ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

それはやっちゃダメ~岩佐徹的アナウンス論 21~12/03/11

d0164636_7473240.jpg
オランダ・ベルギー共催になったサッカーのユーロ2000は好試合が多く、私としては
かなり楽しめた大会でした。一点を除いて…。

準決勝までの9試合はJリーグで関東地区のチームの監督だったTさんの解説でしたが、
私は大変申し訳ないことをしました。
解説者にはタイプがいろいろあります。その中に、「今のは、こうすればよかったのに」、
「あそこがダメだった」と、終わったプレーについて、しかも結果論で“ネガティブ”な
話をする方がいます。
d0164636_7474813.jpg
良い、悪いではなく、視聴者と一緒にサッカーを楽しみたいと思う私は、このタイプの
解説者が大の苦手でした。Tさんは典型的な“ネガティブ”タイプでした。
もちろん、プレーをほめる発言もあったのでしょうが、否定的な話がいくつか続くと、
その印象ばかりが強くなってこちらの気分が沈んでしまいます。

もうひとつ、イングランドに関する情報を私が話したときに、コーチ留学やベンゲルとの
つながりからイングランドに強い情報網を持つTさんが「いやあ、それはどうかなあ」と
疑問を呈する形の反応を何度かされました。
新聞やネットに出ていた話ですから あくまで情報のひとつとして「ああ、そうですか」と
受け流してくれればいいのに、と少々むっとしていました。未熟。ハハハ。

“不遜”極まりない話ですが、人間の感情としては、お分かりいただけると思います。
結果として、Tさんに話を振らない時間帯が長くなったり、お答えに対して反応しないで、
別の話に移ったりしてしまいました。
普段の放送でも解説者の話に反応しないタイプならいいでしょうが、どちらかと言えば、
私は反応することが多いほうですから、目立ったことでしょう。

あとで聞くと、Tさんも「ちょっと、やりにくい」とおっしゃっていたそうです。
放送以外ではまったく問題なく、楽しく過ごせていたのに、肝心の中継がうまくいかず、
それでも私は「合格レベルの放送にはなっているはず」と自信を持っていました。

ところが、いくつかの試合について「かみ合ってない」「ギクシャクしている」という声が
上がっていたことを帰国後に知りました。視聴者の耳はだませなかったのです。
恥ずかしい思いと、なにより、これだけのレベルの大会で初めて解説をされたTさんに
対する申し訳なさでいっぱいになりました。
d0164636_748655.jpg
“偉そうな”ことを散々書いてきたところで、こんなことを白状しなければならないのは
たいへん辛いのですが、アナウンサー人生でたくさんある私の“汚点”のひとつです。
どんな事情があってもやってはならないことです。言い訳はできません。
当時の放送を聞いて不愉快な思いをした方もいるはずです。実況アナウンサーのせいで
せっかくの楽しみを奪われた方々とTさんに、心からお詫び申し上げます。

ただし、スポーツ放送は“あくまで楽しく”、“できるだけネガティブな話はしないように”
やりたいもの、という 実況に対する“アプローチ”は現役アナとしての最後の放送まで
変わりませんでした。もちろん、聞く側に回った今も同じです。
NHKのメジャー・リーグ中継の解説者の中に音声を絞りたくなる人が何人かいます。
ネガティブな発言が多く、声や話し方が“暗い”のが我慢できません。

だいぶ古い話ですが、具体例としてこんなことがありました。

アナ「急遽、呼ばれたということは、投手王国と言われるレッドソックスですが、
相当、苦しいということですかね?」
解説者「いやッ。それは十分言えると思いますよ」


レッドソックスのルーキーだった田澤純一がファームから昇格したときの会話です。

あとに肯定の言葉が続くのに、なぜ否定する言葉で会話をスタートさせるのでしょうか?
おそらく、クセなんでしょうが、とても不愉快です。
「いや」って言わないでくれる?と思います。ハハハ。

神経にさわる絶叫があり、言葉の厚化粧があり、用意した言葉があり、その上に解説者と
呼吸が合わないアナウンサーもいるのですから、視聴者が“いい環境”でスポーツ放送を
楽しめる時代は先のことになりそうです。その意味で、日本のテレビ全体が未成熟だと
言われても反論はできないかもしれません。
by toruiwa2010 | 2012-03-11 07:53 | 岩佐徹的アナウンス論 | Comments(4)
Commented by dondontei123 at 2012-03-11 10:00 x
こんにちは。いつも読ませていただいてます。
スポーツの解説の方は、ぶっつけでやってるのかな?と思う方と、勉強してるな、と感じる方とわかれますね。某巨漢捕手で人気のあった方は、何を話すにも最初に「やっぱりねぇ〜」から始まり聞いてる方はつらかったです。

先日TBSの張本さんのコーナーのゲストコメンターで仁志氏が出てましたがやる気満々、専門外の分野にも積極的応答で「台本があるの?」と思うほどの雄弁ぶりでした。
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-11 10:16
dondontei123さん、こんにちは。

巨漢捕手の解説は聞いたことがないのですが、
想像はつきます。キャラだけを買われているのでしょうね。

サンモニはスポーツコーナーになるとチャンネルを変え、
ゴルフのときに戻ることにしています。張本勲、小島慶子・・・
嫌いとなると徹底します。ハハハ。
Commented by Vevey at 2012-03-11 17:59 x
岩佐さんこんにちは。

私も解説の人がネガティブな物言いばかりだとウンザリして楽しさ半減でイライラします。
アナウンサーのコメントを一々否定してみたり、あ〜だからダメなんだよ的な発言には自分はもっと上手かったのか?と言いたくなったり。そのプレーヤーの特徴やいい所を解説して教えてくれた方が期待して楽しく見られるのに。

そもそも人としてちゃんとしていない感じが溢れている方はNo Thank You!
昔テレ朝で野球解説をしていた元広島のOさん、本当に聞いていて不愉快で、局の人選を疑いました。あれが嫌でスポーツは全部辞めたと言っている男性アナがいました。その頃から野球は見なくなりました。
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-11 18:11
Veveyさん、こんばんは。

私自身もネガティブな話が多いので
反省しなければいけませんが。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。