ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

松井の一発に酔う~前途は険しいだろうが~12/05/31

d0164636_913653.jpg
05/30のツイート
松井が第2打席で2ランHR!
第1打席のレフトフライもほぼ芯だったが、
このHRは完ぺきだった。
現地アナは彼はもともと1球目、2球目の
打率がいいと言っていたが、このHRも
初球だった。1割7分でもGo サインを
送った3Aの監督に拍手を。

d0164636_921855.jpg
多くの松井ファンが飛び上がって喜んだことでしょう。
苦しかったに違いないのに、言葉にすることなく顔にさえ出さなかった松井秀喜が
メジャー昇格の初日の第2打席に豪快なホームランをライトにぶち込みました。
打撃の天才と言われ、機械のように正確に結果を出し続けるイチローにくらべると、
松井は大きな波を繰り返します。ファンは気が気ではありません。そこがいいのさ、
という声が聞こえそうですが。ハハハ。

今回はすぐに結果を見せてくれました。けがから復帰したときや球団を移ったとき、
いきなり大きなことをやってのける傾向はありましたが、このホームランはかなり
ドラマチックでしたね。

故障を抱える膝と年齢によるものでしょうか、2009年のヤンキース時代をピークに
成績は右肩下がり、それもかなり急カーブを描いていました。去年はほぼすべての
カテゴリで最低の数字が残りました。
それだけに本人も今シーズンが厳しいことは自覚していました。2011年シーズンが
終了したあとのインタビューでこう答えています。

「欲を言えばきりがない。(理想は)強くてなおかつ試合に出られるところがいい。
でも、そんなことを言ってはいられないよね。そういう選手じゃないから、今は」
「(年俸は)自分を正当に評価さえしてくれればいい。以前のように1000万ドルとか、
そんな選手ではないから。年をとって、基本的にはDHの選手。まあ難しいよね」

これだけのレベルの選手が年俸まで口にして、次のシーズンを語ることはめったに
ありません。覚悟のほどがうかがえました。
私も、去年の日本人選手の“通信簿”(11/24付け)にこう書いています。

…今後の可能性がゼロではありませんが、開幕したあとに
モチベーションを持ち続けるのは至難の業だと思います。
書く機会があるかどうか分かりません。とりあえず、松井には
長い間楽しませてもらったことに感謝しておきたいと思います。
お疲れさまでした。


まるで“贈る言葉”ですが、こう付け加えることも忘れませんでした。

猛暑の夏、節電に苦労しながら「…と書きましたが、どっこい
松井は生きていました」とあわてて記事を書いている私がいると
いいのですが。ハハハ。


ヘヘヘ。逃げ道は常に用意しておかなければ。ハハハ。

メジャーへの復帰が決まったとき、マスコミもファンも「3Aで1割7分しか
打てなかったのに昇格?」という受け止め方が多かったですね。
本人もそれを少し気にしているようでしたが、すぐ先発で使ったところを見ても
監督はまったく気にしていなかったことが分かります。3Aからの報告と松井の
能力を全面的に信頼して起用する、それが“メジャー流”です。
d0164636_912024.jpg
ホームランは甘い球でした。完ぺきに捕らえた打球は瞬間的にホームランと分かる
放物線を描いて飛んで行きました。アンチ松井もいるようですが、多くのファンが
この一発に酔い、「よかった」と胸をなでおろしたことでしょう。
“境遇”がそうさせるのでしょうが、今の松井のホームランには独特の意味があると
思います。昨日の朝日の夕刊は社会面でも写真入りで扱っていました。

「必ずしも状態がいいとは言えないな」と感じた場面がありました。
ほかの打席でも甘い球が何球かありましたが、彼のバットが反応しなかったのです。
もともと、ボールをじっくりと見て行くタイプの打者ですが、彼のキャリアの中で
最も結果が求められているときだけに、積極的に打ちに行ってほしいと思います。

今日は相手の先発が左投手だったためにベンチからスタート、途中から出場して
2-0だったようですが、守備にもついています。マドン監督の松井起用についての
基本的な考え方がうかがえます。世間では人工芝で守備につくことに不安の声が
あるようですが、私は、むしろプラスになると思っています。ずっとベンチにいて
打席のときだけグラウンドに出て行くのにくらべたら、はるかに体のリズムが作り
やすいはずだからです。

