ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「ヒマにまかせてつぶやく~お家騒動・フィギュア・日本シリーズ~」11/11/19

d0164636_11354616.jpg
6週間前にドクターから「ああ、折れてますね」と言われた瞬間、しばらく不自由な生活が
続くことになるのか、と憂鬱な気分になりました。
同時に「でも、あれとあれは大丈夫だろう」とタカをくくっていました。
1ヶ月後には 私にとって大事なパーティが二つ予定されていたのです。

WOWOWの開局20周年パーティ(8日)とフジテレビ・アナウンサーのOB会 (11日)です。
20周年を記念した“感謝の会”はまさに20年目だけのものです。春ごろから、招待状が
届くのを心待ちにしていました。しばらく会っていない仲間の顔を見るのが楽しみでした。
2年に一度のOB会は“戦友”の集まりです。70代後半の先輩でさえ、“たしかな”滑舌で
しっかりした話をするのはこの会ならではのことです。ハハハ。
次の開局記念パーティは早くても5年後でしょうし、OB会は2年後…ともに、そのときを
健康な体で迎えられる保証はどこにもありません。惜しい機会を逃がして残念至極です。
d0164636_113668.jpg
フラストレーションがたまりつつあります。
6週間も映画を見ていません。幸か不幸か、今のところ「どうしても見たい」と思う映画は
見逃していませんが、薄暗がりの中で上映開始を待つあの気分を早く味わいたいものです。
この歩みの“のろさ”を考えると、普通の靴をはいて外出できるようになるのはまだまだ
先のことになりそうです。トホホ。

11/12 ネット・サーフから
なんだか おかしい。  http://t.co/eKXZU622

そして いとしい。   http://t.co/2tCfxNMV


朝、PCを開いたとき、いくつかのサイトをチェックして、面白い画像・動画を見つけると
ツイッターで紹介することにしています。

放送席が渋滞中
日本シリーズ:第1戦はフジテレビの独占放送…ゲストを含めて
3人解説は邪魔以外の何物でもないよなあ。メジャーは99%が
二人だもの。もっとも、あちらは二人ともメジャー経験者という
ことが多いけど。放送席にたくさんそろえるのは自信のなさの表れだ。


3人解説の経験がないのは幸運なことでした。2人でもうっとうしいですから。ハハハ。
アナウンサーはみんなそうだと思いますが、どうしてもバランスを考えるものです。
まったく均等に…ではありません。それぞれの“格や立場”を頭に入れて、バランス良く
しゃべらせようと質問を振って行く傾向があります。Aさんが少し多いかな、しばらく
Bさんがしゃべってないな…と。
2人だけでも大変なのに3人もいたのではたまりません。
d0164636_11364066.jpg
井口、内海、藤川、福留、高橋由伸…ゲストとして第5戦までに出演した現役選手ですが、
私が聞いた限りでは、これはという話をした人はいなかったと思います。
特に、第4戦の福留起用には驚きました。
メジャーに行って4年 公式戦を見ていない男に何を語らせるつもりでしょうか。
普通の解説をされても困るし、昔のチームメイトの思い出話にしてもメジャーとの
比較にしても、場違いでしょう。自分だったらいったいい何を聞くんだろうか、と
考えてしまいました。アナウンサー泣かせの人選です。ハハハ。

民放を選択する
日本シリーズ:先勝の後を受けて2回に早くも中日が先制の
大きなチャンスなんだが、伊東・道谷コンビからはその緊迫感も
ワクワク感も伝わってこない。どういうわけだ。
よもやま話をしているみたいだ。
絶叫しろと言っているのではないけれど。ハハハ。


“大人の放送”…民放の出身ですが、オーソドックスなNHKの解説・実況のスタイルは
そんなに嫌いじゃありません。余計な“装飾”がないので邪魔にならないのです。
しかし、あまりにも“民放とは一線を画す”意識が強すぎるせいか、戦術・・技術の話に
かたよることがあったり、楽しく聞かせる工夫がまったくなかったりするところに不満が
募ることがあります。伊東・道谷コンビがまさにそうでした。

第2戦の序盤でうんざりしているときにテレ東で野村克也が解説していることを知って
すぐにチャンネルを変えました。以後、このシリーズは民放で見ています。
やはり、野村解説は面白いです。
普通の解説者だったら配球の話などかったるくて聞く気になりませんが、ノムさんなら
じっくり聞いてみたいという気になります。

浅田真央 復活?
NHK杯フィギュア:5人が同時に滑っていても浅田真央は
品や華やかさでひときわ目を引く。
ただ、演技で勝負する上ではもう一つ何かがほしい気がする。
ラサールが呟いたことは品はないがあながち間違いとは言えない。
実際に恋する必要があるかどうかは別にして。


