ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“根性論”を排す~琴欧州の休場~12/05/21

d0164636_7493791.jpg
05/20のツイート
仕方ないんだよなあ。仕方ないんだ。
分かってるさ。でも…でもなあ。
琴欧州がけがのために休場で栃煌山の3敗は
変わらないのだそうだ。
これで白鵬以下、4敗組の優勝はなくなった。
えーっ!!
今さら組みかえるわけにもいかんのだろうが
千秋楽の楽しみが減っちまったじゃないか!
posted at 12:46:07

琴欧州が責められるのは状況を考えて
昨日のうちに休場を申し出るべきだった
という一点だけだ。割返しが可能だったから。
ケガは不可抗力。過去の大関だったらどんな
ことをしても出たのではないかと刈屋アナは
言うが議論になっていないぜ。
無茶なことは言わんでほしい。
posted at 15:55:05

d0164636_7494874.jpg
37歳8ヶ月…旭天鵬が見事な優勝を飾った。“昭和に入ってからの最年長”も
“国籍は日本だが生まれはモンゴル”もややこしいが、文句なしのあっぱれだ。
いつも体にハリがあるが、今場所は特に体調がよかったのだろう。動きがよく、
若々しい相撲を取る。人柄がにじみ出たインタビューもよかった。
後輩からの人望も厚いようだ。おめでとう! 旭天鵬。

それにしても結びの横綱・大関戦が刺身のツマになって、平幕同士の決定戦が
メインディッシュになるとは…。
「…10勝5敗。かし、横綱の責任をホントに見事に果たしました」
実況アナがそう言った。この言葉に共感する相撲ファンはいるのだろうか。
1人横綱として協会を支え、“相撲の心”を学ぶ彼をリスペクトしているが、
早々と一度は優勝戦線から脱落した今場所の出来にふさわしい言葉じゃない。

それよりも、昨日の放送ではもっと気になることがあった。
中入り後、北の富士と実況アナが何度か琴欧州非難を繰り返していたことだ。
相撲は独特なスポーツだということは分かっているつもりだが、何があっても、
どんなことをしてでも土俵に上がることを“美”とする考え方には同意しない。

気持ちは分かる。
私だって、休場と聞いた瞬間に気持ちがなえた。しかし、ケガを押して相撲を
取ったってファンが納得することはないと思う。
八角は「昨日のうちなら割返し(取り組みのやり直し)ができたのに」とした上で
琴欧州とその親方を非難するコメントを出した。その通りだろう。
しかし、責められるのは「早く届けなかった」点だけだ。
d0164636_7502093.jpg
“危機管理”の点で協会にも反省すべき点がある」とも言ったらしい。
これもまさにその通りだ。起こりうることへの準備ができていない。
旭天鵬も本割り(通常の取り組み:豪栄道)で敗れて、栃煌山が相撲を取らずに
優勝ということになったら「金返せえ」となったに違いない。
85年前にそんなことがあったらしいが、収拾がつかない大“不祥事”になる。
“予防線”の意味で琴欧州と親方を非難したのだとしたらとんでもない話だ。

協会やマスコミが力士を攻撃するときに“ランク”を感じる。
日本人、モンゴル出身、欧州系力士の順で言うこと書くことが厳しくなる。
今回の琴欧州は非難に値する点もあるものの、どうもフェアじゃない。
d0164636_7502994.jpg
横綱・白鵬が優勝パレードの旗手をつとめるというリポートを聞いたときは
思わず目頭が熱くなった。モンゴル勢は日本人が失ったものを持っている。
初日の安美錦戦で指を痛めたこともあって本来の相撲が取れなかった横綱が
土俵の外で見せた素晴らしいファインプレーだった。
by toruiwa2010 | 2012-05-21 07:51 | 大相撲 | Comments(6)
Commented by 赤ぽん at 2012-05-21 17:02 x
岩佐さん、こんばんは。

おっしゃるとおり、本当に怪我で出られないのなら、無理しても上がるのは
おかしいと思います。ただ、親方や協会には「なぜ割返しできなかったのか」
という対応に対する不満が大きく残った千秋楽でした。
土俵上で不戦勝の発表時、場内からのブーイングも当然でしょう。

それにしても実況アナの稀勢の里戦での「押せ!」というひと言は聞き捨て
ならないひとことでした。聞き間違いではないと思いますが、耳を疑った
言葉でした。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-21 18:54
赤ぽんサン、こんばんは。

実況アナは、稀勢の里が好きというより、
彼が勝つほうが平幕同士の決定戦より
盛り上がると考え、ついつい…。ハハハ。

アナウンサーはそんな風に考えるものです。
同業でしたからその気持ちは分かります。
Commented by しょう at 2012-05-22 02:51 x
岩佐さん、夜分にすみません。
スポーツにおいて指導者や年長者が根性論を振りかざすのは、
私も好きではありませんし、根性論=感情論だと考えます。

選手生命やパフォーマンスの質を考えると、
怪我をおして出場なんてもってのほかの行為ですよね。
しかし、貴乃花、柔道の山下や古賀など、怪我があったために
勝利の価値がプラスαされる事例はたくさんありますし、
そういった感動を求める観客が多いことも事実です。
日本のスポーツ選手の多くはその観客に応えなければ、
という意識が強すぎるのだと思います。
もっと自分勝手になっていいと思うんですけど。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-22 06:53
しょうサン、おはようございます。

自己犠牲、大和魂…ことによりけりですね。

貴乃花、山下、古賀のケースはすべて
自分だけがかかわっている話でした。

琴欧州の場合は、休場やむなしの状態をおして
土俵に上がっても、けがを悪化せせるだけでなく、
客が納得する相撲はとれなかったでしょう。

北の富士は、ほかの力士のことで、「状態が悪ければ
休む選択肢も…」という意味の発言をしていました。

今回の件で最大の問題は、幕内最高優勝を決めるため、
誰もが納得するシステムを協会が構築していないことです。
当日でも割返しができるような形を考えてほしいです。
Commented by しょう at 2012-05-22 08:33 x
おはようございます!
論点がずれていました、すみません。
夜中だったのでぼけていたようですw
確かにシステム上に問題があるようですね。
協会の脇の甘さと頭の硬さがよく分かりました。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-22 08:57
しょうサン、どういたしまして。

論点がずれているとは思いませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。