ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

正月にテレビCM考~真矢みきに笑い たけしに?~ 12/01/04

d0164636_8532412.jpg


笑いのツボ

最近はそれほどでもないようだが、一時、さんまがなにかと言えば
オクレや村上ショージの名前を口にしていた。
友情に厚いさんまのことだから、少しでも売り込んでやろうという
思いからだろう。しかし、ひょっとすると、本心で彼らのギャグが
面白いと思っていたかもしれない。

たけしや紳助も 私には少しもおかしいと思えない芸人のお笑い芸に
笑い転げるのを何度も見ている。彼らには面白くて仕方がないのだ。
プロにはプロだけが面白いと感じるポイントがあるらしい。
要するに、笑いのツボというのは人それぞれだ…ということ。

d0164636_8534724.jpg







我が家では 食卓を囲んでラーメンを食べていた真矢みきがいきなり
立ち上がって♪ツルツル プリプリ…と歌い出すと、夫婦そろって
クスクス笑いが始まる。
早変わりでドレス姿になった真矢が大階段に差し掛かるころには
ふふふ、と声が出始め 彼女が中段で♪マルちゃん麺づくりーっ!と
高らかに歌い上げてビシッとポーズを決めるとき、爆笑に変わる。

完成度が低くないか?

サッポロ 黒ラベルの新しいCMは一風変わった趣向になっている。
妻夫木聡がたけしに人生相談をする設定だ。

エレベーターを降りた妻夫木が指定された部屋に入っていくとそこに
たけしが待っている。重厚な造りのテーブルをはさんで話が始まる。
妻夫木が人生の先輩としてのたけしに次々に問いかけて行く。

d0164636_85487.jpg







妻「大人とは?」
た「若いときに名誉とかお金とかに非常に興味を示した自分が本当に
よかったなあと思うときに俺も少しは大人になったかと」
妻「人生とは?」
た「ゴール間際に振り返るってのがあるよね。それが人生」
妻「強さとは?」
た「鈍感さかなあ…って思うときがある。あの人は全然くじけないから
強いなって言うけど、それは鈍感なんじゃねえか、と」


セリフではないようだ。あきらかに編集はされている。
つまり、たけしの答えはその場で考えたとしても“即答”ではない。
たけし…いや、ここでは芸人ではなく、文化人・北野武と呼ぶべきか。
北野ファンにはありがたい、含蓄のある“深いい”言葉だろう。

しかし、どうだろう。
なんだか 分かったような、分からないような…
“うがって”はいるが、文章としての完成度が高いとは言えない。

「いやあ、さすがです」…撮影終了後にそう言ってたけしにすり寄る
スポンサーや監督の姿が目に浮かぶが、本人は納得しているだろうか?
事前に言っといてくれりゃあ、もう少しましなこと答えたのに、と
口惜しがってるんじゃないだろうか。