優勝したのは鈴木明子だったのに、話題は浅田真央が一人占めした感じでした。
マスメディアがとり上げるのは、どうしても人々が関心を寄せる人や物ですから、
仕方のない面もあります。ニュース・バリューと人気が一致してしまう…それが
我がマスコミのどうにもならないところですね。ハハハ。
d0164636_11371095.jpg
名前が呼ばれてリンク中央で構えに入ったときの柔らかな表情に驚きました。
フリーではトリプルAに挑戦しませんでした。安全策ということでしょうか?
全体としては流れがあって優雅でした。終了後の顔を見ると悔いはないようです。
浅田がトップ・アスリートとしてトリプルAにこだわる気持ちは理解できます。
しかし、跳ばなくても点がとれる仕組みになっているなら、こだわりを捨てて、
ほかの要素で高得点を狙う方が賢いのに、と思い続けてきました。キム・ヨナも
ライサチェクもその路線を選択して金メダルを獲っています。
ネット上は得点の出方に“不満の洪水”でしたが、うまく してやられたのです。
陣営の勝利でしょう。

今後、浅田真央がどちらの方向を目指すのか注目しましょう。

押し売り?
NHK杯フィギュア:昨日もそうだったが刈屋アナは自分の考えを
押し付けすぎていないだろうか?
“見る目”に自信があるのだろうが八木沼を自分の思う方向に
誘導しようとするのが聞いていていい気分じゃない。
同じ仕事をしていたから余計に感じるのだろうが。W


民放との比較でNHKの刈屋アナの評判が相変わらず高いようですが、私は 相変わらず、
好きになれません。今回は特に、自分の“色”を前面に出した実況をしていました。
ツイッターで「それだけ思い入れが強いのでしょう」というコメントがありましたが、
アナウンサーが実況に自分の思い入れを持ち込んだらダメじゃないでしょうかね。
違う“思い”で聞いている人たちにとっては“おしつけがましい”放送になっていました。

民放のアナは“十把ひとからげ”でダメだと言われてしまいますが、テレ朝の森下アナは
刈屋アナよりはるかに優れた実況者だと、同業者として判断しています。
あとは、好みですからお好きなようにとしか…。ハハハ。
d0164636_11374080.jpg
優勝が決まったあとのインタビューで「申し訳なくて…」と言った鈴木の言葉に
「そんなことありませんよ」とアナが応じたのも、大向こうを意識した物言いで、
“ひんしゅくもの”でした。視聴者が何を望んでいるかは考えなければいけませんが、
だからと言って、“おもねる”放送をするのはみっともないことだと思います。

男子を担当したのも同じアナだと思いますが、放送が始まったときのテンションが
異常な高さでした。若手の中では期待しているし、語り口は嫌味がないのですから
もう少し落ち着いてほしいです。SPのときの、高橋大輔を応援しているような
放送は問題です。喜ぶのはオタクだけですから。

11/13 清武代表の反乱
YG騒動については清武代表を応援する。“理の有無“に関係なく
孤立無援になることが見え見えだからだ。結局は解任されて
放り出されることも…。内輪の話だが、グループ内で話しても
押さえつけられるだけから外に持ち出したに過ぎない。
時期が間違えた点は救えないが。(続 

続)…今朝からテリー伊藤が清武叩き&ナベツネ擁護に奮闘中だ。
みっともない。日テレで帯番組を持っている彼に公平なコメントなど
期待できるはずもない。彼の口を封じることはないが、バランスが
とれた出演者をキャスティングしなければ視聴者をミスリードする
ことになる。

11/18 ナベツネ 突き出し 清武代表
巨人の清武球団代表が解任された。予想された流れだ。
清武氏も覚悟していただろう。
内部事情を表に出したのはみっともないし時期も悪かったが
清武を応援することに変わりない。週刊誌などが書いている通り
彼が「何かを持って」いてほしい。斎藤祐樹から借りてこい。w


今回のお家騒動についてスポーツ紙がどう報じているかは知りません。しかし、テレビを
見ていると、内部事情の暴露とタイミングの悪さばかりを取り上げて清武代表を批判する
論調が多いように思います。“一方的”にさえ見えます。
彼の主張をすべて認めるつもりはありません。しかし、内部事情を内部で正そうとすると、
内部の圧力でつぶされることが見え見えだから“行動”を起こしたのです。
ワンマンの横暴がこの騒動の根っこにあることも事実ですから、少なくとも“両成敗”で
なければ公平性を欠くと思います。
d0164636_11382368.jpg
たぶん、清武氏は他人を巻き込むことを避けるために一人で動いたのでしょう。
東京のスポーツ紙が日本シリーズそっちのけでこの件を伝えるのは、“売らんかな”以上に
読者の関心が高いことを示しているのではないでしょうか。
せっかく、これまでの読売グループでは考えられなかった行動をとる男がいたのです。
“蟷螂のオノ”で終わらせてはあまりにももったいないです。

