ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

完全試合 ダル 斎藤~日本&メジャー:野球いろいろ~12/04/24

d0164636_15125411.jpg
It’s a perfect game !!

04/22のツイート
SEAvsCWS:ハンバーが21人目の完全試合達成。
9回先頭打者に3-0になったあとストレートと
切れのいいスライダーで三振に仕留めた場面が圧巻。
最後の打者が三振したときキャッチャーが横に
逸らしたが間に合ってよかった。敵地でオベーション!

d0164636_1513337.jpg
途中からでしたが、65年の野球観戦で初めて大記録が達成される瞬間を見ました。
フィリップ・ハンバーはメジャー7年目、去年の9勝9敗が最高というピッチャーです。
去年ホワイトソックスに来てから先発に回った彼にとっては完投もこれが初めてでした。
96という球数はデービッド・コーンが1999年に達成したときの88に次いで2番目に
少ないのだそうです。制球が抜群でした。3ボールになったのもたった3回…そのうち
2回が最後の2人というところに彼の緊張ぶりがうかがえますが。

9回の先頭打者にははっきりしたボールを続けて3-0になりました。
ストレート二つで3-2とし、最後は切れのあるスライダーを空振りさせました。
「どんな状況でも4点リードの試合で先頭打者にフォアボールはあり得ない」と考え、
開き直って投げた 3-0からの3球はすべて力のある球で、見事だったと思います。
この試合、9番だった川崎が27人目の打者になるはずでしたが、代打を送られました。
メジャーでの実績がないのですから仕方がないですね。
代わって打席に入ったブレンダン・ライアンは3-2からの外角のスライダーにバットを
出しかけて止めました。…“止めたつもり”でした。ハハハ。

しかし、判定は「振った」!
このボールを右後方に逸らしたキャッチャーが必死で追い、「振ってない」と抗議して
スタートが遅れたライアンを1塁に刺しました。やれやれ、です。ハハハ。
d0164636_15133761.jpg
インタビューを受けているハンバーに
後ろから近寄ったチームメイトが頭から
バケツの水を。プラクティカル・ジョークだね。
受け答えしている選手のシューズのひもを
結んでしまう。パイをぶつける。
試合中にロッカーの私服をバスタブにetc


…アメリカ人は 口で言うジョークだけでなく、アクションを伴った冗談も好きです。
水をかけるのも、インタビューの受け答えに集中している同僚の足元に四つん這いで
忍び寄って、左右のシューズのひもを結んでしまうのも定番です。ハハハ。
これは実害がありませんが、私服をバスタブにつけられるのは相当こたえるようです。
シーズン最後の試合の日に挙式を予定している選手が持参した式服を水浸しにされる
こともよくありますが、最悪でしょう。
メジャーでは、最終戦のあと教会に行って式を上げる選手が多いのです。結婚記念日を
調べると、9月最終や10月第1週の日曜日という選手が結構いるはずです。
d0164636_15143869.jpg
Looks very happy

04/19のツイート
川崎がグラウンドを元気に走り回る姿は
現地コメンテーターにも好評のようだ。
気の毒だが彼ぐらいのパワーだと、
あの球にも力負けする。絶好球だったのに。
何か工夫をしないとレギュラーは無理だと思う。
ここまで頑張っているのは見事だが。


Mr.Energyとか言われている、と言うので誰が言い始めたのかと、アメリカのサイトで
“Kawasaki Mr.Energy”とググって見ましたが、オートバイのカワサキ関連以外には
1件もありませんでした。ま、そんなもんですね。ハハハ。

川崎もメジャーのロースターに残ったんですから、常時出場したいところでしょう。
しかし、ウエッジ監督がアクリーやライアンに代えて彼をレギュラーとして使うことは
よほどのことがないかぎり考えられませんし、シーガーに代えてサード…というのも、
彼の肩では無理があります。
結局は、代打・代走と レギュラーが休むときの要員に甘んじるしかないと思います。
救われるのはベンチにいても楽しそうなことです。そもそもメジャーを目指したのが
“イチローさんのそばにいたいから”なら、そうかもしれません。ハハハ。
d0164636_15145629.jpg
ハンバーが完全試合をやったとき、6回の打席でセーフティ・バントを試みたようです。
6回なら問題になるとは思いませんが、8,9回にノーヒッターやパーフェクトペースを
破るためのセーフティ・バントは“仁義”に反します。誰かが、ちゃんと話してあれば
いいのですが。


You’ve got balls?

04/20のツイート
今日のダルビッシュはキャッチャーが
変わったこともポイントだ。
その日のピッチャーのいい球を中心に
組み立てるタイプだそうだ。
日ハム・鶴岡に似てるのかな? 


