ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「ドローのいたずら !~ユーロ2012 組分け~」11/12/07

d0164636_9494366.png
12/03
EURO2012組分け…グループB!
オランダ、デンマーク、ドイツ、ポルトガル。
均衡を図ろうとしているのだろうがいつだってドローの
いたずらに泣く国が生まれるなあ。
これは来年の6月はリーグ戦から目が離せない。
寝不足を覚悟しないと。

d0164636_9495811.jpg
来年6月に開幕するユーロ2012もWOWOWが放映するようですね。連続5大会…
権利獲得競争が激しくなっている中でよく頑張っていると思います。もしかすると、
スカパーとの間でほかのソフトとの“住み分け”ができているかもしれませんが。
ええ、これとこれはウチが取りに行くので、おたくは手を出さないでください…的な
暗黙の取り決めをして権料のつり上げを防ぐ“企業防衛策”です。
実際にやっているかどうかは知りませんよ。ハハハ。

それにしてもグループBはすごいですねえ。
この4ヶ国の中から グループ・リーグの段階で二ヶ国が消えるのですから。
どの国の監督も表面はともかく、結果が出た瞬間は内心、「えらいことになった」と頭を
抱えたことでしょう。ハハハ。

初めて実況した1996年イングランド大会を思い出します。
当時、ヨーロッパのサッカーはまだまだ遠い存在でした。WOWOWのセリエの放送は
始まっていましたから イタリアのことはそれなりに情報があり、そこでプレーしている
外国人選手についても分かる部分はありましたが、代表チームの情報は僅かなことしか
伝わっていなかったのです。

それでも、内外の雑誌をかき集めて資料づくりをしました。
このときの実況陣は柄沢・八塚両アナと私で、ロンドンをベースにする私はイングランド、
スコットランドなどがいるグループAと グループDのデンマークvsクロアチア戦を
担当することになっていました。つまり、グループB,Cの8ヶ国とDの2ヶ国については
決勝Tまで実況する予定がなかったのです。

直前のフレンチ・オープン・テニスも担当する私はユーロが開幕する1ヶ月前に日本を
出発するという“ハンデ”がありました。パソコンなどまだ普及していない時代です。
…時間と労力の節約を考えました。当面 担当しない“10ヶ国”が決勝Tに出る可能性を
考えて自分なりにランク付けし、それに応じて資料を集めることにしたのです。
“手抜き”などと言わないで下さい。経験を積んだアナウンサーが同じ状況に置かれたら、
10人中9人は きっと同じことをするはずです。強弁。ハハハ。

グループCはドイツ、イタリア、ロシア、チェコで構成されていました。
当時の力関係からはドイツとイタリアが勝ち抜けると考えるのが“常識”でしたが、
念のために「曲者だから」とロシアを入れ、チェコは可能性がないと判断しました。
Aの中で実況の予定がないスイスと、Bのルーマニア、Dのトルコも外しました。

テニスの仕事をこなしつつ、資料をあさりましたが、思うように行きません。
それでも、国ごとに用意した12枚の大型封筒には少しずつ資料がたまって行きました。
“外した”4ヵ国も、封筒だけは用意しておきましたが、空っぽのままです。ハハハ。
d0164636_9502011.jpg
グループC で、もたついているイタリアをしり目に チェコが決勝T進出を決めたときは
スタッフ全員が肩を落としました。セリエを放送しているWOWOWにとって イタリアが
グループ戦で消えることは“あり得なかった”のです。
そして、私にとっては“情報がない”チェコが出てきたことは大問題でした。もちろん、
外した方が悪いんですが。ハハハ。

開催地がイングランドでしたから、英語の新聞雑誌があふれていたのは幸いでした。
チェコの情報を求めて古い新聞まで探し回り、なんとかピンチを脱しました。
ランクに従ってシードをするなど、できるだけ各グループのレベルを合わせて 強い国が
早い段階で消えることがないようにしているはずですが、抽選はときに“悪さ”をします。
d0164636_9503440.jpg
今回のグループBもその典型です。
オランダ、デンマーク、ドイツ、ポルトガル…6試合すべてが“決勝T並み”に魅力のある
カードですから目が離せません。この冬、ヨーロッパ中の職場や家庭、カフェやバールで
サッカー・ファンは“経済危機”と“グループB”について激論を戦わせることでしょう。
ハハハ。

11日はクラシコですね。
メッシとCロナウドの直接対決じゃ、見ないわけにはいかないなあ。
ああ、サッカーに関してはすっかりミーハーになってしまった。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2011-12-07 09:52 | サッカー | Comments(4)
Commented by 赤ぽん at 2011-12-07 16:49 x
岩佐さん、こんばんは。

パソコンの無い時代に現地での資料調査・・・本当に大変な時代が10数年前
にあったことなど今では考えられないですね!
前回、スペインがドイツを下してもう4年、昨年のW杯でも王者となり
連覇するのか?あるいはユーロ特有の?!前評判のあまり高くない国が
来るのか?そしてまさに死のB組を勝ち抜くのはどこか?眠れませんw

昨年南アでデンマークに3-1と勝利している日本の実力レベルを妄想
するのも面白いし、とにかく安牌の国が無いレベルの大会、楽しみです。その前に昨年5-0のような試合をしたクラシコで、レアルがホームで
どうバルサに挑むのか?来日前のバルサも楽しみだし・・・大変です(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-07 17:56
赤ぽんサン、こんばんは。

パソコンはまだほとんどデスクトップだけの時代でした。
WOWOWの社内にも5,6台しかありませんでした。
ニューヨークの知人に頼んでこれはと思う記事をプリント
アウトしてもらい、それを毎日、パリのホテルにFAXして
もらっていました。

サッカーファンはしばらく忙しい時期ですね。
Commented by あおき at 2011-12-09 15:14 x
岩佐さん、こんにちは。

96年のユーロですかぁ今でも思い出します。
ポールガスコインのスーパーゴール!!きっと忘れる事はないんだろうな〜と思ってます。その後の人生の事は別として、スーパーな選手の一人ですし、あの時のチェコは印象に残りました。

何気に今回はグループDがどうなるかな?と楽しみです。。Bは別格です。
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-09 15:27
あおきサン、こんにちは。
3回参加したユーロは忘れ難いものです。

ガスコインのゴール、きれいでしたね。
去年、こんな記事を書いています。よろしければどうぞ。

「“ガッザ”がとうとう…~ユーロ96の一瞬の輝き~」
bit.ly/s6rj5B
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。