ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

信じてるぜアミーゴ!~フジテレビ伊藤アナの“事故”~12/05/17

d0164636_2059471.jpg
「モナコのF1はセナが優勝しました。こちらのインディは生放送です」
フジテレビがF1の放送を始めたころ、TBSがインディ500を中継していました。
Iアナが生放送の冒頭で満を持して放ったこの一言は業界内で物議をかもしました。
フジのF1の放送はまだ始まっていなかったのですから。ハハハ。
d0164636_2105198.jpg
ある日、「ニュース・ステーション」を見ていました。第一項目と第二項目の間に
久米キャスターが突然バレーボール・ワールドカップの結果を話しました。
時計を見ると10時1分でした。この日、フジテレビは9時15分からその試合を
放送する予定でしたが、野球のオリンピック予選の試合が延びて10時5分からに
変更されていました。
つまり、「ニュース・ステーション」の視聴率を少しでもよくするために、間もなく
ライバル局が放送を開始する試合が「すでに終わっていて、日本が負けた。しかも
完敗だった」と、視聴者の見る意欲を失わせるのが目的なのは明らかでした。

どちらもかなり古い話ですが、テレビはコンマ1%の視聴率を争う時代になって、
数字を取るためなら手段を選ばなかったことを示す典型的な例だと思います。
ちなみに、フジテレビはやらないか…といえば、それは分かりません。ハハハ。

昨日の午後、YAHOOのトップページで“ギョッとする”見出しを見つけました。
急いでクリックすると、読売新聞から配信されたこの記事が現れました。⇓
d0164636_2122039.jpg
伊藤アナを絶賛してきた私としては穏やかな心境ではありませんでした。ハハハ。
さっそく、こんなツイートが、なぜか、フォロワーから私宛てに送られてきました。

@toruiwaフジの看板アナがひき逃げとの報道あり。言語道断。

…すぐに返信しました。

「現段階で、こういうツイートを私宛にするのは言語道断。ハハハ。
落ち着いて、続報を待ちなさい。フォローはお断りします」


…まあ、どこまでもこらえ性のない爺さんで申し訳ないです。ハハハ。

話がそれてしまいましたが、日本テレビがどう扱うか、とても興味がありました。
ネタ元が読売だし、グループとして“攻撃材料”に使う可能性はあるからです。
しかし、夕方と夜のニュース、翌日朝のワイドショーをざっとチェックしましたが、
まったく扱わなかったようです。激しい視聴率争いをしているライバル局の失態を
見送ったのです。(TBSは報じたようですが)

日テレが大人の対応をした、と見ることもできますし、そもそも、“事故の実態”に
あいまいな点があったからかもしれません。この記事で私が不思議に思ったのは
「女性とはいえ“大人の肩に車のミラーが当たる”だろうか?」です。
この件は続報がないのでなんとも言えませんが、ネット上に現れる情報は読む人が
自分の責任でチェックしなければいけません。自己責任だし、確認もしないまま
情報を拡散(リツイート)するのは無責任です。

YAHOOの見出しも午後2時過ぎに報じたときには<フジテレビの伊藤利尋アナ、
接触事故後そのまま去る>でしたが、午後8時には記事はそのままで見出しだけ
<気付かなかった…フジ・伊藤アナ、車で女性接触>に変わりました。
くらべるとだいぶ印象が違いますね。情報操作。ハハハ。

万一、彼に落ち度があった、接触に気づいたのに“そのまま”去ったのだとすれば、
とんでもない話です。そうではないことを祈りつつ、昨日の番組を見ました。
誠意を感じましたし、説明は明快だったと思います。私が名付けた“日本一、腰の
低いアナ”ですから、気づいたら逃げてはいないと、今は信じます。
d0164636_2125261.jpg
相手の女性が何者なのかが分かりませんが、出来れば、これで“幕引き”となって
ほしいものです。応援しているアナだから甘いと言われてしまいそうです。しかし、
甘いのは伊藤アナの“わき”です。ハハハ。
世間に名前も顔も知れられていることの自覚が足りません。気を引き締めて、日々、
すます精進するしかありません。

