ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

特報:読売グループ内クーデター!!~清武・巨人代表がナベツネに噛みついた~

d0164636_1542496.jpg


午後2時から文科省記者クラブ内で実に興味ある会見が行われた。
昼前から、会見の情報が飛び交い高い関心を呼んでいた。
弁護士とともに登場したプロ野球・読売巨人軍の清武代表は用意した
声明文を早口で読み上げた。

2時9分 こうツイートした。

びっくりした。腰が抜けそうだ。
清武によるナベツネに対する反乱だった!!
先に清武らはHCには岡崎留任と決めていたのに、
ナベツネは清武を呼びつけ江川をヘッドコーチにすると
伝えてきたそうだ。清武は涙ぐんでいる。
これは、かなりの大騒動になる。面白い。***


少し詳しく書くと…

桃井オーナーと清武代表によって運営されている球団は、すでに
来年に向けてのチーム編成・人事・契約更改に着手している。
その中で、ヘッドコーチについては岡崎を留任させることとし、
本人にも伝えてあった。

しかし、一昨日、清武は読売の主筆・ナベツネこと渡部恒雄に
呼ばれ、仰天人事を告げられた。
来年のヘッドコーチは江川卓とし、岡崎は降格させる」と…。
さらに、「一、二年後に君を社長にする。今後君の定年は68才まで
延びる可能性もある。すべてのことを受け入れて、専務、球団代表・
オーナー代行として仕事を続けてくれ」とも。

…あめとムチ?違うか。

清武によれば、岡崎の件を含め、これまで球団の運営については
すべて文書にして報告し了承を得ているという。
にもかかわらず、今月上旬「俺に報告なしに、勝手にコーチの人事を
いじくっている」などと発言されたことが伏線になっていたところに
“岡崎⇒江川”が“爆発”の引き金になったようだ。

清武らにしてみれば、組織としてきちんと手順を踏んで決定したことを
闇雲に覆され、勝手に人事を進められたことで膨らみ切った堪忍袋の緒が
切れたのだろう。
それにしても思い切った反乱をおこしたものだ。
本人は「そうじゃない」と言うだろうが、これは、誰がどう見たって
“ナベツネ独裁”に対するクーデターだ。

これまで、読売グループの中間管理職以上の連中はナベツネの思うまま、
“腰ぎんちゃく”ばかりと思っていただけに、ただただビックリした。
長生きはしてみるものだ。

もちろん、このままでは済まないだろう。
「今も代表職にあるし、自分から辞めるつもりはない」と清武は言うが、
ナベツネが黙っていまい。

残念なのは、明日から日本シリーズが始まる…というこの時点で騒ぎが
明るみに出てしまったことだ。
清武も忸怩たるものがあるだろう。

ファンの反応は?
“悪代官”ぶりを暴かれたナベツネがどう出るか?
目の前のニンジンをはねのけ、主君に牙をむいた清武の命運は?
どうでもいいが、江川はどうなる?

…おもしろがっちゃいけないのだろうが、今後の動きから目が離せない。

***このツイートはあっという間に100件以上リツイートされた
by toruiwa2010 | 2011-11-11 15:43 | メジャー&野球全般 | Comments(5)
Commented by ドンドンドドドン at 2011-11-11 15:53 x
株価の動きがきな臭いようです。もしかするとインサイダー?
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-11 16:02
えっ!
Commented by eita3 at 2011-11-11 20:22 x
岩佐さん、こんばんは。

当然のように?なのか、よみうりオンラインにらこのニュース載っていませんでした。

週末の徳光ー江川のコーナーでも、というか日テレでも一切取り上げないのでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-11 20:46
eita3さん、こんばんは。

まあ、取り上げ方が難しいでしょうね。ハハハ。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2011-11-12 02:21 x
清武代表は、元新聞記者であるのを活かして週刊ベースボールにコラムを連載していますね。来週号にどんな記事を書くのでしょうか。もちろんトヨさんのコラムも楽しみです。

数年前、日テレのゴールデンタイムの番組で、モーニング娘。のメンバーがナベツネこと渡辺恒雄会長を訪問してインタビューするという企画が放送されました。この番組のプロデューサーやディレクターは、どれだけ出世欲にかられているんだろうか…と、あきれ果てたのを覚えております。実際に出世したかどうかは定かではありませんがbyひろ☆はっぴ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。