ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

断・捨・離 & 老前整理~年賀状をやめ 寒中見舞いに~12/01/25

d0164636_922205.jpg
これは、先週 友人・知人に送った寒中見舞いを兼ねた“お知らせ”です。
11月に年賀はがき発売のニュースが流れると、妻が「今年は何枚?」と聞いてきました。
正月に受け取った年賀状を数えて伝えましたが、「買うのはちょっと待ってくれる?」と
付け加えました。“この機会”にやめようかなと思う気持ちもあったからです。
d0164636_9361819.jpg
年に一度 新年の挨拶を交わす風習は悪いものではないと思います。
使う写真を考えたり、デザインを工夫したりするのを楽しんでいる人もいるでしょうが、
正直、面倒だなあと思っている人が結構 多いはずです。私もその一人です。ハハハ。
私の場合、100枚前後ですから 書き始めれば1~2時間で作業は終わります。
それを“めんどくさい”と感じるのは、必ずしも時間だけの問題じゃないからですよね。
限られた相手をのぞいて“義理”で出している相手が多いわけですから、どこかの時点で
やめるのが普通です。WOWOWに出向した翌年、いきなりフジテレビで同僚だった男から
来なくなったときはビックリしましたが。ハハハ。

骨折からの回復中で 年賀状を書く気分ではなかったことも手伝って、いずれそうなるなら
タイミング的にも今年がやめどきかな、となったのです。

“決定”の後押しをしたのは、“年齢”です。

暮れに 立川談志が亡くなりました。
正月、二谷英明が亡くなりました。
ほぼ同じ時代を生きてきた有名人です。ともに81歳でした。
d0164636_9224611.jpg
岩佐徹、73歳としては少々考えるところがあります。
若いときは テレビや新聞を通して訃報に接しても、申し訳ないことに、あまり“何か”を
感じることはありませんでした。年齢がはるかに離れていたからでしょう。
少しずつ、亡くなった人の年齢が気になり始めたのは60歳ぐらいからです。理由は簡単、
自分との年齢差が少なくなってきたからです。ハハハ。

立て続けに年齢の近い人が亡くなって思い出すことがあります。
2年前に「脳内メーカー」で死亡推定日を調べた(2度目)とき、「2020年7月17日 です。
(註:その時点で残り10年)81歳でその生涯を閉じます」と出ていたのです。81歳!!
なんという示唆に富んだ 含蓄ある“暗示”でしょうか。ハハハ。

健康状態は とても“問題なし”とは言ません。あちこちに危なっかしいところがあります。
これだけ体重に気を配り、甘いものをできるだけ我慢し、塩分を控えめにしているのに…。
神は公平ではないなあと思うことがしばしばです。ハハハ。
この夏はまたせっせと歩いて脚を鍛えます。老化は脚から来ますから。

父は87歳で亡くなりました。長兄は、今、87歳ですがまだまだ元気です。
まだ大丈夫かな、とも思いますが、“73歳”は十分に“いろいろ考えるべき”年齢でしょう。
あとを濁さないことを最優先にしたいと思っています。岩佐家では“しきたり”として
夫が先に逝くことになっています。岩佐徹家では妻が一人残ることになるわけですから、
ますます、迷惑をかけないようにしなければ、と思うのです。

お断りするまでもなく、このエントリーを暗い気分で書いているわけではありません。
若いときに将来の設計図を描くことも大事ですが、ある程度の年齢に達したら、最後の
5年、10年をどう生きるかについても考えることが大事だと思っているだけです。
私の場合、81歳がひとつの指標になりそうですから、“余命あと8年”と想定して計画を
立てることにします。遅れるより早すぎる方がいいでしょう。ハハハ。

まずは身の回りの整理です。遺品を整理するときに「これはどうすればいいのかしら」と
妻が途方に暮れることがないように、自分に関わるものをシンプルにしていくつもりです。
“身の回りの整理”と言えば、若い人なら「断・捨・離」でしょうが、私たちの場合だと
すなわち“ローゼンセイリ”=“老前整理”となります。つまり、自分の死後を想定した
身辺整理を指します。
“ダンシャリ”同様、初めて聞いたときは文字が頭に浮かびませんでした。ハハハ。
d0164636_923230.jpg
どちらも口にするのは簡単ですが、日常的に身の回りで使うものさえうまく整理できない
私にとっては得意の分野ではありません。
整理の前にまず、ものを増やさないことが大事だということは分かっています。
新しいものを買うときはよくよく考えなければいけません。骨折の数日前に買ったiPadは
ほとんど活用しないまま、うっすらとほこりをかぶっています。情けない。ハハハ。

さて、“断・捨・離”です。着るものから始めようかと考えています。
1年間 袖を通さなかった衣類は思い切って捨てる…テレビで専門家がそう言っているのを
耳にタコができるほど聞きました。「そうは言っても」と聞き流していましたが、今度こそ
実行してみます。自身は あまりないけど。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-01-25 09:38 | 岩佐徹的考察 | Comments(15)
Commented by しょう at 2012-01-25 11:21 x
岩佐さん、こんにちは。
私は老前整理にはまだ早い年齢ですが、数年前に大病を患い
死に向けての準備をしなければ、と真剣に考えました。
幸いなことに必要ありませんでしたがw
父が42歳で突然亡くなった際にも
母が遺品整理に苦労している姿を見ていますので、
自分の整理は必ずやろうと心に決めています。

