ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

私のバレーボール史~ワールドカップ&春高バレー~12/06/01

d0164636_10255661.jpg
ロンドン・オリンピックのバレーボール世界最終予選。
女子はなんとかロンドンへの切符を手に入れ、今日から男子が始まります。
一時はバレーボール大国だった日本ですが、今はオリンピックに出場するだけでも
もがき苦しまなければいけない時代になってしまいました。

放送もTBSとフジテレビの共同です。
地上波が単体で巨額の放映権料を払えなくなり、レギュラー番組との兼ね合いで
毎日、ゴールデンに時間枠を確保するのが難しくなっているのでしょう。
ほかのメディアに押され始めている地上波は局の垣根を越えて手を組まなくては
いけなくなっているのかもしれません。ファンは、見られればそれでいいんですが。
ハハハ、
d0164636_1025479.jpg
1980年1月、“鉄のカーテン”の向こう側だったブルガリアの首都、ソフィアに
行きました。モスクワ・オリンピック最終予選の取材でした。
フランクフルトで乗り換えたのはバルカン航空でした。“国営”とは名ばかりで
あとにも先にも、こんなおんぼろ飛行機には乗ったことがないと思える恐ろしい
代物でした。腰回りが私の倍ほどあって、ひげの濃いおばちゃんスチュワーデスが
あらかじめ配った紙の皿にぶっといソーセージを一本乗せたとき、取っ手を包帯で
補強したサモワールで紅茶を注ぎに来たとき、震えあがりました。ハハハ。

このとき、日本女子はすでに出場権を得ていましたが、男子はいくつかの大会で
条件を満たすことができなくて、最後のチャンスをこの大会にかけていました。
取材に厳しい制約があってなにかとやりにくいことだらけの東欧圏での最終予選を
放送したのは東京オリンピックの“東洋の魔女”からのバレーボール熱が続いて
いたからです。結局、この大会でも出場権はとれませんでしたが。
d0164636_10264036.jpg
フジテレビが力を入れたこともあって、バレーボールにはのめり込みました。
初めてバレーボールと接したのは東京オリンピックです。金メダルを獲った直後の
“魔女”たちにインタビューしました。
キャプテン/セッターの河西昌枝には指先をカメラに見せてほしいと頼みました。
監督の許可を得て“唯一の女らしさ”としてマニキュアをしていたのです。初めは
嫌がりましたが、無理を言いました。普通の女性と変わらぬ指先を見て、男勝りの
プレーをしていることがウソのように思えました。

主力選手へのインタビューを続ける私にスタッフが時間を知らせていました。
「(残り)3分」、「2分」と書いた紙を見せるのです。まだ若かったとはいえ、一応
“プロ”ですから、そちらを見なくても分かるのですが、うしろの席の控え選手は
私が気づいていないのだと勘違いしたようです。さかんに背中をつつかれたことを
昨日のことのように思い出します。ハハハ。
d0164636_10263736.jpg
毎週末、日本リーグのテレビ中継が行われるようになり、日本バレーボール協会の
前田豊副会長(女子)、松平康孝専務理事(男子)が解説者として大活躍されました。
何回コンビを組んだか思い出せないほどご一緒したものです。
前田さんは優しい口調で分かりやすい解説ぶりでした。
一方、先日、亡くなった松平さんは耳に心地いい歯切れのいい口調で話されました。
特に、選手にニックネームをつけるなど、バレーボールの面白さを伝えることに
一生懸命だったことを思い出します。
東京オリンピックの熱気を単なる“ブーム”で終わらせず、マイナーだったバレー
ボールを人気種目に仕立て上げた功労者と言ってもいいでしょう。
d0164636_10271375.jpg
女子の試合の放送では生沼スミエさんが忘れられません。
水泳の木原光知子と並んでいわゆる“美人アスリート”のハシリでした。
キャリアの中で“呼吸が合った解説者”5人の中に入ります。うまい下手ではなく、
彼女と組んだ仕事を終えたあと「今日は失敗した」と思った記憶がないのです。
女性解説者にはありがちですが、選手に関してネガティブなことが言えないという
マイナス点を除くと、仕事相手として最高に楽しめる人でした。

バレーボールの実況には長く携わりましたから思い出に残る選手たちも大勢います。
第2回春の高校バレーで準優勝した秋田・角館南高校の荒木田裕子もその一人です。
記憶に間違いがなければ、彼女は左右両方の手でスパイクを打つアタッカーでした。
しかし、準決勝あたりで左肩を痛め、右手一本で奮戦しましたが、高田高校の前に
屈しました。実況担当だったら涙腺が危なかったでしょう。ハハハ。