某選手 & 某アナ

チームの調子が悪くても自分が崩れることはありません。
集中してやっているので、余計なことは、考えません。

僕もケガはしているんですよ。 試合に出ているだけの話でね。

節目節目で、自分に重荷を課さなければならない。
僕には必要なことだと思っています。

以前は、10回のうち10回できなかったことが、 最近は
10回のうち2回できるようになってきました。


…#ichiroでは常に「イチローの名言」が読めるが、「なるほど」と
思わせることを“狙って”話すテクニックにかけてイチローの右に
出る奴は少ない。

d0164636_8543446.jpg






ただし、スポーツ実況についてはこんな名言を聞いたことがある。

スポーツの感動はプレーそのものの中にある。

身につけた知識はひけらかしたくなるものだ。

事前に用意した言葉ほどむなしいものはない。

絶叫で感動を視聴者から横取りしてはいけない。

実況においては“さりげなさ”こそが命だ。

ここという時に黙る勇気を持ちたい。


…うーん、なかなかじゃないか。いいところを突いている。
拳拳服膺を勧めたい。語ったのが岩佐徹だというところが難だが。
by toruiwa2010 | 2012-01-04 08:58 | 放送全般 | Comments(9)
Commented by デルボンバー at 2012-01-04 11:18 x
私もイチローのマスコミに対する受け答えは大嫌いです。聞き手の質問が気に入らないとすぐに小馬鹿にしたような態度をとったり…常に上から目線で視ていて不快になります。そしてイチローのインタビューになるとよく出てくるあの吉田なにがしという人は何なんですかねぇ。イチローからは全幅の信頼を得ているみたいですが、元テレ朝のスポーツ記者だった割には大したこと言わないし、確か今の肩書は役者でしたよね?こちらのほうはブラウン管に影も形も出てきません。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-04 15:56
ここサン、熱心に読んでくれてありがとう。
イチロー・ファンですか?ご苦労様です。
ここは分別のある大人が集まるブログなので
あまりおバカなことは書かないほうがいいかと。

老けて見えるそうですが、73歳ですから
当然でしょう。心配しなくて結構です。ハハハ。

このコメントは承認しておきますが、以後、
同じ調子なら削除します。その場合は、
とても残念だけど、このコメントも消えるので
ご容赦を。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-04 16:25
デルボンバーさん、こんにちは。
野球選手としては素晴らしいですが、
人にものを教えるような態度は
いかがなものかと思いますね。
デルボンバーサンの次 に、違う意見もあるので
読んでみてください。笑えますから。ハハハ。

吉田なにがしは何者かよく知りません。
イチローは過去に、ものすごく信頼していた
ライターがいましたが、裏切られたとかで
縁を切ったらしいですね。この人じゃないですが。
Commented by ドラよね at 2012-01-04 17:17 x
イチローは、ファンというよりマスコミに対してわざと言っている気はしますね。オシムや中田英寿と同じようなものだと思いますww

箱根駅伝を見てて、オカンが同じように絶叫やら事前準備の主観丸出し推測コメントやらしてるアナウンサーを批判してて、メインのアナに変わったら「この人は落ち着くから良いわ」て言ってるのを聞いて1人ニンマリしてました。
名前わかんないですが、中大アンカーがフラフラして三つ巴になってるのを実況してたアナは嫌でしたね。勝手にドラマを作ろうとしてるって感じが鬱陶しかった(笑)
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-04 17:58
ドラよねサン、こんばんは。
もちろん、わざとですよ。

そしてお母さん、お目が…いやお耳が高い。ハハハ。

三つ巴実況のところは中継車からディレクターが
「いけ、盛り上げろ!ここを逃がすな」とゲキが飛んだ
可能性あり、です。ハハハ。
Commented by oiroku at 2012-01-04 18:58 x
中大10区のランナーは、私の記憶ではあそこよりかなり前からあんな変な走り方でした。アクシデントはあったのかもしれませんが、ふらふらし始めたから追いつかれたわけではないはずです。
しかも彼は確か、区間2位のタイムだったと思います。
ずっとあんな走り方でそのタイムですから、案外元々あんな変な走り方なのかもしれませんよ(適当言ってます)。

なんにしても、実況はあんまり戦況を見ていないのか?と思ってしまった一幕でした。
Commented by コシェ at 2012-01-04 22:22 x
岩佐さん、明けましておめでとうございます!   その後、お加減如何でしょうか?
今年も思い出したように寄らせていただきます。
イチローは(狙いすぎ)て、何言ってるかさっぱりわかりません。
もっと、普通に話せ!! と思ってしまいます…(^_^)
それにしても、最後の6行は『けだし、名言!』
さすが、私の好きなアナウンサーです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-04 22:56
コシェさん、こんばんは。

ありがとうございます。
小生意気なことは言えても理解力のない
若者に比べ、できたお方で…ハハハ。

思い出したようにまた来てください。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-05 18:07
ここクン、ごくろうさま。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。