ところで、エントリー記事とは関係のない内容で恐縮ですが
たった今、WOWOWがシャラポワの試合前に民放のような、
ポエムを含めた気持ち悪い煽りVTRを流していました。
残念です。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2012-01-25 12:31 x
我が家では母が日頃の整理を怠っておりましたおかげで、救急車で担ぎ込まれてからの約一ヶ月半というものは息子が途方にくれました。いまだに問題は解消されておりませず、本人曰く「今年中にはなんとかします(^◇^;)とのこと。その台詞は去年の12月にも聞いたんですが…。
Commented by えそらいろ at 2012-01-25 16:01 x
こんにちは

ちょうど今年、
大学時代の先生から「今年で年賀状の交換を終わりにしたい」旨の年賀状が届き、驚きました。
確か80台半ばのお歳だったので、
何か健康上の問題でもあったのかと、とても心配していました。

でも、「老前整理」の一環であって、お元気で過ごされていればよいなと、
今日の岩佐さんのブログを読んで、少しもやもやした気持ちが晴れました。

Commented by toruiwa2010 at 2012-01-25 16:06
しょう サン,こんにちは。
「映画を見に行く日」だったためにレスが
遅くなりました。
まだ、いくらなんでも早すぎるでしょう。
あまり自分を縛ってしまうのは考えものですよ。

民放・NHK・衛星…メディアを問わずポエム好きは
多いようですから気をつけないと。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-25 16:07
ひろ☆はっぴ サン、昔の人はそれほど
自分の死後を考えなかったのかもしれませんね。
わが父・母は特別でしょうかね。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-25 16:09
えそらいろサン、こんにちは。

恩師は80代半ばまで引っ張りましたか・
私は我慢が足りないのかもしれません。ハハハ。
Commented by しょう at 2012-01-25 16:42 x
いえいえ、今からどうこうではなく、
そのときが近づいたと感じたら必ず準備をしよう、ということです。
病気になったときにはヒヤッとしましたが、
現在は縛るどころか、ちと緩み過ぎな毎日です、へへ。

シャラポワのポエムのナレーションは久保田アナだったようなのですが、
アナウンサーもVTR製作に関わることはあるのですか?
それともただ読んだだけだったのかな?
彼にもフィギュアのあのアナウンサーと同じ自己陶酔臭さを感じるので…。
Commented by えそらいろ at 2012-01-25 16:44 x
私の父は70を前に突然他界しました。
もう少ししたら、実家を建て替える予定ですが、
そのままになっている遺品の整理を思うと少し気が重いです。

確かに人生何があるか、いつ終わりが来るのかはわかりませんけど、
「年賀状終了通知」はもらった側は結構さみしいものだということを
お伝えしておきます… <(_ _)>
(ああ、私はまた誤字を犯していました;; (80台…))
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-25 16:50
しょうサン、まさかアナウンサーが制作にまで
タッチするとは思いません。
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-25 16:52
えそらいろサン、70前の他界は本人も周りも
つらいですね。

もらう側の寂しさ・・・どうでしょうね。
去る者は日々に疎し、ですから。ハハハ。
Commented by あおき at 2012-01-25 20:54 x
岩佐さん、こんばんは。

まだまだ、早いですよ…
年賀状は良い意味でも悪い意味でも、お約束になってる感が有りますけど、無くなると寂しくなるんでしょうね。
昨日からグラフの全盛期だった頃の試合が観たい~と思ってますが、ビデオテープ捨てた?よなぁと、しくしく
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-25 21:00
あおきサン、こんばんは。

グラフの試合はフォアがネットにかかりそうで
ひやひやしながら実況したことを思い出します。
ハハハ。
Commented by あおき at 2012-01-25 21:29 x
岩佐さん、フォアですね…負けるもんか!と思いながらも、カリカリしながら観てました。
Commented by megaptera at 2012-01-25 23:17 x
ご無沙汰です。足の調子が良さそうで何よりです。

私は岩佐さんより若輩ですけど年賀状が安否確認化してる相手もいます(笑)

人生の先輩として清々しい潔ぎよさを感じます…が私が岩佐さんから頂いていた立場ならやっぱり寂しいですね。今、2005年USの決勝を見て岩佐さんは、やはり私の知る限り最高の実況をされる方と実感していますが、この時も確か最後の実況だったはずですが何もなく去られましたね。そりゃあ周りやファンは恨み言の一つも言いたくなります(笑)

でもこの試合で岩佐さんの引退を知っていたら試合の素晴らしいさも相まって多分泣きながら見ていたと思います。ははは

こういうのがきっとお嫌なんでしょうね…
Commented by toruiwa2010 at 2012-01-26 07:54
megapteraさん、おはようございます。

2005US決勝・・・少し見ましたが、いい・悪いの判断は
視聴者に譲るとして、柳さんの解説を含め、全体のトーンが
今の放送と違いますね。

アガシに勝たせたかった!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。