ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「“3番 イチロー”実現か?~監督はすでにその気のようだが…~」 11/12/08

d0164636_9265622.jpg
12/07
マリナーズのウェッジ監督が来シ-ズン、イチローの打順を
変える可能性を明かした。
「まだ何番を打たせるか決めていない。彼にもそのことを
理解してもらいたい」。
数日前を含めてオフに二度会ったそうだ。「チームにとって
ベストだと思うことをしたいからだ」(続

続)「ベストの9人を正しい打順で使って できるだけ多く
点が取れるようにしたい。1番イチローがいいと思えばそうするし
3番がいいと思えば…」。
シーズン中「イチローはチームのためにベストなことをしたいと
言っていた。その言葉を信じてるし、そのようにするつもりだ」

d0164636_927859.jpg
本来なら当たり前のことなのだが、ウェッジ監督がシーズン半ばの6月10日、
イチローを休ませたとき、「やるなあ」と思ったものだ。
年間162試合すべてを休まずにプレーする選手はきわめて少ない。
今年を例にとれば、ブリュワーズのプリンス・フィルダーただ一人だ。
メジャーの監督は ケガや病気でなくても、適当な間隔で選手たちを休ませる。
Occasional restと呼ばれている。別に選手に優しいのではない。シーズンを
通していいコンディションで仕事をしてもらいたいからだ。ハハハ。

ところが、イチローはこの“休養”が好きじゃないらしい。実態は不明だが、
過去の数字を見るかぎり、最初の3年と 出遅れた上にケガもあった2009年を
除くと8シーズンで4試合しか休んでいない。
結果が出ているんだからいいじゃないか と考えることもできるが、歴代監督が
コントロールできていなかったからだ と見ることもできる。

打順についても同じだ。
イチローを3番に…という話はこれまでにもあった。マリナーズの打線を見れば
当然の議論だ。しかし、これまた歴代監督は踏み切れなかった。“証拠”はないが、
イチローが嫌がったのだと思う。
“休養”も“3番”も打席数の減少につながり200安打達成が難しくなるからだ。
11年間で3番を打ったのは13試合…試合数は少ないものの見事な数字が並ぶ。
d0164636_9273441.jpg
今シーズン、記録が途切れたのは 本人はもちろん、熱狂的なファンにとっても
痛恨の出来事だっただろう。しかし、ものは考えようだ。
イチローの存在がマリナーズの中でも“きわめて特別”ではなくなった。
“特別”ではあっても…。
それは必ずしも不幸なことではない。監督とイチローの関係が 監督と“普通の”
主力選手の関係になるからだ。つまり、来シーズンのウェッジ監督はイチローを
扱いやすくなったわけだ。現にタイムズ紙は<監督はイチローに「来シーズンは
トップバッターじゃないかもしれないと話してある」と語った>と書いている。

さて、イチローが3番を打てばどうなるのか?
1番を打っているときの仕事は塁に出ることだった。今度は走者を返すのが仕事だ。
得点圏に走者を置いて打席に立つことが多くなる。打法も変わるだろう。
“その気になれば打てる”長打が増える。打順が3番になったら、200安打への
こだわりは減るはずだからフォアボールも増えるのではないか。
FAのフィルダーが4番に座ればイチローの仕事はやりやすくなるのだが。

打率は下がる可能性がある。
長打が求められるからでもあるが、内野安打になった“はず”のゴロを打ったとき、
走者がほかの塁でアウトになるケースが増えるからだ。全部うまくは行かん。ハハハ。
それでも、満塁のときの4割9厘など 得点圏打率のいいイチローが打席に立つとき
ファンの楽しみは大幅にアップする。ファンならずとも、期待が膨らむ。
そう、彼には厳しい私も“3番”としてチームに貢献するイチローなら渡米直後に
戻って、心から応援するだろう。

すでに、地元紙の掲示板には「来年の1番は誰だ?」というスレッドが立っているが、
ロビンソンやアクリーなど若い人の名前が挙がっていて「いや、あくまでイチローが
トップだろう」という声はごくわずかだ。
d0164636_928215.jpg
ところで、スポニチアネックスはこう書いている。

