ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

松井・イチロー・黒田・ダル~週末のメジャパン・リーガー~06/04

d0164636_925292.jpg
特大ホーマーに感無量

06/02のツイート
松井が今日はスタメンだ。
相手の先発が左腕・チェン(元中日)にも
かかわらず。マドン監督の信頼と見るか、
上がってきたばかりだから とりあえず、
あらゆるケースを試していると見るべきか。
いずれにしても、結果を出しておきたい。


昇格したその日にスタメンでした。2打席目でホームランという結果を出しました。
相手の先発が左だった翌日はベンチからスタート。右ピッチャーに代わったあと
代打で登場し、そのまま守備につきました。
なるほど、マドン監督は相手の先発に応じて松井を使うつもりなのだと思いました。

しかし、土曜日(日本時間)は、相手の先発ピッチャーが左のチェン(元中日)でしたが、
先発で使いました。第1打席で特大2ランをライトスタンド深くに打ち込みました。
1号と同じように初球でした。この積極性を維持してほしいものです。
オファーがない中での自主トレ、マイナーからのスタート、2ヶ月遅れの開幕…
彼が味わった苦労が想像できるだけに、大きなアーチを描き、ゆっくりとベースを
回る姿を見ていると思わず眼頭が熱くなります。
d0164636_9255198.jpg
データを調べると、レイズの本拠地、トロピカーナ・フィールドでの通算の成績は
打率2割8分9厘、12ホーマーだと分かりました。かなり相性がいいんですね。
松井と彼の熱狂的なファンには心強い数字ですしょう。ハハハ。
4戦目も左ピッチャーに対して先発しましたが4-0、今日の早朝 行われた第5戦は
3打数1安打…初めてシングルヒットが出ました。メジャーでは中距離ヒッターと
捉えるべきですから、まず、シングルヒット、あまい球が来たときはホームランを
狙うという姿勢が理想じゃないでしょうか。

トータルでは16-3,1割8分8厘ですから、ホームランを除くと3Aで残してきた
ものとほぼ同じです。焦るなと言いたいところですが、“じっくり”構える状況では
ありません。とにかく、結果を出し続けなければいけないのがつらいところです。
救われるのは、数字ほど内容が悪いわけではないことでしょう。それでも、ヒット、
打点という形にならなければ、故障中のレギュラーがDLから戻ったときベンチに
追いやられてしまいます。それがマイナー契約でプレーする選手の宿命です。
Go go 松井!


イチロー、1番に戻る

開幕54試合目でウエッジ監督が認めた。
イチローの3番は失敗だったと。
うまく行くと思ったが案外だった。
ヒットが出ない、チャンスで打てない、HRも
出ない…ないないづくしは“3番だから”とは
思えない。1番でもここまで3-0だ。衰えか?


今年のイチローは楽しみでした。“200安打の呪縛”から解き放たれて、精神的にも
ゆとりのある状態でシーズンに臨めば新しいイチローが見られると期待したのです。
開幕から53試合で3番を打ったわけですが、打率2割7分、1HR、17打点という
イチローからは想像できない数字でした。去年のオフにわざわざイチローに会って
「来年は3番を打ってもらうよ」と話し、結果を期待したはずの監督もさすがに
決断せざるを得なかったのでしょう。イチローに代わって起用したフィギンスや
アクリーが落第だったことも理由の一つですが。
d0164636_9261276.jpg
トップに戻った2試合目で2打席連続ホームランを放ちました。ウエッジ監督も
キツネにつままれた思いでしょう。「なんで、今?」ハハハ。
ただし、「僕の場所だと思う」と語るトップに戻ってからのトータルは15-3です。
気分的にはすっきりしたでしょうが、長いスパンで様子を見ないとこれで打撃の
調子がいいときの状態に戻るかどうかは分かりません。
偉大な選手であることは間違いないのに無条件でリスペクトする気になれないのは
“for the team”の精神に欠けているように見えるからです。

ボールを見きわめる目を持っているのですから、ヒットの数にこだわらず、もっと
フォアボールで出塁することを心掛けるべきです。出塁率が悪すぎます。
3番だった最後の21試合でフォアボールは二つだけ、しかも敬遠!!
自ら選んだのは9個…“6試合に1個”は3番としては少なすぎます。
普通は4番が怖いから勝負されるわけですが、マリナーズの4番の力が弱いことを
考えると、“打ちとれる”と見られていたのでしょう。なめとんか!ハハハ。

いずれにしても、フォアボールが少なすぎます。結果として出塁率が低すぎます。
トップに戻って気分もいいらしいですが、チーム全体のことを考えて打席に立って
ほしいものです。

