ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「MLB通信簿 2011 その1~イチロー・ファンは閲覧禁止w~」           11/11/17

d0164636_9452656.jpg
恒例ですのでメジャーで頑張っている日本人選手の2011年を“査定”しておきます。
好き・嫌いの感情は極力排除しているつもりですが、毎年 必ず「嫌いだから こんな風に
書くんだろう」と受け止める人がいらっしゃいます。
1年間 応援した選手の評価が低ければ反発する…その気持ち 分からないではありません。
しかし、あくまで、野球が好き、メジャーが好きな男が、“余興で”書いているものです。
何が書かれていても笑って済ませる…そんな余裕のある人だけ読み進んでください。
ハハハ。

*評価はS、A+、A、A-、B+、B、B-…の順です。
d0164636_9504016.jpg
B- イチロー(Seattle Mariners)
161試合 .272(677-184)5HR 47打点


2011年6月10日…イチローがこの日をどんな思いで過ごしたか…物凄く興味があります。
シーズン半ばに、自分の意志ではなく、監督の命令で欠場することになった日だからです。
4月は例年になく好調な滑り出しだったのに5月に入ると急ブレーキがかかり、わずか
.210しか打てませんでした。
金曜日の試合で2三振したとき かなりのボール球を空振りしていましたが、その打撃より、
“心ここにあらず”に見えたイチローの表情に驚きました。
He seems lost at the plate(打席での彼は途方に暮れているように見えた)
…欠場した日、地元紙の記者もそう書いていました。
この試合のあと、監督に呼ばれて休養を告げられたようです。
メジャーの監督は辛抱強く、特に主力選手の場合は成績が悪くても使い続けるものです。
しかし、このときのイチローは、5月1日から“欠場”する前日までの35試合の打率が
.189 (143打数27安打) だったことを思うと、監督の決断は当然でしょう。
d0164636_9501512.jpg
休養の効果は歴然でした。
戦列に復帰すると11試合連続安打、47打数20安打、4割2分6厘と打ちまくりました。
これでいつものイチローに戻ると誰もが思ったのですが、長くは続かず 連続試合安打中に
マークした2割7分9厘に再び届くことはないままシーズンを終えました。

今年のイチローは“金縛り状態”のような“らしくない”バッティングが目立ちました。
不振が2011年シーズンに限定されるものか、2012年以降も続くのかは分かりません。
私は、200安打への異常なこだわりこそが彼のバッティングを狂わせたのだと思っています。
単純に言うのは難しいですが、最後の35試合でフォアボールが4個(シーズン:39個)しか
ないことからも終盤の彼がどれだけヒットをほしがっていたかが分かります。
同じ期間の21三振もシーズン全体の数字(69)にくらべてバランスが悪すぎます。
結果として、出塁率は.310…トップバッターとしてはどうにもならない数字に終わりました。

どんな形でも塁に出ればチームに貢献できる…特に、1,2番を打つ選手なら、頭の中では
理解しているはずです。しかし、いざ打席に立つと、フォアボールより打ちたいと考えて
しまうのも野球選手のようです。そして、日米を合わせた全野球選手の中でもイチローは
この思いが桁はずれに強いのだと思います。ハハハ。

それもこれも、“200安打”が頭から離れないからです。
幸か不幸か 今シーズン その数字には届きませんでした。逆説的にいえば これは朗報かも
しれません。“呪縛”から解放される来年はもとのイチローに戻る可能性が十分だからです。
ただし、避けられないのは加齢による能力の低下です。

今シーズンは 守備でも首をかしげたくなる場面が目につきました。
毎年、50~60本あった内野安打が42本に減っています。
「40盗塁したのだから 脚は健在だ」と言う人もいますが、盗塁は脚の速さだけでなく、
スタートのタイミングなど、ピッチャーとの駆け引きがものを言いますから その数だけで
脚力をうんぬんすることはできないでしょう。
シーズン終了後 38歳になったイチローには、さまざまな面で“衰え”が忍び寄っていると
考えないわけにはいきません。走・攻・守のあらゆる場面での 数センチ、数ミリずつの
誤差が積み重なると成績も下がっていきます。悲しいことに、どんなに節制・鍛錬しても
カバーすることはできないのです。
d0164636_9463896.jpg
プライドの高い彼のことですから、来シーズンは相当の覚悟で臨むでしょう。
200本安打が途切れた次の年にものすごいことをやってのけるのではないかと、ずっと
思ってきました。かなり、いい結果を出しそうな気がします。
そうなれば、多くのイチロー・ファンは溜飲を下げるでしょうが、私は少し違います。
彼にはぜひ“ワールド・シリーズ出場”を目標にしてほしいのです。
個人記録としてはとてつもなく立派なものを残したのですから、まだまだ力があるうちに
野球人としての“高み”を制覇してこそ男じゃないですか。

