ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

箱根大学駅伝を見る~ほかにないんだもの…~ 12/01/03

d0164636_9155819.png

d0164636_916307.jpg
箱根駅伝:正月の風物詩だ。
テレビ中継が始まって何年になるのか。
最初は東京12CHが部分的に放送した。結果がよく、
すぐに日テレが始めた。弱肉強食の世界・・・w。
落ち着きのある総合司会の村山アナ以外は盛り上げに
必死でうるさい。今年はどうか?

d0164636_9205458.jpg
風物詩だと、本気で思っているわけではありません。ハハハ。
どんなにやりたいと思ったって実況できないイベントをそんな風には思いません。
トヨタ・カップ、世界陸上、フィギュア、大学ラグビーなどと並んで、よだれが出るほど、
他局のアナをうらやましく思ったものです。
今年はたまたま、静養中なので結構 長時間見ました。

若い長距離ランナーにとってはあこがれのイベントでしょう。彼らが大学陸上部の門を
叩くのはこの舞台に参加するためでしょう。在学中にわずか4回しかないチャンスにかけ、
鍛えあげ、自分がやってきたことに自信を持っている学生は実にいい顔をしています。
目には見えない火花を散らしながらアスファルトの上をひた走る若者の群像は美しいと
思いながら画面に見入りました。
d0164636_916562.jpg
日テレの中継は去年よりよかったような気がします。
去年は各中継車の実況がクロスすることが多くて気になったのですが、今年は司会席や
ディレクターからのキューでしっかりコントロールできているようです。
かつて、日テレのマラソン実況は野球を担当する正統派はタッチせず、報道畑のアナが
やっていました。サッカーもそうでした。何が理由だったのか知りませんが、民放でも
とても珍しいやり方でした。

昔ほどではありませんが、駅伝中継のメンバーに“色物”の匂いがするアナウンサーが
混じっていて、違和感があります。東洋大の柏原がゴールに近づき、担当アナに渡す前
演歌の曲紹介のように朗々と くさいコメントを“歌い上げた”1号車のアナが典型です。
お得意のようで、「あれが好き」という方もいるでしょうが、テレビの前で“鼻白む”人は
もっと多いはずです。

若いアナほど接戦になると大騒ぎをしますが、そのあと、司会席の村山アナにもどると、
ホッとする人が多いことでしょう。
地味ですが、実力があって、日テレでは、過去も含めて際立っているアナウンサーです。
d0164636_917164.jpg
駅伝を見るとき、頭の隅に置いておくとさらに楽しめるポイントを二つ。
山登りに入って明治が早稲田を追いあげたとき、2号車のアナは「明治大学が来ました。
もう早稲田まで残すところ10メートルほどになってきました」とアナウンス。
思わず、

ウソつけ。30メートルあるじゃないか。 

…とつぶやきました。ハハハ。
「手元の時計で5秒ほどに…」と自分で言っておいて、どうしたんでしょうか。
二つの数字が正しいなら、この二人の走者は“100メートル走るのに50秒”かかっている
ことになります。いくら“山登り”だからと言って、それはないでしょう。
たしか、同じアナだったと思いますが、序盤にも「2,3メートル離れた」と実況した直後に、
映像が横位置になると10メートル近い差だと分かり、突っ込まれていました。ええ、私に。
ハハハ。

このように、初めてではないし 気をつけているはずなのに間違える。それほど、縦位置の
距離を正確につかむことはとても難しいのです。見た目以上に距離があると知っておくと
アナウンサーの実況に疑問を感じることがあるはずです。

関連しますが、マラソンのトップランナーは100メートルを18秒平均で走っています。
そのペースで走っても2時間6分35秒1で世界最高には及びません。しかし、目安として
100メートル18秒、1キロを3分、5キロを15分のペースで走っていることが分かると、
参考になるはずです。すくなくとも、5秒差を10メートル差と“翻訳”するアナがいたら、
「オイッ!」と突っ込めます。ハハハ。
もちろん、山登りはもう少し時間がかかるでしょう。100メートルを20秒のペースでは
無理だと思います。そして、山登り以外の区間は平らな部分が多いですし、マラソンの
半分ぐらいの距離ですから、100メートルにかかる時間も17秒前後だと思います。
d0164636_9173732.jpg
柏原がゴールしたあと、早明2校の2位争いが激しくなり、早稲田が明治を引き離したと
思ったらCMに入ってしまいました。つぶやきました。

おいおいおい、2位が分からんじゃないか!
明治が抜き返す可能性もあるんだぜ。
そんなところにCMを残すな。
早めに消化しとけ。バカたれ!