去年から今年の序盤にかけてのイチローを見ていると、衰えは確実に忍び寄って
いると考えるのが自然ではないでしょうか。残り時間は少なくなっています。
何度も書いていますが、ここまで来たら考えるべきはヒットの数じゃなくて、優勝を争う
チームに移ることです。きっと、1番と3番以上の違いに気づくはずです。
意識が変わるはずです。もっと注目を集める東部のチームに移って優勝を目指して
プレーする姿をみたいものです。
Hurry up イチロー! ハハハ。


のどから手が出る

06/03のツイート
間もなくヤンキースの黒田が登板する。
前回の内容がよかっただけに期待するが、
タイガースの中軸は好打者が揃っているので
楽ではないだろう。最近9試合(7勝2敗)で
52点取っている打線に期待する。
引き続きダルビッシュ、夜はサッカー…
忙しい1日になる。


7回を投げ切って、7安打1与四球、4奪三振、失点・自責点ともに2…いわゆる
QS(クオリティ・スタート)で、投球内容は十分に合格点でした。勝ち星がつくか
どうかは味方打線との兼ね合いですが、この試合もまた我慢を強いられました。
負けがつかなかっただけよかったと考えなければいけないのでしょう。
d0164636_9263859.jpg
黒田が登板するとヤンキース打線が湿ってしまい、歯がゆいほど点が取れません。
52試合で243得点…1試合平均で4.67点ですから、悪いとは言えません。しかし、
彼が先発した11試合ではトータルで31点(2.81点平均)しか取れていないのです。
数字の話ばかりで恐縮ですが、彼にとっての第4戦から昨日までの8試合(3勝4敗・
1ノーデシジョン)でヤンキース打線が挙げた得点はわずかに12点!!
しかも、5点取った試合がありますから、それはのぞくと、7試合では7点しか
黒田を援護していないのです。
この状況は「援護がない」と同情され続けたドジャーズ時代以下です。
3点取られたら勝てない、というプレッシャーの中で投げるのはつらいですね。
***前日は9点、翌日も5点 取ってやがる。ハハハ。

ダルビッシュが所属するレンジャーズはどうか?
53試合で295得点ですから1試合平均は5.57点。
彼が先発した11試合の総得点は68点で、6.18点平均となります。
苦労続きの黒田にしてみればよだれが出るほどうらやましいでしょう。ハハハ。

退場の裏側

ジラルディ監督とロング打撃コーチが退場処分を受けました。
夕方、つぶやいたのですが、何の反応もありませんでした。ハハハ。
読んでいない人もいるでしょうから、簡単に。

ヤンキース側には、7回1死2・3塁でグランダーソンへの初球が低く、外角寄りに
外れていると見えていました。それが“伏線”です。ダビッドソン主審には長い
“不評”の歴史がありますから根はもっと深いところにあるのでしょうが。ハハハ。
次のファウルがヤンキース・ダグアウト横のスタンドに落ちたとき、追ってきた
主審に打撃コーチが何か言ったようです。
d0164636_9265775.jpg
ジラルディに言わせれば「我々には感情があるんだ。チャンスがきてホームランも
打てるバッターが打席にいるときにあんなジャッジをされたら怒るのは当たり前。
ダビッドソンは黙ってポジションに戻ればよかったんだ」となる。
しかし、(ロング退場宣告のあとか?)猛然と抗議するジラルディに対して、主審は
「そういう口のきき方をするんじゃない。おれは許さん」と言ったらしいです。
警告もなく、退場につながるような言葉も言ってないとジラルディは語っています。

審判とチームの仲が悪いのはよく知られています。
この種の退場劇は日常茶飯事ですから、ふだんは、新聞も“ベタ記事”で扱うか、
NOTEの中で軽く触れる程度です。しかし、昨日はMLBのオフィシャルHPにも
長い記事が載っていました。最近、両者の関係がこれまで以上に緊張状態にあると
マスコミが伝えているのを見かけたばかりです。
審判の権威が確立しているメジャーのあり方はいいと思いますが、それをむやみに
振り回すようになるのは考えものですね。


ダルビッシュ:すべての歯車が…

デトロイトで雨の中断があったせいで黒田がマウンドにいる間にレンジャーズの
試合が始まってしまい、つぶやくひまがありませんでした。
内容のよくない投球が2試合続いたあとの登板だけにダルビッシュの立ちあがりに
注目しましたが、落ち着いていました。“poise”という言葉がよく使われますが、
いくら日本で経験があるからと言っても、1年目のメジャーのマウンドでこれだけ
落ち着きはらっていられることに感心します。

いきなり ショートのエラーで先頭打者が出て嫌な感じでしたが、後続を断ちました。
3回にはセンター後方への“ホームラン”をジェントリーがスーパー・キャッチで
防いでくれました。4回にはヒットとフォアボールで無死1・2塁のピンチでしたが、
一人一人ていねいに投げて点を与えませんでした。全体としていい投球でした。
負け投手になったのは“結果”に過ぎません。

