [ 塩野 ]


ブログのほうははせぴょんサンが一番乗りでしたが、
ツイッターには早々と3件、“同意”の反応がありました。
“クラブ・読むもんか”が結成できそうです。ハハハ。


塩野さん、こんにちは。
ミレニアムは3冊とも手元にあるのですが、
継続中の本があるので、実際に読むのは、
まだ先の話になりそうです。


岩佐さん、こんにちは。
ついつい村上春樹には反応してしまう私。
図書館でいつから貸し出しが始まるかチェック中です。
奥さまが一番気に入られた作品が何かとても気になります。

あとお詫びなのですが、ニュースキャスター関連のスレでかなり
感情的なレスを勢いでつけてしまい、反省して削除しました。
岩佐さんからは「なぜ削除したのですか?」と言われそうな
気もしたのですが、私の主義に反していたのでお許しくださいませ。 [ masa ]



masaさん、ちゃんと読んでますって。ハハハ。
気にしなくていいです。
ただし、多少、感情が強めに出ていましたから
削除されてよかったかもしれません。

さらに、ただし・・・です。
書かれた“発言“がどんなものだったのか
とても興味があり、検索してみてわかりました。

彼は、訓練された記者でしたから、自分の発言には
気を配っているはずなので、聞き間違いであってほしいと
思いますが、ネット上に同様の記事がありましたからね。


私も クラブ・読むもんか に入りたいのですが・・(笑)
へその曲がり具合なら、岩佐さんのヘソくらいまでは届いている
自信があります!失礼しました♪ [ shin555 ]


shin555さん、大歓迎です。

・・・ただねえ、カミサンは会員にはならんのですよ。
ハハハ。


こんにちは。
ハルキですかー。そうですね・・・ずっと前に「ノルウェーの森」を
立ち読みして、さむざむしい気分になって以来読んでいません。
エッセイは好きで、「村上朝日堂」とか「日出づる国の工場」とか
数冊文庫本を買ったものです。安西水丸の挿絵につられたのもありますが。
今回の騒ぎも、何も夜中に売り出し始めなくてもいいと思い、あきれて
います。好きならば、図書館貸し出しを待たずに速攻買ってあげてください。
(^o^)~♪ [ min*777*p ]


min*777*pさん、こんにちは。

えっと、入会希望ということでいいですか?
ハハハ。


こんにちは。

昨日の報道によると「1Q84」は累計80万部に達したそうで、印税が
いくらになるのか、つい計算してしまいました……。

比喩多用の文体は、村上氏自身がどんなつもりかはわかりませんが、
こけおどしとしか感じません。
ただ、私の周辺でもそうですが、修飾語句で飾りたてた饒舌な表現や
持ってまわった言いまわし、くどくどしくて説明的な文章が、読者には
「うまい」「筆力がある」と受けとられがちであることは確かです。
物書きは基本的に書くことが大好きな人種ですので、言葉数を増やそうと
おもえば、いくらでも書けます。
しかし平易で読みやすくて、一見簡単に書けそうに見える文章の方が、
実は難易度が高いものなんですがね……。 [ レニ ]



レニさん、こんにちは。
あなたの周辺の方の受け止め方が一般的だと思います。

私は専門家ではありませんが、「平易で読みやすい」文章を
心がけています。
ただし、「言葉数を増やそうとおもえば、いくらでも書ける」ため
ついつい長くなる傾向があります。ごめんなさい。ハハハ。


岩佐さんこんにちは。
愛読書が「御宿かわせみ」の私には全く縁のない作家さんですが、
題名を付けるのは巧いと思います。 [ けん ]

岩佐さん、こんにちは。
岩佐さんの温かいお言葉に感謝します。
そしてこれからもよろしくお願いします! [ masa ]



けんサン、こんにちは。

確かに、タイトルはうまいかもしれませんね。
「なんだろう?」と思わせますから。
その手に乗っちゃダメなんですが。ハハハ。


岩佐さん、こんばんは。

村上ミステリーより、『刑事コロンボ』の方が
解りやすくていいですね~
夫は毎週録画をして、今更ですがかなりハマッて
見ています。 [ モクレン ]


