ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

大相撲実況を聴いて~豊響、涙の初金星~大相撲7日目の実況~12/05/13

d0164636_95442.jpg
05/12のツイート
「初めての金星に涙!」と刈屋アナ。
自分は気持ちがいいかもしれないが、
黙って見せても分かるものを何度言ったか。
アテネ五輪・男子体操団体の「栄光への
架け橋っ!」以来、ポエムの好きなアナだが、
みっともないと言っておく。

d0164636_952970.jpg
大相撲7日目の結びの一番で平幕の豊響が横綱・白鵬を下した。
軍配は白鵬に上ったが、物言いがつき、協議の結果 豊響の金星となった。

この日の実況・刈屋富士雄アナはほぼ同じ内容のフレーズを30秒ほどの間に
3.4回 口にしていた。しかも、描写しながら自ら感極まっていた。

スポーツ実況にかかわっていると、取材の過程でチームや選手に感情移入して
放送席に座ったとき“危うい”状況になることがある。
彼は豊響の涙に特別の意味を感じたのかもしれない。

何度も書いているが、スポーツの感動はプレーそのものの中にある。
感動を視聴者から横取りしてはいけない。スポーツ・アナの鉄則だ。
泣いていることは画面から明らかだったのだから、描写は無用だった。

物言いがついて、放送終了の時間が迫っていたという事情はあっただろう。
初金星、涙、白鵬が久々に平幕に負けた、解説者への挨拶、視聴者への挨拶…
残された時間の中で言うべきことが数多くあったから考えがまとまらなかった。
特に、泣いていることは伝えたいから少しずつ修正しながら何度も口にした。
そんなところか。

冒頭のツイートに対しては、同意の表明もあったが、中には「いちゃもん
つける方がみっともないと思うけど」という反論もあった。
感じ方は人それぞれでいいと思う。
d0164636_96198.jpg
相撲の大局をオーソドックスに語る“エース”・藤井康生
“庶民”感覚でくだけた実況をする“変形”・吉田賢
相撲の奥義を知り、技術の凄さを伝える“誠実”・岩佐英治

…NHKの相撲中継ではこの3人が優れていると思っている。
豊響が白鵬を下して顔をゆがめながら初金星の勝ち名乗りを受けたシーンを
彼らならどう伝えたか、と思わざるを得なかった。
d0164636_96598.jpg
お前ならどうした?

行司差し違えが告げられ、場内が歓声に包まれたところから黙る。
残り10秒になったら「はじめて横綱を倒した豊響 涙の勝ち名乗り」と一言。
解説者や視聴者への挨拶は省略して、そのまま放送を終わる。

(敬称略)
by toruiwa2010 | 2012-05-13 09:07 | アナウンサー・実況 | Comments(12)
Commented by 老・ましゃこ at 2012-05-13 12:16 x
お前ならどうした?≫

これを読むだけでも、場内のどよめき歓声が聴こえてきます!
豊響のくしゃくしゃの顔がいいですね!
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-13 12:51
老・ましゃこサン、こんにちは。

映像は何百語のコメントにも勝るときがありますね。
Commented by shin555 at 2012-05-13 14:57 x
実際の中継を見ずに言うのは卑怯かもしれませんが
この画面は場内の歓声だけで見たかったと思います。

聴きたいことは伝えてくれないのに黙っていて欲しいときに・・・って思うことが多いです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-13 15:03
shin555サン、こんにちは。

見てませんでしたか。
…だとすると、私の記事だけで判断しないほうが
彼のためにフェアかもしれませんね。
一般論としては、書いたことに自信がありますが。
Commented by kushammi at 2012-05-13 17:06 x
「猛牛の目に涙」
これだけで十分彼の持ち味は出せていたと思う。
岩佐さんのようにやっても良かったかもしれないが、
横綱に勝った、初めて勝った、そして涙した
この興奮をあのように伝えることを、
「僕は」「みっともない」などとは全く思わない。
藤井さんの解説が一番好きではあるけど。
http://www.youtube.com/watch?v=WCcrKKbGBBo
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-13 17:22
kushammiさん、こんばんは。