“因縁”のウィルソンとの投げ合いはそれなりに面白かったのですが、いかんせん、
レンジャーズにミスが多すぎました。攻撃では1-4回連続でダブルプレーを喫し、
守備では、よく分かるエラー、記録には残らないエラーが続きました。とても
優勝候補No1とは思えない体たらくでした。長いシーズンですからこんなことも
あるわけですが、ダルビッシュにしてみれば「なんで、俺のとき?」でしょうね。
ハハハ。
d0164636_927175.jpg
ボールが滑ることがまだ気になっているようです。
1球目から指先にひっかかり過ぎるボールが続いて、キャッチャーが横っとびに
バックハンドで捕る場面が試合の中盤まで見られました。そんな中でこれだけの
ピッチングをするところがすごいですけどね。

黒田もダルビッシュも投球内容はよかったので勝てませんでした。
たくさんの要素が絡み合って野球の勝敗は決まります。勝利投手は、たまたま、
権利を得られるところで投げていた投手に転がり込むのですから、1試合ごとに
ああだ、こうだ言っても仕方がありません。
黒田は「僕の場合、1試合、2試合じゃないんだよね」と言うかもしれませんが。
ハハハ。

おまけ

アナハイムはカウボーイハットをかぶった観客で埋め尽くされていました。
ギネスブックに挑戦した企画だったようです。
スコアアをつけながら、ツイッターを眺めていて思わずつぶやきました。

レンジャーズ戦でカウボーイハットを被る
ギネスのイベントをやるのは・・・という
意見がある。LAAの最初のオーナーが有名な
西部劇俳優だったことを知らないらしい。
若ければ仕方ないし、 喧嘩を売る気はないけど
書き込んでおく。ハハハ。


1961年に創設されたエンジェルスのオーナーはジーン・オートリーでした。
彼は“Singing Cowboy(歌うカウボーイ)”と呼ばれた有名な西部劇の俳優でした。
“アナハイムでカウボーイハット”には、何の違和感もないのです。
まして、レンジャーズに喧嘩を打っていることにはなりません。ダコ?


小さなことからコツコツと

マリナーズの岩隈が2セーブ目。
2点リードの12回に登板して1回を無失点に。
1SV目はルール上のおまけみたいなものだったが
今日のは正真正銘だ。ブルペンが底を尽きかけた
ところだったが、何はともあれめでたい。
地道にコツコツと実績を積み上げてほしい。


長くなりましたし、付け加えることはありません。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2012-06-04 09:31 | メジャー&野球全般 | Comments(8)
Commented by しょう at 2012-06-04 12:27 x
岩佐さん、こんにちは。
野球を観ない私でさえ、松井選手のホームランには感動しました。
終わりにむかいつつある選手を目にするのは、切ないですね。

現在の岩佐さんは、いちスポーツファンとして
観戦しておられるのだと思うのですが、
実況中に感極まったことはありますか?
Commented by ヤップンヤン at 2012-06-04 16:41 x
上記のサッカーや野球に加えて、これから1週間はスタンレーカップ、ユーロ、全仏2週目が加わります。岩佐さん、ハードスケジュールですね…。6月はスポーツ好きにはゴールデンウィークならぬ”Golden Month”です。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-04 17:35
しょうサン、こんにちは。

テニスのピート・サンプラスの引退セレモニーで
入場してきた彼が鳴りやまないスタンディング・
オベーションに感極まって顔がくしゃっとなったとき
最高にやばかったです。それ以外はありません。
プロですから。ハハハ。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-04 17:36
ヤップンヤンさん、こんにちは。

スタンレーカップですか。見たいなあ。
Jスポ1~4でやりますかね?
Commented by ヤップンヤン at 2012-06-04 19:30 x
スタンレーカップ、実は第2戦まで終わりました。第1戦、2戦とも延長戦にもつれ込みました。私の記憶が確かならJ Sportsでやっているはずです。ぜひ番組表をチェックしてみてください。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-04 19:52
ヤップンヤンさん、こんばんは。

見つけました。ありがとうございます。
解説をしている信田は現役時代
仲よくしてもらいました。好は見る予定のものが
ほかにあるので収録します。第3戦以後もですが。
ハハハ。
Commented by ヤップンヤン at 2012-06-04 22:33 x
J Sportsでやっていてよかったです。これで岩佐さんはMLB、ユーロ、全仏、ウィンブルドン、スタンレーカップのフォローは確定ですから1日36時間くらい必要ですね(笑)。
Commented by toruiwa2010 at 2012-06-05 07:02
ヤップンヤンさん、おはようございます。

サッカーの最終予選もあります。
カード厳選で臨みたいと思います。ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。