週刊誌は 清武氏が読売内部の“闇”につながる“何かを握っている”と伝えています。
やじうま目線でいえば、「こりゃあ、面白い」です。
ここは是非、「何かを持っている」ことにかけては“第一人者”の斎藤佑樹に知恵を借りて
とことん頑張ってほしいと思います。ハハハ。

ついでに、解任に当たって 読売側が長嶋茂雄氏の清武氏を非難する“談話”を添えたのは
最低の所業と書いておきます。長嶋さんの本心とは思えません。利用されただけでしょう。
痛ましい…。

11/14 グランドスラム名勝負
今日からでしたね。テニス実況を始めた1年目…
声は若々しいですが、やっぱりお粗末ですね。w 
@xxx WOWOW・BS192で、‘92年の全米テニス、
「アガシ対クーリエ」戦の「名勝負選」を放映中。

d0164636_1139985.jpg
月曜日から、過去の放送分から“名勝負”が再放送されています。
初期のものは、やはり“積み上げた”ものが乏しいために“お恥ずかしい”実況に
なっています。1990年代後半以後になると 納得できるものが多いですが。

4セットすべてがタイブレークになった2001年の全米QF Sampras vs Agassiや
リスペクトするサンプラスのキャリア最後の試合 2002年全米のファイナルなどは
今見ても手に汗を握ります。
選手のキャラクターを含め、あの頃のテニスは楽しめたなあ、と思います。

11/16 放送席 混乱す
プレジデンツ・カップ開幕。98年、カプルスがパットを沈めたとき
NHKアナが「アメリカ優勝」と絶叫。
相手が入れ返すとまだ分からないのに。惨めなミス…
「こんな間違いはするまい」と心に誓ったが翌年のライダー・カップで
まさに同じミスを!土曜日のブログに書く。


98プレジデンツ・カップのケースはドラマチックなプレーに興奮したアメリカ選手たちが
グリーン上に飛び出して大騒ぎになったために 放送席も巻き込まれて「アメリカ優勝」と
アナウンスしてしまったのだと思います。それは解説の一人が我に返って「いや、相手の
パットが入れば分かりませんよ」と言うまで続きました。
私はそれを見ていて「怖い、こういうミスだけはできないぞ」と心に誓ったものです。

しかし、翌年のライダー・カップ最終日、後ろからふた組目の17番グリーンでレナードの
スーパー・パットが決まったあとに起きた大騒ぎにつられて、私も「アメリカ優勝!」と
叫んでいました。オラサバルがパットを入れ返せば、勝負は更に続き「アメリカ優勝」は
先にのびるところでした。
そんなミスは吹っ飛ぶぐらいに素晴らしい試合でしたから、誰も私を責めませんでしたが、
1年後に「ご苦労様でした」と言われてゴルフ中継からはずされたのは、やっぱりあれが
理由だったんでしょうかねえ?ハハハ。

11/17  落合采配に疑問
日本シリーズ:ええっ!驚いたぞ。代打を送らないって…絶句した。
CSからこのシリーズにかけて初めて落合采配に異議を唱えたい。
6回1死からでいいと思っているわけだ。参った。

日本シリーズ:これで点が取れたら、土下座するしかないが、
放送席も何も言わなかったっから、これが正解なんだろうなあ。
公式戦なら確かにこれが正解だと思うが…って、未練たらしいな。
ハハハ。

2勝2敗の日本シリーズ第5戦、0-1の6回、先頭のピッチャーに
代打を送らなかった…ということは、残り12個のアウトのうち一つを
捨てたということなんだよなあ。
点を取られないことより、取って少なくとも同点にすることを考える
べきだと思ったが。

日本シリーズ:これ以上点はやれないと好投のチェンに代打を送らず
試合に残した落合。明日は休みだし、和田と杉内、ファルケンボーグ
以外のピッチャーを全員つぎ込んででも勝ってしまおうと山田を
代えた秋山。代える理由はないと野村は言うが。どっちが正解か。

日本シリーズ:孫社長が王貞治を大事にしているのを見るのは
嬉しいことだ。リスペクトがうかがえる。長嶋をかわいがる、
ペットのように…というナベツネとはわけが違う。
揃って華やかだった選手時代を思えば人生の終盤ははっきりと
明暗が分かれた。さびしい。