ウェッジ監督は「何番かはまだ決めていないが、
彼には理解してもらえれば」と、クリーンアップに置くなど、
打順変更も選択肢の一つであることを強調した。
すでにイチローとも話をしたという。


…私のつぶやきとはいささかニュアンスが違う。
記事は、1番以外の打順を打たすときはイチローの承諾が条件のように読めるし、
つぶやきは監督が“上から”ものを言っている。ハハハ。
休養の際の会見でも「実績を考えたら出たいだけ試合に出る権利が彼にはある。
その点に関しては最大限のリスペクトを払う。でも、監督は僕だからね」と
話していた。

ウェッジ監督は1月に何人かの選手をシアトルに呼ぶ計画だという。
今シーズン、ケガなどで苦しんだ選手たちのようだが、オフをどう過ごしたか、
今の状態はどうかをトレーナーにチェックさせるのが狙いだ。
この男、結構 手ごわい。ハハハ。


ちなみに、取材はウインター・ミーティングが開かれているダラスで行われたが、
残念ながらKawasakiについては一言で終わってしまったようだ。
希望球団はマリナーズだけ…と話していることについて「それは、イチローには
関係あるだろうが、チームや私には関係ないよ」と答えている。

川崎については…⇓

http://bit.ly/uWHnkL 「バッカじゃなかろうか~へっぴり腰のチャレンジャー ムネリン~」 
http://bit.ly/sPwgz8 「メジャーと日本選手~マッシーから川崎まで~」
by toruiwa2010 | 2011-12-08 09:38 | メジャー&野球全般 | Comments(7)
Commented by アトム at 2011-12-08 10:03 x
成績が低下しているのに3番へ格上げするというのは理解できませんけど。

得点圏打率は高いが得点圏でのランナー生還率は実際には低い。

打てないシアトル打線だから仕方ないのか。。。。。。
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-08 10:20
アトムさん、こんにちは。

1番より3番のほうが格上…という考え方には
同意できません。"カテゴリ"が違いますから。ハハハ。

第2点は…ランナー2塁で内野安打、というケースが
多いのかもしれません。ハハハ。
Commented by oiroku at 2011-12-08 10:38 x
監督も遠慮する必要がなくなったと思います。
開幕1番は動かないでしょうけど…なぜか日本開催ですし。
目立ちたがり屋の彼のことですし、チャンスで凡退はしたくないでしょうから、3番になったらなったである程度アジャストしてくるでしょう。ただ、一昨年くらいの水準の打撃ができればよいのですが、今年程度だと、いかに30球団一の貧弱打線とは言え3番は厳しい気も少しします。
若手も出てきてますので、消去法で1番ないし2番、場合によっては9番あたりが妥当ではないかとも思います。
3割近く打てる活きのいいリードオフが他にいればいいんですけど、そんなやつがいればマリナーズでは4番ですから…
いっそ1番川崎、どうでしょう(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-08 10:51
oirokuさあん、こんにちは。

日本だから1番・・・あり得ないでしょう。
9番を打てと言われたら、即、トレードを
要求するでしょうね。ハハハ。
Commented by アトム at 2011-12-08 12:04 x
打撃にカテゴリなんかあるんですか?
若手でまだパワーのない野手でヒット或いは出塁率が良いのでリードオフを任せられることが多いがその若手にパワーが付くと足が速かろうが中軸に移行するのはNPBでもMLBでも珍しくないケースですがね。
イチローが打順変更するなら2番が妥当でしょう。
NPBでは2番に1番より打撃の劣る打者を配するのは珍しくないがMLBではシアトル以外は打線はピラミッド型。
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-08 12:24
それじゃあ どうぞ、お好きなように・・・としか。ハハハ。
Commented by oiroku at 2011-12-08 17:47 x
開幕から1番を外れたら、ウェッジもイチローも本気だ、という気がしますね。色々期待しちゃいます。

>9番を打てと言われたら、即、トレードを要求するでしょうね。
トレードするんならしてもらいたいですね…プリンス取れれば面白いですが、そうならなければ来オフ契約更新してまでSEAにいる理由は乏しい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。