ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「骨折・南極・クラブWC~ちょっぴり朗報も~」11/12/17

d0164636_1024740.jpg
昨日は2週間ぶりで病院に行ってきました。
このところ自分でさわるとほとんど痛みもないので 今回こそは“朗報”が聞けるのでは
ないかとかなり期待して診察室のカーテンを開けました。
肩についてのドクターの診断は「つきました、とは言えませんね」、足の方は「まだ腫れが
残ってますね」でした。

しかも、「次は4週間先でいい」と言われて あせりました。ドクターにこう言われると、
「どうせ状態は変わりませんから」と告げられた気分になるのです。
少々がっかりしていると、「もう、靴が履けるんじゃないんですか?」と言われました。
普通の靴で歩いてもいい、という意味です。あくまで“かかと重心”で、痛みを感じたら
やめるという条件付きでしたが、大きな変化です。それを早く言ってちょうだい。ハハハ。
期待した“無罪放免”には程遠いですが、ちょっぴり朗報でした。
明日からでも足慣らしをして、調子がよくなったら映画を見に行きたいと思います。
「マネーボール」はどうしても見ておきたいのです。
d0164636_103853.jpg
骨折療養生活が始まってから、まず、曜日の感覚がなくなりましたが、やがて、空模様が
まったく気にならなくなりました。元気なときは、映画などで外出する予定の日の天気を
常に注意していました。雨マークが目につくと憂うつになったものです。
リビングから外を眺めていても 今 降っているかどうかを認識していないことがあります。
降っていようが晴れていようが 私には関係ないんだもの。ハハハ。

反対に“骨折”には敏感になっています。
一昨日CWC(クラブワールドカップ)でバルセロナのビジャがおかしな体勢で倒れたときも
「ああ、やっちゃったんじゃないか」と思いました。案の定でした。
ノンスタイル・石田が足首を折った、阪神の桧山が鎖骨を折ったという記事を読んだとき、
WOWOWの元同僚からフェースブックで「鎖骨クラブに入りました」と言ってきたとき…
いつも 他人事ではなく、自分の骨が痛むような気がしました。ハハハ。


12/12 腕時計“珍事”の考察
「南極大陸」再放送:最終回の援護策だ。
突っ込みどころ満載だが1回目の今日は芦田愛菜に
犬を返す木村の腕時計に注目されたい。針が逆戻り
するのだ!
恥ずかしいミスだからその後修正したかもしれないが。
参考→ http://t.co/wmbRSP5t


くどいようですが、これはめったにお目にかかれないミスです。
ほんの数分のシーンで同じ人物がつけている腕時計の示す時刻が“あと戻り”なんて。
(詳しいことは上記URLでどうぞ)

5~6カットのシーンなのに、なんらかの理由で撮影の順序が逆だったことは明らかです。
つまり、A-B-C-D-Eの順で撮影したけれど、編集する段階ではA-B-D-C-Eと
つないでいったのでしょう。
映画やドラマの世界ではよくあることだと思います。
時計の件さえなければ、仮に撮影の順序が逆でも 問題はなかったでしょうが、たまたま、
木村拓哉の腕時計が画面のかなり目立つ位置に映っていました。しかも、間が悪いことに
22.2%を記録した視聴者の中に敏感な“センサー”を持つ男がいたのが不運でした。
ハハハ。
d0164636_1021155.jpg
一連のシーンは3分ほどですが、撮影には40分前後かかったようです。
初めの方のカットで11時35分を指していた時計の針が最後に11時を示していたのです!
撮影しているときに、順序が逆になっていることは当然、スクリプターが記録しているし、
監督も間違いなく認識していたはずなのに、なぜ、こんなお粗末なことが起きたのか?

考えられる原因は二つ。
①編集時点で忘れてしまったか、覚えてはいたが、「分かりゃしまい」とタカをくくって
そのまま放送した。常識的に考えたらこのどちらかだと思うのですが、もしかすると…
②撮影はドラマの時系列通りに行われたが、木村拓哉がふと“いたづら心”を発揮して、
こっそり時計の針をもどしていた!