日本シリーズ:2連勝のあとの3連敗…中日はmust winの
この試合を落としたのは痛い。和田・杉内の2枚を残すホークスに
対して中日は吉見でとにかく五分に持ち込むしかない。
しかしここまでの打てなさ加減を見る限り点が取れそうもない。
困ったもんだ。

d0164636_1139515.jpg
日本シリーズ、2勝2敗で迎えた第5戦、1点をリードされた6回裏の中日はピッチャーの
チェンから始まります。私は 当然 代打だと思いましたが、落合監督は動きませんでした。
点をやりたくない、2点目を取られたら苦しい…その気持ちは理解できます。信頼できる
中継ぎ投手もいなかったのでしょう。
しかし、残りの先発投手の陣容を見ても、絶対に負けられない試合だったはずです。
くどいかも知れませんが、リードされた6回です。つまり、残り12のアウトの中で1点を
とらないと負けるのです。ひとつのアウトも無駄にできない場面でしたが、落合の判断は
違いました。放送席も何も言いませんでしたし、昨日の新聞も触れていませんでしたから、
私が野球を知らないということなんでしょう。相手が落合じゃしょうがないな。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2011-11-19 11:43 | blog | Comments(18)
Commented by minoruno at 2011-11-19 12:37 x
岩佐さんこんにちは。
今回のNHK杯の刈谷アナの実況については、私がよく行くいくつかの比較的冷静なフィギュアファンのブログではかなり不評でしたよ。
統計とってないのでわかりませんが、ファンの間でも彼の実況に疑問を感じる人が増えている気がします。
にわかファンの私ですらウザイと思った箇所が多々あったので、これは本気でどうにかして欲しいです。なんだか年々酷くなってる気がします。

テレ朝の森下アナについては私も同感で、結構な拾い物ではなかろうかと思いました。もうちょっと口数減らして騒がずに実況してくれれば尚良しですが。
Commented by mokudera at 2011-11-19 13:13 x
久しぶりにコメントします。
今日wowowで、久しぶりに実況を聞きました。
アガシ対フェデラー戦でした。
私は、試合そのものより、岩佐さんの声を聞きたくて
観ていました。うれしかったです。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-19 14:01
minorunoさん、こんにちは。

一部に強烈なファンがいるということなんでしょうね。
彼のようなアナウンスを“気持ちが悪い”と思うのは
私が民放の出身だからかと考えていた時期がありましたが、
最近は、そうでもないと分かって安心しました。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-19 14:04
mokuderaサン、お久しぶりです。

私も、ここ数日“聞き惚れて”います。ハハハ。
…懐かしいですが、アラが耳について、穏やかに
聞くことができません。
Commented by かがやき at 2011-11-19 15:33 x
岩佐さん、お久しぶりです。いつも楽しく読んでいます。WOWOWのグランドスラム名勝負いい企画ですね。アガシと伊達公子中心のプログラムですが、95全豪のサンプラス対クーリエ、95全米サンプラス対アガシ、96全米サンプラス対コレチャは絶対見たいので岩佐さんから強くWOWOWに圧力をかけてください(笑)。それから(笑)エドバーグ、チャン、ベッカーの分もよろしくお願いします。
2002全米サンプラス対アガシ戦の岩佐・柳さんの名コンビが偉大な二人の輝かしいライバル伝説の最終章への万感迫る思いが伝わってくるような実況ですね。私の心を揺り動かす実況でした。感謝いたします。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-19 15:40
かがやきサン、こんにちは。

このあたりの試合はサンプラスやアガシを
語る上では欠かせませんね。
自分のスタイルが出来上がってからだったので
よかったです。

なお、わたしにはもはや、WOWOWに
圧力をかける力はありません。ハハハ。
Commented by レニ at 2011-11-19 18:56 x
こんばんは。

読売が長島のコメントを出したことについて、いまだに長島がオールマイティだと思いこんでいるというか、彼がなにか言えば影響を与えられると信じているというか、もうその感覚が完全にズレていると思います。しかし清武がどんな材料を持っているのかは楽しみですね。やけに自信ありげなので……。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-19 19:23
レニさん、こんばんは。

腕利きの社会部記者だったと言いますから
期待します。ハハハ。
Commented by pigu at 2011-11-19 22:11 x
岩佐さん、初めまして。
テニスファンです。岩佐さんのブログは毎日拝見しています。