選手としての名声も、高額の報酬も手にしたメジャー・リーガーたちが次に求めるのは
ワールド・シリーズのチャンピオン・リングです。
下位に沈んだチームの主力がシーズン終了後、球団幹部に「来年はどんなチーム作りを
するつもりだ?」と詰め寄ることがあります。答え次第で他球団への移籍を考えるのです。
4番打者が「こんな選手を5番に獲得してくれ」とかけあうこともあります。彼にとっては
自分のあとをどんな選手が打つかが“生命線”だからです。
自分の契約だけでなく、チームがどんな戦力を持つことになるのか…メジャーの選手は
この点についてのこだわりが強いのです。

マリナーズ…急に強くなるとは思えません。
契約は来年までですが、彼の実績を考え、京都方面の“やんごとなき”お方を動かせば、
なんとでもなるのではありませんか?ハハハ。
まあ、今の時点で、そんな動きはないようですから、来年も下位に甘んじるマリナーズの
トップ・バッターとして 数字だけを追うことになるのでしょうか?
三拍子そろった不世出の選手なのに、そんなことで満足なのだろうか?
39歳になってから、優勝争いをするチームに移れるとは思わないけどなあ。

「B-」はほかの選手との比較も含めての評価です。
彼の能力・給料を考えたら、今シーズンの評価は「C」でもおかしくありません。
200安打だけでなく打率3割も届かず、球宴にも出られず、ゴールド・グラブの選考からも
もれました。出塁率3割1分はある意味衝撃的です。
そして、終盤で40盗塁を果たしたときの「( 40盗塁は)毎年やろうとしちゃダメですけど、
今年は他の数字がしょぼいから それはやっておきたかったな~というのはありますね」…
という“勘違い”発言に呆れて気持ちは大きくCに傾きましたが、10年間の偉大な実績を
考えたら、それはできません。
今シーズンのイチローのB-にはそういう意味があることを付け加えておきます。
おそらく、本人の自己評価もこれに近いものだろうと思います。

毎年、“通信簿”を書くと、イチローの熱狂的なファンから
反論が寄せられます。
感情的なものは承認できませんので、ご了承ください。


ワールド・シリーズが終わるころには更新したいと思って
9月末から書き始めていたのですが、ご存知の事情により
長いものは書きにくくなっていました。12月に入ってからでは
あまりにも遅いと思い、何とか完了させました。

ほかの選手の通信簿は来週までお待ちください。

by toruiwa2010 | 2011-11-17 09:52 | メジャー&野球全般 | Comments(17)
Commented by oiroku at 2011-11-17 10:51 x
こんにちは。
早速イチローファンが来ましたよ(笑)
やはり衰えは避けられないですね…ただ、来年はまたけろっと元に戻るような気もしますが。そういう、わからん人です。
契約最終年でもあり、確かに来年は色々な意味で楽しみです。

チームは若返りを図っており、彼はいささか構想と逆行している存在であることは確かです。腐ってもなぜか出塁率がチーム1位(規定打席到達者中)なんで、年俸が1000万ドルくらいならまあまあリーズナブルだと思うんですけど。
守備も悪くなりましたがあえて引っ込めるほどではありません。
まだトレードで売れない事はないと思うんですけどね。

ここまでやったんですからスタイルを貫いて、MLB3000本安打は達成してほしい、というのが個人的な願いですが、試合に勝った時の笑顔を見ると勝利にこだわっていないとは思えません。NYYやBOSあたりが今更動くとも思えないので、両リーグの中部地区あたりの中堅チームで優勝を狙ってほしいとも思います。SEAはあと数年で強くなる可能性は秘めていますが、その時イチローがいるかどうかはわかりませんね。

長文失礼しました。他選手の評価も楽しみにしています。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-17 11:13
oirokuさん、イチローファン第1号にしては
穏やかな反応ですね。ハハハ。

出塁率がチーム1位だといっても
それが3割1分では話にならないでしょう。
これをリーズナブルとおっしゃるところが
ファンのファンたるゆえんでしょうね。
気持ちは分かりますが、寛大すぎですよ。
ハハハ。
Commented by oiroku at 2011-11-17 12:15 x
>寛大すぎですよ。

まあそうかもしれません。どうしても好意的に見てしまうのはお許しください。成績が似てるピエール(CWS)の年俸がそんなもんなので。
現年俸では整理対象となっても仕方ない数字ですし、いい形で移籍するには最後のチャンスだと思うので来期トレードないかと願っています。

しかし改めて今年は、ファンとしても本当にがっかりなシーズンでした。
中盤からは、チャンスに回ってこないよう祈っていました。がっかりしちゃうので。
私から見て「何か狙ってる」っていう雰囲気が消えちゃったんですよ。
オーラがないとでも言いますか。これはプロとしてはやばいと思います。
後続に面白そうな若手が色々出てきただけに、なおのこと残念でした。

