ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

イチロー・ダル・回転寿司~今週もまた 近事片々~12/04/03

d0164636_971823.jpg
Let’s go,and have fun

03/29
メジャー開幕シリーズ:イチローの日本での最終打席は
ファースト・ゴロだった。昨日は5-4、今日は4-0・・・
つまり野球はアベレージのスポーツということか。
今年の彼に期待することは変わりない。アメリカに戻ったら
楽しんでプレーしてほしい。


先週のブログにも 今年のイチローには期待する、と書いたばかりだが、
日本での2試合を楽しんでプレーしていた。
メジャーでは、守備位置に散る選手に監督はLet’s go,and have fun
(さあ、楽しもうぜ)…と声をかけると聞いた。
対して、イチローはかつてこう言った。
「自分が打てなくてもチームが勝てば嬉しい、という気持にはなれない」、
「さあ、楽しもうぜ、というのも違う」・・・。

この“かい離”は深刻だと思っていた。08年春 マリナーズのロッカーで
「おれがあいつをぶっ飛ばしてやる」とすごむ選手がいた、と書かれた。
結局、真相は明らかにされなかったが、根底にあるのは“野球文化”の
違いではないかと思った。
ともに 地区優勝、リーグ優勝、さらに先を目指そうと考えているとき、
自分だけの目標にひたと目を向けて“楽しむ”ことを拒む選手がいたら
さぞかしやりにくいものだろう。

呪縛が解けた今年のイチローにそれはないはずだ。心からの笑顔が見られた
WBCのときの気持ちでゲームに臨むのではないか。だからこそ、今年の彼は
楽しみなのだ。
d0164636_973712.jpg
開幕戦が日本だったせいで新聞もテレビも初日の活躍に大盛り上がりだった。
しかし、持ち上げるのにこと欠いて、第2戦の“超美技”はないんじゃないか。
レギュラーのライトだったら、10人中6~7人はキャッチする打球だった。
そのうち2~3人はジャンプもしないと思う。
今に始まったことではないが、イチローのやることはすべて誉める、それも
激しく誉める。身びいきもいい加減にしないと、聞いていて恥ずかしい。


“一抹”の不安

03/31
MLB:ダルビッシュの投球が続く。調子うんぬんではなく、
ボールと格闘しているのが気になる。彼の投球がメジャーでも
十分通用することには疑いがない。しかし、自分が思うところに
投げられないのでは問題だ。開幕には間に合わせると思ったが、
まだダメだ。


メジャー相手のオープン戦はこの日が最後だったからか、NHKが中継した。
武田浩がぼそぼそとアナウンサーを“見下ろし”て 解説していた。
いいことも言うのだが、気持ちよく聞けないのが致命傷だ。スポーツ放送は
エンタテインメント、明るい話し方を勉強してほしい。
d0164636_975757.jpg
ダルビッシュだが、ちょっと気になる。
日本のマスコミは「6回で11奪三振」ばかり強調するが、どんなものか。
変化球の切れがいいから三振が取れているのはいいとして、ストレートが
高めに外れるのが目立った。体の仕上がり状態とは関係なく、抑えが効かず、
ボールがどこに行くか自分でも分からない感じだった。

ストライクからボールになる変化球に手を出してくれるうちはいいとして、
開幕したらバッターの心がまえも違ってくる。変化球が効果を発揮するには
ストレートが思ったところに決まるのが前提だ。
もう一度、マイナー相手に投げる機会があるようだが、そのときまでに
仕上げないと、手探り状態のままメジャーのマウンドに上がることになる。
彼の“成功”に疑いはないのものの、ちょっとだけ、いやーな感じだ。


回る 回るよ 世界は回る

先週、映画の帰りに回転寿司デビューを果たした。
そんなもの、うまいわけがないと思っていたし、機会もなかった。加えて、
「こいつ、寿司のこと何も知らねえな」という目で職人に値踏みされている
“被害妄想”が抜きがたく、寿司そのものをほとんど食べていなかった。