…ハハハ。感動的なシーンだし、そんなわけはないでしょうが。
テレビドラマ史上の“珍事”なのに、これまで興味を示した人がほとんどいません。
ちなみに、この日の再放送では、そのままでした。当ブログなど読まないから“事実”を
知らないのか、知っているけど、直しようがないので“ばっくれた”のか?
次は、総集編、DVD化のときに注目です。総集編があればチェックしますが、DVDを
買うつもりはありません。買う予定の人はチェックして報告してください。ハハハ。


12/14 CWC 柏vs サントス
日テレの実況・リポート陣・・・30歳前後の若手で固めた。
これだけのビッグ・イベントのSFでずいぶん思い切った。
資料読み、予定稿読み、選手の名前の前に背番号をつける…
悪しき伝統から脱皮するにはこうでもしなければいけない
のかもしれない。


実況の中野アナは、あまりなじみない人でしたが、入社9年目と知って驚きました。
我々の時代はスポーツアナは10年やってようやく1人前と言われたものだからです。
とりあえず落ち着いていてレベルに達した実況だったと思います。
選手の名前の前に いちいち背番号をつけるのを視聴者はどう感じているのでしょうか。
視聴者に分かりやすくということだと思いますが、実況の印象が“幼く”なり、ちょっと
“ダサイ”ですよね。たぶん、本人もやりたくないでしょうが、局の方針のようですから
やらないわけには行きません。資料読みといい、可哀そうに。ハハハ。
d0164636_101020.jpg
注目のネイマールが“さすが”のシュートで先制ゴールを奪いました。
ボルジェスの2点目とダニーロのFKによる3点目も、キーパーの手が届かないところに
ピンポイントで決めてくるあたり、南米王者の貫録十分でした。素直に脱帽です。
柏が弱かったわけではなく、サントスが強すぎました。

翌日のバルサvsアルサッドの実況も若い(36歳)田辺研一郎アナでした。日本テレビには
40~50歳代のサッカー・アナがいるはずですが、ビッグイベントのSF2試合を若手アナに
任せたことに興味をそそられます。明日の決勝を誰がしゃべるのか知りませんが、二人の
どちらかを起用したら、“若手に切り替えた”ことを意味するのかもしれません。

細かいですが、柏戦が終わった直後に柏を“good loser”と呼んだ中野アナ、バルサ戦で
「フラッシュの砲列」と二度言った田辺アナ…日本語としておかしくないだろうか?

サッカーはもちろんチーム・スポーツですが、SFで19歳とは思えない“コジャレタ”プレーを
見せたネイマールと、鮮やかなラスト・パスや思い切りのいいオーバーヘッド・シュートで
ファンを喜ばせたメッシが同じピッチに立つ明日の決勝は今から胸がわくわくします。
d0164636_1003838.jpg
NHK“獅童もどき”アナ・続報
ネットでちょっとした騒ぎになっていましたが、その後も、
彼はほぼ同じ“論調”でツイートを続けています。
心配したほどのおとがめはなかったのかもしれません。
それはそれでよかったと思う反面、お堅い会社ですから、
このままで済むとは思えません。注目し続けます。
by toruiwa2010 | 2011-12-17 10:12 | 放送全般 | Comments(4)
Commented by 赤ぽん at 2011-12-17 10:38 x
岩佐さん、こんにちは。

靴が履けるようになったとは!しかし治りかけです、慎重な行動を。

日テレの若いアナ、頑張っているのでしょうが、相変わらずの資料読みといい
番号といい、聴いていてちょっと辛いですね。ま、この局だし諦めていますけど。
それよりも解説?の方々の「ウェー」「オォー」「キター」の声が、ここぞって時に
必ず発せられるのがもう・・・なんとかならないでしょうかねぇ。
こっちもそれなりに見ているのですからその声いらないですよ。。。って
言いたいです。
盛り上げろとか局から言われているのでしょうかね。
ビジャの骨折は残念ですが、バルサとサントス、良い試合を期待したいです。
ネイマールの動き、私はちょっと軽い動きの印象なんですが、バルサはどう
守るかも注目です。
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-17 10:55
赤ぽんサン、こんにちは。
放送席・解説者の叫び声・・・
同感ですが、ときどき、ありがたいことがあります。
私のレベルでは平凡に見えても「ああ、プロが
うなるほどのプレーなんだ」と気づかされることが
あるからです。
Commented by あおき at 2011-12-17 15:47 x
岩佐さん、こんにちは。

自分では治ったかな?と思ってる時の、次は何週間後で良いですよ〜はストレスになるでしょうけど、焦らずに完治して下さいね。
スポーツの実況とかでの無駄な盛り上げは要らないかなと、プロなら普通でしょう?てのにも、、そんな時には消音にしてた事も有りました。明日のファイナルが楽しみですね。
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-17 16:59
あおきサン、こんばんは。

くれぐれも気をつけます。ご心配なく。

無駄なあおり・・・制作者サイドからの注文も
ありますからなかなか難しいところもあるのですがね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。