ついでに、川崎の獲得が噂されていますが、イチローが獲得を強く要求してるという噂が本当であれば、さすがに疑問を感じざるを得ないです(チーム状況に合わないと思う)…マユツバだとは思いますけど。
長文連投、これが、ファンが嫌われる所以なのでしょうか(笑)もう少し控えます。
Commented by マオパパ at 2011-11-17 14:14 x
岩佐さん、こんにちは。以前に今回の岩佐さんのご意見と同様のコメントをしましたので、当然岩佐さんのご意見に賛成です。メジャーリーガーはワールドシリーズを争うようなチームに所属して、活躍したいと思うのが自然ではないでしょうか。イチローは、なんらかの理由でシアトルに
プレーし続けていますが、個人的にいつももったいないと思っています。
日本でデビューした頃のイチローは野球少年のイメージがあり好きでしたが、特にメジャーに行ってからは発言が尊大に聞こえ嫌いです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-17 14:28
マオパパさん、こんにちは。

にいつももったいないと思っています…
もったいないの尺度が違うのですから、
なにを言っても馬の耳に念仏でしょう。ハハハ。
Commented by ふぇでらーが好きなふぇでらー at 2011-11-17 15:48 x
岩佐さん、こんにちわ。

来年辺りがイチローもフェデラーも節目かもしれませんね。しかし、芸能界と違い、スポーツの世界は「円熟」=「劣りえ」との戦いですから厳しいです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-17 16:07
ふぇでらーが好きなふぇでらーサン、こんにちは。

来年のスタート次第でしょうね。
頭の中を切り替えられれば楽になる
はずなんですが。
Commented by けい at 2011-11-17 22:31 x
こんばんは
岩佐さんも少し感情的になり過ぎなように感じます

まぁ確かに普通に考えれば馬鹿げた内容で個人の中で勝手に創り上げた選手像を書いていたとしても
個人ブログでやってるんだからほっとけと怒るのもわかりますが(笑)
Commented by 赤ぽん at 2011-11-18 07:42 x
岩佐さん、おはようございます。

チームスポーツの良さ・・・勝利したらみんなで喜べることがひとつあると
思います。イチローは優勝して喜んでいるチームのニュース等を見て
どう思っているのだろう?と思います。「別に・・・」なのでしょうか?
そしてやはり加齢による衰えに対して・・・200本の呪縛?!から
逃れられたと考え、新たな”個人的”目標に向けて来季出発するのでしょうか?
動体視力と脚力、”一歩の速さ”は確実に少しづつ落ちているのでしょうね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-18 07:58
けいサン、おはようございます。

どの部分についてのコメントか分からず
途方にくれます。
読解力はそれなりにあるはずですが。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-18 08:02
赤ぽん サン、おはようございます。

チームの勝利を喜ばないわけではないのでしょうが、
それはそれとして、とりあえずヒットがほしい。
ハハハ。

マリナーズに残る以上、目標は変わらないと思いますけどね。
やっていることは間違っていない…という確信が強すぎるのは
不幸なことですね。
Commented by oiroku at 2011-11-18 08:43 x
>どんな形でも塁に出ればチームに貢献できる… - 中略 - いざ打席に立つと、フォアボールより打ちたいと考えてしまうのも野球選手のようです。そして、日米を合わせた全野球選手の中でもイチローはこの思いが桁はずれに強いのだと思います。

これの評が非常に正しいと思います。その結果をどう評価するかは人それぞれでしょうが。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-18 08:54
oirokuサン、おはようございます。

本人にも問題がありますが、“放置”してきた
監督・コーチの責任も大きいですね。
東部のビッグ・チームだったら、あれほど自由に
プレーできなかったはずですが。
Commented by koto at 2011-11-18 12:03 x
こんにちは

普通のイチローファンはこんな週刊誌のイチロー評のような個人的なイチロー像に対していちいち突っ込むことは無いと思います。

きっと岩佐さんが一応有名人なのに煽りに簡単に乗ってくるもんだから
色んなコメントを付ける人がいるのでしょう。

この記事の最初の文は岩佐さんが非常に小さい人のように見えてしまい残念です。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-18 13:03
kotoさん、こんにちは。

岩佐さんが非常に小さい人のように見えて…
一応、177cmありますけど。ハハハ。
Commented by 匿蔵 at 2011-11-18 22:20 x
イチローがマリナーズに残る理由は環境を変えたくないからでは。環境が変わることで調子を崩すのが嫌だから、または怖いからだと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-19 07:52
匿蔵さん、おはようございます。
書きっぱなしではなく、引き続き
読んでくださることを期待しています。

ご意見に半分賛成です。
「環境を変えたくない」の部分です。
ただし、彼の場合はその先があって、
環境がく変わることで、自由な打撃が
できなくなることがいやなのだと…

基本的には「環境が変わると調子が崩れる」」では
プロとしてやっていけないのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。