ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

梅・食事・日本の美~10カ月ぶりの京都を満喫~12/03/16

d0164636_922187.jpg
梅情報と天気予報をにらんで、火~水曜日に京都へ行ってきました。
最近はこのシステムで旅の日程を決めています。旅の写真に青空が写っていなかったら
私の予報がものの見事に外れたのだと思って、笑ってやってください。ハハハ。

日曜日に決定してすぐ“じゃらん”でホテルを予約しました。便利だし、直接電話して
予約するより割安です。
どこに出かけるときも5時半起床、7時ごろ出発です。列車の切符は出たとこ勝負です。
のぞみが品川を出たのは7時57分でした。発車してすぐ、右40度ぐらい、ビルの間から
条件がよければ富士山が見えます。この日もそうでした。時計を見ると8時ちょうどです。
新幹線が新富士駅付近を通過するときに雄大な富士山を見るのは大きな楽しみです。
雲がかかっていませんようにと毎回祈るような気持ちですが、品川を出発して3分後には
確認できたわけです。富士山ファンはとっくにご存知でしょうが。
d0164636_9221420.jpg
3年ぶりに北野天満宮の梅を見るのが第一目的ですが、京都に着いてまず向かったのは
伏見区の城南宮でした。“しだれ梅が美しい”という情報を見て妻が決めました。
メインの目標は私が決めその前後をどうするかは妻に任せるのが岩佐家のルールです。
ハハハ。

城南宮を訪れるのは初めてです。関西では家を建てるときや引っ越しのときに方位からの
災いを防ぐ“方除(ほうよけ)”でよく知られているようです。
恥ずかしながら、私は名前を聞くのも初めてだと思っていましたが、春と秋に催される
平安朝のみやびな遊び、“曲水の宴”の舞台になっていると聞いて思い出しました。
お神酒をついだ盃が疏水を流れてくる間に和歌を詠む…という趣向の風物詩です。
d0164636_9223178.jpg
ちょうど満開を迎えた見事なしだれ梅でした。ある意味、見事すぎます。
妻がいみじくも言いましたが、あまりにもきれいだし、あまりにもたくさんありすぎて
少し有難みに欠ける感じさえしました。難しいものですね。ハハハ。
しかし、手入れが行き届いているし、各種の椿も見ごろで堪能しました。観光の目玉が
集中する地域から外れているせいか人出もそれほどではありません。効率は悪いですが、
梅を楽しみに行くなら、ここを含めた数か所に絞るといいのではないでしょうか。

飽きもせず、祇園の「鍵善」でくずきりをいただいたあと、北野天満宮に向かいます。
情報通りほぼ満開でした。まず境内を見て回ることにしました。
ここの梅はうしろにあるさまざまな建物とのマッチングにバラエティがあるのがいいです。
すぐそばの広い梅園の梅が見せることを意識し過ぎているのと対照的です。
d0164636_9224588.jpg
結局、梅園はパスして、そのあと御苑に行きました。
しかし、だいぶ歩きまわったせいか、私の足が悲鳴を上げ始めていました。無理をせず、
ざっと見ただけでホテルに向かうことにしました。

チェックインのあと半身浴で疲れをとり、2時半には芦屋に向けて出発です。
震災があったため、長兄との食事は1年4ヶ月ぶりでした。
いつも通り、JR芦屋駅前の「黄老」で中華を堪能しました。
10日に満88歳になりましたが、兄は元気で一人住まいを続けています。「元気なうちに、
今後のことをよく考えて」と頼みました。離れているだけに心配でなりません。

7時に京都に戻り、ねねの道を目指しました。10日から花灯路が始まっているのです。
清水寺界隈は混むのでタクシーは嫌がります。遠慮して、高台寺方向から清水に歩こうと
考えていました。しかし、運転手さんと話していると、「今日は平日だから清水のそばまで
行けますよ」と言うので行ってもらうことにしました。
d0164636_923473.jpg
三年坂から二年坂を抜けて雰囲気を味わったらホテルに戻るつもりでしたが、清水が
ライトアップされていると聞いた妻が興味を見せたので、まず寄ることにしました。
夜空に浮かぶ五重塔、舞台から見る市内の夜景、灯りが当たって幻想的な木立など…、
悪くはありません。しかし、この時間、かなり冷え込んでいて、正直、楽しむ心境じゃ
ありませんでした。ハハハ。

たぶん、骨折して以来最も長い時間 動いたと思います。
その分 疲れたのでしょう、ぐっすりとよく眠れました。

2日目は8時過ぎにホテルを出て法然院に行きました。
早朝…と言うほどでもないのにまったく人影がなく、かねてから気に入っている 山門の
光景を夫婦で独占させてもらいました。ここには花らしい花はありません。せいぜい 秋の
紅葉が色を添えるぐらいですが、どの季節に訪れても見ごたえがあります。
哲学の道の近くなのに知っている人が少ないことに驚きます。時間に余裕があったらぜひ
訪ねて見てください。行くときには、銀閣寺寄りの坂道ではなく、南禅寺寄りの石段から
上がることを勧めます。上がりきって左を向いたとき、世界が変わります。
…変わらなかったら、あなたの心が汚れているのです。ハハハ。
d0164636_9232657.jpg
次に向かったのもお気に入りの場所、智積院です。
庭が好きなんですが、ここもつつじの季節を除くとあまり彩りはありません。
9時の開門と同時に入って、廊下の日当たりのいいところに陣取ってのんびりした時間を
楽しむだけです。何も考えません。ことさら人生を振り返る必要はありません。ハハハ。
拝観料を払って券を受け取るとき、おばちゃんは必ず「門の手前の収蔵庫で国宝の絵を
ご覧になってからお庭の方へ」と言います。
「はい」と答えますが、ここ数年は庭に直行です。長谷川等伯の絵は 初めてきたときに
見たから、もういいんです。我が家は、骨董や古いものが好きですが、仏像や宝物には
それほど興味があるわけではありません。一度、見れば十分です。ハハハ。

