ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

日テレへ注文&「南極大陸」 終わる~思い切れ&泣いてたまるか!~」11/12/21

d0164636_973450.jpg
12/18
日テレ、今日の実況担当はベテランの鈴木健アナ、
格としては日テレサッカー担当アナのエースだろう。
入場シーン、この人は予定稿が得意だ。この局は
彼に限らない。伝統だ。始まったぞ。


クラブワールドカップ準決勝2試合の実況が入社8年目、12年目のアナだっただけに、
これをきっかけに思い切った若手起用にカジを切るのかと思ったが、あてが外れた。
どの世界でも、ベテランから若手への切り替えは難しいものだが、今のままだと日テレは、
“放送の中で情報をいくつ入れたか”を競うような、視聴者が求めるものからほど遠い
実況をいつまでも続けることになる。
若手の実況からは 何かを変えたいと思っているのではないかという気配を感じるだけに、
つまらない伝統がしみつかないうちに切り替える勇気を持ってほしい。
d0164636_975341.jpg
情報の提供は視聴者にとってもありがたいこと。
日テレの資料読みが悪評なのは、これだけ調べて
きました、勉強してます…とむき出しの形で出て
くることだ。
バルサ2点目。トラップからシュートまでの
速いこと。これも美しいゴール。今日の客は羨ましい。 


何度もアピールしていることで、目新しい内容ではないのだが、このツイートが25回も
リツイート(拡散)されていた。ビックリするほどの数ではないが、同様の不満を持っている
視聴者がいかに多いかを示していると思う。
見て見ぬふりをする、 あるいは無視を続けてもいいが、それでは“資料読みの日テレ”の
レッテルをはがすことはできない。

同じことはほかの局にも言える。
視聴者の支持を受けているベテランが引っ込む必要はない。しかし、能力のある若手は
どんどん登用するべきだと思う。“後進に道を譲る”のは経験者のとるべき道ではないし、
視聴者も望んでいない。後輩はあくまで力で先輩を乗り越えて行くべきなのだ。
逆に、制作者はきちんと力を見極めて、“年功序列”に従うことなく思い切った人材登用を
心掛けないと置いてきぼりを食うことになる。
d0164636_992498.jpg
決勝ではやはりメッシが光っていた。
シャビがアクロバチックなトラップから出したパスを受けてのループシュートは一連の
動き全体が“芸術品”だったと言ってもいいだろう。見た者の目にいつまでも焼き付いて
離れないに違いない。


<<<佐藤隆太…どことなくさっきまで見ていた
ネイマールに似て見えるが。

<<<暴風域を抜けるとそこは南極圏だった。
 

サッカーが終わり次第 “追っかけ再生”で見るつもりだったが、勝負の行方は見えたので、
9時から「南極大陸」に移動した。
相変わらず、警報が出たと思えばあっという間に暴風圏に入り、CMを挟んで短い時間で
抜けたと思ったら、もう南極圏だという。犬の“演技”はたっぷりと見せる割に ほかは
なんとも荒っぽいつなぎ方になっている。

第1話から突っ込みどころの多いドラマだったが、最終回も強引さが目についた。
犬たちの死を利用して泣かせようとする演出は、それだけ必死だったのだろう。
d0164636_994756.jpg
この物語は、日本復活の扉を開くため、そして愛する人の
想いを胸に南極大陸に命がけで挑んだ一人の若き学者と、
彼と運命を共にした“同士”樺太犬の愛と絆のドラマである。


…今にして番組HPのイントロダクションを読むと、その最後にそう書かれている。
そうか、倉持(木村拓哉)と犬たちの物語だったんだ。
たしかに、振り返ってみると“その他大勢”の隊員たちと1年間の越冬生活で苦楽を共に
したはずの犬たちとの日常的な触れ合いはほとんど画面に出てこなかった。
倉持と犬の強い絆を本格的に見たのも第6-7話でボツンヌーテンに挑んだときが最初だ。
d0164636_9102945.jpg
迎えに来た宗谷が接岸できず、苦渋の決断で犬を置き去りにせざるを得なくなったとき、
ボツンヌーテンで命を救われた氷室(堺雅人)を筆頭に、特に強いつながりがあるようには
描かれていなかったほぼ全隊員が、血相を変えて 決定した隊長(柴田恭平)に詰め寄った
シーンには強い違和感があった。視聴率を考え、綾瀬はるかや芦田愛菜を登場させようと
欲張った結果、余計なシーンが多くなり、倉持を除く隊員たちと犬たちの交流の描き方に
丁寧さが足りなかったのだ。

最終回の終盤でしきりに「生きる」という言葉が連発されていた。
「彼等の分も生きなきゃいけない」「前を向いて、彼等に恥じないように生きていこう」
…唐突だった。そんなテーマがこのドラマから感じられただろうか?ノーだ。
セリフで香川や木村が言っただけだ。
“生きる”という意味では、タロ、ジロ、そしてリキたちは首輪を抜けたあと どうやって
1年間を生き延びたのか、についてはまったく描かれていない。
“腕時計の怪”を初めとして アラが目立ち、改めてこのドラマは壮大な失敗作だと思う。