松井秀喜のメジャー生活“最終章”は始まったばかりです。
いいスタートを切ったことは喜べますが、打撃不振、故障者の復帰など、今後も
厳しい試練・競争を覚悟しなければいけません。
マイナー契約を結んだとき「プレーをしたい。野球がやりたい」と話していました。
その気持ちをキープして挑戦を続けてほしいと思います。

タンパはヤンキース時代のキャンプ地でしたから、きっと、なじみの日本食屋が
たくさんあるはずです。おいしいものを腹いっぱい食べれば力もわくでしょう。
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-05-31 09:05 | メジャー&野球全般 | Comments(11)
Commented by デルボンバー at 2012-05-31 10:50 x
アンチイチローは当然いるとして、アンチ松井ってのもいるんですねぇ…。王さんとまではいかなくても、あそこまでマスコミにキチンと対応できるスポーツ選手も少ないと思うんですが。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-31 11:07
デルボンバーさん、こんにちは。

アンチ松井・・・
イチローを「崇拝」する人たちの一部に
いるみたいですね。
Commented by 赤ぽん at 2012-05-31 11:31 x
岩佐さん、こんにちは。

松井の初戦の活躍、巨人時代からメジャーまで常に見事な活躍ですね。
しかし問題はこれからのシーズン・・・怪我とどこまで上手く付き合っていけるか
でしょうか。

話は変わりますが、昨夜の杉内と田中マー君の2時間の投げ合い、
見事でしたね!偶然ですが友人の会社の年間指定席、しかも巨人ベンチから10列目で
観戦してました。投手の投げる球の高低が良く見える良席でした!
お互いが刺激しあっての結果、田中もあの1発だけが…
短い時間だけど見事な投手戦でした。あと一球で完全試合でしたがw
久しぶりに興奮しました。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-31 11:53
赤ぽんサン、こんにちは。

最後の一球はビビりましたね。
「時間が戻れば・・・」と言っているようですが、
ソフトバンクを「袖にして」巨人に行った勇気が
あるのだから、ストライクを投げんかい!・・・が
私の正直な気持ちです。ハハハ。
Commented by 赤ぽん at 2012-05-31 12:36 x
巨人に行った勇気があるのだから、ストライクを投げんかい!・・・

確かにおっしゃる通りかもw
その一球前のハッキリ高めに浮いた球も力んでいたのかな?
そして28人目の打者を三振に取ったボールも明らかに低かったようなw

楽天ベンチ前で肩慣らししている田中の杉内を見つめる目、真剣な眼差しが
双眼鏡からも読み取れました。
Commented by えむ at 2012-05-31 15:30 x
「アンチ松井」
第一回WBC以降目立ってきた印象です。
かく言う私もガッカリさせられましたw

「王さんに恥はかかせられない」は、松井の口から聞けるものと思っていましたので。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-31 16:02
えむサン、こんにちは。

WBCをどうとらえるかは人によって違います。
メジャーに身を置くものとして、松井が不出場を
選択したことを非難するのは間違いだと思います。
私は正解だったと考えています。

そして、「○○監督に恥はかかせられない」という発想は
前時代的で全く同意できません。
Commented by えむ at 2012-05-31 16:11 x
コメント承認いただいて、ありがとうございました。

人によって違うのは当然で、私の印象 感想ですので、岩佐さんに同意いただけないのはある意味想定内ですw
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-31 16:56
えむサン、意見が違っても互いの考え方を
尊重して共存する空間があっていいと思います。
ハハハ。
Commented by ケイ at 2012-05-31 21:50 x
岩佐さんこんばんは。
松井選手の気負いのなさがとても好きです。
かっこつけない所がとても好きです。
そういう風に見えるあのおっとり感が好きです。
昨日は嬉しかったですね。
テレビを見ながら、
丈の短いスラックス姿がなんとも言えず誠実に見えて
ますます好感度メーターの針がふれました。
きっと岩佐さんがブログに書いてくれるだろうな~って思って
いたら、ピンポ~ン!
思わずコメントしちゃいました。
Commented by toruiwa2010 at 2012-05-31 21:53
ケイさん、こんばんは。

私も、彼の“普通っぽさ”が好きです。
私自身の実況もモットーも「さりげなく」です。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。