差はわずか、二人の表情からはまだ逆転の可能性があると思ったのと、柏原と2人の差が
5分もあるとは知らず、間もなく右へ曲がってゴール、と勘違いしたからです。恥ずかしい。
ただし、普通なら 2人の差が決定的になるまで、もう少しは待ったはずです。あそこで
CMに行ったのはそれなりの理由があったのだと思います。

視聴者が「えっ、何でこのタイミング?」と疑問に思うこともあるはずですが、長時間の
スペシャル番組の場合CMの入れ方には、“XX時XX分までに何本を消化”など細かな
“縛り”があることも知っておくとストレスは少ないかもしれません。苦しい! ハハハ。
d0164636_9175733.jpg
東農大の5区の走者が体調不良のため大幅に遅れました。
往路のゴールが放送時間内に収まらなかったのはとても珍しいことしょうね。
スタート数時間前の段階で嘔吐したそうですが「本人が大丈夫だというので」走らせた…
と、監督が話しています。競技によっては 人数が足りなくても成立する種目はありますが、
タスキをつないでいく駅伝はそういうわけにいきません。
苦渋の決断だったのでしょうが、“走らせない”勇気を持つべきだったと思います。
d0164636_9182152.jpg
柏原が区間新を出して山登りのスペシャリストらしいところを見せました。
日刊スポーツのアンケートでは、歴代の“山の神”の中でも断トツらしいです。
“スター・ランナー”ともてはやす人もいるでしょう。
しかし、記憶を掘り起こせば、ランニング・フォームやかもしだす空気などを含めて
私のスター・ランナーは早稲田の瀬古利彦、渡辺康幸と順天堂の今井正人の3人です。
いうまでもなく、マニアックなファンたちにはもっとほかにいるでしょう。
なにしろ、気が向かなきゃ見ないもので。ハハハ。

選手たちが箱根の山をおり切りました。 
by toruiwa2010 | 2012-01-03 09:22 | 放送全般 | Comments(4)
Commented by レニ at 2012-01-03 21:00 x
明けましておめでとうございます。

>競技によっては 人数が足りなくても成立する種目はありますが、
タスキをつないでいく駅伝はそういうわけにいきません。

私が駅伝をキライな理由が、そこにあります!
個人戦なら棄権を選ぶような体調でも、タスキを渡すために無理する、また無理を強いる構造が、どうにも受け付けないのです。
トラックの4×100は、オーダーやバトンパスの妙などで好きなんですが。

Commented by toruiwa2010 at 2012-01-03 22:03
レニさん、こんばんは。

私も、タスキを継ぐことに関してなんでも
美談に仕立てるやり方は好きじゃありません。
そのために、無理が生じることも。
Commented by しょう at 2012-01-03 22:34 x
岩佐さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

この大会で活躍した選手の多くは
その後ランナーとして大成していないような気がするのですが、
あまりの過酷さに精神的にも肉体的にも疲れ果て
バーンアウトしてしまうのが原因だと思えてなりません。
箱根駅伝には詳しくありませんので
私が知らないだけでしたら申し訳ありません。

タスキを継ぐことを美談に仕立てるやり方は私も好きではありません。
本日の復路でも、ぎりぎりセーフだった大学について
アナウンサーは何が何でも継ぐことができなかったように実況していました。
まるで継いでほしくないように…。
(うがった見方でスミマセンw)

Commented by toruiwa2010 at 2012-01-04 07:03
しょうサン、おはようございます。
今年もよろしくお願いします。

箱根駅伝で活躍し、マラソンでも
トップランナーになった例は少ないようですね。
瀬古と谷口ぐらいしか思い浮かびません。
早稲田の渡辺監督は箱根のスターでしたが
故障もあってマラソンではさっぱりでした。

大学で燃え尽きてしまう…のかもしれません。
多少のケガは“チームのため“”たすきをつなぐため”
無視されたり隠したりする…そんなことがありそうです。
マスコミにも責任があるのかも。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。