ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

圧巻だった高橋大輔~Blues for Klookにしびれる~12/04/23

d0164636_731178.jpg
04/19のツイート
国別対抗戦:ソトニコワが来るのでとりあえずは
見るが、どうも「わくわく感」がない。テレ朝は
盛り上げに必死だ。浅田真央が出ないのだもの
当然か。プロモーションでもエキシビションに
安藤美姫が出る事を盛んに アピールしている。
辛いなあ。

d0164636_7313316.jpg
世界選手権で終わりだと思っていましたが、まだありましたね。ハハハ。
2009年に日本で第1回が行われたとき、国別対抗戦は何となくエキシビションぽくて
大会の“格付け”が低く、私も見なかったような気がします。
それにしても、大会のプロモーションなのに競技終了後のエキシビションに出る選手を
メインに据えたテレビ朝日の苦肉の策…フジテレビだったら何を言われたことか。
ま、ふだんが大事ってことですけどね。ハハハ。

テニスでは シングルスよりダブルス、ダブルスよりミックスをプレーするときの選手の
表情が和らぎます。ミックスでは笑顔が絶えません。
フィギュアでも、団体戦は賑やかです。ただし、外国勢は大いに楽しんで、ふだんより
いいパフォーマンスをすることが多いようですが、日本人は ややもするとチームの中で
自分が背負っている責任を考えてしまいがちです。
SPでの小塚のミスはそんなことが原因のような気がします。

04/20のツイート
今日は全体に点が出てるんだね。
高橋自身が「それほどの出来じゃないよ」という
ジェスチャーだった。自分をわきまえている
ところがいい。
この青年、スケールが大きくなったなあと感じる。

d0164636_7315527.jpg
SPもよかったし、フリーの演技はさらによかったですね。高橋には酔わされました。
選手として、と同時に人間として一回り成長した雰囲気が体から発散されていました。
パフォーマンスも見事でした。楽曲と滑りの完璧な一体化…。

「♪べよーん びよーん ぶぶぶよ~ん」

出だしの三つの音をそんな風に言葉にしたツイッターがあり、笑ってしまいました。
たしかに、この通り!ハハハ。
エディ・ルイスの「Blues for Klook」。
私も、寝る前に必ず一回は聴くようにしていますが、おかげで心地よく眠れます。
いままで一度も聞いた記憶がないのが不思議なほどの名曲です。

ルイスの専門はオルガンらしいですが、これは明らかに違いますね。
音楽は詳しくないのですが、エレキギターのように聞こえます。とにかく、一つ一つの
音が“生きて”います。
ドラマーのケニー・クラーク(Klook)にささげたこの曲は7分を超えますから、高橋が
使っているのは編曲…というより、“切り張り”したものです。

面白いのは、もと曲と高橋バージョンの違いです。
聴く者、あるいは彼の演技を見る者は、“♪べよーん…”と表現された最初の三つの音に
惹きつけられるわけですが、もともとの演奏では高橋版の2倍近くかかっています。
最初の音から次までが約8秒、次の音まで4秒…さらに四つ目の音が出るまでになんと
10秒かかっているのです。→ http://bit.ly/JYMVM3
d0164636_7354514.jpg
気づいている人も多いでしょうが、高橋版は 5秒、8秒、13秒に“変曲”されています。
少しずつ縮められているのです。もとの曲の味わいは損なわれていませんが、ルイスは
「あれは、俺の曲じゃないね」と言っているかもしれません。
まさか、こういう演奏をしたものが別にあるわけじゃないですよね。あったら、かなり
恥ずかしい話ですが。ハハハ。

国別対抗戦はジャッジの気分がよかったのか、最後まで盛大に得点が出た大会でした。
日本はめでたく金メダルを獲得しましたが、オリンピック本番には高橋・トラン組が
出られない上に、シングルが各国一人ずつになるようですから簡単じゃありません。
団体戦ならではの面白さがあってお祭り気分で楽しく見られます。
この大会を見て一番気に入ったのは、圧巻のフリー演技を終えてKiss&Cryに座った
高橋を他国の選手も祝福していた場面です。スポーツマンのいい面が出ましたね。
d0164636_7353097.jpg

by toruiwa2010 | 2012-04-23 07:39 | フィギュアスケート | Comments(8)
Commented by Vevey at 2012-04-23 19:51 x
岩佐さん、今晩は。
そうそう、やはりさすがの高橋の演技でしたね!昨年は日本のトップは小塚に譲った感があったのですが、チャンを破るのはこの人しかいないと思わせられました。ジャンプの助走に過ぎない、ただ滑っている部分が全くないんですよね?

しかし、岩佐さん音楽も詳しいんですね〜私もこの曲を全部聴いてみようかなと思います。
Commented by らすかる at 2012-04-23 22:23 x
岩佐さん、こんばんは。

私はジャズが好きですがこの曲がケニー・クラークに捧げられたものとは知りませんでした。スケーティングするには非常に難しい曲だとは思っていましたが…。フルバージョンをぜひ聞いてみたいです。情報をありがとうございました。
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-23 23:09
らすかるサン、こんばんは。

クラークの通り名がクルックだったようです。
名曲だと思います。
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-23 23:10
Veveyサン、こんばんは。

音楽は好きですが、詳しくはありません。
この曲はいいと思いますけど。
Commented by 老・ましゃこ at 2012-04-23 23:24 x
ソトニコワ選手は、大きなミスなく(^^)今季を締めくくることができましたネ(^^)
本当に良かったなと思いました。
来季はぐっと演技も表情も変わってくるのではないでしょうか。
好きな選手なので来季の活躍を楽しみにしたいです(^^)
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-24 07:01
老・ましゃこサン、おはようございます。

ソトニコワは、前に見た時は“おとなびて”
見えたのですが、今回は大人の女性になっていてビックリ。
私はあくまで、トゥクタミシェワのほうが伸びしろがあると
思っています。ハハハ。
Commented by スノゥリリィ at 2012-04-27 18:30 x
こんばんは(^-^*)/
国別対抗戦、二日間見に行ってきました。
結局全ての選手とペアの演技が見られ、
あまりの豪華さと楽しさに、あっという間に終了してしまいましたが。
国を問わず観客が応援していたのも良かったです。

安藤はスケ連の都合で駆り出されただけではないでしょうか。
出場資格は二番目にありますが、なんで安藤が?とあちこちで言われ、
何をやっても叩かれていて気の毒でした。
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-27 18:56
スノゥリリィさん、こんばんは。

安藤出場の仕掛け人はスケート連盟ではなく
テレビ朝日だと思います。まず間違いないです。
テレビは視聴率を1%でも上げるために知恵を絞ります。
フジテレビがバレーボールにジャニーズを連れてきたのも
同じ発想です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。