もちろん全10話平均で18%の視聴率をとったのだから、評判だったことは間違いない。
ツイートの流れを見ていると、犬好きの人たちが辛いことは覚悟の上で見ていたようだし、
思い切り涙を流したようだ。あるいは、泣いたことで感動したと錯覚したかもしれない。
私だって、犬は好きだ。ネコに次いで…。なんだかんだ言いながら 最初から最後まで見た。
かつて「アンチ巨人も巨人ファンのうち」とかなり強引な言われかたをしたことがあるが、
その言葉にならえば、私もまた立派な“南極ファン”…。
d0164636_912284.jpg
しかし、セリフのひとつひとつ、犬の扱いのわざとらしさには辟易するばかりだった。
“泣かせよう”という意図があからさまで、とうとう最後まで感動したり涙があふれたり
することはなかった。
最近、ここまで魂胆・作為をむき出しにしてあざとかったドラマは珍しい。

だからと言って、この作品を見て「よかった」と思った人をバカにする気持ちはない。
私が嫌だと感じた部分が、彼らは気にならなかっただけのことだもの。その意味では
たまたま見かけたこのツイートは正しいことを言っていると思う。

「南極大陸」に文句言うだけだった人間と、
素直に感動で来た人間じゃ、後者の方が
圧倒的に幸せだよな。


うっかり、御意!…とリプライしそうになった。

さらに、だからと言って、以下のようにも思わない。

南極大陸もそうだけど、坂の上の雲が
ミタより視聴率が低いという事実は、
日本人のダメさ加減を表している気がするよ。
自国の歴史を知ろうともしないなんて


…そんなことを言っちゃダメだ。現象だけを見てものを言っちゃ。
カゲヤマに言われるぞ「あなたさまの目はフシアナでございますか?」
d0164636_1064647.jpg

by toruiwa2010 | 2011-12-21 09:15 | 放送全般 | Comments(6)
Commented by つー at 2011-12-21 11:12 x
はじめまして

日テレほど視聴者の想いが反映されない局は無いと思います。
おそらく、CWCはスポーツではなくイベントの一つとしかとらえていないのでしょう。

試合後のメッシへのKYなインタビューは、昔、女芸人をカカへのインタビューに使って日本中を凍りつかせたことを想いだしました。
Commented by toruiwa2010 at 2011-12-21 11:16
つーサン、こんにちは。

KYインタビューは見てないので何とも言えませんが、
さんまが出てくるとバラエティになってしまうことにも
気づくべきですよね。
Commented by 赤ぽん at 2011-12-21 17:24 x
岩佐さん、こんばんは。

日テレアナに関する記事、全く同意です。会場音だけ(これはやってくれない
でしょうけど)
ないしTV的に味気ないですが、音声を絞っていても日テレの場合なんら
問題ない程度と、もはや諦めています。
あと画像に関してですが、やけに選手のアップが多いように思います。
流れが止まり気持ちがそがれます。逆に微妙なオフサイド判定のリプレイは
少ないし・・・リプレイしてはいけない「何か」があるのでしょうか?(特にJリーグに多い)
もっともへんなリプレイ中にプレーは進み会場の歓声だけが聞こえるのも
イヤですけどw
引きの画とのバランスをもっととれないのでしょうか。常に動いているサッカーという
特性をとらえて・・・ボールの無い所の動きも見たいし。
欧州のテレビではうまく映してるなぁ!と思うことが結構あるのですが、日本の(日テレだけでなく)テレビに求めすぎなんでしょうか?

あと、これももう絶望的ですが、スポーツとコメディやアイドル的要素も分けて欲しいと
もう何年思っているだろう。

Commented by toruiwa2010 at 2011-12-21 17:56
赤ぽんサン、こんばんは。

映像にもディレクターの好みは出ますからね。
サッカー観と言ってもいいですが。
Commented by Vevey at 2011-12-21 19:48 x
岩佐さん、今晩は。
南極大陸の実話はすばらしいものだと思うので、録画していましたが、時々見るダイジェストでお腹いっぱいになってしまって、一括消去の運命をたどりそうです。
何だかこのドラマに出ている香川照之や堺雅人まで、もう見たくない感でいっぱいになりました。木村拓哉は勿論ですが。
半年かけて放送して、端折った部分をもっと細かく丁寧に描いて欲しかったなと思います。その方がお金の面でも助かったのでは?
感動の押し売り〜ドラマのTBSの名が廃る迷作になった
気がします。

Commented by toruiwa2010 at 2011-12-21 19:57
Veveyさん、こんばんは。

先日のハナマルに出ていた緒形直人が
三国連太郎から言われたと紹介していた言葉が
耳に残っています。
「君の踊らない芝居がいい」(うろ覚え)

確かにこのドラマの香川や堺は踊りすぎ・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。