私にとっては、もちろんテニスのNO.1解説はオールタイム岩佐さんです。岩佐さんの声が大好きです。そして岩佐さんの教えてくださることも大好きでした。今も昔もサンプラスの大ファンの私ですが、「アラカルト」も、試合中の情報も本当に楽しみでした。サンプラスのことをたくさん知ることができて。

というわけで。WOWOWのグランドスラム名勝負を連日見て、感動しております。やはり、岩佐さんの解説で見るグランドスラムは最高です。岩佐さんがいろいろ教えてくださるので、サンプラスのことをますます好きになることができました。もちろん、他の選手もです。

VHSでしか保存できなかったサンプラスの試合を今、DVDで録画できる幸せをかみしめています。「アガシ特集」にちょっと不満なので(笑)WOWOWが「サンプラス特集」をしてくれるといいなあと祈る毎日。

それ以上に岩佐さんの一日も早い回復をお祈りいたします。
Commented by Shin at 2011-11-19 23:50 x
岩佐さん、ご無沙汰しております。
お怪我の具合、心配ですが、1日も早く回復されること願っております。

<グランドスラム名勝負>
今日は2005年全米決勝でした。ということは、WOWWOWでの岩佐さん最後の放送分ということでしたね。最後のコメントを楽しみにしていましたが、「58ポイントのうち41ポイントをフェデラーが取りました」以外聴けないのが残念でした。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-20 07:29
piguサン、おはようございます。

おほめの言葉…恐縮です。ありがとうございました。
実況人生の最後の10数年はかなりテニスに
入れ込みましたから、評価していただくとうれしいです。

名勝負,私も楽しんでいます。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-20 07:31
Shinサン、おはようございます。

変わりものですから、やめることは最後まで
言わない、と決めていました。ハハハ。
申し訳ありません。
Commented by 老・ましゃこ at 2011-11-20 20:55 x
海外出張の多さに、きっと奥様は寂しい思いをされたのではと思っていましたが、
今回のWOWOWの企画を機に考えが変わりました(^^)
リアルタイムで地球の裏側から実況する声が聞こえてくる…なんて素敵でロマンティックな時間でしょう!

放送に関して個人的には、WOWOWが初めて全豪オープンを放送したころの岩佐さん、柳さんの実況・解説を聴いてみたいと思ったりいたします。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-20 21:23
老・ましゃこサン、こんばんは。

妻がどんな心境だったかは聞いたことがありません。

柳さんは1992年の全豪は参加していません。
全仏の準決勝(東京のスタジオ)からです。
Commented by 四葉 at 2011-11-22 13:11 x
フジテレビ騒動の時にFinal say を言われたナダルファンです。
今日はテニスの話なのでコメントさせて下さい。
ここ数日グランドスラム名試合をwowowで拝見していますが、改めて岩佐さんの実況に聞き惚れています。
アナウンサーの基本的な魅力は声音だと思いました。岩佐さんの声はとても耳当たりが良い美声です。
正統派でありながら堅苦しくない、事前のリサーチに基づく裏情報、解説者の説明を上手に聞き出すテクニック、景色や同時多発テロなどの現地の状況を織り交ぜた美しい描写(けれど作り込みすぎていない)、本当に素晴らしいです。
名実況をもうお聞きすることができないなんて残念でなりません。

ケネディ暗殺事件の時にすでにアナウンサーだったなんて!多くの場数を踏んでこられたからこその味なんですね。

後で差し障りが出ませんように、骨折の養生をなさってご自愛ください。
昔と違って今の70代はお元気で若々しいのですから、往年の名アナウンサーさんにご活躍の機会があると良いですね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-22 14:36
四葉さん、こんにちは。

final say・・・とんでもない数でしたから
具体的に何を書いたか覚えていませんが、
その言葉を使ったことは記憶しています。

今回は、おほめの言葉、恐縮です。
私の声は“美声”というカテゴリには
入らないと思っていますが。

準備やテクニックについては、アナウンサーなら
誰でも心がけることですが、プレゼンの段階で
“自分”がでてしまうために失敗する人が多いようです。
Commented by kanada at 2011-11-23 03:35 x
こんばんは。今2001年のUSオープンのアガシ対サンプラスを見てます。実況はもちろん岩佐さんです!名勝負に自然と馴染む実況が見ていて心地良いです。改めて見ると岩佐さんが良くおっしゃる「しゃべらない」こともまた実況のうちだとわかります。時間を忘れて見入ってしまうので、ついつい夜更かししてしまいますね(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-11-23 07:46
kanadaサン、おはようございます。

再放送は“ド深夜”でしたね。お疲れ様でした。
そうまでして見ていただけるのはありがたいことです。
このシリーズはまだ続くのだと思われ、BDを大量に
仕入れておきました。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。