昨日の「ミヤネ屋」の対応も注目しましたが、完全スルーでした。そりゃ、宮根は
フジテレビでも番組を持ってるから、触れにくいですよね。ハハハ。
それでも、視聴者の伊藤アナに対する評価は下がったことは避けられません。
ダメージはすでにしっかりと負ったわけです。
宮根にもスキャンダルがありました。“すねにキズ”を持つ男同士の対決になった
午後2時のワイドショー…今後、どう展開するのか?ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-05-17 06:10 | アナウンサー・実況 | Comments(10)
Commented by えそらいろ at 2012-05-17 09:54 x
おはようございます。

伊藤アナ、大変ですね。
“事故の実態”に関して、もしミニバンみたいな形の車だったとしたら、
確かにミラーは肩の位置くらいです。
でも、ミラーに何かぶつかったら結構感じるものなので、
接触に気付かなかったのなら、
かなりゆっくりな速度で"触れた"程度なんじゃないでしょうか。

実態も知らずに予断はいけませんけど、
速度が遅いので、運転してる人が誰なのか、もしかしたら気付いてたのかも?
なんて思ってしまいますね…

有名人のつらいところ…
自覚が足りない、と言われればそうなのかもしれませんが、
大きなキズとならずに事が収まればいいですね。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2012-05-17 11:21 x
ペンは剣よりも強し、と申します。ただし、原典の戯曲には「偉大なる統治者の下では」という前段があるのだそうです。現代のIT社会に置き換えれば、インターネットの中で飛び交うネタは無法地帯もいいところで、根拠のないゴシップだけが尾鰭を付けて…という感じでしょうか。
伊藤アナがピンチから脱するのを、さらにできればチャンスに変えるぐらいの粘り強さを発揮してもらうことを信じたいです。
Commented by hiroko_Joan at 2012-05-17 11:57 x
岩佐さん、こんにちは!

私も伊藤アナのニュースを見て、岩佐さんの事を思い浮かべました。

番組冒頭で誠意を持って話をしていたと私も感じました。なので、マイナスイメージがついた感じは私はないのですが、一般的には負のイメージが少しついてしまうんですかね?
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-17 13:40
えそらいろサン、こんにちは。

うかつなことは言えませんが、この「女性」には
少々怖いものを感じます。
小沢に対する検察審査会的な・・・ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-17 13:41
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

戯曲の前段・・・知りませんでした。
勉強になります。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-17 13:42
hiroko_Joanサン、こんにちは。

どうやら、大事にならずに済みそうなので
今後の仕事をはんばってほしいです。
Commented by しょう at 2012-05-17 20:48 x
まずテレビや新聞がセンセーショナルな出来事に着目、
さらにマスコミ全体でそれを掘り下げ、
インターネット上でどんどん拡散していく。

それが事実かどうかは重要ではないんですよね。
興味を引くかどうかに重点が置かれてしまって。
しかも掘り下げる方向が間違っていようがおかまいなしです。
怖い世の中です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-17 21:05
しょうサン、こんばんは。

特にネットは危険なメディアですね。
取扱注意・・・ハハハ。
Commented by hp at 2012-05-17 22:32 x
こんにちは。

「あれだけのフル稼働をさせているのであれば、車くらい出してやればいいのに」と思いました。
裏のキャスターに同じことが起きたら「それ見たことか!」ですが、伊藤アナには同情します。
滲み出る人柄の成せる業ですね。

渡辺和洋や宮根誠司らが塩谷瞬の二股問題を扱うというのは、何かの因果でしょうかね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-17 22:35
hpさん、こんばんは。

確かに、昨日の挨拶にも人柄が出ていました。
テレビでは、最後は人間性が出ますから怖いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。