そういう意見があって当然ですね。
私は生理的に合わないし、いろいろ
突っ込みどころがあるので苦言を呈しますが、
容認する人がいることまで否定はしません。
Commented at 2012-05-14 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-14 22:10

カギ付きで相撲放送について書きこんでいただいた方へ。
私ははっきり言って、苦手です。ハハハ。
しかし、感情だけで書いているのではありません。
若いアナにはこういう実況をしてほしくないので
きちんと分析して書いているつもりです。

長いですが、この3本を読んでみてください。
ふだんはYAHOOブログのほうは非公開ですが、
カテゴリ「放送」だけはしばらくあけておきます。
お読みになったら、ご一報ください。

http://bit.ly/hFKPZO
http://bit.ly/hHpGyg
http://bit.ly/hFKPZO
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-15 18:05
プーさん、私のレスはお読みいただけましたか?
Commented by プー at 2012-05-20 22:56 x
こんばんは。再訪がかなり遅くなってしまい大変失礼いたしました。千秋楽を観終わって書き込みしたきりになっていたのを思い出しまして…申し訳ありません。
Yahooの記事、拝読しました。「なるほど」「そういえばそうだった」と思うことが多かったです。
とはいえオリンピックもサッカーもほとんど観ないのでもしかしたら状況をとらえ違えているかもしれないのですが、織田選手へのインタビューは確かに尋ねていることはわりとまともなのに聴いていていい気分にはならなかったことを思い出しました。
実況、特にTVの実況とは何だろうなぁと考えました。
サッカーのように1画面の中に試合の状況すべてが映りきらない競技の場合、相撲のように1画面の中に土俵全体がすっぽり映っている競技の場合(ことに相撲は視聴者と正面実況はほぼ同じ見え方で競技を楽しんでいることを考慮しつつ)。実況のコツというものはおそらく両者で少し異なるのでしょうけれど、視聴者が求めているものはあまり変わらないですよね。
すみません、長くなってしまったのでコメント連投させてください。
Commented by プー at 2012-05-20 22:57 x
いずれの場合も作った感動的な言葉を話してほしいのではなくて聞き取りやすいお声でその場の状況や雰囲気を適度に補足してくれる案内がほしいのですよね。感動できるかどうかを判断するのは視聴者の楽しみ・仕事であって、実況のアナウンサーさんがそれを押しつけてしまってはいけないのですよね。
刈屋アナの実況が感動の押しつけに陥りがちであること、それが視聴者にとっても嬉しくない実況であること、後進には真似してほしくないと思うこと、いずれも岩佐様のお話に納得です。
再訪のきっかけになったのも今日の放送だったので岩佐様にはとうにお気づきかと思いますが、今日の刈屋アナ、稀勢の里関を贔屓するような実況、されていましたね。
稀勢の里関を応援している視聴者やお客様ばかりではないと思うのでそれはちょっとなぁと思いました。
私はとにかく楽しんで観られればそれで良いのですけれど、こうした実況を続けられると正直楽しめなくなってしまうかもしれないとも思います。
もしかしたら今日も刈屋アナの雰囲気に流されてしまったかもしれないのですが、せっかくの旭天鵬関の初優勝、ふしぎな言葉で自分の中の感動が塗り替えられていたら…ちょっといやですね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-21 07:07
プーサン、おはようございます。
古い記事も読んでいただいた由、よかったです。

お気持ちは伝わりますが、当ブログは連続投稿は
ダメなんです。最初の投稿だけ承認しておきます。

昨日の放送も、私の中ではNGでした。
稀勢の里を贔屓していた・・・
アナウンサーとして平幕決戦より三つ巴のほうが
盛り上がると思っただけではないでしょうか?
涙もろい男ですから、心情的にはむしろ
旭天鵬の優勝をひそかに望んでいた気がします。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。