いつもの席をキープして“なにもない”庭を眺めます。
9時45分ごろ、京都駅に着くと おじいさんは切符を買いにみどりの窓口に、おばあさんは
“初田の牛肉べんとう”を買いに伊勢丹の入口に並ぶのがいつものやり方です。
弁当は毎朝20個しか売り場に並ばないと聞いています。絶対確保のためには、開店前に
並んでおく必要があるのです。応分の努力。ハハハ。

10時12分に着いて10時16分ののぞみで出発ですから、京都滞在はちょうど12時間…。
若ければ、もっといろいろ見て回るのでしょうが、私たちは好きな時期に好きなところを
訪れることに徹しています。家に戻ってからゆっくりしたいという気持ちもありますから、
少し“ぜいたく”ですが、これからもこのスケジュールで旅をすることになるでしょう。
おかげさまで天気に恵まれて、梅も食事も、そして日本の美しさも満喫できました。

*写真はいずれギャラリーにまとめます。

おまけ:駒場東大・羽根木公園


勢いがついたのか、翌日は井の頭沿線の梅を見に行きました。
駒場東大前はもちろん東京大学駒場校舎があるわけですが、正門の脇から“梅園”に
行くことができます。40~50本ですが、電車の窓から見てもきれいです。

東松原に戻って羽根木公園に行きました。
代田2丁目に7年間住みましたから、“準”地元と言っていいでしょう。
ここは600~700本の梅が植えられています。
平日のせいか、思ったほどの人出ではありませんでした。
d0164636_9235452.jpg
どちらも、満開でした。今年の梅見は以上で終了、次は桜の季節を待ちます。
開花情報と天気予報をにらみつつ。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-03-16 09:40 | 旅に出る食べに行く | Comments(10)
Commented by kanada at 2012-03-16 11:20 x
岩佐さんおはようございます。
見頃と重なって良いご旅行になったようですね。私も四月上旬に桜目当てに京都に行く予定ですので、法然院はぜひ行ってみます!
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-16 13:05
kanadaさん、こんにちは。

4月上旬の桜見物なら、哲学の道を銀閣寺から南禅寺方向に歩き、
途中で一本左側に入れば法然院ですから、セットにすると
いいのではないでしょうか。
まだ元気が残っていたら、南禅寺からすぐの蹴上インクライン・・・
最高だと思います。ハハハ。
Commented by 毛抜き at 2012-03-16 15:52 x
初めてコメントします。

京都に来てらっしゃったんですね!天満宮の近くに住んでるので生岩佐さんを見たかったです(笑)
しょーもないコメントですいません(笑)
Commented by 赤ぽん at 2012-03-16 16:25 x
岩佐さん、こんばんは。
じゃらんの予約から新幹線往路の右側の富士山・・・私も利用しており、
また楽しみにしている富士山の景色に少し嬉しくなりました。

城南宮のしだれ梅、初めて知りましたが実に見事な梅ですね!
北野天満宮も素晴らしく咲き誇った梅、”ぜいたく”な旅ってこういうものかも
しれませんね。
法然院・・・今度、心が汚れているか試しに行ってきます(笑)

私は先週の温かい日、義父の通院帰りに湯島に梅を見に連れて行きました。
まだ三部咲きでしたが、メジロの夫婦?!が梅の花を散らすカワイイ姿が見られました。
帰りに義父母を神田駅近くの某有名日本蕎麦屋へ連れて行き退院祝いで
一杯やってまいりました(私はこっちがメインだったかもw)
久しぶりの旅日記、次回は桜でしょうか?また楽しみ&参考にさせていただきます。
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-16 18:02
毛抜きサン、こんばんは。
いいところにお住まいですね。
一度だけ25日に行ったことがありますが
古いものが好きな妻は大いに楽しんでいました。

こんなコメント・・・歓迎です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-16 18:06
赤ぽんサン、こんばんは。

法然院で「心を試す」・・・いいかもしれません。
特に朝早くがいいですけど。

湯島もどなたかに勧められたのですが、
また来年、ということにします。
Commented by モクレン at 2012-03-16 20:51 x
岩佐さん、こんばんは。

無事のお帰りでよかったです。
黄老の中華、また食べたくなりました。
海老チャーハン食されたのでしょうね~~
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-16 20:58
モクレンさん、こんばんは。

今回のメニューは以下のとおりでした。

色どり野菜の炒め物
焼き餃子
海老マヨネーズ
広東風五目チャーハン
杏仁豆腐

デザート以外は満足でした。
Commented by 星矢 at 2012-03-16 21:22 x
岩佐さん、こんにちは!
ご自分の決まったコース、席、タイミング、食事がある旅っていうのもいいですね!僕は同じところにはあまり行かないのですが、
二度三度と行って自分のベストな見方をする旅もいいなと思いました!
そして写真や文章から梅や五重塔の美しさが伝わって来て、やっぱり、日本はいいなあと思いました!

只今インド旅行中で、こちらとは正反対の旅を見ている気がしました笑
Commented by toruiwa2010 at 2012-03-16 22:02
星矢くん、こんばんは。
話をするために集まるのに、会うたびに
場所選びに苦労している幹事がいます。
僕は、いいところがあったら、いつでもそこでいいと
思うタイプです。ハハハ。

インド旅行・・・今しか行けないだろうから、存分に
楽しみなさい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。