しかし、ある日 ふとその回転寿司に行ってみようかという気になった。
そして、妻が見つけてきた 最近有名デパートの中に、これまた有名な店が
プロデュースする“支店”ができた、という情報に気持ちが動いた。
郊外の本店やマークシティにある店はいつも行列ができていたからだ。
d0164636_98222.jpg
早い時間だったのですいていた。
カウンターに座ると、職人が愛想のいい挨拶を送ってきた。
最初の皿を取ったあと 目の前を通り過ぎるネタを眺めると、寿司だけでなく、
酒やジュース、果物まで“回転”している。りんごには「皮をむきます」と
書いた紙が添えられていた。
d0164636_983937.jpg
面白がっていると職人が「それ乾いてるでしょう」と、私がとった皿を下げた。
しかも、そのままポリバケツに捨てた。無造作に! 良心的だなあと思わせた。

…最初の一品はまあまあだったが、あとは正直に書くとダメだった。
特に、備え付けの用紙に書き込んで頼んだトロは驚くほど冷たかった。
“トロは冷やして食うもの”と決まっているならごめんなさいだが。
値段を考えたら、こんなものかもしれない。“老舗”の雰囲気と味を期待した
わけでもないが、「もしかしたら…」と舌舐めずりしたこっちが悪いんだ。


金字塔!

03/30
世界選手権:11時6分からの公式練習が始まった。
ここからお待ちかねのライブだ。
ただし、アクシデントが起きたら終わりが入らないんだぜ。
神仏に祈るか?ちなみに、これが10000thツイート。
09年4月から3年かかっての快挙だ。ハハハ。
posted at 23:07:02

d0164636_985584.jpg
ツイッターに興味を持ったきっかけはNew York Timesで読んだ記事だった。
「オプラが参加したことで ツイッターが発展する」という見出しの記事は
こんな風に書き出されていた。

オプラのメッセージは小さなものだが、ツイッターにとっては大きな飛躍だ。

明らかに 月面着陸のニール・アームストロングの第一声をコピーしているが、
オプラとは、アメリカで最も影響力を持っている女性の一人と言われるほどの
テレビ司会者、ウインフリーを指す。
彼女とゲストのトークが売り物になっている“Oprah Winfrey Show”は
常に高い視聴率を稼ぎ、評価も高い番組だ。
その彼女がツイッターを始めたことを、一流新聞のNYTが“ニュース扱い”
しているのを見ても彼女の影響力の大きさが分かる。

オプラの最初のつぶやきはこうだった。
「ツイッターのみんな、ハーイ。温かく迎えてくれてありがとう。
とっても、21世紀という感じがするわ」


そうか、21世紀はツイッターなんだ…と興味をそそられ、数時間後にさっそく
つぶやいてみた。“取り残されたくない”からだ。

パソコンで遊んでいます
8:22 AM Apr 18th, 2009 from web

d0164636_992061.jpg
ほったらかしにして、ときどき覗いていると、5週間後にたまたま見つけてくれた
WOWOWの後輩から反応があった。
その後、ハッシュタグをつけることを覚え、イベントごとに盛大につぶやいた結果、
30日の夜に ツイートが10000回を超えた。フォロワーも3000人に迫っている。
文字数制限のせいで言葉足らずになる傾向があり、使い方には十分気をつけないと
つまらぬ摩擦も生まれるが、見ず知らずの人と軽い会話ができるのが楽しい。
ボケの防止にももってこいだ。一石二鳥・・・


一足早い花見 

昨日、映画を見た帰りに今シーズン最初の花見をした。
行くときに電車の窓から見えた駒場東大前駅(井の頭線)付近の桜がほとんど
満開状態だったからだ。
駅から2,3分の駒場野公園。
入口付近に植えられた20本ほどのコヒガン(小彼岸)の下で、東大教養学部の
学生と思われる若者が花見を楽しんでいた。
d0164636_993613.jpg

by toruiwa2010 | 2012-04-03 09:14 | メジャー&野球全般 | Comments(2)
Commented by hiroko_Joan at 2012-04-04 16:07 x
こんにちは。

イチローは『魅せる野球』を信条としているので、わざとジャンピングキャッチしたんじゃないでしょうかね。私は観ていないので何とも言えませんが。

イチローが優れた選手なんて誰もが認めている んだから、今更誉めちぎる事なんてする必要ないですよね。同感です。誉める事以外喋るネタがないんですかね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-04 17:28
hiroko_Joanさん、こんにちは。

可能性は十分あるでしょうね。
長嶋さんは、学生時代から、サードゴロを捕ったあと
どんな形で投げるのが客にアピールするかを
考えていた、と言っていました。直接聞きました。
スターは、考えることが我々の想像を超えてるんです。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。