モクレンさん、こんばんは。

刑事コロンボ…30年近く前に放送されていたころは
必ず見たものですが、今見ると、やはり鮮度がねえ。ハハハ。
ご主人が楽しければ、それでいいのですが。


村上春樹、高校生の頃にけっこう読んでいた記憶がありますが、
今話題の本は買うのはもちろん読む気にはなれません。(入会します!)
今好きな作家は宮部さんと辻村深月と、最近お亡くなりになりましたが
北森鴻さんですかね。北森さんは、シリーズ物が多くてはまってました。

うちの母親も、毎週BSで放送されている「コロンボ」を録画してあげると、
喜んで見てます。何度も見ていても、それでも面白いらしいです。 [ pon ]


ponさん、こんばんは。

クラブ・読んでたまるかへようこそ。
数え方が難しいですが、ツイッターと合わせると
たぶん12人目の会員です。ハハハ。


クラブができたんですネ。
愉快なネーミングと、スカッとする今日のタイトル!に、
傑作ボタンを押していきます(^^) [ 老・ましゃこ ]

クラブ読んでたまるか、盛り上がってますなぁ( ̄▽ ̄)
blogの一番乗りですが、なんとなく読む気がしないんです…
ぐらいですので、わたしは準会員ということにしといて頂ければ(苦笑)

作家の書きたいこと、あるいは読ませたい文章と、読者が読みたいもの、
ないしは読んでよかったと思わせる文章が一致した作品がベストセラーに
なるとは限らないということかもしれません。だからこそ、私のような
活字中毒患者は、面白い本を探して果てしない旅を繰り広げるわけですが。
[ はせぴょん ]


老・ましゃこサン、おはようございます。

入会審査も規約もないクラブです。
ついでに、活動もありません。
読まないんですから。ハハハ。


以前の2本の記事もあわせて読ませていただきました。
ワタシは昔からのファンで、小説はすべて読んでいるものなので、
気持ちよくはありませんが、でも、むしろ安心しました。
だって、あくまでもメインストリームではなくアンダーグラウンドに
一部の固定ファンがこっそり楽しむタイプの娯楽だと思うからです。
やめられないけど、公言するのは憚られる、悪い癖みたいなものなんです。
ワイドショーに取り上げられ、「ハルキスト」などと名乗ってバーで酒を
飲みながら本作を読んでみせインタビューに答えている人を見かけると、
はっきり言って気持ち悪い。
自分はそうならないようにしようと思わざるをえません。 [ ts_*rk ]


<<<メインストリームではなくアンダーグラウンドに
一部の固定ファンがこっそり楽しむタイプの娯楽だと
思うからです。やめられないけど、公言するのは憚られる、
悪い癖みたいなものなんです。

ものすごく意外です。
そんな風に考えている春樹ファンは
あなただけではないですか?
ツイッターを見ると、みなさん、
「われこそが村上文学の理解者」
と思っているみたいですが。


どうなんでしょう?よく言うあれじゃないでしょうか。
見えているのは氷山の一角に過ぎないってやつです。
むしろ見えたがる部分ばかりが水面に出てきて、
見られたくない部分は潜っているのかも知れませんよ。
ワタシもツイッターとかmixiのコミュニティとか見ると、
「あれ?」って違和感があります。
S…2って名でツイートしてます。 [ ts_*rk ]



ts_*rk さん、分かりました。

でも、つくづく意外です。
そんな読者に支えられている作家が
ノーベル賞候補になるのですから。

うーん、だとしたら、あまりからかうような
書き方をしたら悪いかもしれないなあ、と
少し心配になってきました。遅いですが。ハハハ。


彼のエッセイとかドキュメントは読まないのと、
図書館とか文庫本とかで読むので、経済的には
あまり支えになってないかと思います(笑)
ノーベル賞候補っていうのもワタシにはよくわかりません。
でも、大江健三郎もわからないので、そんなものなんでしょうか。
純文学というくくりに入っているのもイマイチ納得いってません(笑)
煙草みたいなもので、吸わない人に無理にすすめようとは思いません。

からかうような書き方をすると悪い…なんてことはないと思いますよ。
読まない人、読んで嫌いな人、嫌いなので読まない人、いろいろいて
当たり前ですし、そうでない風な風潮が気味悪く感じていましたので、
安心しているところです。長々とおじゃましました。 [ ts_*rk ]


読みやすさを考えて、コメントを先に更新しました。

by toruiwa2010 | 2011-10-10 08:43 | 読書・歌・趣味 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。