ダルビッシュ3度目の先発は強力打線のタイガース戦でした。
いまのコントロールでは心配だなあ、と思っていましたが、その点はまずまずでした。
フォアボールが5個もあったのに?と思うかもしれませんが、問題なのは1個だけで、
あとのフォアボールは過去2試合の“どうにもならない”レベルではありませんでした。
気持ちよく投げている印象があります。キャッチャーが変わったことの効果でしょうか。
d0164636_15152720.jpg
ストレートはコンスタントに150キロ±を記録していました。121球中の118球目でも
151キロ出ていました。それだけでなく3番・カブレラ、4番・フィルダーに対しても
力負けしていませんでした。“だからこそ”、この試合 投げる割合が多かったカーブや
スライダー(カットボール)が余計に効果的だったのだと思います。特に ストレートとの
球速差が出るカーブは今後も十分使えるという手ごたえを感じたはずです。

フォアボールで問題だと思ったのは4回、フィルダーに与えた1個だけです。
まさか、“びびった”とは思いませんが、2-0とリードしている場面で、4番とはいえ、
先頭打者にストライクゾーンで勝負できませんでした。強気のダルビッシュですから、
勝負に行ったけど、微妙なところが入らなかっただけだ、ということでしょう。
日本人の私たちにもそう見えました。しかし、首脳陣やファンはどう見たでしょうか。
“逃げた”という印象を与えたとしたら、まずいです。

巨人の監督時代の長嶋茂雄は、ある日のデービー・ジョンソンのプレーが気に入らず、
シャワーから出てきたところをつかまえてバスタオルをはぎ取り「タマはあるのか」と
(女性の方、失礼!)怒鳴りつけました。
ダルビッシュの言動はアメリカ球界や野球ファンが注目しています。
“He's got no balls”と思われたらリスペクトしてもらえません。ハハハ。


My apology

04/20のツイート
フィギュアの放送を待ちながら斎藤佑樹の
ピッチングを消音で見る。
長く見てきたが彼ほどなぜ勝てるのかが
よくわからないピッチャーは初めてだ。
投球術があるようには見えないがこれだけ
安定した投球をするのだからあるのだろう。
プリンス・ハンカチーフに謝らねば。w。

d0164636_1516125.jpg
15勝以上して 日ハムが好成績をおさめたら、素直に謝る。
…開幕前、栗山監督が斎藤を開幕戦に先発させることを決め、“差しおいた”形になった
武田勝に謝ったと聞いたときに、そう書いた事を忘れてはいません。
この日、初めてじっくりと斎藤のピッチングをテレビで見ました。技術的なことまでは
よく分からないのですが、私には“つかみどころのない”ピッはーです。

けなしているわけではありません。
つかみどころがないために相手打線を苦しめているのですから、これは長所と言っても
いいのです。ピッチャーとしての資質の一つでしょう。
対戦するチームにとっては、ひとつひとつの球には力を感じないのに、気がついたら
5回まで0点、7回を終わって1点に抑えられている…そんな感じです。
手垢のついた“持っている”という言葉は使いたくありませんが、ある意味、すごい
ピッチャーだなあ、と思います。

いまでも、そのうちどこかのチームが“つかまえる”と思っています。プロだもの。
ただし、自信はまったくありません。このペースのままだと、斎藤佑樹の“15勝”は
現実のものになりそうです。まだ早いですが、“心の準備”を始めねば。ハハハ。

*今朝になって、松井秀喜がタンパ・レイズとマイナー契約するかも、という
噂が飛び交っていることを知りました。ヤンキースの専門テレビYESのリポーターが
話しているようです。朗報ですね。

by toruiwa2010 | 2012-04-24 06:40 | メジャー&野球全般 | Comments(4)
Commented by oiroku at 2012-04-24 06:47 x
斎藤のように、何で打てないのかわからない、という投手は意外と厄介なようですね。個人的には見ていて面白くないのでそういうタイプは好きじゃないですが。
あんまりちゃんと見たことないですけど。

松井、何とか這い上がってほしいです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-24 07:02
oirokサン、おはようございます。

悪気はないですが、斎藤より田中のほうが見ていて
楽しいですね。斎藤が一回り大きくなると印象が
変わるでしょうが。
Commented by ヤップンヤン at 2012-04-24 17:32 x
WBCや北京五輪などがらりと環境が違うところでは、ダルビッシュがいいピッチングをできていなかった記憶があるので、ボールがしっくりきていないのは岩佐さん同様私も心配してました。前回の登板は見られませんでしたが、その辺を修正できていたのならよかったです。
黒田とダルビッシュですか・・・日本にいないことが恨めしいです。岩佐さんが感想を書いてくれるのを楽しみにしてます。
Commented by toruiwa2010 at 2012-04-24 19:07
ヤップンヤンさん、こんばんは。

WBCや五輪は、環境も違いますが、いわば、違うルールで
行われる大会ですから、もともと、比較の対象にならないと
私は考えています。
日本中が沸きかえりましたが、WBC優勝=世界一ではないと。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。