日本で初めて開催された77年のワールドカップでは、モントリオール金メダルの
白井貴子・前田悦智子・松田紀子が復活しました。フジテレビとしては視聴率も
ほしいところですが、彼女たちの力を借りて日本列島を盛り上げ、大会そのものを
成功させれば日本での永久開催に結び付くと考えたのです。
d0164636_10271355.jpg
フジテレビ・スポーツ部のK副部長が精力的に動いて3人を口説き落としました。
女子は優勝、男子も銀メダルに輝き、大会は大成功でした。そして、日本開催も
ずっと続いています。思惑どおりになったわけです。同じように、日本チームが
活躍しても、舞台が海外の場合と国内とでは盛り上がりがまったく違います。
もし、日本開催を有難いと思っている人がいたら、その陰に、去年、故人になった
Kさんの活躍があったことを思い出してあげて下さい。
私にとっても、直前のヨーロッパ選手権を取材するためフィンランドに行くなど、
充実した仕事をした思い出の大会です。
d0164636_10274838.jpg
81年大会は、私にとってフジテレビのアナウンサーとして最後の大仕事でした。
夏ごろからほかの部への異動を希望するむね意志表示をしていましたが、大会中、
ホテルの部長の部屋に呼ばれて「気持ちは変わらないのか」と“確認”されるなど、
精神的には落ち着かない大会でした。ハハハ。

この大会には77年の女子優勝メンバー4人が解説者として参加してくれました。
体は大きいですが、底抜けに明るく、気持ちのいい“お嬢さん”ばかりですから
彼女たちと帯同するツアーは楽しいものでした。ただし、体力にものを言わせて
食べる量、飲む量がハンパじゃないことに驚きました。
大会中に何度か会食する機会がありましたが、普段ほとんどアルコールを飲まない
私はもちろん、体育会系で自信があるはずのスタッフも、次々にダウンさせられて
いました。死屍累々。ハハハ。
d0164636_1027428.jpg
バレーボールは、レシーブ・トス・アタックの繰り返しですから、一見 単純ですが、
奥が深い競技です。60~80年代ほどではないものの人気は衰え知らず、視聴率も
かなりいい結果が出ています。
私が現役のころ、現場の熱狂ぶりは男子>女子、視聴率は女子>男子でしたが、
今はどうなんでしょうか?それぞれの理由に変りはないのでしょうから、きっと、
今日から、プレーに関係なく黄色い声が飛び交うのでしょうね。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-06-01 10:29 | スポーツ全般 | Comments(10)
Commented by デルボンバー at 2012-06-01 12:34 x
ほんとに日本のバレー人気は根強いですよね。それだけにいろいろな改革をしにくい面もあると思うのですが?
しかし日本女子のランク三位って…。 サッカーのFIFAランキング並みに当てにならないですね。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-01 12:38
デルボンバーさん、こんにちは。

ランク3位…私も驚きました。
何かからくりがあるんでしょうね。
そうでなかったら、ランク3位なのに、
「最終予選」で4位という結果は納得できません。
ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2012-06-01 14:32 x
私は81年からバレーにはまりました。こちらにいますと今でもたまに郎平をメディアを通じて見かけることができます。岩佐さんも何度も彼女の名前を実況で呼んだのではないですか? 確かに彼女はすごかった・・・。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-01 14:51
ヤップンヤンさん、こんにちは。

郎平はもちろん覚えていますが、試合を担当したかどうか
記憶が定かではありません。
収録したビデオをDVD化したとき、77WCのものは
5試合残しましたが、81WCは1本(JPNvsCUB)しか
残していません。フジのアナウンス部にいることが
精神的にきつくなっていて、いい仕事をしていなかった
可能性があります。
Commented by ひろ☆はっぴ at 2012-06-01 15:39 x
聞くのは野暮かもしれませんが…最近はジャニーズばかりですが、アイドルが前面に出てきているW杯や春高バレーについて岩佐さんは、どんな思いでいらっしゃるのでしょうか?フジテレビらしいといえば、確かにそれらしいのですが。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-01 15:44
ひろ☆はっぴサン、こんにちは。

77ワールドカップのDVDを見ると、
開会式には、尾崎紀世彦、麻丘めぐみ、
フィンガー5が出演してますなあ。
持病みたいなものでしょう。
もちろん、好きじゃありません。ハハハ。
Commented by 赤ぽん at 2012-06-01 17:02 x
岩佐さん、こんばんは。

体育会系の大きな女子選手との飲み会、あまり飲まれない岩佐さんは
どう「ブロック(防衛)」していたのですか?w

先日の女子の五輪出場決定についてはなんだか決め方がスッキリしませんでした。
試合に負けても2セットとればOKとか…なんだかなぁって思いました。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-01 17:20
赤ぽんサン、こんばんは。

ブロックは上背だけで決まりません。タイミングが大事です。
酒を断るのはもっと簡単でした。ハハハ。

出場決定の経緯が気に入らない…
サッカーのUCLでも、ホーム&アウエーで
得点合計…ルールに従っているのですから
仕方がないでしょうね。
Commented by ハッピーカムカム at 2012-06-01 23:27 x
いつも楽しく拝読しています。
今回の大会のテレビの2局共同中継って、そういう裏事情があるんですね。
ただ『割り振り』をみていると、
フジが美味しい中継カードを独占しているような気が…
気のせいでしょうか?
あと、今大会は珍しく生中継なんですよね。ワールドカップバレーとかは常にディレイなので、新鮮に映ります。
岩佐さんが実況されていた頃は、やはり生中継だったのでしょうか?
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-02 06:38
ハッピーカムカムサン、おはようございます。

裏事情…は、こんなことだろう、という
私の推測に過ぎません。
当時のバレー中継は録画が基本でした。
今回も、全部生ではないのでは?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。